タグ:朗読 ( 14 ) タグの人気記事

希望のクリスマス会

今日もご訪問ありがとうございます。
声と言葉であなたの本質を引き出す、ロックなハートの
真理のフェイスキーパー及川徳子です。



昨日は東北希望の会寺子屋クリスマスに参加してきました。


東北希望の会は、以前もこのブログに書きましたが
過労死を無くすための活動をしていて、その遺族をサポートするだけではなく、
誰もが繋がりあいながら、喜びと共に働き、豊かで幸せな希望に溢れた未来を創っていくために様々なことを行っていく会です。


クローズドの寺子屋クリスマスは事情を抱えた家庭のお子さんたちが
みんなで集まって笑顔で過ごせるようにと開催されているイベント。

夏にはみんなで海に行ったり、子供企画が行われています。


今回は蕎麦打ち体験や、
東北希望の会の代表の珠ちゃんこと前川珠子さんの息子のとうもろこし君のギターの弾き語り、
高校生のボランティアによるアイスブレイクゲーム、キャンドルサービス
駄菓子屋さんなど色々。

私は朗読をさせていただきました。


打ち立ての蕎麦の美味しいこと!
みんなが持ち寄った食べ物の美味しいこと!
そして、子供達がデコレーションしたクリスマスケーキの美味しいこと!

みんなで食べるのが美味しくて幸せ。


みんなで一緒にいて繋がっていることが、
笑っていることがとっても大切。


繋がっているからこそ、希望を持って、進んでいくことが出来る。
それはとっても大切なことなのだと思うのです。


最後にあぐり寺地蔵庵の無冥さんのお話があり、
最後の最後にシンガーソングライターのあんべ光俊さんが飛び入りで駆けつけて下さって、
みんなで一緒に歌って踊って大盛り上がり!


とってもハッピーで心があったかくなる時間を過ごすことが出来ました。
参加出来てよかった~。

ありがとうございました。

e0039323_1975587.jpg
e0039323_198996.jpg

e0039323_199017.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-12-13 19:09 | Comments(0)

いろんなところでたのしむ音VOL.3

昨日は障がいのあるお子さんと、そのご家族をサポートする
ハッピークローバーの第3回「いろんなところでたのしむ音」でした。



今日もご訪問ありがとうございます。
声と言葉であなたの本質を引き出す、ロックなハートの
真理のフェイスキーパー及川徳子です。



今回は子供よりもお母さん達にしっかり届けたいということで
留奈ちゃんの「いのちのことば」と、
珠ちゃんの書き下ろし「ゆにと、ばあすのものがたり」を読みました。



これはどちらも10/12の朗読会で読みますが、
私と珠ちゃんのコラボはほとんどその場のセッションなので
その瞬間瞬間であらわれるものが違います。



特に「ゆにと、ばあすのものがたりは」
今回はワークショップバージョン。


ものがたりの中にあるように
みんなでうれしいものをつくります。

どんな風にするかというと、そのうれしいものを
自分のからだを使っていろんなかたちにあらわすのです。



あたまの中にあるものも、
そのあらわれも、みんな違うから面白い。
どんなものでもOKだし、それこそが祝福です。



みんなで立ち上って、いろんなものをつくってあわらわしました。



やってくうちにどんどん嬉しさが増してくる!
みんなでそれぞれ好きなかたちをあらわすって楽しいね。



しめはゆうと君を中心にみんなで笑顔をつくる!

さいこうのえがお~!



子供はもちろん大人がみんなで大笑いして楽しむって
何かがかいほうされたり、何かの回路がつながったりして
すごくいいな~ってあらためて思いました。



私も最近いろんな回路がつながって
何をやっても楽しい~。
楽しいことがどんどんひろがる~。



そしてそれをみんなで共有できるのが最高です。



さて、次は10/12エナジーめい想朗読会。
いよいよ迫ってきました。
こちらは事前お申込みと事前お振込が必要なので
参加ご希望の方はご連絡下さいね~。

http://ameblo.jp/golden-universe/entry-12066677960.html

e0039323_14384383.jpg


e0039323_1439571.jpg


e0039323_14392224.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-10-04 14:39 | 朗読 | Comments(0)

すべての人にアートを!

