<   2015年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

今ここで生きていること

最近よく、こうして生きてるってありがたいなーって思う。

こうつくづく思うようになったのは、明らかに大病をして生死と向き合ってから。
あれがなかったら、ここまで実感出来なかったかもしれないな。

だって、時代が違ったら確実に自分は今生きていないだろうから。

生きてること、生かされていることに感謝すると、
やっぱり何があっても、ミッションを生きようと思うことが出来る。

自信ないとか、不安だとか、うまくいくだろかとか、大変だとか、
人からどう思われるかとか、自分が今どれだけ出来てるかとか、
いろんなことをつべこべと言っていられないなぁって。

あらゆる人やあらゆるものがサポートしてくれた「私のいのち」だから・・・。




私達は自分の体験したいプログラムにあわせて
環境を選び、親を選び生まれて来る。

両親と子供の魂同士が交信して、両者の了解のもと母親のお腹に宿る。

その大病をした時に、初めて正面から両親に「産んでくれてありがとう」と
感謝の気持ちを伝えることが出来た。

それまでは感謝はしていてもしっかり伝えていなかった。

(詳しくは病床波動日記に書いたので割愛するけど)

そして今、自分が生きてることがありがたいと思う時
一緒に両親への感謝の気持ちもわいてくる。



そして、そんな様々なことを深く感じることが出来るようになったのもまた
大病をしたおかげなのだと感謝している。
私にとってはギフトだったなぁ・・・。


まして、地球がシフトアップを決断し、大きく変革しているこのアセンションの時期に、
どこよりも分離の学びが出来る地球に生まれることが出来、
スペシャルでワンダーな体験が出来ることも、本当にありがたくて恵まれていると思う。


感謝のバトンをとりあえず受け取ってるけど
ルールは無視してるし、(笑)ただ普通に書いていても感謝になるし、
結局はあたりまえに、今ここに在ることが感謝でしかない。

e0039323_23144877.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-03-31 23:14 | Comments(0)

友へ。仲間へ。

大切だからこそ、どうしても言わなくてはいけないこともある。
大切だからこそ、どうしても言ってはいけないこともある。

大切だからこそ、大好きだからこそ、距離をおくことを選択しなくていけないこともある。



私には大切な友や仲間が沢山いる。
ほんとうにありがたい。嬉しい。

どんな時でも支えてくれて、
信じてくれて、
本気で叱ってくれたり、
私のために怒ってくれたり、
喜んでくれる友と仲間が沢山いる。

どれだけ助けられてきただろう。
どれだけ喜びをわかちあってきただろう。

本当に大好きで、大切で、愛しい友と仲間達。

なんて私はしあわせなのだろうと感じる。




でも、かつては考えられなかったなー。

心を開けなくて、どんなにまわりに人がいても淋しくて孤独を感じていた私。

真理を学んだおかげで、孤独感がゼロになった。

すべてとつながり、すべてとひとつであることを
心の底から感じられるようになった。




他の人が私をどう思おうと、
私はみんなを友と思い、仲間と思う。
もちろんひとりひとりの関わりの深さは違うけれど。



そんな友や仲間が大変な時は、もちろん手を差し伸べるし、
あたりまえに寄り添うけれど、

でも時に、その人のためにあえて何もしない時もある。
してはいけないと感じるから。

中心からずれてることを感じていても、
そこから沢山学び取って、必ずますます素晴らしくなって戻ってくることを信じて、
ずっと待っている。

例え拒絶されてもきっといつか気付く時が来ることを信じて。

大好きだから。
その魂の本来の輝きを信頼しているから。



こんなにたくさんの大好きで素敵な友と仲間達に囲まれて
私はどれだけしあわせなんだろう。

ほんとに、ほんとにありがとう。
[PR]
by chandra-k | 2015-03-30 22:53 | Comments(0)

うれしいのつながり

ぼくのうれしいことが
きみのうれしいことに
きみのうれしいことが
みんなのうれしいことに
このせかいをうれしいはなでいっぱいにしてしまおう
このせかいをうれしいうたでいっぱいにしてしまおう


自分が嬉しくて、みんなの嬉しいことをやっていたら
喜びが虹のように世界に広がっていくという物語

「うれしいがいっぱい」

この物語を読んで、物語の中に入っちゃって
みんなで踊ったり、遊んだり、歌ったりした。


障がいのあるお子さんと、そのご家族をサポートしている
ハッピークローバーのイベント
「いろんなところで楽しむ音」におまねきいただき朗読をした。

ピアノ担当は珠ちゃんこと前川珠子さん。


今回で2回目。


私が朗読していると、子供達が突進してくる。笑

いたづらにやってきたり、布を巻きつけてみたり、
マイクをコンコン叩いて音を立ててみたり!

