ルー・リード追悼特集(ロックンロール黄金時代)

忘れもしない。あれは私が大学生(19か20歳)の頃
今は無き仙台のロック喫茶怒愚羅(字はこれでいいんだっけか?)で
一人で珈琲を飲みながらノートに絵を描いていた。
その時流れたのがルー・リードの「ベルリン」だった。
その音は床を這うように流れながら、空間を歪め、別の世界へ私を連れて行った。

哀しく響く美しい退廃・・・。

あのルー・リードが亡くなった。
ああ・・・。

明後日のロックンロール黄金時代はルー・リードを追悼して特集。
11/10(日)24:00~ 77.1mhz
Datefm 魂スタジオから
聞いてね!
e0039323_2323529.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-11-09 23:23 | 音楽
<< ヴァイヴレーションヴォイスセミ... 司会復帰しました。 >>