NPO法人アートワークショップすんぷちょ『ひゃくねんモンスター』に行った。

すんぷちょは、子供も高齢者も障がい者も楽しめるアートを!
すべての人が芸術を楽しみ平等に豊かな人生を歩める社会を目指して
色々なワークショップやイベントを開いている。

以前私が参加したドラマセラピーもすんぷちょ主催。


さて、今回の『ひゃくねんモンスター』は
入村パスを持って入ると、そこは「すんぷちょ国喜村」

すんぷちょで通用するお金とまず両替。
1000すんぷちょが50円。

村に入ると、素敵な村人達がお店屋さんを出していたり
パフォーマンスをしている。

羊やさんが羊を売って歩いていたり、
水汲みのおねえさんがバケツを持って歩いていたり、
八百屋さんやパンやさん、フリーのカフェもある。

ピュアラブ女神がフリーハグをしていたので
早速珠ちゃんと、よしこちゃんとハグしてもらって、

小学生の可愛いりさ画伯の似顔絵やさんで
三人とも似顔絵を描いてもらった。
さらさらあっという間に若く描いてくれたよ。(笑)

おはなしてっちゃんの人形劇もあったのに
気づくのが遅くて見られなかったのが残念!(泣き)

てっちゃんは私のフリーダンス村のメンバーで
最高に素敵に身体パフォーマンスをしちゃうキュートな人なの!



外で「おにぎり食べたい」のパフォーマンスがあって、
その後は『ひゃくねんモンスター』の物語が始まる。


大人も子供も、障がいがある人も
みんな踊ってる姿が最高!
ちっちゃな子達も自由に踊っていて最高にハッピーでキラキラしていた。

こんな村、いいなー。

どんな人もなんの境目もない。

すんぷちょの『ひゃくねんモンスター』は宮城野区文化センターで
明日も10:30~やってるので時間がある方は行ってみてね。

e0039323_212546100.jpg


ダンスも音楽も絵もみーんなアート
アートは言葉を超える。
アートは境を作らず響きあう。


そしてそして
障がいのあるお子さんとその親御さんといっしょに楽しむ
ハッピークローバーの「いろんなところで楽しむ音」は
いよいよ28日14:00~ 利府町公民館2階創作室で開催

物語を私が読んだり、そこから感じるものをみんなで踊りますよ~!
珠ちゃんはそれに即興で音楽をつけていくの~。


前回の様子と詳細をヨーガ講師のぷりちゃんが素敵に紹介しているので
こちらをどうぞ。
http://ameblo.jp/prthvii-yoga/entry-12003517774.html

こちらは障がいに理解のある方ならどなたでも参加可能です。

今からでもお申し込み可能なので是非お越しくださいね~。

こちらは去年の写真
e0039323_21263585.jpg

e0039323_21265838.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-03-24 21:28 | 朗読 | Comments(0)

311星空プロジェクト&希望の光&希望の音色

もうすぐ3月11日がやってきます。

そして今年も311星空プロジェクトをやります。

3月11日明かりを失った空に満天の星空が広がっていました。

普段は見えなくても星は常に輝き続けています。

あの時は普段見えなくなっていたり忘れていた大切なものをどんなに感じたことでしょう。
それがどれほど愛おしくかけがえのないものであったかを。

沢山の想いを抱きしめました。涙とともに・・・。

そして亡くなった方の命の輝きも今でも消えることはなく、
たとえ見えなくてもこの星のように常に輝き続けています。

その大切な想いをずっとつないでいく。

311星空プロジェクトはそれぞれの場所で想いをつなぐ心のイベントです。
http://311hoshizora.jp/

e0039323_2240954.png


また毎年3月11日に行ってきた
「311つなげよう希望の光 つなげよう希望の音色」
を今年は3月1日に行います。

今年は世界的なピアニスト松永貴志さんのチャリティーライブ

被災地で生まれ育った木材でヴァイオリンを製作し、
その演奏を通して被災された方を励まし、亡くなられた方に鎮魂の祈りを捧げ、
この震災でおきたことを風化させずに世代を超えて語りつないでいくことを目的としている
津波ヴァイオリンプロジェクト「千の音色でつなぐ絆」のチャリティーライブ