さらに私は敷物をかぶせられて、
嵐に巻き込まれたり!(笑)

子供達は自由でいいなー。

好きなものを聞いて踊る時は
次々に好きなものが出てくる出てくる。

こんな子供達が起こすハプニングも、
ぜーんぶまるごと物語の一部。

e0039323_019710.jpg

e0039323_0195579.jpg

e0039323_0202740.jpg


障がいがあってもなくても
大人でも子供でも、みんなでいっしょになって楽しむっていいな。

大騒ぎでめちゃくちゃ元気で楽しい時間だった。




障がいを持つお子さんがいるお母さんは
子供といっしょに朗読のイベントに参加することは少ないかもしれない。

じっくり朗読を聞きたくても、お子さんと一緒だと参加を断られたりすることもあるだろうし、
お子さんと一緒が認められても、お子さんが大騒ぎしないかと気を遣って
朗読を楽しめなかったり・・・。


そんなんじゃなくて、子供と一緒にいながら大人は朗読を聞くことが出来るっていうのをやりたかった。
そしてエネルギーを受け取って元気になるものを。

子供達はたとえ物語が理解出来なくても、
エネルギーを感じ取って勝手に楽しめるから。

誰も細かいことを気にすることなく、一緒に、同時に、好きなことを楽しめるものがいい。

そして珠ちゃんも私もどんな状況でも大丈夫だし、
ハプニングが起きてもそれをまるごと楽しめるから。


こんな風に楽しい朗読の場をあたえてもらえるって本当に嬉しい。感謝!(感謝のバトン①)
私は声を出して読むという行為がとっても好きなんだと思う。


そして、子供と一緒に遊ばせてもらえるということも感謝!(感謝のバトン②)
だって普段子供と一緒に遊ぶ機会なんてないんだもの。



ところで、今私は子供が大好きで、一緒にいるととっても楽しいのだけど
かつてはどう扱っていいか、困惑していた。

なぜかと言うと私は自分が子供の時に、ものすごく子供らしくない子供だったから。
感情を出すことが出来ない、とんでもなく大人びた屈折した子だったから。

だから子供と共鳴することが出来なかった。

そのまま大きくなってしまったため、しばらく子供とどう交流していいかさっぱりわからなかったの。


それがだんだん学びが進むにしたがって、私は子供に戻っていった。
どんどん無邪気になっていって、自分が子供の時に体験出来なかった感情を味わえるようになってきた。

そして子供と仲よくなれるようになってきた。

普通の人と全く逆の成長プロセスをたどっている。


今となってはこの学びに感謝だなーって思う。(感謝のバトン③)
だって、今はどんどん楽しいことが増えているんだもの。
[PR]
by chandra-k | 2015-03-30 00:21 | Comments(0)

感謝のバトンについて

フェイスブックの中でまわっている「感謝のバトン」
5日間毎日3つの感謝を綴り、最後の日にはそれを三人にまわすというもの。

ついに、ゆめかなちゃんこと澁谷(山田)佳奈江ちゃんからまわってきた!


「感謝のバトン」をフェイスブックで眺めながら、
私は正直「私にまわってきたら、ちょっとめんどくさいなー」なーんて思っていた。

だって、私は縛られるのがキライなのと、
「○○すべき」ということが苦手なのと、
ブログは自分のタイミングで好き勝手綴っているので
強制的に書きたくないしなー。
第一忙しい。とかね。理由はいろいろ。

それと、感謝はするものじゃなく、勝手にわいてくるものだしなー。
なんてね。


で、いよいよ本当にまわってきて、
こうして「感謝」について、「感謝のバトン」についてちゃんと考える機会を与えてくれたゆめかなちゃんにまずはありがとう!


