カルマも浄化もいらない!(最近気づいたこと)

最近気づいたことがある。
いつのまにかカルマの感覚と浄化の感覚がすっかり無くなっているってこと。

私のこの人生での大きなテーマは
「カルマの学びをきれいさっぱり終え 肉体の学びを最後にすること」だったため、
かなりカルマに執着し、ひっかかり、徹底的に浄化マニアをやった。
そしてその学びの一番のパートナーとして夫に全面協力をしてもらう約束のもと
三次元に生まれた。

これまでそのテーマに基づき、さんざんハードな学びをやってきたけど
今になって気づいたら あんなにこだわっていたもの(状態)から抜け出ていた。

2年前のカルマと浄化の学びの真っ最中は いくら忘れようとしても気になり、
頭では「カルマなんてない」とわかっていながらも
「あとどのぐらい浄化すればキレイになるのか、カルマはいくつ残ってるのか」
なんて想いが心のどっかにあって 否定しても否定してもひっかかっていた。

やがてこの2年の間に私が成長したことで 
今、気づいたらカルマも浄化もどうでもよいことになっていた。

いや、それどころか そもそもカルマなんて最初からなかったし
浄化も必要なかったということに気づいた!(実感出来た)

学びが浅かった頃は「カルマという考え方が横の時間軸で動くもの」という認識だった。
つまり過去生で作ったカルマを解消するために転生し、
また今生で新たに作ればまたそれを解消するために転生するというもの。
まさに因果応報の考え方。
でもそんなことしてたらいつまでたってもカルマは解消出来ない。エンドレス!

それが私の学びが進むことにより 
「カルマは時間軸ではなく全体性に回帰するための学び」という認識に変わった。
つまり私達は完全なる「わたし」になるため(戻るため)に様々な学びをしていて
転生は自分の学びの足りない部分を学ぶため(体験するため)に行うもので
過去生で作った汚れを解消するのが主たる目的ではない。
(自分が成長することで過去に作った汚れも結果的に浄化することにはなるけれど)
そしてその人生でのテーマに沿った学びをするためには協力者が必要で
その協力者が相手の学びに協力するために わざわざ汚れを作ってくれることも多い。
(本人が表面意識で気づいていなくても 高次元では約束としてわかっている)
ということは、一見相手が今生で作った「カルマと言われるような汚れ」であっても
それは相手に協力するための行動の結果であり その「カルマと呼ばれるもの」すら
愛がかたちを変えたものであったという認識。

それが今、さらに私が成長することで 
「カルマなんてもともとなくて ただ最初から完全なだけだった。」
「最初から完全で調和がとれて美しく健やかで喜びに満ちていて豊かなのだから
浄化なんて全くする必要がなかった。」
ということに気づいてしまった!

カルマがあると思ってたし、汚れがあると思ってたから
解消しようと思ってただけで 本当は最初からなかった。
それを認めるだけでよっかったのだ! 完全性を!
本当は実在じゃないのに 「自分でそれを実在と思う学び」を選択して
喜んで体験しようとしたから そんな状態を創り出していただけだった。

そもそも「カルマってインドでは日常生活をそう言うんだよ」と
大津さんが教えてくれた。
因果応報がカルマの概念ではなかったのだ!
つまり私達がカルマって呼んでたのは ただ単に「三次元で体験する学び」
についた名称のシンプルな言葉だっただけなのだ!

私は今生のテーマに「カルマについて学ぶ」と選んだから 
必要以上にそれに囚われこんなことをしてきただけなのだ。
でもおかげでやっとわかった。
段階を踏む必要も 浄化する必要もないということが。
完全である「わたし」と私を認めるだけで カルマも汚れも一切が消えてなくなる。

でも、ま、私の場合は段階を踏んで体験したかったし
それを伝えたかったからこんなハードなことをやってきたんだけどね。
今だから言える。
「カルマや浄化の学びを段階を踏んでやると肉体的にしんどいということを、
私がみんなの代表で体験したから 皆はもう一切やらなくていいよー!」って。

今地球はどんどん波動を上げている。
世界はどんどん進んでいる。
昨日の教えがもう今では古くなっている。
昨日の常識はもう今日の常識ではない。

かつて私は「周波数が上がると肉体にギャップが出る」とか
「波動が上がると今までのマイナスが飛び出して浄化が始まる」
なんて言ってきたし、この日記にも書いて来たけど
それももう古い教えとなってきているのだ。

以前から学んで来た私達はみんな 浄化や肉体のギャップなるものを
多かれ少なかれ体験してきた。それが当たり前だと思ってきた。
でももうそれも必要がなくなってきているのだ。

私のこの日記は私の成長記録であり 過去の日記に共鳴する人は
過去の私の周波数に共鳴しているといえるし
最近の私の日記の周波数に共鳴している人は 過去の私の周波数より高いと言える。
だから最近私の日記を読んでやってくる人は ある程度意識が高く
ヒーリングを受けても あまりマイナスが飛び出さなくなってきているし
伝授を受けても浄化も起きなくなって来ている。

そのうち「ヒーリングや伝授を受けて浄化するなんて古いよ。
波動が上がって肉体にギャップが出るなんて オールドファッションだね。」
なんてことを言い合うようになるかもしれないな。
これからはシンプルで簡単にす~いすいと楽しく喜びをもって成長出来る時代なのだ。

それからもう一つ気づいたこと。
それは以前は相手の苦しさに共鳴してしまう場合 それは相手に自分を映していて
自分がそういう波動を持っているから私も苦しいのだと思っていた。
確かにそれはそうなのだけど 私の中に共鳴するものがなくなって来たら
私が苦しくなくなっただけでなく 相手の苦しさ自体も減っていることに気づいた。
それは私の学びにもう協力する必要がなくなったというのもあるけれど
それと同時に 「あなたである私」が成長し、私の中から低い波動が消えたことで
「私であるあなた」の中にあった低い波動も消えてきたということがわかった。
それは今まで私が「あなたの中に私の汚れを見ていたために 
あなたの中に汚れを作り出し 力を与え続けていた」ということでもある。

つまり本来 あなたも私も同じ「わたし」であるから
私の成長が 直接あなたの成長にも繋がっていたし
私の汚れがなくなることで あなたの汚れまでも消していたということでもある。
それはとんでもない素晴らしいことだった。

今まで私は自分が変わることで それが波紋のように広がって伝播することで
世界は変わると思っていたが
私が変わることは、一体化している「わたし」そのものが変わることであり
つまり世界は大きく変わるのだ!
それを実感した。
私の変化・成長・発展は、世界そのものが変わる大きな役割であり
ちっとも小さなものではなかった!
今この瞬間、ここから世界は変わる!

そしてさらにもう一つ。
私は夫を通して いろんな条件を取っ払うことで無償の愛を学んでいたと思ってたけど
実は夫が「無償の愛そのもの」であり
「存在そのものが 無償の愛そのもの」であったということが
わかってしまったぁああああ!
感服。
[PR]
by chandra-k | 2008-05-19 00:20
<< ちょっと面白かったこと 思い出したこと >>