<   2014年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

経世済民!事業計画書に手がつけられない人へ

ドリプラ世界大会に向けて東京で行われた第2回相互支援会に、プレゼンターの珠ちゃんこと前川珠子さんと参加した。

支援会は午後からなのだけど、午前中は事業計画書のプロ(福島正伸先生が太鼓判を押す)かぶんさんこと鈴木佳文さんのセミナーに参加した。
「事業計画書が苦手て全く手がつけられそうにない人の為のミニセミナー!

前回の合宿で同じチームでサポートしていただき、珠ちゃんと私で、「夢とヴィジョンはあるのに事業計画書をどうしていいかさっぱりわかりません~!」「考えるだけでフリーズします~!」
と涙目で訴えたため(笑)今回かぶんさんが企画してくださった!やった!

そして、さすがプロ中のプロ!
かぶんさんのお話を聞いていると、「なんだ私達でも出来そう!」「なんだぁ、自分のためだけなら今まででもやってきた!」と枠がはずれていく。
ありがたいわ~。

今まで私達は「事業計画書」と聞いただけで、お金のことを事細かに計画しなくてはいけないとか、利潤追求?という感じがしてフリーズしていたのだった!
完全なる思い込みと苦手意識だった。



そして何より感動したのは、「事業計画とは一定の目的をもって継続的に組織を経営するためのもの」であり、
「経営」とは、「経世済民」のことで、事業を通じて自らの夢や志を具現化し、社会に価値を提供し続けること。

そしてそれは社会貢献と自己成長である!

ということだったんだぁ~!

そして理想の姿とのギャップを埋めていくために、やるべきことを区分けして測定の基準を作り、夢を実現するための道のりを示した地図こそが事業計画書だったとは!


いやぁ~認識の仕方で自分の心の中とかわくわくが違うね~!
二人してどんどん嬉しくなってきた!

かぶんさんありがとうございます~。


そんなミニセミナーの後、珠ちゃんの個別支援会を行って、10分でお昼を食べてすぐ支援会開始!
今回もめちゃくちゃ充実した濃い~1日だった。


珠ちゃんのパートナーとして参加していたけど、珠ちゃんと私がやってることや、やってるタイミングがリンクしているので、まるで私のために教えていただいてるみたいで感動!
宇宙の采配に感謝している私達!


そして福島先生の今回のお話は、「人が一番見たいものは、夢に挑戦する本気の姿。それこそが勇気や生きる力をもらえる。」
「人の心が動くのは同じ価値を共有した時であり、それには同じレベルの体験をする必要がある。そのためのイメージの共有。」
「プレゼンテーションとは夢・人間を体験していただく場」
「ビジネスとはどれだけ自分らしく人を幸せにするか」

ということだった。

「オリンピックがなぜ人を感動させるか・・・・だって他人が走ってるだけでしょ?」
確かに。でもその人が本気だから私達は感動するんだもんね。

さらにワークをやって、チームで珠ちゃんのプレゼンを支援して、一日でぐっぐっと進んだ。


そして「呪いからウルトラマンへ」わくわくが具体化してきた。
(詳しくはそのうちわかるよ~)
珠ちゃんいい感じ!


これはけっこういろんな人を巻き込めそう!


ということで、学び多きドリプラ!
ドリームプランプレゼンテーション!
参加出来て本当によかった!
12月の世界大会に向けて学びがかなり進みそうな私達!
e0039323_21381969.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-08-31 21:39 | Comments(0)

セラピスト講座来週開講&ご感想

いよいよ来週セラピスト講座第12期13期(昼/夜)開講します。

来年セラピスト講座は全面改訂し、大幅値上げしますのでかけこみの方はお急ぎくださいね。


12期昼は9/3(水)開講 満席
13期夜は9/4(木)開講 残席少し

まず自分を調え、さらにまわりに貢献するため
プロとしての活動だけを目的としているわけではありません。まずは自分自身を調え、自分が輝くことにより、それはまわりに伝わってゆきます。
この講座は技術(ノウハウやツール)ではなく、一番基本(中心)になる心の使い方をかみくだいてお伝えするものです。

多次元の真理や仕組みを理解することで、現象に影響されにくくなります。
また学んだことを伝えるためには自分なりの言葉への変換も必要であり、そのサポートとなります。

今まで色々なセミナーでノウハウやツールを学んできた方には、それらが統合され、関係性と全体の仕組み(完全性)が見えて来て腑に落ちます。

すでにセラピスト・ヒーラーとして活動中の方にも有効な講座です。


講座について詳しくはこちら
http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11895274053.html



前回のセラピスト講座のご感想もいただいていますので一部ご紹介します。



1)講座を受講して気づいたことや、受講前の自分と比べて変化したことは何ですか?

