<   2014年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ヴァイヴレーション・ヴォイス講座8月3か所で開催

まず、仙台リビング新聞社でヴォイス講座開講します。

お声掛けをいただき開講して今回で3回目になります。

ワンディとの違いは4回連続講座のために、毎回一人一人の声をチェック出来ること。
そのため声の変化が明確にわかります。

自分の声の変化は自覚しにくいものですが、グループワークなので他の人の声の変化が明確にわかるので客観的なフィードバックをもらえることで、自信になります。

内容としてはワンデイとあまりかわりませんが、受講される方のご要望に応じて内容を少し変えることも可能です。

前々回は司会を控えている方がいらしたので、司会のコツや注意すべき点なども少しもりこみました。


仙台リビング新聞社 泉中央教室 各水曜 13:30~15:00 全4回
「声と言葉のハッピーコミュニケーション術」
8/27 9/10 9/24 10/8 開催です。

こちらは直接泉教室にお問合せ・お申込み下さい。
022-771-5650



それから久々の平日ワンディボイス講座は8/26(火)10:00~16:00開催です。

詳しくはこちら
http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11895462130.html

現在残席3名です。



また8/19(火)はエフエムたいはくでの火曜セミナーにお招きいただきました。
「心をつかむ伝え方・話し方」~言葉のチカラとエネルギー~
http://ameblo.jp/excellent358/entry-11901408435.html

こちらはミニセミナーなのでおひとりおひとりの声をチェックは出来ませんがエッセンスをお伝えします。

すでに定員を超えているようですが、若干増席されたとのことですので、直接主催のコネクトミックス鈴木はるみさんにお問合せ下さいね。



ヴァイヴレーションヴォイスセミナーとは・・・ 
 
伝えたつもりが伝わっていなかったり、伝えたくないことが伝わっていたり・・・
ということがありませんか?
多くの人は言葉の意味と情報だけを伝えていると思っていますが、
実際にはその奥にある想いやエネルギーが伝わっているのです。

誰もが日常の中で必要な「声・言葉・想いの力」についてお伝えします。
コミュニケーション力がアップし、伝わり方、想いの実現力が高まります。
声の変化を是非体感して下さい。

また想いはとても大切ですが、楽器とも言える自分の身体を機能的に使えないと,伝わりにくいということも起きます。
腹式呼吸や滑舌のヒミツもお伝えします。

ご自分の声に自信がない方も是非ご参加下さい。受けとめ方が変わります。

プロのアナウンサーを25年養成し、セラピストも養成している及川による
この両方をミックスした新しい講座です。
どなたにも有効ですよ!
e0039323_17434613.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-07-31 17:44 | ヴォイスセミナー・ワーク | Comments(0)

成長のプロセス

人の成長は多角的に統合されていくのだな~と、思う。

体力測定のグラフと同じで、みんなデコボコしている。

全体的にバランスよく底上げされる場合もあるけど、多くの場合はどれかが突出していて、別の側面はとっても低かったり・・・。
どこから学ぶかは本人のプログラムと指向性によるのだろうけど。



心と身体と魂が調和することが望ましいけれど、調和したからと言って行動が伴うとも限らない。

モチベーションが高くて、意欲に満ちて行動し、結果を出していても本質的なものが理解出来ていなくて(そういうものがあること自体わからなくて)満たされていない場合もある。

感覚的に本質をわかっていても顕在意識で認めていないために現象化しないこともある。

ポジティヴエネルギーに満ち溢れていても沢山の汚れをもっていて苦しそうだったり、生活は満たされているように見えても心も魂も自由になってなかったり。



あらゆる面からの学びと、アプローチによって確実に成長するのだと思う。

ただひとつ言えるのは中心となるものが満たされないと、常に「満たされない感」「なんだかずれてる感」があるのではないだろうか。

それは愛を中心としたとてもシンプルなものなのだけれど、それを知らないと、いつまでも枝葉だけを集めてスカスカしてしまう。



理解することと、認めることと、体感すること、そして行動することの一連の流れが必要なんだな~。


体感は実はとっても重要であり、理屈ではなく「その世界」「そのエネルギー」を感じることで、学んで来たことがリアルに使えるようになる。


そういう意味で伝授やエネルギーワークはとても有効だ。
理屈抜きで体感出来るから。


今日もHちゃんに伝授をさせていただいた。
自分の仕事にダイレクトに繋がって使えるはず。

どんなクライアントさんにも対応出来るレインボウカラー。
とても美しい!
学んだ分だけ深まって、これからHちゃんの幸せな世界がダイレクトに伝わっていくのだろうな~。うっとり!


