タグ:いのち ( 5 ) タグの人気記事

祝福と祈り


祝福と祈り



2015-09-25 19:14:31NEW !
テーマ:ブログ


今日もご訪問ありがとうございます。
声と言葉であなたの本質を引き出す、ロックなハートの
真理のフェイスキーパー及川徳子です。



一昨日は東京で師匠のもとでの学びの時間でした。


ある光のペンダントのエネルギーをみんなで読み取ったのだけど
みんな感じるもの表現が違っていて、本当に面白い。



すべてのものは多次元であり、さらに様々な側面を持っているし、
それをどう受け取るかは一人一人の個性にもよるので
すべてが正解。だからこそ多様性に満ちた世界は美しいのだと思うのです。



だから日々の生活で、誰が何を言っても、それはその人の真実であり
それに振り回される必要はなくて、ただただそれは祝福なのだな~と思います。




最初に私達のなかにあったものは愛のあらわれとしての「かたち」となる。
「かたち」は愛であり喜びであり祝福。


世界を知れば知るほど世界は本当に面白くて喜びと祝福にみちています。



真理をあらわして生きるとは、あるがままに本来の自分を生きている状態。

あらためて仲間と一緒にそれを確認出来ることが嬉しい~。






そして昨日は被災女性自立支援の「月待ち講」


みんなでシェアしあいながらお話をする時間。


問題が沢山あったとしても、どこにフォーカスするかで見え方は変わってくるとつくづく思います。


そうすると問題は素晴らしい学びであり、成長のジャンプ台となる。


そこから学んで変革したら、世界はどれだけ素晴らしいものになっちゃうのでしょう~。



そんな風に見ていくと、問題が素晴らしいチャンスにしか見えないし、ギフトであり祝福に見えてくるのです。








さらに今日は伝授でした。

伝授は本当に何度やっても自分も受ける方も光に満ちて、それはそれはとても至福の時間です。



珠ちゃんの黄金の光に見守られながら私が伝授。


様々な光が調和と秩序のもとにあらわれていました。



いつもとは違う伝授で、実は昨日夜中ずっと頭が痛くて、沢山のエネルギーが来ているのを感じていました。
すでに準備は始まっていたのです。



これから未来の地球を担う子供達にその愛が伝わるかと思うととっても嬉しいです。




それにしても、今週はすんぷちょから始まってすでに4日も珠ちゃんと会ってるな~。(笑)








そして今入ってきたロック仲間の友人の病状。


友人の笑顔と共に魂が輝いていることを想いながらエネルギーを送る。


あなたの魂が幸せでありますように。



いのちをたたえる祈りを送ります。



photo by Monden

e0039323_19245971.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-09-25 19:25 | セミナー | Comments(0)

命の交換

私達は毎日いのちをいただいている。
私達は毎日いのちの交換をしている。
循環と言ってもいい。

めぐる。めぐる。
えいえんの、いのち。

昨日「あなた」だったものが、今日「わたし」に、なる。
今日「わたし」だったものが、明日「あなた」に、なる。

そして宇宙細胞のレベルでは、みんなめぐっていて
みんなが「わたし」

ただ、どこまでを「わたし」と認識出来るか、だけの違い。


この卵の広告は以前にも新聞に載っていた。


私は料理しながら、「わたしになってくれるんだね!」って話しかけてみる。

あなたの、いのち。
わたしの、いのち。
あなたの、エネルギー。
わたしの、エネルギー。

めぐる。めぐる。
えいえんの、いのち。

e0039323_18531959.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-11-03 18:54 | Comments(0)

私はずっと待っている。

あなたがたとえ今どんな状態でも、
私はずっと待っている。

今、離れているかもしれないし、
常に想ってるわけじゃないかもしれないけれど、
私はずっと待っている。
深いところで想いはつながり続けている。


もしかしたらその時は、今生やってこないかもしれない。
それでも私は忘れない。

幾億、幾千の時を越え
私はずっと待っている。

私は決してあきらめたり、投げ出したり、逃げたり、しない。

けっこうしつこいかも。ほんとに。(笑)