●自分は特別な存在であるようにみんなも特別な存在である。色々な体験をするために生まれてきていると教えていただいたことで、過去の自分を許すことが出来ました。おかげさまで心が軽くなりました。(Hさん)

●今まで目の前に起きた悪いこと、嫌なことにフォーカスし続けていた自分に気づき、ちょっとずつですが、意識的にフォーカスする部分を変えることが出来るようになったことが大きな学びであり変化でした。
 いろんな学びをしてきてもなかなか変われなくて苦しんでいましたが、真理を学んだことで腑に落ちることが多くてびっくりしたし、いつまでも自分の足りない部分を探さなくてよくなり気が楽になりました。(Nさん)

●多次元の真理や仕組みをおぼろげに知っている状態から、講座を受講することにより学びが進み理解しやすくなりました。(Mさん)

●セラピスト養成講座を受講する前は、いろんなところで学んできた知識で頭でっかちになっていたし、それまでに得てきた知識を他の人のために十分に活かせているという実感がありませんでした。
まるで頭と心と身体がバラバラになっているような違和感を感じていました。
セラピスト養成講座を通じて、真理を徐々に学んでいく中で、自分のこれまでの経験と真理を結びつけて理解することができました。
それによって、多くのことに気づき、知識として理解する以上に、大きな確信を得ることが出来ました。
特に、これまで自分を変えたいと思って、学び行動してきたけれど、なりたいと思っていたモノはすべて自分が元から持っているモノであると確信できました。
これまでの経験すべてが今の自分に繋がっていて、すべては必要な時に自分にとってベストなタイミングでやってきていると実感しました。
すべては自分が作り出しているということを以前よりもより深く理解したことによって、これからの人生を自分が好きなようにデザインできるんだということ、これから何があっても自分は大丈夫なんだと確信できました。(Mさん)

●人はみな平等だということ。その上で自分が大変な時はそれを体験しているだけ。そう思うと気持ちが楽になりました。
長年話すことも嫌だった同僚と自然に話せるようになりました。(Eさん)

●本来もともと太陽、光、愛、希望に満ち溢れている存在なのに自分は太陽を覆っている雲を見ていました。
不安にフォーカスしていたのが、太陽にフォーカス出来るようになりました。(Hさん)

●何があっても、大丈夫という感覚だということ。安心感が前よりもずっと増えたこと。(Hさん)

●パートナーさんとの前世のお話を伺った時に衝撃を受けました。それすらも学びと相手に感謝することに驚き、それなら私もと嫌いな人に対する意識が変わりました。人を憎むことを手放せて幸せです。(Iさん)



2)受講してみてどこがよかったか、今後どんな風に生きられそうですか?

●心から幸せ、どんな時も幸せと思えるようになった。また想ったことがどんどん叶えられるわくわく感がなんとも嬉しい。(Hさん)

●自分も他人も認めて大きな心で生きていけそうな気がします。(Nさん)

●見方、生き方が変わりました。失敗も落ち込むことがなく頑張れそうです。(Eさん)

●家族の無事を思って頭が疲れていたのですが、不安や心配も祈りなのだとわかり、徐々に手放せるようになり、頭で悩むことが少なくなってきました。
今後不安を解消し、楽に生きられそうです。(Mさん)

●真理や宇宙の原理原則というと、超スピリチュアルというイメージで、わかりにくそうだし、怪しいというイメージがあるかもしれません。
セラピスト養成講座では、徳子さんや他の方の体験談を交え誰でもイメージしやすい言葉を使って話してもらえたので、他のところよりもすんなり理解できました。
以前よりも自分の使命や直感を意識して生きられると、自分の才能を信じて、一歩一歩行動に移していけると確信しました。
そして、常に自分の行動の根源にあるのが感謝だということが、以前よりも深く自分に入ってきたので、感謝の気持ちで行動していきます。
また、自分と関わるすべての人の生き方や価値観に理解と敬意を持って接し、相手の成長段階に合わせて必要な情報を提供できると信じています。

●人生のすべてが学びであり、経験したくてやっているとわかり、今までよりも自分の感情を素直に表現出来そうな気がします。(Hさん)

●何かが起きても、驚かずに受けとめて生きること。必ず起きたことには、意味があるということ。(Hさん)



3)その他

●接客の仕事をしているため、沢山の方とお会いするのですが「すべての存在が特別」と思える今は、どんな方のどんな対応も受け入れやすくなりました。(Hさん)

●時間があっという間に過ぎるくらい、楽しかったです。(Mさん)

●一緒に学ぶ素敵な仲間に出会えたことも大きな収穫で、未知の分野も知ることが出来楽しい時間を過ごさせていただきました。(Mさん)

●徳子さんはとてもわかりやすく話してくださるのでよくわかりました。(Eさん)

●講座の終わりの美しい声の朗読は最高です。(Hさん)



4)この講座をどんな人におすすめしたいですか?

