いのちはいつだって歌っている

私達は、様々な体験をしたくてこの地球に生まれた。
どんな体験をして、どんなことを感じで、
どうやって学んで成長するかは全部自分で選んでいる。

だからすべてを自分で決めている。
たとえ表面意識ではのぞんでいなくても、魂・いのちはちゃんと知っている。

魂・いのちは永遠で滅びることはない。
いのちは、えいえん。


私達は、いのちがかたちをとってここに存在している。
いのちそのものが生きて働いている。

いのちはいつだって、喜んで体験している。

いのちはけっして、そこなわれることはない。

たとえどんな状況にあっても。

いのちはいつだって、軽やかに歌を歌っている。
いのちはいつだって、踊っている。
いのちはいつだって、輝いている。


そして私達はいつだって祝福されている。


私はいままで自分のセミナーでそう語ってきた。


るなちゃんが入院した時は、そうメールした。
そしてるなちゃんは大変な病気の中で、
いのちが常に歌っていることをまさに体験した。
(るなちゃんのブログはこちらhttp://ameblo.jp/kilakila-angel-diary/


そして私は入院中、るなちゃんのことをよく思い出していた。



私もまた入院中、自分が言っていたとおりのことを感じていた。


自分の体が苦しい状況であったとしても、
いのちは少しも損なわれることなく、
まったく変わることなく輝いていて、歌を歌っていることを。
いのちが踊っていることを。
私は幸せであることを。


いのちで、うたう。
いのちで、おどる。
いのちで、わらう。

いのちを、たたえる。

いのちを、いきる。



私の入院中、私のところにはみんなが持ってきてくれた花が沢山あって
みんな歌を歌い、踊っていた。笑っていた。

これはオンシジュウム。
まるで、妖精か小人が踊ってるみたいに見えるでしょ。
e0039323_2235760.jpg

e0039323_2241924.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-08-15 22:04
<< からだに感謝する 夫のヒーリング >>