伝授は本当に幸せな時間。


私も珠ちゃんやひろみんに伝授の時の声が深くなったと言われたけど、私もこの一年沢山経験して学んでいるからね。
学んだぶんだけ深くなるのだろう。

e0039323_1913092.jpg


Photo by Monden
[PR]
by chandra-k | 2014-07-29 19:13 | Comments(0)

波動調整装置?

「何かしましたか?」とか「遠隔してくれましたか?」と言われることがある。

私に会っただけですっきりして痛みが取れたとか、私のエネルギーがやってきて体調がよくなって癒されたとか・・・。

いや、別に何もしてないけど・・・。


先日珠ちゃんから「徳ちゃんは勝手に波動を自動調整しているから」と言われた。

そうなの?

私はどんな状態の場所に行ってもあまり影響を受けない。
それは私が勝手に自動調整しちゃってるかららしい。

「だから徳ちゃんの近くにいるとエネルギーが安定してて気持ちいいんだよ」


へー、そーなんだ。
知らなかった。

それって例えれば空気清浄機みたいな感じかな。

強烈な、インパクトのある事象は起きないけど、気が付かないうちに、静かに、確実に変化は起きる。


今まで無自覚でやってたとしたら、これから自覚的になるともっとこれを使えるな。
意識的になると現象は明確になるから。
使える量はかなり増えるから。

だとしたら積極的な愛の波動調整装置として機能しよう!

e0039323_2140417.jpg

Photo by Yumi
[PR]
by chandra-k | 2014-07-28 21:41 | Comments(0)

新作特集(ロックンロール黄金時代)

先週の特集はバンド名がタイトルになってる曲特集だった。
曲の紹介しててなんだか笑えた。
「ラモーンズのラモーンズ」「アイアンメイデンのアイアンメイデン」「モーターヘッドのモーターヘッド」「Mr.BIGのMr.BIG」「ブラックサバスのブラックサバス」なんて感じ。

最近こういうのほんと、少ないね。

さてさて、本日のDatefm「ロックンロール黄金時代」は毎月最終週恒例の新作集。

ジャンルとしてはバラバラですけど。

ジューダス・プリーストや、モリーッシーやら、グラント・ニコラス他・・・。

購入の参考にしてください。
ちなみに来週はジョニー・ウィンターの追悼特集です。

Datefm「ロックンロール黄金時代」
今夜 7/27(日)24:00~ 77.1mhz
e0039323_2004764.jpg
e0039323_201199.jpg

e0039323_2012344.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-07-27 20:01 | 音楽 | Comments(0)

もーっ、気にしていられないっ!

もーどう思われるかなんて気にしていられないっ!

だんだんそんな心境になってきました。(笑)

ミッションを考えていたら、そんなことはどうでもいいんだよね。


私は放送で自分の名前をさらしているので、普通の方よりはいろんなことを言われても平気になっている。

だって受け取り方って様々だから、こちらが伝えたことと違って受け取られることもあるし、
時には言葉の暴力を投げつける人もいる。そういう人の多くは自分の名前を名乗らない。

それでいちいち傷ついていたら放送なんてやってられなーい!という経験を私もかつてしたことがある。


昔、私はかなり過激だったからね。(笑)

放送で挑発的なこと一杯言って、闘ってた時代もあったんだけど、ある時寄せられたハガキの差出人が弟の名前で実家の住所だったことがあり(もちろん弟が差出人ではない)、ギョッとして、挑発的な発言は少し控えようと思ったこともあった。

なにせ、その時は若かったし、「ロックンロールファイティングパーソナリティ」なんて名乗ってたから発言も過激だった。(今となってはこっぱずかしい!)