●自分を成長させたい人

●誰かのお役にたちたいと思っている人

●原因を外にみている人

●幸せに気づいていない人

●自分や家族だけじゃなく、より沢山の人の幸せを実現するために、今の自分にとっては大きなことをするのに必要な具体的な一歩を踏み出したい人

●これまでに成功哲学や自己啓発、ビジネススキルなど多くのことを学んできたが、いまいち自分がやることが見えていないため、自分がやることを明確にしたい人

●自分には今の仕事ではなく、もっと他の仕事をやるべきなのではないかという違和感を感じている人

●何か壁にぶつかり、人生を悶々と考えている人

●スピリチュアルに関心がある人

●セラピストだけでなく自分自身に向き合っている人

●自分を責めて頑張ろうとして動けなくなっている人

●自分に自信をなくしている人

●自分を押さえつけて他人に尽くしてしまう人

●少しでも若い人に。人生明るく生きていけます。


みなさま受講ありがとうございました!
そしてご感想もありがとうございました!

e0039323_20164690.jpg

Photo by Monden
[PR]
by chandra-k | 2014-08-28 20:18 | セミナー | Comments(0)

決定!声とピアノのエナジーワーク朗読会開催!

私の朗読と珠ちゃんのピアノで、どれだけ高い波動状態にもっていけるか
それが今回のテーマです!

3月に開催した朗読会では平日の昼にもかかわらず40名以上の方にお越しいただきました。
土日に開催して欲しいというリクエストにお応えしての開催。

今回は大変おしゃれでゆったりとしたカフェで、
声とピアノの音で紡ぐ光の粒子が会場全体にひろがり
ご参加いただくみなさんの中の光と共鳴しながら、全体で混じりあい、
大きないのちの喜びになっていったらいいなって思います。


今回はものがたりは読みません。
「いのちのことば」と多次元で書かれた「ひかりのことだま」をたっぷりと。
思いっきりエナジーワークの朗読会です。


そして、美味しいお茶とオリジナルスィーツをお楽しみいただきながら
ゆったりとお過ごしいただきたいと思っています。


前回は私の声が自分の内側から聞こえてきたとのご感想もいただきましたが、
今回はそれ以上に深くお届け出来たらと珠ちゃんと張り切っています!
是非お越しくださいね!お待ちしています。


なお、今回はパティシエ自慢のスィーツを時間に合わせて作っていただけるということですので参加人数確定が必要です。
あらかじめお申込み&お振込をいただきますのでご了承下さい。


朗読とピアノ「ことだま ことのは そしてひかりえ Vol.2」

10月25日(土)14:00~16:00

朗読  及川徳子
ピアノ 前川珠子

スィーツ&紅茶つき ¥3000

コンサートホール ティーラウンジ Refrain(ルフラン)

仙台市青葉区中央2-9-7 アーバンブリッジビル1F
TEL 022-211-1965

詳しくはこちら

http://www.refrain-refrain.com/



申し込み・お問合せ  こちらのフォームにてお願いします。

朗読会参加希望の旨と参加人数をお書きの上送信お願いします。
追ってこちらからご連絡致します。
(3日たっても返信がない場合は恐れ入りますが、再度送信をお願いします。)





        
e0039323_18351139.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-08-24 18:36 | 朗読 | Comments(0)

いのち は めぐる

呼吸を する
深く 息をする

わたしの中に いのちが流れてくる
わたしのいのちも流れ
めぐる めぐる

今は亡きひとの 
優しい声が うたが 流れ込んでくる
それもいっしょに
めぐる めぐる

あい は めぐる
あい は じゅんかん


ゆっくりと淹れる珈琲のなかにも

ゆでたブロッコリーのなかにも

流れる 
めぐるめぐる
e0039323_1231140.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-08-22 12:31 | Comments(0)