私、何かテーマ与えられて考えるのって好きなんだよね。
自己探求が趣味だから。

ズボラなので機会がないと考えないことも多いからね。



結果からいうと、バトンを受け取ることにした。
私のやり方で、ゆるーくやるってことで。
しかも、フェイスブック内じゃなく、ブログと連動させることで。



まず「感謝のバトン」について。
「5日間3つの感謝・3人にまわす」という枠、ルールにしばられちゃうとツラくなる。

だいたいにしてブログだってほんとは毎日書きたいけど、仕事がつまってると書けない。
だって、書き始めると止まらなくなるんだもの。(これ私の都合だけど)

それに書きたい時に書かないと、無理やりの波動が載ってしまうから。

ってなわけで、ルールには基本は守るけど縛られない。
ゆるーく、自分のタイミングで書きたいようにやる。



だって、そもそも「感謝のバトン」を最初に考えた人って
この世界に感謝の気持ちを増やしたかったんじゃないかな。
そしてそのために、それに合う「きまりごと」を作ったはず。

ルールとか法律って何でもそうだけど
そもそもみんなの幸せのために始まったもの。
それが「守ること」がメインになってしまって形式に縛られると
本来の目的が失われる。

世界を感謝で一杯にしてしあわせな気持ちが広がったらって思ってたのに、
「あー今日も感謝しなきゃ」って思ったら嬉しくないもんね。


世界中に感謝のエネルギーが広がることは私も大賛成!
嬉しいもん。



ところで「感謝」って無理やりするものじゃない。
その時勝手にわいてくるもの。


でもね、感情って筋トレしたり、じっくり味わったりすることで深まるものでもある。

だからたとえ最初は無理やりだったとしても
やってるうちに(書いているうちに)だんだん感情が立ち上って来て
沢山の感謝があふれてくるはず。

これ、ラフターヨガなどとも一緒ね。
最初、作り笑いでもだんだん本気になって楽しくなってきちゃう。

人間の脳や体ってそう作られているから。


だから、面倒くさいといいつつやってたら本気で心のそこから感謝があふれて振動するってことも沢山ある。


ってなことを色々書きつつ(ほーら、例によって長くなっちゃった)

私はこのバトンを受け取って、自分のタイミングで書きたいことをゆるーく書くことにした。


ルールは守らないかもしれないけど(ってすでに破ってる)
制限をあえて作ることで、その中で楽しみ深めるっていうのもこの三次元世界の面白さだし、
制限があった方がやりやすいって場合も多いからね。


と、つらつら書いてみたけど
これはいったい1日目になるのか、それともプレ1日目になるのか・・・・。

ま、どっちでもいいや。


さーて今日はこれからハッピークローバーの「いろんなところで楽しむ音」
お話ししたり、歌ったり、踊ったりで、うれしいことをお届けしながら
何より自分が楽しんじゃおう!
[PR]
by chandra-k | 2015-03-28 10:31 | Comments(0)

ハグ・スキンシップの力 FREE HUG

ハグ・スキンシップの力 FREE HUG

私はかつてハグが苦手だった。
緊張するし、恥ずかしいし、照れるし、
身体がこわばっちゃうし、どうしていいかわかんなくなっちゃう。

今の私を見たら考えられないでしょ?(笑)

今は誰とでも気軽にハグ出来るもんね。


真理を学んでいろんな枠がはずれて
いろんなことを受け入れることが出来るようになった。

ハグが出来るようになったのは10年位前かな。


その前はスキンシップしたくてもどうしていいかわからなかった。


子供の頃、家は商売をやっていて忙しかったし、
母と祖母がいて、母は21で私を産み
子宮外妊娠で子供を産めなくなった祖母は母の14歳年上。
(色々事情があって養子縁組した)

どちらかに甘えるとどちらかが寂しいと勝手に気を遣い、
誰にも甘えられない、感情を外に出せない子になった。
(今なら倍の愛を受けていたってわかるけど)

誰かにすりすりしたり、
誰かに抱きついて「だーいすきっ!」って言ったり
誰かの胸で泣いた記憶がなかった。

誰かにぎゅーって抱きしめられた記憶もなかった。


記憶はないけど、すごく小さい頃はそうされていたと思う。
でも私には悲しいことに記憶がない。


だから勝手にハグが苦手な、分離感だらけの人間に育った。


でもね、真理学んですべてが本当にひとつだって心の底からわかって
孤独感が完全に消えてしまったけれど、
今までの癖で、ハグしたくてもどうしていいかわからないの!