みんなでキャンドルに灯をともし、想いを繋げる311星空プロジェクト

そして3年目になる稲吉紘実先生著「絵のない絵本―この星が絵でうめつくされたら」の朗読(及川徳子)とピアノ演奏(前川珠子)

さらに渡辺祥子さんが司会をしながら被災地の想い語り

といった盛りだくさんの内容です。
食事のビュッフェもあります。

詳しくはこちらで
http://kibounohikarineiro.jimdo.com/

是非ご参加下さいね。
参加ご希望の方は私にご連絡下さい。


これは2011年3月11日の星空です。
写真を撮られたのは私がよくこのブログでお写真をお借りしている門伝慶之さんです。
http://blogs.yahoo.co.jp/mondenrs01

e0039323_22415944.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-02-24 22:44 | Comments(0)

心の時代から魂の時代へ

e0039323_23501762.jpg
物質的な時代から心の時代へと言われた時があったけど
いよいよ心の時代から魂の時代へ移行してきた気がする。

DNAを解析されてきた村上和雄先生が
心とDNAの関係から魂とDNAの関係を解き明かしていきたいと仰っていたように
魂のことを話すのがだんだんあたりまえになってきた。

きっとそれは魂のことや、私達の本当の姿や、生まれる前のことを忘れずに生まれる子供達がどんどん増えていることにも関わっている。

地球のアセンションは個人というよりグループごとにまかされているというし、
今年になっていよいよシフトアップのために舵がきられた感じ。

だんだん悟りって言葉も怪しくなく使えるようになってきている。

私達がこの三次元でどれだけ真我の状態をあらわして生きられるかが悟りの深さにもなる。


2/22今日から新しい講座「真理のプログレス講座」がスタートした。
プログレスっていうのは革新・進化をあらわし、
私達がどんどん成長発展し続けることを想ってつけたもの。

プログレッシブロックのロックテイストもいれてみたんだけどね。(笑)

私達がどんな存在であるか、魂の学びの深さ、この人生の愛おしさ、この世界の驚くべき采配、摂理・法則
そういったものはいくらでも話せるし、話していて楽しい。

一日講座にしたので朗読もたっぷり。

やっぱり伝えること自体が好きなんだな。

Photo by Monden
[PR]
by chandra-k | 2015-02-22 23:50 | Comments(0)

いのちのコトバ ひかりのコトダマ

25日(土)の「ことだま ことのは そして ひかりえ」朗読会が終了しました。
イベントが重なって残念!って方もいらっしゃいましたが約50名の方にお越しいただきました。
ありがとうございます!

とってもおしゃれでゆったりとした空間で、
ピアノの音もマイクの音もとってもよくて、
珠ちゃんこと前川珠子さんと私も、
とーーってもいい気分!

いつものように打ち合わせ全くなしで、
二人の見ている世界を紡いで行きました。

多次元の光を感じながら・・・・。

私達にしか出来ないものを・・・。


今回は物語は一切読まず、読んだのは
クリスタライズアーティストであるるなちゃんこと石川留奈さんの書いた「いのちのことば」と
珠ちゃん、るなちゃん、私の先生である大津和壽先生による多次元で書かれた「ひかりのことだま」

いわゆるマントラです。

そのエネルギーを、その光を、参加下さったみなさんと共有する空間。

それは私達自身もとっても楽しく、幸せなひとときでした。
本当にありがとうございます。


CD化して欲しいというご要望もありますが、
CDだとエネルギーの光のシャワーを浴びて、浸透するって感じのパーセンテージが落ちるんですよね~。


ということで、また半年後ぐらいにやりますので是非いらして下さいね。


会場のルフランはお茶も美味しいし(フリードリンク)
ケーキも美味しくて、なによりいい音と、ゆったりした光あふれる感じのところなので
次回もまたここでやると思います。


みなさんから沢山の素敵な感想をいただきました。
本当は全部載せたいところですが、あまりに長くなるので
少しだけご紹介させてくださいね!