未来永劫あなたを忘れない

あなたが自分では気づいていなくても
どれだけあなたの魂が愛に溢れているか
私は知っている。

どれだけ深く豊かであるかを。


あなたは自分の素晴らしさを知らないかもしれないけれど
どれだけその存在が尊くてかけがえのないものであるのか
私は知っている。


それをあなたに伝えたところで
あなたはそれを認めないだろうし
言ってる意味もわからないだろう。


その愛そのものである
あなたの存在そのものを想う時
私は胸がいっぱいになる。



だから私はいつだって
あなたのその美しい魂を、いのちの輝きを見続ける。

たとえあながたどんな状態であっても。


未来永劫見失うことはない。けっして。

未来永劫忘れない。あなたのことを。

e0039323_2342392.jpg


Photo by Monden
[PR]
by chandra-k | 2014-08-21 23:43 | Comments(0)

調和と不調和 現象化とあらたなかたち

私の中で何かが繋がってきた。
(どこがどうとは説明不可能だけど。)
そうしたら、今までちょっと飽きていたものがだんだん楽しくなってきた。

気が付かないうちに分断してたんだな、って思う。
ただ並列に並んでたっていう感じ。

でも今はどんどん統合が進んでいる。
いろんなものが私の内側で繋がってきている。
そうすると同じことをやっているのに、自然に変化が起きてなんだか楽しい。

それはやっぱり伝わっていく。

すると現象が変わってくる。
面白いな~。

進んだぶんだけ楽しさが増えてくる。
それは言葉では表現出来ない。



その一方で、うすうす気づいていたのにそのままにしてきた不調和が表面化してくる。

それを一度はなだめて、対処を試みたけど、次に出た時はさらに大きく表面化。
もろ現象となって現れる。

対処ではもはやどうにもならないとわかる。
つまりわくわくしない、とか、嬉しくないってことはやり方か方向性が違うってこと。



ああ・・・・教えてくれてありがとう・・・・って感じ。

ほんと、一切自分に嘘はつけない時代だなぁ~。

調和が進めば進むほど、不調和が目立つよ。



でも調和と統合に進んでいる以上、それは自分が望んだ変化なのだから。

もうすでに過去の自分ではないのだから、それに応じてすべての「かたち」も変化しているのだと、受け入れる。


自分を制限しているのも、枠を作っているのも自分。
あらたな自由な「かたち」「枠」を創ればいい。

枠がないと、他の人が受け取れないから。
「かたち」も大事。「枠」も大事。



自分はどんどん自由な「かたち」に。

そして他の人が持ってる大切な「かたち」はそれとして、大切に。


いやいや、日々学び。
そしてまさに現象の原因はすべて自分。
そして、私達はみんな創り主。



そんなわけで、進むためにはいったんあらいざらいするのも大切で、
呪いを出すのも大切、ってな話を珠ちゃんとする。

呪いからウルトラマンへ!(これ、ドリプラ支援会の話。笑)



・・・・・・って、読んだ人のほとんどが意味不明の日記を書いてるけど、ま、いいか。(笑)
[PR]
by chandra-k | 2014-08-21 23:30 | Comments(0)

「心をつかむ伝え方・話し方」~言葉のチカラとエネルギー~

昨日は仙台・エフエムたいはくラウンジで行われているコネクトミックスさん主催の火曜セミナーに講師としてお招きいただき、ショートヴォイスセミナーをさせていただいた。
タイトルは「心をつかむ伝え方・話し方」~言葉のチカラとエネルギー~

ありがたいことに定員が6名だったのに即沢山のお申込みがあったそうで、急遽増席!12名の方にご参加いただいた。

初めてお会いする方が多く、あらたな出会いが嬉しかったです。
またご参加された方同士が繋がっていたり、FBやブログではおみかけしている方とリアルで初めてお会い出来たり、なんだか楽しい~!


お伝えしたいことは沢山あるので1時間半はあっという間。
時間が短いので、おひとりおひとりの声を聴いて癖を指摘して改善していく時間はないけど、でも皆さんに楽しんでいただけたようでよかった!