みんなに大好き!って言いたいのに恥ずかしくて言えない。
みんなとハグしたいのに、もじもじしてしまう。


そしてそして、ある夜
「明日エナジーワークの後、みんなにハグしてもらおう」って決心して、
ものすごく勇気をふりしぼって
「み、み、みんな、ハグして!」って言ってみんなにハグしてもらった。
(かわいいでしょ!愛しいなぁ)

それからは筋トレみたいなもので、よくみんなとハグしていた。


そうしたら一時はハグ魔みたいになって(笑)
会う人会う人誰とでもハグしたくなっちゃってたなー。


おかげで今はとっても普通に、ナチュラルにハグが出来る。


ハグすると、エネルギーが通い合う。
安心感に抱かれる。
嬉しい!


スキンシップをすると誰からも幸せホルモンが分泌されるように人は出来ている。
生まれたての赤ちゃんに誰も一切スキンシップしないでいると亡くなってしまうという。


ハグって嬉しいよね。


前々回の記事にすんぷちょの「ひゃくねんモンスター」の村について書いたけど
そこにはフリーハグをするかおりんというピュアハグ女神がいた。

彼女のことはフェイスブックで見ていて、かわいいなぁ会いたいなぁと思っていたの。

そこで早速かおりんとハグハグ。


ハグってしあわせな気持ちになるよね。
世界中の人がフリーハグ出来るようになったら戦争なんていらないもんね。
どんどん広まるといい。

聖者であるアンマが世界中でハグをし続けていて
ハグをするだけで多くの人が涙を流し、癒されるというのもよくわかる。

どんどんみんなでハグしよう!
そして地球を、世界をハグしよう!

e0039323_1130644.jpg

e0039323_11303298.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-03-26 11:31 | Comments(0)

「お金持ち」のアファーメーション

今回のヴォイス・スキャンのセッションは
腸もみ姉さんこと千葉幸子さん

まずは普通に名前を6秒間。(右)

で、ボディセラピストなので、私の手に触れて声を録ると・・・
やーっぱり~ぃ。
波形が劇的に変わる。(左)

e0039323_2315919.png


ボディセラピストのコーラルなど体感覚がばりばり出てくる。

不思議だよね~。
ボディセラピストさんの多くは、人の体に触れるとスイッチが入って
本来の自分の能力が沢山立ち上ってくる。

そしてその時は思考が静まることが多い。
脳よりも体感で動くようになるんだろうな。

幸子さんに訊いたら、施術してるときは
「腸がこんな感じになってたら素敵~」とかイメージが浮かぶんだって。
さすが腸セラピスト!


幸子さんはもともと視覚タイプだから、イメージや映像の方が明確なはずなんだけど
今までは自分でそれを認識していなかったので、これからはもっともっと明確になりそう~。


それに魂のプログラムを見ても、判断力が抜群なはずだし、
波形を見ても、本質を見抜く力や直感がすぐれているのが出ているのに、
本人が認めていなくて、脳で色々考えすぎたり、自分の感覚を疑ってしまっていたそう。
これから自分の感覚を信頼すればバッチリ!


さらにアファーメーションで面白いことが!

e0039323_2323280.png


幸子さんはお金にブロックがあると言うけど
「千葉幸子はお金持ち」で録音してみた。(右)

なんと、ブロックがあるどころか全体が振動している。


どーりで!
実は幸子さんの魂のプログラムを見ると「お金の循環」が出てくるの。

幸子さんの場合は「お金持ち」って言ったほうが
どんどんお金が循環するようになるはず。



それと、幸子さんは菌を沢山育てていて
菌の話をものすごく楽しそうに話すので
「千葉幸子は菌と仲良し」で録音してみた。(左)

これもいい感じに出ている。


では!と欲張って
「千葉幸子は菌でお金持ち」で録音したら・・・・
しーん!
波形がしょぼーい。(爆笑)
無理やりやると、すごく意図的なものが働いて振動しないんだね。


ということで、
「千葉幸子はお金持ち・千葉幸子は菌と仲良し」をリピートすることに!
これでバッチリ!


