自信のなさはプライドの裏返し

多くの人は自分に自信がないと言います。


私もそうでした。
そんなことを言うと「信じられない」とか言われますけど。




今日もご訪問ありがとうございます。
声と言葉であなたの本質を引き出す、ロックなハートの
フェイスキーパー及川徳子です。




つい人と比べてしまったり、
出来ない自分にがっかりしたり・・・・
そんなことはみんなよくやってますよね。



「あの人はあれだけ出来ているのに、自分は出来てない」とかね。



でも比べるってことは、
自分にも出来る才能があるし、出来ると思ってるってことです。

嫉妬と一緒ですね。


だって、あきらかに別ジャンルの別次元の人とは比べたりしませんから。
もちろん嫉妬もしません。
称賛するだけです。


イチローとか、羽生結弦くんと自分を比べたり、嫉妬はしないでしょう。




くやしいって感情がわくとか、比べてしまうってことは
そこに自分の才能が眠っていて、もっと出来るのに~って思ってるってことです。




もっと出来ると思っているのに、やってない自分があからさまになるのが嫌で、
あからさまになった時に自分のプライドが傷つくのが嫌で、
やってもいないうちから比べて勝手に落ち込んだりしちゃうことって多いんですよね。



そんな時、「自信がない」という言葉で逃げてしまうのです。
失敗するのが嫌だから、行動しないで、「自信がない」ってことにしてしまいます。


つまりプライドの裏返しってことですね。




私もそうでした。
本当に自信がなくて、人と比べてました。


でもね、そこに才能が眠っているんだから、失敗してもいいからやってみればいいんです。



赤ちゃんと一緒。
転んでも転んでも起き上がり、やがて立てるようになり、走ることが出来るようになる。
何度転んでも立つことをあきらめません。


「立つ自信がない」と言って立たない赤ちゃんを見たことはありません。(笑)

また、最初からすっくと立って歩く赤ちゃんも見たことがありません。(笑)


転んでも転んでも、歩けることを疑わずに歩こうとします。



私達が赤ちゃんに学ぶことって多いですよね。


photo by Monden

e0039323_16452421.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-10-11 16:44
<< 光に満ちたエナジーめい想朗読会 心を立て直す >>