おひとりおひとりの声を聴きながら、もっと深く色々ワークも入れていくセミナーはワンディヴォイスか、カルチャーで行ってる講座にご参加下さいね。

久々のワンディ・ヴォイス講座は来週8/26(火)10:00~16:00 残席は2名さまなのでピンときた方は即お申込み下さいね!
詳しくはこちらhttp://ameblo.jp/golden-universe/entry-11895462130.html


それからじっくり声の変化を感じたいかたは以下へ。
こちらも満席寸前らしいのでお急ぎ下さいね。

仙台リビング新聞社 泉中央教室 各水曜 13:30~15:00 全4回
「声と言葉のハッピーコミュニケーション術」
8/27 9/10 9/24 10/8 開催です。

こちらは直接泉教室にお問合せ・お申込み下さい。
022-771-5650



さて、昨日ご参加の皆様からご感想をいただきましたので、その中から一部抜粋させていただきます。


●声の力や言葉の力の重要性をわかってはいましたが、実際どうしたらいいのかわからなかったのですが、具体的にワークをしたり、教えていただき、実践出来るものばかりだったので、やっていきたいと思いました。

●こんなに言葉、声を使いこなさず生きてきたと知り、今日の1時間半の濃さとと分かりやすさに感激・感動致しました。

●声の出し方だけでなく、言葉についてもとても興味深く、そして楽しく学ぶことが出来ました!!今日から言葉の大切さを意識しながら大切に発し、届けていけるようにしたいと思いました。

●言葉の大切さ、言葉と心の繋がりの大切さ、ポジティブワードが必ずしもいいわけではないとうことが印象的でした。相手にかける言葉を選んでいこうと思います。

●言葉の持つ力、想いを伝えるということを理論的に教えていただいた気がします。色々なものをもらえた会となりました。

●意識を持つことで、全く違った伝わり方になることがわかりました。これからは今日学んだことを使ってはなしていきたいと思います。

●素敵な読み聞かせに魂がふるえました。

●目からウロコのこともあり、大変興味深いお話を拝聴させていただき感謝です。

●声に関してあまり意識をしたことがなく、声のベクトルや腑に落ちない言葉を発しても逆効果だということなど、今まで知らなかったことが沢山聞けたので、とても楽しく参加させていただきました。

●とても楽しかったです。エネルギーの話など興味深いです。

●とても興味深いセミナーでした。言葉ひとつひとつに思いがあること、心にしみました。

●声の出し方ひとつで相手に伝わり方が違うことがとても実感できたワークでした。本の読み聞かせをしていただき、目をつぶって聞いていましたがとてもよかったです。



主催のコネクトミックスの鈴木はるみさんありがとうございました!
はるみさんのブログはこちら
http://ameblo.jp/excellent358/entry-11901408435.html

こちらはるみさんと2ショット
e0039323_18122661.jpg

e0039323_18134017.jpg
e0039323_1813793.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-08-20 18:13 | ヴォイスセミナー・ワーク | Comments(0)

ヒーリングのメカニズム

昨夜の話。

夫が「腹が痛い!かなり差し込むように痛い!こんなの初めてだ!」というのでとりあえずヒーリング。

しばらくすると内側から「痛み」が出てきて、無くなっていった。

「あ、よくなったみたいだ。何で痛いのとれたんだ?」

「え?ヒーリングしたから。」

答えになってない。(笑)


でもさー、ヒーリングのメカニズム説明しても興味ないでしょ?

肉体は、細胞も骨も筋肉も血液も体液もすべて振動数が違ってて、異なった振動波の集合体であり、光の集合体という事も出来る。
本来はピカピカに光輝いているし、全体で調和しているけれど、本来の周波数からずれたり、不調和になった時に不具合が出現する。

それを調えていくのがヒーリングで、内側から本来のいのちの力が立ち上ることをサポートする。

別に治しているわけではなく、本人が治っていくのをお手伝いするだけ。

なんてこと言ったって、多分10秒位で興味を失うよね。


未だにヒーリングには疑問をもちつつも、以前2回ほど剥離骨折してヒーリングした時に、見事に翌日歩けるようになった事実は受け入れているので、痛いとヒーリングを要求する。(笑)

でもおかげで、私はヒーリングの素晴らしさを実証することも出来ているし、自分のヒーリングに確証を持つことが出来るようになってるから、大変ありがたい。感謝!

e0039323_16221088.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-08-18 16:23 | セッション・ヒーリング | Comments(0)

朗読会のお知らせ3つ♪

9月10月に朗読会を行います。


●「いのちのコトバと音の時間」

 「魂の約束の物語」と、いのちとからだを感じる明想朗読
  声とクリスタルボウルの響きに委ねて光のシャワーを感じて下さい。

  クリスタルボウルの演奏は、
  画家活動をしながらセラピスト活動を行っているNaoさん
  自宅サロン・アトリエブロッサム主宰

  アトリエブロッサムは先日も「女の手仕事展」を開催した癒しサロン
  閑静な住宅街にある素敵なサロンです。(Atelier Blossom)