幸子さんのブログはこちら
http://ameblo.jp/coshel3/
[PR]
by chandra-k | 2015-03-25 23:03 | ヴォイススキャン | Comments(0)

すべての人にアートを!

NPO法人アートワークショップすんぷちょ『ひゃくねんモンスター』に行った。

すんぷちょは、子供も高齢者も障がい者も楽しめるアートを!
すべての人が芸術を楽しみ平等に豊かな人生を歩める社会を目指して
色々なワークショップやイベントを開いている。

以前私が参加したドラマセラピーもすんぷちょ主催。


さて、今回の『ひゃくねんモンスター』は
入村パスを持って入ると、そこは「すんぷちょ国喜村」

すんぷちょで通用するお金とまず両替。
1000すんぷちょが50円。

村に入ると、素敵な村人達がお店屋さんを出していたり
パフォーマンスをしている。

羊やさんが羊を売って歩いていたり、
水汲みのおねえさんがバケツを持って歩いていたり、
八百屋さんやパンやさん、フリーのカフェもある。

ピュアラブ女神がフリーハグをしていたので
早速珠ちゃんと、よしこちゃんとハグしてもらって、

小学生の可愛いりさ画伯の似顔絵やさんで
三人とも似顔絵を描いてもらった。
さらさらあっという間に若く描いてくれたよ。(笑)

おはなしてっちゃんの人形劇もあったのに
気づくのが遅くて見られなかったのが残念!(泣き)

てっちゃんは私のフリーダンス村のメンバーで
最高に素敵に身体パフォーマンスをしちゃうキュートな人なの!



外で「おにぎり食べたい」のパフォーマンスがあって、
その後は『ひゃくねんモンスター』の物語が始まる。


大人も子供も、障がいがある人も
みんな踊ってる姿が最高!
ちっちゃな子達も自由に踊っていて最高にハッピーでキラキラしていた。

こんな村、いいなー。

どんな人もなんの境目もない。

すんぷちょの『ひゃくねんモンスター』は宮城野区文化センターで
明日も10:30~やってるので時間がある方は行ってみてね。

e0039323_212546100.jpg


ダンスも音楽も絵もみーんなアート
アートは言葉を超える。
アートは境を作らず響きあう。


そしてそして
障がいのあるお子さんとその親御さんといっしょに楽しむ
ハッピークローバーの「いろんなところで楽しむ音」は
いよいよ28日14:00~ 利府町公民館2階創作室で開催

物語を私が読んだり、そこから感じるものをみんなで踊りますよ~!
珠ちゃんはそれに即興で音楽をつけていくの~。


前回の様子と詳細をヨーガ講師のぷりちゃんが素敵に紹介しているので
こちらをどうぞ。
http://ameblo.jp/prthvii-yoga/entry-12003517774.html

こちらは障がいに理解のある方ならどなたでも参加可能です。

今からでもお申し込み可能なので是非お越しくださいね~。

こちらは去年の写真
e0039323_21263585.jpg

e0039323_21265838.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-03-24 21:28 | 朗読 | Comments(0)

からだって面白い!

私はけっこう昔から自分の体をつかって色々実験してしまう癖がある。

実験って思うからいけないんだな。
今までそれでむちゃくちゃな使い方しちゃったからね。

ごめんなさい。私のカラダさん。


じゃあ、言い方を変えよう。

私はとっても性能のいい、感度のいい、敏感な体で感じることを検証しながら
宇宙の仕組みを感じて感動するのが大好き。


前にブログに書いたけど、最近は自分で胃上げヒーリングをやっていて、
あっという間に胃が上がるのだけど、翌日また落ちてしまうので
連日繰り返しヒーリングしていたら、やっと安定して下がらなくなった。