○とても幸せな空間でした。この空間の中で珠子さんのピアノと徳子さんの言葉を全身で感じて喜びでいっぱいになりました。
ここに集まったみんなの魂が軽やかに楽しく幸せに踊っている、そんな時間でした。

○とても優しいちからに包まれて至福の時間でした。
一瞬の出来事のような、永い永い旅をしてきたような・・・次元を超えていたのですね、きっと!
この世界がなんと美しいこと。自然に涙がこぼれました。

○声とピアノの音と言葉たちが体の中をすっかりきれいに洗ってくれたようでした。
それは光のようであり、風のようであり、水のようでした。
そして会場にいる方たちの中にあるものが波紋のように共鳴しあって、会場全体があたたかくまるくつつまれているように感じました。

○真っ白な光の空間の中で、黄金色のオーロラのカーテンが、ただ静かにすべてを許し祝福しながら、その光がキラキラと輝いている光景がずっと見えていました。
ただ美しかったです。

○身体がばっちり整いました。眠っていた身体が起きた感覚です。とても軽い、身体も、雰囲気も、すべてが心地いい軽さでした。

○始まってすぐ空気が変わり、声もピアノの音も自然体で、音以外のものも響いてくるような感じでした。
認識を超えて、言葉を超えた感覚に全身が包まれて、意識が戻ったら軽く、明るさが増していることに気づけました。
全身トリートメントされたような感じでした。

○とても癒され、心地よい声の響きとピアノの音色に心も身体も魂も浄化されたように感じています。

○まばゆい光の中に招かれたようなあたたかさと、心地よさを感じた夢のようなひとときでした。癒されました。
徳子さんの朗読と珠子さんのピアノがつむぐ愛の世界にひきこまれてあっという間の時間でした。

○心があたたかくなりました。心が優しくなりました。心が涙を流しました。
こんな自分を大切だと、大好きだと言ってくれるすべてに感謝します。この会に参加出来て本当によかったです。

○とっても気持ちよくフワフワした感じでした。
私達は宇宙の一部で、ひとりひとりが神様で、そう考えるとかけがえのない尊い存在なんだと感じました。
人だけでなく、すべてのものに対しても愛おしい気持ちがわいてきました。
愛と感謝、そして幸せな気持ちで満たされています。

○まるでお風呂上りのような感じ。知らない間にいらぬ力が入っていたようですごくすごく脱力しました。
沢山の喜びや感動をいただいたのに、どれがとは言えません。すべて魂にしみこんでしまった感じです。
私とても幸せです。これからもずっと!!

○読み上げた文というか詩の美しさ、調和、真理に心が打たれました。
及川さんの声には読み上げている美しい詩との不調和がなく、及川さんの声が詩の内容を私の心に深く浸み込ませ、詩の内容が及川さんの声によって大きく高く増幅されたと思います。
それから前川さんのピアノの伴奏、これがまた素晴らしかった。
決してピアノが出過ぎることがなく、不足でもなく、朗読の言霊をピアノの響きで包んで空間を満たし私の心に浸み込ませてくれました。
ピアノ協奏曲というジャンルがありますがこれは朗読ピアノ協奏曲と言うべきです。
朗読とピアノの絡み合いが言霊の表現を一層深めてくれました。
会場の場(フィールド)が全く変わりましたね。
普通体験出来ない高いレベルの場となり、この会場にいるだけで心身が清められそして癒されると思います。
言葉では上手く表現出来ませんが朗読の内容通りの場で会場が満たされました。
この朗読会のすべてが全く本物であればこそ場まで変わったと思います。
これは新鮮な驚きでした。こうしたことは純粋な祈りでしか体験できないと思っていました。



みなさま感想をありがとうございました!
本当に本当に嬉しいです。
これからますます成長して、次回はさらにより深く、高く、豊かな世界をあらわしていきます!


写真はパンダこと大友由美さん、羊こと大槻理恵さんに撮っていただきました!
ありがとうございました!

e0039323_22272037.jpg
e0039323_22274744.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-10-27 22:28 | 朗読 | Comments(0)

ハッピーコラージュ

障がいのあるお子さんとその家族をサポートするハッピークローバーのイベント
「いろんなところで楽しむ音~おはなしとおどり」を先月開催。
私の朗読と珠ちゃんのピアノとのコラボで
みんな一緒に楽しんだことは前に記事に書いた。

http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11925433918.html

今日はそれに関わったみんなで当日の写真のコラージュ!

