決めることと、決め続けること

今日もご訪問ありがとうございます。
声と言葉であなたの本質を引き出す、ロックなハートの
真理のフェイスキーパー及川徳子です。



何が大切かって、「決める」ってこと。


「決める」ってことは実行が伴うことだから。


そして、本当に「決めて」いれば現象が変化するから。


自分の周波数の変化するから。


変化していないうちは本当に「決めた」とは言えない。



「決めようと思ってる」とか
「決めたいと思ってる」とかでは
あいまいな感じだから。



この世界はすべて繋がっているから(ただしくはひとつだから)共鳴現象が起きます。



本当に決めていると、あなたから「決めた振動数」が発信され、
そのプルプルした振動波は一瞬にして宇宙に伝わっていきます。



するとそれと共鳴するところがプルプルし始めるわけです。



そして、やがてしかるべきタイミングで
人やモノを介して、その振動に共鳴したものが引き寄せられたり、
あちらこちらで表面化してきます。



その振動波がより精妙で、明確で、宇宙の意思に適ったものであればあるほど
その伝わる範囲は大きく、深くなります。
ダイナミックなものになります。


これが「決めた」ということです。



でも「決めていない」と、その振動波はぼんやりとかすかな靄みたいなものにしかなりません。
ほわ~ん、と曖昧な波。



自分で「決めた」と言いながら
「でも」とか「やっぱり」とか思っていると
最初の想いを打ち消す振動波が出て、波はあっという間になくなってしまいます。



ちゃんと決められない間は
何度でも決め続ける(想いを修正し続ける)ことが大切なんですよね~。




でも、それもどっちでもいいんですけどね。


「決めた」と口で言いながら「決めていない」のは
心の中で「決めない」ことを「決めている」のだし、
実は変化したくないし、まだ同じことをやっていたいと思ってるだけですから。



だって多くの人は変化が怖いんだもの。
変化しないほうが楽なんだもの。
その状態に慣れているから。

「やだやだ」って言いながら、そこに留まる。行動しない。



何もしないのではなく、何もしないことを選択しているだけだから。


思った通り自由選択で生きているんだから。



魂の望むままに経験すればいいのです。





今日は新月。


何かを決める日にふさわしいかもしれません。




あなたの魂がしあわせでありますように。


photo by Monden
e0039323_17271937.jpg

[PR]
by chandra-k | 2016-01-10 17:27 | Comments(0)
<< ワンディヴォイスご感想&次回は... 「ありのまま」の違いについて >>