インナーマッスル・呼吸筋

退院してしばらく日常で息が切れるので、体力がなくなったのか
それとも胸水?なんて考えていて、はたと気づいたのが呼吸筋だった!

筋肉は3日で衰えるという話は前々から聞いていたけれど
これほど筋肉が衰えたことに驚いた。
だって足が細くなったんだもん。
筋肉って目に見えてなくなるんだね。

で、息が切れるのは呼吸に関わる筋肉が明らかに落ちたからだ!
と、思いいたって納得がいった。

それもそのはず、まず腫瘍でお腹が張ってまともに腹式呼吸が出来なかったのに、
その後開腹手術をしたから、お腹に力がまったく入らなくて腹筋が使えなかった。
さらにかなりの期間胸水が溜まっていたため、圧迫されて肋間筋もまともに使えず
胸式呼吸もまともに出来なかった・・・。

そんな状態じゃあ、呼吸に関わる筋肉が衰えるわけだ!

人が一回呼吸するのに45位の筋肉が連動して働いているわけで、
特に呼吸筋はインナーマッスルで、体の軸を整える筋肉なわけだ。
つまり、ちゃんと呼吸が出来なかったということは体の軸がふにゃふにゃになってしまってたってこと。

そりゃあ息が切れるよ。
日常生活でも疲れるでしょ。

あらためて筋肉に感謝。
こんな風に気づかないところで働いてくれていたんだねぇ。


ってなわけで仕組みが明確になってよかった。


今日で退院して一ヶ月。
これから自分をあらたなる調和のもとに創っていく。
腹筋が大分使えるようになってきたので腹式呼吸、胸式呼吸それぞれを
意識しながらやってみよう。


せっかく足が細くなったのだから、ちゃんと筋肉をつけないと。

そういえば退院したばかりの頃はデパート等に行くと頭がくらくらした。
人が一杯いるところのエネルギーってかなりすごかったんだなぁ。
今まではまったく気付かなかったけど。

最近いろんな発見がある。
[PR]
by chandra-k | 2013-08-20 17:34 | Comments(0)
<< 細胞の魂の学び・いのちの光の集合体 あらたなる調和 >>