ハッピークローバー通信!

子供達もご家族もめっちゃいい顔していて、笑顔一杯だったので
その写真をみなさんに届けるためのコラージュを
みんなでわいわい言いながらエルソーラで作る。

(最近よくエルソーラに来てるなあ。笑)

笑顔が一杯集まって、それを見ているだけでハッピー!

これを見たらまた喜ぶだろうなー。
だって子供たちの笑顔って最高なんだもん!

次回のイベントも来年2月に決まって、みんなで妄想が膨らんでいる~。

みんなで一緒に命を輝かせて踊ろう!
e0039323_17551951.jpg

e0039323_17554315.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-10-09 17:57 | 朗読 | Comments(0)

クリスタルボウル、ピアノとのコラボ朗読会

「いのちのコトバと音の時間」

魂の約束の物語と、いのちのコトバ。
そして、心と体の響きを感じてもらう明想。

とっても素敵なサロン・アトリエブロッサムでNaoさんとクリスタルボウルと朗読のコラボを行いました。

アロマの香る中、お茶を飲みながらみなさんゆったり、リラックスして過ごしていただき、
癒されて気持ち良すぎて眠ってしまった方も。



ご感想もいただいたので、少し抜粋させていただきます。



○すごく素晴らしい音と声で体と声がすごくあたたかく癒されました。
 魂をすごく感じられ、胸が太陽の光みたいなあたたかさになりました。
 すべての感情に愛があるんだなって感じ、嫌なことも許すという気持ちになれました。

○おかげさまで深~いところまで入ってしまいましたのでしばらく頭が動きませんでした。
 久々ゆっくりゆったり旅をした感じです。
 お二人ともとーってもステキでした。

○久々に落ち着いた時間を過ごすことが出来ました。
 このようなコラボもとても良いですね。
 クリスタルボウルは間近で聴くのは初めてですが、静かな響きが心地よいですね。
 朗読にもうっとりしてしまいました。


他にも嬉しいご感想を沢山いただきました。
ご参加ありがとうございます!

e0039323_21524010.jpg



そして今度の日曜は

「いろんなところで楽しむ音~おはなしとおどり~」

障がいを持つお子さんとそのご家族と一緒に過ごす朗読とピアノのコラボ。

お子さんが自由に声を出したり、自由に立って歩いても大丈夫!
それどころか、音の出るものを持ち寄って、一緒に踊ったりしましょう。
いろんな所で音を感じ、そして楽しんでもらえたらと思います。

障がいのある方を支援していらっしゃる方や興味のある方も是非ご参加下さいね。


★日時は9月14日(日)、11時半~12時半。

★場所は利府生協集会室にて。
(もし途中で不安定になってしまった時は、クールダウン用の部屋を二つ用意してありますので、ご自由にお使い頂けます)

★会費は一家族1000円。

★申し込み、お問い合わせはハッピークローバー富樫由紀さんまで。
    電話090-2952-2522。
[PR]
by chandra-k | 2014-09-08 21:53 | Comments(0)

朗読会のお知らせ3つ♪

9月10月に朗読会を行います。


●「いのちのコトバと音の時間」

 「魂の約束の物語」と、いのちとからだを感じる明想朗読
  声とクリスタルボウルの響きに委ねて光のシャワーを感じて下さい。

  クリスタルボウルの演奏は、
  画家活動をしながらセラピスト活動を行っているNaoさん
  自宅サロン・アトリエブロッサム主宰

  アトリエブロッサムは先日も「女の手仕事展」を開催した癒しサロン
  閑静な住宅街にある素敵なサロンです。(Atelier Blossom)

  9月7日(日)14:00~ アトリエ・ブロッサム

  参加料 2500円 ペア割 2000円

  仙台市太白区長町2丁目2-36(地下鉄長町1丁目駅徒歩5分)
  
