感謝とラ・ムーのエナジーワーク

昨日7/3は手術をしてまる一年。
生かされていることに感謝しながら、2ケ月に一度の大津先生のエナジーワーク&セミナーに臨んだ。

大津和壽先生は私や珠ちゃんこと前川珠子さんや、久美ちゃんこと佐々木久美子さん、ひろみんこと笹原宏美さんのメンター。
他にも大津先生のもとで学んでいる仲間はたーくさんいるけど、あげていくときりがないのでやめとこ。

先日も珠ちゃんと「本当の意味で人を救えるのは真理だよね」ってっ話をしていたけど、まさにその真理を私達に教えてくれた先生。

この先生がいなかったら今の私も珠ちゃんもいない。
かつての自分とは別人になったし、生き方、在り方が変わった。
二人とも真理を学んでいなかったらあの過酷な状況を乗り越えることは出来なかったと思う。


さてさて、昨日のエナジーワークは素晴らしかった!!!
(エナジーワークはエネルギー量がハンパないので伝授を受けた人しか参加出来ない)


「静寂な宇宙」という誘導があって、自分の中では惑星の地平線のような青い静謐なイメージだったのに、あっという間にそれはとてもあたたかで、豊かで、深いエネルギーとなった。
その黄金のエネルギーが私の中に流れ込み、自分が黄金に満たされる。

「宇宙がこんなにあたたかいとは思わなかった!」と思っていたら「ラ・ムー」のエネルギーの誘導があった。
「このあたたかさはラ・ムーだったのか!」
まさに愛の源である太陽のエネルギー。
身体の中がとてもおだやかに優しくあたたかい。

それはとても軽やかであたたかで、言葉では言えないけど同じ黄金のエネルギーでもクリシュナとは明らかに違う。

ラ・ムーのエネルギーに満たされていたら涙があふれてきて止まらなくなった。


やがてそれは私の中で「私という体」をかたちづくり、体の中にエネルギーが充填されていく。
密度が濃いのに軽やかなエネルギー。
そしてそれはフィールドごと私となる。行動出来る体として。

とてもおだやかで、かろやかなラ・ムーの意識ごとハートがさだまる。
すべてを照らし出すあたたかなエネルギー。


たとえ背中を向けていたとしても、そこにいる人にあまねく愛が届いていることを感じられるような、安心感のある包み込むエネルギー。



エナジーワークというのは大津先生の大きなエネルギーの中で、しっかり自分で在りながら様々な波動、次元を体験させてもらうもの。
それによってその波動を記憶し、その状態を再現しやすくなる。

その時によって体験するものは違う。
生まれて来る前にミッションを決めた時のことを思い出す人もいれば、色々な気づきが起きる人もいる。

私は恒星がぐるぐる回転して、宇宙の摂理を感じたこともあるし、大日如来を感じたことも、マリアエネルギーを感じたことも、幾何学のエネルギーを感じたこともある。

昔は何一つ感じなかったんだけどね。


自分で体験してしまうと、否定しようがない。
自分を失ったりしないし、瞑想とも違う。それはとてもリアル。
知識も理屈も超える。


エナジーの後みんなで感想を言い合うのだけど、こうして手術から1年経って、ものすごーく元気でいることを話していたらまた涙がこみあげてきた。
すべてに感謝。あらゆることに感謝。

みなさん本当に本当にありがとうございます!

e0039323_2243469.jpg

Photo by Yumi
[PR]
by chandra-k | 2014-07-04 22:07 | セミナー | Comments(0)
<< マントラを浴びる! 目ヂカラスイッチ >>