ところで頭蓋骨はいくつもの骨が組み合わさっていて
それが動くことでかなり体に影響が出ることは知っていた。

実際自分が頭蓋骨のズレと頸椎のズレによって、手がしびれたこともあったので
私は信頼出来る人にしか自分の体をまかせないようにしている。

だから今はやりの小顔矯正とか言って、無理やり頭蓋骨を動かす施術は
聴いているだけで恐ろしい。


そんな時、「かわいくなる頭蓋骨調律」という施術があると聞いた。

しかもブログで施術前後の写真を見たら、完全に歪んでいた顔がすっかり変わっている。

おおーっ!
確かにかわいくなっている。
でもどんな施術なんだろう・・・・。


そこで尋ねてみれば、ほとんど患部に触れずに
指などをちょちょっと触っただけでその変化が起きるという。


それなら大丈夫そう。
ってことで施術を申し込んでみた。
何でも自分で体験しないと気がすまない私。



ということで、施術を受けた。


おりしもその日は春分の日。
朝からエネルギーが入って来ていた。


中田忠弘先生が最初に鏡を見せて下さり、顔の歪み箇所を指摘。
驚くほど頬骨とか唇のまわりとか高さが違う。
しかもねじれている。
気づかなかった・・・。でもほんとに左右違ってる。

他にも歪み箇所を指摘される。


そしていよいよ施術。

驚くほど触れずに、ちょちょっと体を動かしただけで施術終了。


そして鏡を見ると顔の左右が整っていた。
腰がしっかりついて、首が軽くて、足がまっすぐになっている。

驚き!

その後仕事があったのだけど、胸が開いて背筋が伸びて声を出すのが楽ちんだった。



先生に言ったら否定されるかもしれないけど、
これって物理的に動かしているというより、エネルギーだよなぁ。

私もエネルギー受け入れて共鳴させているし、
私の体自体よく反応するので動きやすいような気もする。



私はオステオパシーの施術で定期的にメンテナンスしているし、
TREの効果も、ヒーリングの素晴らしさも、操体法の驚きもいろいろ体験しているけど、
今回の施術も新たな世界を体験した気がする。

調律ってことは、ある周波数で調整しているんだろうな。

ただエネルギーで動かした場合、定期的に続けたほうが効果があがる気がする。



体は光の振動波の集合体であり、音の集合体ともいえる。
ヴァイヴレーション。

いろんなものが繋がって来て面白いなー。


自分なりの体系がだんだん形づくられてる気がする。



そして今日は月に一回のフリーダンス。

いつものことながら、ゆっくりダラダラ動こうっと、
なんて思っていても結局、思い切り動いて踊ってしまうのだけど
ダンスの後は、本当にいろんなものが軽くなっていて
スッキリ爽やか!

これもからだが望むように好きに動かしているだけなので、
操体法に近いものがあるのかもしれないなー。


フリーダンスを体験すると今までも涙を流す人が何人もいるんだけど
いろんなものが出てきて浄化されるんだろうな。


体って本当に面白い!
[PR]
by chandra-k | 2015-03-24 00:47 | 健やかな心と体 | Comments(0)

深く豊かに伝える②

前回の続きです。

言葉の奥に何を感じるかで伝わるものが違うという話。


昨日ヴォイス・スキャンのセッションをしました。
お相手は根元弘子さん。

根元さんがご自分の名前を6秒間言ったら
きれいに全体的に波形が出ました。

魂のプログラムも見せていただくと
「いのちの言葉を使う」というプログラムがダントツで数字が6つ!
(ここまで同じ数字が並ぶ人は初めてでした)

そしてヴォイススキャンの波形で表されている個性と、プログラムと
自分が好きだとおっしゃることが一致。
素晴らしい~。まさに!


さーて、それからアファーメーション探しをしたのですが
どうも「これ!」というものが見つからず・・・
結局ご自身の名前が一番いいということに。

ご自分の名前がアファーメーションって素晴らしいことですよね~。
何度も名乗ればいいのだから!


ただ出来ればアファーメーションで社会軸の部分(上のチャクラ)も活性化したらいいなーと思って
色々とお話ししていました。

そこで、旧姓で録音してみることに。


すると、なんと現在の名前と反対の波形になっているではないですか!