  お問合せ 
    アトリエブロッサム Naoさん 080-5564-3709 
  


●「いろんなところで、楽しむ音」~おはなしとおどり~

  障がいのあるお子さんとお母さんをサポートしている
  「ハッピークローバーの会」による
  お話しと音と自由な踊りで楽しむ時間です。

  対象は障がいのあるお子さんとお母さんやお父さん。
  そして、理解のある方やサポートをされている方。

  ピアノの演奏はおなじみ珠ちゃんこと前川珠子さん

  みなさんの声や物音も、大事なピースとして、
  一緒に音楽のような時間を創って行きます。

  9月14日(日)11:30~  利府生協
  
  宮城県宮城郡利府町利府字堀切前35番地1(022-767-8070)

  参加料 ひと家族 1000円

  お問合せ 
    ハッピークローバーの会主宰 富樫由紀さん 090-2952-2522



●「ことだま・ことのは・そしてひかりえ」vol.2

  いのちの言葉と光のことだまを言葉と音で紡いてゆきましす。

  光が深く届いて振動し、響きあうエナジーワーク的な朗読とピアノのセッションです。
  何が起きるかはその時にならないとわかりません。(笑)
  前回以上に明想朗読の時間が長くなると思います。

  ピアノはもちろん珠ちゃんこと前川珠子さん

  3月の朗読会が平日にもかかわらず大盛況だったため、
  今回はリクエストにお応えして土曜に開催します。

  10月25日(土) 詳細未定  ティーラウンジ・ルフラン(Refrain) 
           (ドリンク&スィーツ付き)

  こちらは詳細が決まりましたらあらためてお知らせします。
  お楽しみに~!


是非いらしてくださいね~♪

e0039323_17324242.jpg
  
[PR]
by chandra-k | 2014-08-15 17:33 | 朗読 | Comments(0)

珠ちゃんのピアノと私の朗読に関する考察。

私達は実は特殊体質なのではないか?
と、3/7、3/11のコラボを通して考えていた。

まあ、珠ちゃんが特殊体質なのはもともと知ってたけど(笑)
もしかすると私もか?なんて。

珠ちゃんは一度感じた波動は決して忘れないという。波動を記憶し、再現出来る。
たとえどの時代に会っていても(前世とかね)、どんな姿でも波動は覚えているという。
そのかわり三次元的な形はよくわからないというか、
魂が目覚めていないと、その人がよくわからないので(本来の波動がたちあがってないので)
顔や形は認識するけど、みんな同じように見えると言ってた。
どんな風に見えるんだ?(笑)

珠ちゃんはその人の持つエネルギーを絵にしたり
(その人がこれから進むちょっと先のエネルギーを絵で表現してサポートしたり)
その人があらわすものがたりをピアノで奏でたりする。

珠ちゃんはものがたり(文字)を楽譜がわりにして、そこから立ち上がるエネルギーを音に変換していく。
または3/7の朗読のように、私が勝手に選択した文(珠ちゃんには一切知らせていない言葉)を読んでも
そのエネルギーを読み取って音に変換していく。

稲吉先生著作の絵のない絵本「この星が絵でうめつくされたら」を、珠ちゃんが初めて稲吉先生の前で弾いた時も、
イメージ通りの音が目の前で鳴っていたので大変驚かれていた。

そして先日3/7の朗読会で留奈ちゃんの「いのちの言葉」の朗読の時も、
その言葉が留奈ちゃんの内側から出てきた時に響いていた音を珠ちゃんが奏でていたのて、留奈ちゃんは驚いていた。

でもそれは珠ちゃんにとっては当然らしい。
物語がその人に降りてきた瞬間の波動を音にしているから。

まあ、音も光もみんな波動だから、どれにでも変換は可能ってこと。


一方、私はというと、もともと「媒体的体質」だという認識はあったけど、
朗読するとそれが顕著になるということが明確になってきた。
色でいうと透明。光でいうといろんな光が集合しているから透明っていうか、水みたいなかんじかな。

朗読している時はナレーターでも、アクターでもない。
キャラクターがなくなって溶けるって感じ。


アクターは一人の生き生きとした人間をそこにリアルに人を誕生させ、
三次元の中でそのキャラクターを明確にあらわし、その人がどんな風に生きるかを通してオーディエンスに働きかける。
そしてオーディエンスはその主人公に自分を重ね合わせたりしながら共感し、感動する。

