宇宙の意志に従う

10/1に稲盛和夫氏の講演を聞いたら、まさに真理であり、まさに本物のスピリチュアルだったので感動した。
(今は玉石混淆だから、スピリチュアルという言葉がまだまだ誤解を生むんだけど、あえてここでは使わせてもらう。)

「宇宙創成のビックバン理論」に「因果の法則」の根拠を見出し、
「宇宙には森羅万象あらゆるものを成長発展させていく法則がある」
つまり「宇宙にはすべてのものを愛し慈しみ、育て、よい方向へと流していくような意志・愛が充満している」
と導き出した稲盛氏に驚いた。
普通、宇宙創成理論を聞いて、愛・宇宙の意志にまで一気に展開しない。

「善きことを思い、善きことを行うこと。自分の心を、少しでも純粋で美しい心に変えて宇宙の意志に従うことで、
自然・宇宙を味方につけ、人生を素晴らしいものへと好転させることが出来る。」と
それを自分の生き方そのものにあらわしていかれていることに本当に感動した。

一緒に行った珠ちゃんひろみんと講演の後興奮して話して、私も色々書こうと思ったけど、珠ちゃんが詳しく書いているので、私は割愛してリンク貼っちゃお。
http://artandlove.exblog.jp/20794454/


さらに感動のいきおいで、稲盛氏の「生き方」という本を買って読んでみた。
すると、中学受験に失敗し、直後に結核になり、その時に隣の家のおばさんからもらった「生長の家」創始者の谷口雅春さんの「生命の実相」を読みふけり、
そこにあった「心の様相」つまり「人生で出会う事柄はみんな自分の心が引き寄せたものである」という言葉にくぎづけになったとあった。

中学に入る前にすでに稲盛氏は真理と出会っていたのだった!
そしてその萌芽は色々な実体験を通じて、「宇宙の意志である愛」にたどりついたのだと知り納得した。

自分の行動を省みて、おごることなく、感謝しながら、市井の名もない人々に敬愛の目を向けながら、
宇宙の意志にひたすら従い、純粋で美しい心で生き続けることを自らの哲学とし、
謙虚にひとつひとつのことを愚鈍なまでに、「ど真剣に」やってきたことが、今日の稲盛氏をかたちづくってきたのだと、ほんとうに敬服した。


あらためて講演の最後のシーンを思い出す。
稲盛氏のその在り方、たたずまいを見て私は涙が流れた。
宇宙の意志に従っている、その人はとても美しかった。
[PR]
by chandra-k | 2013-10-06 17:15 | Comments(0)
<< 試練と継続 私は私でよかった!誕生日とアセ... >>