だって、私はいつだってその本質が光であることを知ってるから。
たとえ何があっても、その光はそこなわれることなく輝いていることを知ってるから。
そしてそれが永遠であることを知ってるから。

たとえあなたが忘れていても、私は忘れないから。
たとえどんな時でも信じているから。

だから私は誰も嫌いになれないのだと思う。



なーんてことがずっと頭の中でめぐっている。
e0039323_17114174.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-05-21 17:12 | Comments(0)

全身全霊で生きる!

全身全霊で生きること。

全力で生きるってこととか、全身全霊で生きるってことに関して
私ってっけっこう勘違いしてたんじゃないかと思った昨年。

振り返ってみると私はずっと
「私って全力出してない。もっと出来るのにやってない」って思っていた。

ずっとずっと自分のことをさかのぼって思い出してみる。


幼い頃は非常に病弱で、すぐに具合が悪くなり
あげくに法定伝染病にもかかって隔離されて布団の中でずっと過ごしていた。

そんで小学生位から病み上がったのかだんだん元気になり、
中学時代は「体力と根性を身に着けよう」と決心して
「この学校で一番厳しい部活は何か?」と訊いて入部したのがバドミントン部。
今じゃ考えられない持久走とうさぎとびで校庭を何往復もするスパルタの日々。
結果全国大会に出場して、高校では入学前に部活に呼ばれ
コーチがついて連日の厳しい練習に明け暮れる。
あげくに練習のし過ぎで足が悲鳴をあげ、1年の終わり頃骨膜炎になり
医者からは「このまま続けたら足を切断する事態になるからやめなさい」と
言われて試合目前で断念。泣き暮らす毎日を送る。

大学時代はロック漬けで、毎日ロック聞きながらアーティストの伝記などを
読みあさったりバンドをやったり。
仲間とイベントやったりミニコミやったり世の中に怒って激論してたり。

卒業して会社を4つ設立と店2つ作りつつ、フリーでもやり
何日も徹夜して、働いて働いていろんなこと企画して働いて
本当に死ぬほど目茶苦茶働いて活動していた。

その後約10年は自分としては社会的潜伏期間。
自分の内側の世界と徹底的に向き合って、
浄化マニアになって、前世の浄化で咳が止まらなくなり
普通に歩くこともままならず、なるべく人にも会わないようにして
しかもそれをまわりにさとられないようにひた隠しにしながら仕事をし、
息も絶え絶えなのに病院にもいかず、
ひたすら意識の周波数を上げることだけで解決しようと耐えて耐えて
あげくに咳のし過ぎで肋骨を2本折った。

潜伏期間を終了し、活動期に徐々にシフトし、また会社を作り
ちょうど一年前は「年末年始の間に絶対携帯ホームページ完成させてやるぅ~!」
と意地になり、年末から毎日10時間以上パソコンに向って
HPを作り続け、おそらく100時間位頑張って、ものすごく頑張ってやり続け
完成したのはいいけど、その後具合が悪くなり復活するのに2週間位かかった。

震災後はなんかもう枠がふっとんでしまって制限がなくなり
こだわりとか、こう思われたらイヤだなってのがどんどん無くなり
「やっぱり嬉しいことを心のままにやろう!」
と思ったのはいいのだけど、「心のまま」と言って
面白そうなことがあると、誘われるまま何でもかんでも参加しすぎて
毎日猛烈に活動していてまたしてもへろへろになり、
結果体調を崩し、またそれを戻すのに時間がかかった。

いったい私は何をやっているのだ!!!