  9月7日(日)14:00~ アトリエ・ブロッサム

  参加料 2500円 ペア割 2000円

  仙台市太白区長町2丁目2-36(地下鉄長町1丁目駅徒歩5分)
  
  お問合せ 
    アトリエブロッサム Naoさん 080-5564-3709 
  


●「いろんなところで、楽しむ音」~おはなしとおどり~

  障がいのあるお子さんとお母さんをサポートしている
  「ハッピークローバーの会」による
  お話しと音と自由な踊りで楽しむ時間です。

  対象は障がいのあるお子さんとお母さんやお父さん。
  そして、理解のある方やサポートをされている方。

  ピアノの演奏はおなじみ珠ちゃんこと前川珠子さん

  みなさんの声や物音も、大事なピースとして、
  一緒に音楽のような時間を創って行きます。

  9月14日(日)11:30~  利府生協
  
  宮城県宮城郡利府町利府字堀切前35番地1(022-767-8070)

  参加料 ひと家族 1000円

  お問合せ 
    ハッピークローバーの会主宰 富樫由紀さん 090-2952-2522



●「ことだま・ことのは・そしてひかりえ」vol.2

  いのちの言葉と光のことだまを言葉と音で紡いてゆきましす。

  光が深く届いて振動し、響きあうエナジーワーク的な朗読とピアノのセッションです。
  何が起きるかはその時にならないとわかりません。(笑)
  前回以上に明想朗読の時間が長くなると思います。

  ピアノはもちろん珠ちゃんこと前川珠子さん

  3月の朗読会が平日にもかかわらず大盛況だったため、
  今回はリクエストにお応えして土曜に開催します。

  10月25日(土) 詳細未定  ティーラウンジ・ルフラン(Refrain) 
           (ドリンク&スィーツ付き)

  こちらは詳細が決まりましたらあらためてお知らせします。
  お楽しみに~!


是非いらしてくださいね~♪

e0039323_17324242.jpg
  
[PR]
by chandra-k | 2014-08-15 17:33 | 朗読 | Comments(0)

マイストーリー(私のものがたり)

来年セミナーを大幅改訂するにあたり、自分の人生をざっくり振り返ってみた。ざっくりとは言うもののそれでもかなり長い~。せっかく書いたのアップしとこ。
興味ある人だけ読んで下さい~。


子供の頃から「私達ってどこから来てどこへゆくの?」「何のために生まれてきたの?」
「何で戦争ってあるの?」「何で神様達は仲よくしないの?」「心の中は見えないけど、ちゃんとそれはあるのに、何で見えているものしか世界って言わないの?」とずっと思っていた。それに明確に答えてくれる人と出会いたいとずっと思っていた。



3歳の時に自分をものすごく可愛がってくれていた祖父が交通事故で亡くなった。子供ながらに死の概念は認識出来た。あまりの悲しみ、喪失感を受け入れることが出来ず感情をシャットアウト。淡々と何の感情も持たず映画を見ているように状況を観察している自分をはっきり記憶している。

祖父・祖母と両親は血縁としては近い親族であったけれど、事情により養子縁組をして親子となり一緒に住んでいた。祖母と母の年齢差は13歳。子宮外妊娠の大手術でかろうじて命をとりとめ、さらに夫を失った祖母は私を実の子のように育てた。

21歳で私を産んだ母とそんな祖母の間で、どちらかに甘えてしまうとどちらかが悲しむのではないかと思った私は誰にも甘えることが出来ず、お風呂の中で膝を抱え淋しくて泣いていた。ますます感情は閉じていった。


とても客観的で人を観察する大人びた子供。それが私。無邪気とは対極にあった。


小学校1年の時、友人と縄跳びをしながら「人間はなんて孤独なのだろう」と思っていた。淋しくてしかたがなかった。

靴を失くして困っている友達につきあって放課後ずっと一緒に探したけれど、心の中で「早く帰りたい」と思っている自分を責めた。その友人の痛みを100%自分の痛みとして感じてあげられない自分は冷たい人間だと思い、そんな自分が大嫌いだった。

ダメな自分だからこそ、まともになりたくて優等生を演じていた。敬語を完璧に使い、計算して優等生を演じる自分がますます嫌いになり、先生から褒められれば褒められるほど自己否定と自己卑下が強くなっていった小学生・中学生時代。


まるで太宰治の人間失格が自分だと思った。

そしていつも心からわかりあえる友達「心友」が欲しいと思っていた。

当時は本当に潔癖症のように100%相手と同じ気持ちで思いやりたいという気持ちが強かったため、中途半端な「同情」や「優しさ」が偽善に感じて許せなかった。

そしてやがて、「人は違うのだ。たとえ100%同じ気持ちになれなくても、相手のことを思うことが優しさなのだ」と、曖昧な想いを少しずつ受け入れることが出来るようになる。



