それを感じるためには・・・

どれだけそれを自分が欲していたか知ること。
(それまでは欲していたことさえ気づかなかった場合がある。)

気づいたら、次はそれを求めるのではなく
最初からそこに満ちていたことに気づくこと。

そうしてはじめてそれを感じ、味わうことが出来る。


最初からどれだけ満ちていても
自分がそれに気づき、
自分で受け取ることを許していないと
それを味わうことは出来ない。

受け取る準備が出来ていないとどれだけあっても感じられない。


実はそういうものであった。

最初からどれだけ愛され満たされていたか
気づくだけでいい・・・。
[PR]
by chandra-k | 2013-09-12 18:57
<< みんな愛から出来ている 何を見て、どこに向っているのか >>