相手にふりまわされたくないあなたへ

相手にふりまわされたくない!と思っているあなたへ。


質問にお答えしますシリーズ。第何弾かな?




今日もご訪問ありがとうございます。
声と言葉であなたの本質を引き出す、ロックなハートの
真理のフェイスキーパー及川徳子です。



相手にふりまわされたくない!と思っていても、
会社でどうしても毎日顔を合わせて一緒に仕事をしている相手だったり、
自分のパートナーだったりする場合、
関わりが深い分だけ、ふりまわされたくなくても
どーしても気になるし、いちいち自分に関わってくるので
結果ふりまわされるということが起きますよね。



その時にどうしてもそれを避けたいと思うと、
「相手さえ変わってくれれば!」
「相手がこうだから」って思うし、
どうにかならないかと思うわけです。


そして「ふりまわされるのをどうにかしたい」と思っているわけですが、
それをもっと深く見ていくと
「相手をどうにかしたい」というコントロール願望が隠れているのですよね。



そんな時は、自分の問題と相手の問題を分けて考えることが大切です。


もちろん、二人の学びがバッチリ絡み合ってるからそれは起きているわけですが、
相手の学びを自分が代わってあげることは出来ないので、それはおいておいて、
自分の学びにだけフォーカスしていけばいいのです。



この現象は何を教えてくれているのか。

自分がふりまわされるのはなぜなのか。

何に対して反応しているのか。

そこには自分のどんな欲求があるのか。

相手の態度にいちいち反応しないと自分は生きられないのか。

相手が他の人だったらどうなのか。

などなど。



自分の学びだけを見ていくと
相手はそれを教えてくれる協力者でしかないのですよね。


相手には相手の学びもあり、それに対しては自分も協力しているんですけどね。


自分が気づくまで、相手はご丁寧にずーっと役割をやり続けてくれます。
ありがた~い協力者です。


ほんと、みんなやる気満々ですね~。


私もそうでしたけど。(笑)


そして、それを感じた上で、
相手が大切な人だったら、大好きな人だったら、
相手がどんな態度であろうと、見返りを期待せず、
「相手がどんな状態であろうと、相手は相手の人生を学びながら一生懸命生きている」ということを祝福して
「私はあなたをだーいすき!」でいればいい。


だって、好きっていうのは条件はないんですよ、ホントは。


私を大切にしてくれるから好き とか、
いつも私のことを好きでいてくれるから好き とか、
そういうことではなく、無条件で好きってことでしょ。

まるごと。


どんな態度をとられても、
あなたが好き。
あなたが存在してくれることが幸せ。


そういうものだから。


あなたの魂がしあわせでありますようにって。


photo by Monden
e0039323_2230138.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-10-24 22:30
<< アクティブメディテーション 真の理と深い確信 >>