ギャッ!朝起きたら目がっ!

朝目覚めたら、ギャッ!なんと左目の白目の片側に血がべったり!
結膜下出血していた!
こんなの生まれて初めてなのでけっこうビビる~。

でも結膜下出血した人を何人も見たことがあるし、ヒーリングで薄くなったのも目撃したことがあるので心配はしてなかったけど、一応すぐ眼科へ行った。

案の定これはよくある症状で、くしゃみで起きる人もいるし、夜に寝ている間に起きることも多いそうで原因不明。
眼底出血もしていないし、目薬をさしても変わらないので放置するしかないとのこと。
普通1~2週間で血液は吸収されるので心配しなくて良いと言われる。長い人は1ケ月とかかかる人もいるらしいけどね。

心配はしていないけど、目を合わせて話す時に相手が気持ち悪いだろうな~と自分でヒーリング。
忙しかったので時間をかけられずちょっとしか出来なかったけど、それでも3日でほぼもとに戻った。

やっぱりヒーリングは効くなぁ~。
夫が剥離骨折した時もヒーリングで翌日痛みがかなりとれて歩けたもんなー。

とりあえず対処は終わったけれど、このような症状が起きたということは身体がメッセージをくれているということ。
必ず原因があるはず。根本から修正しないと。

顔や身体の表面に表れたサインは何を表しているかを見るのが望診なのでスペシャリストの渡邉由さんに相談。

ここ一か月ばかり少し息がきれるのも気になったので、それもあわせて相談。
(とは言っても、普段の生活でちょこっと息が切れるのに、ダンスでめちゃくちゃ走ってもなんともないってどういうこっちゃ!)

そして由さんからこんな返事が。


「サインが出た場所が目であり、毛細血管が破れたことを考えると、
五行では、目は肝(自律神経系)、血管は心(循環器系)を表すので、この二つの臓に負担がかかっていたようです。
おそらく、何らかの原因で血液がよどんでしまい、流れが悪くなったことが大きな要因と思われます。
心臓は流れないなりにも何とか全身に血液を巡らすべく頑張りますから、
おのずと心負担が増えて息切れもしやすくなったのだと思います。
なので、肺というよりは循環器系の心臓の負担からきているものと考えていました。
もしかしたら動悸もあったでしょうか?

とくに、この夏の時期は、心(循環器、血脈)に一番負担がかかるときなのです。
暑くて汗をかくとその分、血液内の水分も失われて血液がドロドロしやすくなります。
血管の末端である毛細血管にも負担がかかり、出血が起こったのではないかと思っています。

まずは、血液をキレイにして血流を良くし、毛細血管も強くする必要があります。
今の時期手に入るものですと、パセリや三つ葉が血液をキレイにします。サフランや酢も同様の作用を持っています。
汁物に三つ葉を放したり、パセリを刻んでサラダに添えたり、もずくの酢の物(薬味に生姜を添えます)もいいです。
カレーにサフランご飯を炊いてみてもいいと思います。

また、毛細血管を強くするにはビタミンCとビタミンPが必須になります。

ビタミンP:あわ、ピーマン(ビタミンCも含む!)、そば、トマト、玉ねぎ
ビタミンC:パプリカ、ピーマン、パセリ、ゴーヤ、キウイ、モロヘイヤ、焼き海苔

上記の食材から、お勧めは『おろし蕎麦』です。焼き海苔をちぎってかけると尚いいです♪
※大根は皮にビタミンCが多く含まれているので、皮ごとおろします
※そばに含まれるルチンには抗酸化作用や血をキレイにする作用があり、血管の衰えを防いぎます。
あわもご飯に炊き込むと難なく摂取できます。
ゴーヤは本来、体を冷やしますが、薄くスライスしてから塩もみ、もしくはさっと塩ゆですると苦味とともに冷やす作用も和らぎます。

玉ねぎの血液サラサラ作用も有名ですから、夏の間は薄くスライスして梅酢で浅漬けにして食べてみてもいいと思います。

以上、長くなってしまいましたが、摂るといい食材のご提案でした。

逆に、甘いもの(果糖も)は毛細血管を膨張させたり、弱らせますから
引き続き、お菓子類は控えた方がいいと思います。」


さーすが由さん!嬉しいなぁ!ありがとうございます!

由さんの望診はこんな感じですよ~。
お勧めなので興味ある方は受けてみてね。
由さんのサイト「理(ことわり)」はこちら
https://www.cotowari222.com/


さて、今日はコシのある山形蕎麦で「おろし蕎麦」にしてみた。
由さんのアドバイスのとおり大根を皮ごと沢山おろす。
ついでに生姜もおろして、ミョウガをきざんで、ナスと、けずりぶしも。
大葉も入れたかったなぁ~。あ、海苔を忘れた!
今度にしよう!
e0039323_22491515.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-06-29 22:50 | Comments(0)
<< 目ヂカラスイッチ ウルトラLPすごい!新作集(R... >>