それに対して私の場合は、誰かを演じるのではなく、「読み手の私」になるのでもなく、
私が読んでいながら、私はあなたになり、あなたの中で私であるあなたがたちあがる。
キャラクターが限定されない。誰にでもなりうる。
共感するのではなく、聞き手の内側の声となる。
(先日の朗読会でも声が外からではなく自分の中から聞こえたという人が何人もいた。)


前からうすうすは感じていたのだけど、珠ちゃんやひろみんと話していてそれが明確になった。
やっぱり私は媒体なんだ。
粒子となって溶けて振動する。
あなたのなかで。


だから私は「誰かの物語」というキャラクターが限定された(別の言葉を使うと個性がきわだった)人の物語を
全く読みたいという欲求がわかないんだな。
読もうとすると、キャラクターを作為的に作る感じになって、わざとらしくなって自分で楽しくなくなる。

昔私はオレンジジュースやワインなどに憧れてたけど、私の個性はどれにも溶ける水だった。


アクターでもナレーターでもない私は、もしかすると朗読者としてちょっと特殊なのかもしれない。


私が読ませていただいた稲吉紘実先生の作品もまた、ちょっと特殊な感じがする。
それはまるで先生が創るシンボルマークのように思える。
抽象化されていて、エッセンスが抽出され、シンプルにシンボライズされた
宇宙の枠組みみたいなものなので、そこには直接の感情が入ってないように感じられる。
でも、感情がないのではなく、どんなものにもなれるものが入っていて(すべての色があって透明みたいな)
それを選び、立ち上げるのは受け取った人。
(まさに絵のない絵本であり、自分で好きなように描くことが出来るようなもの)

それは創造の前段階の意識のエネルギー状態みたいなかんじ。

ただ、そのままでは受け取りにくいので、私が媒体になって届けると
その人の中で受け取りやすいかたちになって勝手に立ち上がっていく。


この世界は多次元なので、その無限の意識のエネルギーのどこにフォーカスして抽出するかで
いくらでも物語を紡いでいくことが出来る。


そしてそれをやるために、珠ちゃんと私のコラボは必然的な相性のような気がする。

二人とも「今この瞬間」に感じたものを創造することに喜びを見出す。
最初から意図して作り込むと楽しくないし、同じことは飽きるし、というより同じことは二度と出来ない。
二人して、瞬間瞬間に創造しているから。

私が言葉を発すると、そこからエネルギーを感じ取った珠ちゃんがメロディーを奏で、
その世界に呼応して、私の見る世界が変化し、言葉が変化していく。
私が変化すると、またさらに珠ちゃんが変化する。


それは声と音楽を使って、世界を創造している状態。
その瞬間にどの次元のどんな世界を感じるかで、そのあとにあらわれるものが変化するのだ。


特に私は音楽が好きなだけでなく、音楽があるとオートマティックに声のトーンもリズムも変化するし、
音に対する共鳴がものすごく大きい体質なので、その変化は顕著に起きる。
とにかく音楽と共に読むのが大好き!

珠ちゃんと私のコラボはやる度に変わる。
どんどん変化する。

私達自身が成長し、変わるとあらわれる世界がまた変わる。
私達がそこに何を見出すかで、また変わる。
そしてその変化と創造が楽しい。


さらに留奈ちゃんという「いのちの言葉」を紡ぎだす人が加わって、
とてつもなく楽しいことが出来そうで、わくわくがとまらない。

みんなの中の光がそれぞれどんどん立ち上がり、ともに美しく響きあう
そんな瞬間を創造していこう!


私の声は、マイクに乗ってスピーカーから拡散される範囲が大きければ大きいほど
粒子が細かく振動する性質があるので、でっかい会場で朗読をしたいと思っている。
音が粒子となって降り注ぎ、媒体となってあなたの内側からたちがるあなたの声となり、ともに響きあいたい。

これ、実は前からあるヴィジョン。

でっかい会場でのめい想朗読会実現しよう。

e0039323_182119.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-03-13 01:08 | 朗読 | Comments(0)