とても明るく、友達も沢山いて、バカなことも色々やり、だんだんくだけてきて楽しく過ごすことが出来るようになった一方、心の中には常に闇をかかえていて、その「見える世界と見えない心の世界の分断とギャップ」に苦しんでいた。

そして忘れもしない高校2年の時、ヘッセの「デーミアン」の中の「人は本当の自分になるために生きている」という言葉に出会い、「自分が今どんなにダメでも本当の自分になる途中なんだ。」思うことが出来、それが初めて自己容認・自己肯定した瞬間だった。図書館で手がぶるぶる震え、涙が止まらなかった。自分を受け入れ、未来の自分を信じられるようになった。



そしてさらに心の中が暗黒の文学少女だった私は大学時代、現在の夫を通してロックに出会う。
夫とロックは私に欠けていた沢山の感情を与えてくれ、様々なことを教えてくれた。
光と影を内包し、純粋さと猥雑さを内包し、内的宇宙をも表現し、あらゆるものを吸収して常に変化して転がり続けてゆくロックにより、私は救われる。
ロックとの出会いは遅かった分、アーティストの本を読みながら深くロックにのめり込み、どんどんそのアティチュードとエッセンスを吸収していった。私にとってロックは生き方だった。
そして、自分のような人にロックを深く届ける番組をやろうと心に決める。



多くの人は無邪気な子供から、大人になるにしたがって自己をコントロールすることを覚えるかもしれないが、私はまったく逆で、年齢とともにどんどん無邪気になり、枠がはずれ、形式的で利害が絡んだ社会に対して腹を立て、過激になっていった。



幼くて文字が読めない頃から暗記して本を音読していた私は、小学校の時先生に「アナウンサーみたいだね」と褒められ、アナウンサーになろうと決めていた。そして中学1年の時に初めて深夜放送を聴き、DJとパーソナルな繋がりを感じて「自分のやる仕事は深夜放送のDJだ」とその時決めた。

私にとって第二希望は一切なかった。


最初は局のアナウンサー希望だったけれど、大学時代に学生の仲間でイベント企画をしたりミニコミを作ったり、アルバイトで番組の台本を書いたり、司会をしたり、機材を操作したり、放送現場での裏方の仕事に携わっているうちに、自分がやりたいのはあらゆることだと気づいてしまう。でもそんな職業はないので就職活動も出来ずもんもんとする。そんな時、大学のゼミの教授から「中世には戦時に自由契約の騎士(lancer)がいて、それがfreelanceの語源である」と教えられ、「ない職業は自分で創ればいい!」と決断。

放送局や番組制作会社から誘われ、憧れの職業が目の前にあったにもかかわらずそれを断って、卒業と同時に「freelancer」として活動をスタート。保証もなければリスクだらけだったけれど、何も怖くなかった。私は自分の未来を信じていた。

最初は週に1回位しか仕事がなかったが、未来の自分を信じて目の前の仕事を一生懸命やり続けているうちに、いつのまにか休みがなくなるほど忙しくなり、ちゃんと自分の力で生活出来るようになる。

やがて「自分の仕事だ」と決めていた、夢だった深夜放送のDJもやれるようになる。学生時代にあらゆるアルバイトをしたおかげで番組のすべてを一人で制作出来るようになっていて、自分がやりたかったロック番組を作れるようになった。尖っていた20代は放送番組の中でかなり過激な発言をしたものだった。



学生時代から7年半の付き合いを経て夫と結婚。
結婚は様々な深い学びの場と豊かな楽しみと喜びをもたらしたが、一方で結婚前後から夫と共に会社や店舗を実質5つ立ち上げ、その間ここには書けないような様々なトラブルや大変なことを山のように経験する。死ぬほど働いて稼いだにもかかわらず、家賃の支払いにも困るような、経済的にも精神的にも肉体的にも過酷な体験をする。
そして、当時はその辛さを誰にも言うことが出来なかった。


自分個人の仕事は順調だった一方、沢山の迷いと苦痛の中、なんとかその状況から抜け出すことを模索して、様々なセミナーに参加したり、本を読んだりしていたけれど、どこかにいつも納得出来ない疑問が残った。

そんな時に、心の使い方やこの世界の仕組みを教えてくれるメンター大津和壽氏と出会う。
その人こそずっと出会いたかった人だった。メンターは私が幼い頃から知りたかった多くの疑問の答えてくれ、多くの謎が見事に解けていった。