これまた合わせ技が使えるか?(笑)

でも、きっとミドルネームみたいに両方喋ってもちょっと違う感じがしたんですよね。


そこで、ご自分の名前を言う時に
旧姓の自分も融合させて、過去の自分もぜーんぶひっくるめて名前を言って下さいねとお伝えしました。


どういうことかと言うと、
私はかつて、及川徳子(旧姓)と阿部徳子(本名)が分離していました。

私の中で仕事とプライベートを分けていたり、
アナウンサーとセラピストを分けていたり、拒絶する意識が入っていたからなんです。

でも成長と共に(色々あったうえで)私の中でどちらの名前も完全に融合しちゃったのです。


仕事により向いているということで(外に向かうエネルギーが表れる)
外では及川の方を使うことが多いですが、私の中ではどちらも「徳子」として融合しているのです。

だから私が「徳子です」と名乗る時は、どちらの私も内包しています。



弘子さんは話すまで忘れていたとおっしゃってましたが、
子供の頃から太陽を大切にして、自然の営みと共に生活してきたそうです。

それが今の自分を形づくっていることや、
過去と今の自分を育んできたエネルギーをあらためて感じながらご自身の名前を言うことで
もともと持っているパワーやエネルギーが今の弘子さんの中に立ち上ってくるような感じがしました。

それこそが、究極の名前アファーメーションだなって思いました。

左が現在のお名前 右が旧姓

e0039323_20151464.png


言葉のチカラ、想いのチカラ、楽器としての身体・・・・
私の講座も日々更新中で、ワークも増えているので
ますますもりもりの内容になって時間が足りない・・・笑



声は光の振動。
ヴァイヴレーションヴォイス講座

仙台リビングカルチャー泉中央教室は3/25開講 

詳しくはこちら
http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11995317466.html


ヴォイススキャンによる個性の分析の導入した
ワンディヴォイス講座は4/14開催

詳しくはこちら
http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11999540711.html

[PR]
by chandra-k | 2015-03-21 20:16 | ヴォイスセミナー・ワーク | Comments(0)

深く豊かに伝える①

言葉を話す時、その人がその言葉の中に、何を想っているかという、
とっても大きくて深い豊かな世界が一緒に伝わります。

それこそ例えば映画がまるごと伝わるっていうほどのものです。

でも、何も思っていないと、その世界はうすっぺらになります。
驚くほど。



先日の講座でちょっとお話ししたのですが、
肩書に関する想いも実は伝わるのです。


例えば「看護師の○○です」と自己紹介した場合、
何も考えず「看護師」と言った場合と、
その人が思っている看護師像
(優しさ・あたたかさ・思いやり・愛・使命感・喜びとか色々)を
感じながら「看護師の○○です」と言った場合では
明らかに伝わるものが違うのです。

もちろん具体的なものではありませんが。



私は今「真理のフェイスキーパー」と名乗っていますが、
この言葉を発する時、私の中に
「あなたがたとえどんな状態をあらわしていても
私はあなたの本質なるいのちの輝きを未来永劫信頼しています」という想いがわいてくるのです。

「真理のフェイスキーパー」という言葉をいう時
私が長年学んだことや、感じてきたこと、
真理に対する確信と信頼など、さまざまなことがそこに内包されるのです。


でも、何も感じずに言ったとしたら
それは単なる「音声記号」となってしまいます。



言霊とよく言われます。

言葉自体にもヴァイヴレーション、エネルギーはありますが、
それをどれほどのものにするかは
発する人自身だと私は思っていますし、
実際その違いを人間は感じとる力があります。




言葉のチカラ、想いのチカラ、楽器としての身体・・・・
私の講座も日々更新中で、ワークも増えているので
ますますもりもりの内容になって時間が足りない・・・笑



声は光の振動。
ヴァイヴレーションヴォイス講座

仙台リビングカルチャー泉中央教室は3/25開講 

詳しくはこちら
http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11995317466.html


ヴォイススキャンによる個性の分析の導入した
ワンディヴォイス講座は4/14開催

詳しくはこちら
http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11999540711.html
[PR]
by chandra-k | 2015-03-21 20:13 | ヴォイスセミナー・ワーク | Comments(0)