心の筋トレ

今日もご訪問ありがとうございます。

声と言葉であなたの本質を引き出す、ロックなハートの

真理のフェイスキーパー及川徳子です。



人というのは心の使い方の癖があって、ついつい今までと同じことをしてしまいます。

新たなことをやると予想しないことが起きたらどうしようと怖くなったりして、
結局現状から脱したいと口では言っていても、ついつい今までのままで過ごしてしまうものです。


なので、意識的な心の筋トレが必要になります。

つまりもとの思考回路とか、もとの言葉使いになりそうな時に、意識的に修正していくということです。




でもね、筋トレっていうと、スポ根を連想しちゃって頑張らなきゃいけないとか
苦しいとか思っちゃうかもしれませんが、頑張る必要はないし、苦しいってのはやり方が違います。


自分の感情に蓋をするとか、我慢するというものではないし、
それどころか、自分の感情に蓋をして我慢したら、熟成したり爆発してしまいます。




筋トレってネーミングがよくないのかな。
でも、心の筋トレには違いないのです。



一番大切なポイントは自分を責めないこと。
罪悪感をもたないこと。




例えば「最悪!」っていうのが口癖だったとして、
それを「チャンス!」って言おうと思ったとしてします。


でもついまた「最悪!」って言っちゃった~。私って最悪!
なんでなおそうって思ってるのに出来ないんだろう~私ってダメだな~となりがちですが、

そうではなくて、「最悪!」と言った自分に気づいた自分を褒めることが大切。


だって、今までは無意識に使っていたのに、気づいたってことはすごい進歩だから。

そして気づいたら、これから気を付けようって思うだけでいいのです。


でもまた、つい「最悪!」って言ってしまうと
「あ~またやっちゃった、私ってほんとダメ」とか思っちゃうのですが、それもなしで
「繰り返しちゃったってことに気づいた!」と自分を褒めてあげて、
無理やりチャンスとは思えなかったら、
「チャンスかもしれないな~」くらいに捉えてみればいいのです。


そうやって少しずつ慣れてくると、
「ほんと、チャンスだわ!」なんて思えるように徐々になっていきます。




例えば、他の人のことが気になってしかたがない人が
「気にしないようにしよう」と思って、常に「気にしない!気にしない!」って頑張ってるってことは
結局「気にしないように気にしている」ということで、やっているのは同じこと。


気にしている自分に気づいたら、「気にしてたんだな~」って気づいたことを褒めてあげればいい。
それを繰り返しちゃう場合は、「また繰り返してるんだな」って気づけばいい。



気にするということは、そこにフォーカスしているということで、
自分自身のことより他人の目や態度によって自分の在り方が左右されるということ。


相手の態度に合わせて自分を生きようとしてしまうこと。


そうではなくて、まわりはどうであれ、自分が何をしたいのか、どう在りたいのかにフォーカスする。
自分の気持ちにフォーカスする。




「相手がこうしたから私は気分が悪い!私の気分が悪いのは相手のせい!」 ではなく、


「相手がこうすると私は気分が悪くなる!」ということは、
私はこうされると気分が悪くなるのだな。
私はこういうことが苦手で、こうありたいと思っているんだ。
相手に普通はこうあるべきと思う癖があるかもしれないな~。」


という風に、自分にフォーカスを向ける。
(実は相手のせいではなく、自分に反応が起きているのだから自分のせいなのです)


そうすると、自分が本当につらかったとか、悲しかったとか、自分は認められたかったんだとか
いろんな自分の本当の気持ちが見えてきます。



自分の素直な気持ちや、感情をそのまま自分で受け取る。
そして、それに蓋をすることなく素直に生きる。




起きていることは、すべて自分が望んでいること。
(そうは思いたくないと思うだろうけど、自分が原因を作っているから。)




他人のせいにするのではなく、自分で自分に責任をとるということです。


でも、「この原因を作ったのはみんな私だ~!全部私が悪い。私はなんてダメなんだろう~」と
自分を責めたり、犯人捜しをして自分を裁くのが責任をとるということではありません。


「あー、実はこれも自分で現象化してたんだな~。自分が体験したくて引き寄せてただけなんだな~。
な~んて感じに、客観的にとらえるだけです。
感情的になる必要もありません。



一番の基本は、自分の心のままにやりたいことを喜んでやること。
無理をする必要も、頑張る必要もないのです。



どうしても現象に左右されてしまい、気になってそこにいたくないならいなければいいのです。


引っ張られるうちは、そういう場に身を置かず、自分が素直に生きられる場を選択するのが賢明です。
(影響されるものから遠ざかって、自分の心を安定させる方を優先します。)


でもそれが可能じゃない時もありますよね。
でもどうしもそこにいなくてはいけないのであれば、相手にフォーカスするのではなく自分にフォーカスする。



今、この瞬間の自分にフォーカスする。


「あの時もこうだった。」と過去を常に気にし続けるのはをそれ強化すること。

「今度こうなったらどうしよう」と気にするのは、起きてもいない未来を不安視すること。



そうではなく、今何かを食べているのなら、ご飯の美味しさや、作られたものの美しさや
食べられることのありがたさや、食べている自分の健やかな体を味わってみること。
そしてそれに感謝したり、喜んだりすること。



相手を気にするってことは、中心が自分になくなってるっていうこと。



自分の気持ちをそのまんま受け止めて、素直にあらわして、
疑問は訊いて、今ここを楽しむ。



筋トレって、本来苦しくなるものではなく、自分を解放するためのものなのです。


あらためて言いますが、スポ根ではありません。笑



photo by Monden

e0039323_16105050.jpg

[PR]
by chandra-k | 2016-01-17 16:11
<< 何でも楽しめる 1/25(月)フリーダンスセラ... >>