そしてそれこそが真理であり、宇宙哲学であった。



2003年の真理との出会い以来、私はずっと実体験を通して学び続けて来た。
大変な出来事も山のようにあり、どれだけ泣いたかわからない。でもその経験を真理に則して理解し、気づき、学ぶことで、確実に私は変化し、以前とは別人になった。中心・軸が定まるようになった。その成長記録はブログ「波動日記」に綴ってある。



真理に出会ったことにより、宇宙の摂理となっている原理原則はもちろん、私達がどんな存在であるかがわかり、それによって幼い頃から持ち続けて来た孤独感が完全に消えた。
そして心から信頼出来る仲間が沢山出来た。

多くの出来事の意味がわかるようになり、あらゆることに感謝出来るようになり、心が安定するようになった。穏やかで幸せな気持ちで生きられるようになった。
自分が抱えてきた辛さが、実は豊かさであったことがわかるようになった。



2006年より心の使い方、在り方、宇宙の基本法則などに関するセミナーを定期的に行うようになり、やがてセミナーを様々なバリエーションで展開するようになった。




そんな折、2013年突然癌であることが発覚。緊急入院・手術をする。

心の学びをして来た自分が、まさか癌になるとは夢にも思わなかった。でも、自分が病気を作った事実を正面から受け止め、生きるために真剣に自分と向き合い、長年蓋をしてきた人生のテーマと取り組む。
抗がん剤を拒否して退院。死と向き合うような末期であったにもかかわらず退院一か月で腫瘍マーカーがすべて正常値になり、まさに奇跡的な快復をみる。



私はこの病気はギフトであったと感じている。これがなかったら多くのことに気づけなかった。今までないがしろにしてきた身体のこと、食事、生活習慣にも向き合えた。この経験を通し、大病をする前の自分より、はるかに心・体・魂の調和した豊かな自分になっているし、さらにもっともっと調和して、宇宙の摂理・自然の一部として本質の自分をあらわしていくことを強く決意している。


もし私が真理を学んでいなかったら、今のように生きることは出来なかった。病気に限らず、大きな問題と正面から向き合い、受け入れ、感謝することは出来なかった。どんな状態であってもいのちの輝きを見続けることは出来なかった。真理のおかげで大病はじめ様々なことを乗り越えることが出来たとつくづく思う。



真理は人生そのものを変える。生き方そのものが変わる。そしてそれはすべての基本となるものであり、あらゆるものの根底に流れるものなのでどんなものにも応用がきく。
真理は心を安定させ、見える世界を変える。
どんな経験であっても豊かさ・宝物に変わる。
真理は人を自由にする。本当の自分で生きることが出来るようになる。

表面的な意味づけによるすり替えではなく、真の意味がわかるようになり、曇りのない瞳で世界を見られるようになる。


生きるための方法も、対処する方法も無限にある。しかしそれは複雑化した枝葉といえる。それに対して真理はそれを動かす中心となるもの。

真理・・・それは愛と言い換えてもいいし、いのちとも、大いなる意識とも、智慧とも言い換えられる。


かつての私のようにいくら多くの手法やノウハウを学んでも何かが足りないと感じている人、どんなに学んでも自信が持てない人、変われない人、どんなに学んでももやもやして軸がないと感じている人に是非真理を知ってほしいと思っている。




私の子供の頃からの夢は「地球が家族みたいになること」
いつもそんな世界が実現したらと思うだけで涙が出た。世界が変わると思っただけでわくわくした。


「誰もが魂から望むことを喜んでやれば、すべてが調和するように世界は創られている」それが本来の宇宙の秩序だと信じている。すべての人が真理を知ったら奪い合いや戦いがなくなる。そのために微力でも自分が体験したこと、学んだこと、知っていることを伝えるのが私の役割であると思っている。



時代は変化している。加速している。
魂の輝き、いのちの輝きを直感で知っている子供達が生まれている。分離感が少なくて魂が目覚めている子供達が沢山出てきている。
これから確実に世界は変わる。


プライベートでは私は子供がいないけれど、今生まれている子供達は「地球の子供達」であり自分の子供のようなものだと私は思っている。そして、そんな子供達の未来のために、これからの地球のために、私はこれからの人生を「いのちを輝かせて生き、いのちを使う」ということを心に決め、今まで学んできたことを未来のために伝えて行きたいと思っている。

e0039323_19113262.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-08-14 19:11 | 私について | Comments(0)