こうして振り返ると、いつも私をかりたてていたのは
「自分はまだ出来る。自分は出来るのに十分やってない。足りない。」
というような不満足感だったような気がする。
限界を目指したい欲求もあったのだろうな。
誰からも求められなくても自分の気がすまないみたいな。


そんなことをさんざんやって昨年気づいたことは・・・・
無理して頑張る必要は全くないのは勿論だけど、
楽しそうだからって自分の身体の限界を考えずに
際限なく何でもやるのも考えものってこと。

なんていうのかな、やっぱりすべて調和なんだよね。

「楽しそう」と言っても、そういうことは世界にはいくらでもあるわけで
それを本当に自分が心から求めているのかとか
すごく魅かれる何かがあるのかとか、
なにかひらめきと直感があって、そこに行ったほうがいい気がするのかとか
ちゃんと自分で見極めることが大切で
本当に魂が求めるものを選択してゆくことが大切だってこと。

ちょっと魅力的に見えても、他の人がやるからって流されるのではなく
ちゃんと自分の心の声を聴いて、自分の身体と相談して
自分にとってのタイミングも感じ取って、
心と身体と魂が調和した状態で行動することが大切なのだと思う。

以前は全力でやることって、体力の限界までやることで
ぶっ倒れるまでやることと勘違いしていたんだなぁ。(苦笑)

(話はそれるけど、市民ランナー君は今の段階ではすごいけど
彼はもっと段階越えると、もっと素晴らしくなれると思う)

だって本当に調和してたら無理はかからないわけで
嬉しくて、楽しくて、身体だって快調で、
しかも見ていて美しい状態になるのだと思う。
だからこそらくらく自分の限界とか枠を越えることが出来るんだと思うの。

頑張って力の限りやるんじゃなくて、
軽やかに楽しみながら、
いのちを注いでやること。

いのちがうたうように。
いのちがわらうように。
いのちがよろこぶように。

深く。豊かに。味わいながら。

それこそが全身全霊。全力ってことなんだと思う。
いのちに満たされた状態。
いのちのちからが溢れてみなぎって、しあわせで。
細胞のひとつひとつまで嬉しくてぷるぷるしちゃってねっ!

てなわけで、今年の私は
いのちそのものがうたうように
全身全霊で生きる!
[PR]
by chandra-k | 2012-01-02 16:47 | Comments(4)

いのちを与える(昨日の日記の続き)

「許すこと」に関して、私なりの気づきがあったので
先日のバガヴァーンセミナーの時は「流れ入るのを許す」感覚でお話を聞き、
今日も同様の感覚でエナジーを受けた。

水色の水の女神の誘導から、聖母へ、やがて菩薩へ、天照、霊太陽へ、
そしてクリシュナ意識へ。。。。と意識と波動が変化してゆく。

「菩薩」と聞いた瞬間、温かで、優しく、穏やかな波動が広がった。
「いのちを与える」という誘導の時、
「いのちを与える」とは、自分のフィールドで熟成させたものを
惜しみなく流れ出させて与えることなのだとわかった。
私達は自分の中で「いのちであるエネルギー」を育み、
それをあらゆるもののために与え、そして与えた分だけまた新たなものを受け取る。
さらにそれをまた熟成させて与えてゆく。
それはいのちの循環。いのちの成長。
菩薩とはそれをよく知っていて、行動している人のことなのだなぁ。

そして天照や太陽のレベルになると、その「いのちを与える」規模の大きなこと!

さらにクリシュナ意識にまで広がると、それはもはや「与える」という概念はなく
存在そのもの全てが自らのいのちそのものなのだった。

今日のエナジーでくにちゃんは菩薩である自分が
温かい笑顔で手を差し伸べているのを見たという。

そして! 今日くにちゃんが五次元(天国意識)に入った!
5-3! おめでとう!!!!!!!
嬉しいよぉ~!!!!!!! 号泣!
くにちゃんは意を決して臨んだエナジーだった。
本当によかった! 
今まで沢山学んだね。体験したね。
くにちゃんの大切な瞬間を一緒に味わうことが出来て とっても幸せだったよ!
[PR]
by chandra-k | 2009-02-09 23:49 | Comments(6)