夜中に電話が鳴って「リスナーです」と名乗るので、邪険にも出来ず、少し相手してたら途中から卑猥なこと言い始めて、ムカッとして電話を切ったこともある。

獄中から意味不明の変な手紙と変なモノが届いたこともあったっけ。

名前と顔をさらすって覚悟がいるんだなって思ったし、長年放送に携わってきたので、少々のことでは凹まなくなった。

ネットだって、事実と違うこと書かれることあるしね。




いろんな活動をしていると、まわりのことが気になったり、比べたりするってことは多いかもしれない。

今は何を言われても学びと受け止めることが出来るし、何かを教えてくれてるんだな~って思うようになったので、どんなことでも感謝出来るようになっちゃったけど、それでも言われたことに時たま昔の癖でちょこっとへこむこともある。


でも、何が一番大切なの?って自分に問えば、命をちゃんと使う事なわけで、そのためには他の些細なことははっきり言ってどーでもいいんだよなって改めて思ってる次第。


なんだか今まで以上に枠がはずれてきたかも~。

もーこまかいこと気にしてられないっ!(笑)
e0039323_1912552.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-07-27 19:01 | Comments(0)

薬膳・血を補う食事

先日、薬日本堂漢方スクールで中国の女医さんである劉梅先生の講座を受けてみた。
食箋士の渡邉由さんのお勧めどおり、とっても素敵な先生で、お話の内容もとってもわかりやすい。

私が受けたのは「視力アップと貧血の薬膳」
ちょうど結膜下出血した後だったし、普通の血液検査では問題ないけれど、蔵血が足りなくて鉄分補給のサプリも飲んでいたので、まさに私のための講座?って思うようなものだった。

漢方では血が足りないという状態は「血虚」と言って、西洋医学でいう貧血は「血虚」のうちのほんの一部の症状なんだって!
だから西洋医学のように鉄分だけを補っておしまいではなく、身体全体の働きを見て調和をはかっていく。

なーるほどね~。面白い。

お勧めの食材で黒キクラゲとクコの実があって、最近どちらも食べていると言ったら先生から褒められた!
もちろん由さんの食箋のおかげ!

それにしても黒キクラゲが鉄分・ミネラル豊富で、疲れ目、慢性疲労に血色の悪さ、目の乾き、空咳、口渇、乾燥肌、眼底出血、鼻血、痔の出血、癌・動脈硬化の予防に効果があって、整腸作用もあってゴミを外に排出してくれるし、沢山の効用があるなんて知らなかったなー。
中華料理に黒キクラゲ入ってる意味がわからん!って思ってたし、クコの実だって杏仁豆腐にそえてあるものっている認識しかなかったもん。

クコの実は「補血薬」としえ使われ、滋養強壮、老化防止、長寿に効果があって、古くから美容・眼精疲労・肝臓病にも有効なんて知らなかった!


ということで、由さんから教えてもらったレシピをつくってみた!

ごぼうと黒キクラゲのバルサミコ酢炒めのクコの実添え、切干大根と金針菜の炒め煮、あとはいつもの小豆昆布

まさに食事が薬なんだね~。

渡邉由さんの食箋に興味ある方はこちら。「理」
https://www.cotowari222.com/
e0039323_1743415.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-07-26 17:04 | Comments(0)

世界を変えるためにやってきましたぁ~!

「おはよう」の代わりに「世界を変えるためにやってきました~!」と、挨拶!
一昨日の日記にも書いたけど、この言葉めっちゃ気に入ってしまった!

一人一人がちょっとでも変われば、世界は間違いなく変化する。
さらに意識的になれば、もっともっと変化する。
まちがいなく成長・発展の方向に!

子供のころから思ってたこと。
すべての人が本当に心がわくわくして、魂からやりたいことをやったら絶対世界は調和するって。
そんな風に世界は作られてるはずだって!

だからみんな得意不得意があるんだし、だからみんな違ってみんないいんだって。

私は料理が苦手で、なかなかわくわくしないけど(笑)
お料理が得意で、わくわく幸せを感じる人がいてくれるから幸せ。

みんながちゃーんとお互いの持ってないものを、喜んで引き受けられる。

それをみんながちゃんと調和してやれるように宇宙の秩序は作られている。

ドリプラ世界大会で福島先生が「欠点や苦手があるからこそ、誰かの出番なんです」と仰っていた。

まさにそうだと思う。
自分が欠点に見えることは魅力であり、誰かがそこをサポートする役割をちゃんと与えることが出来る。

みんなでサポートしあってチームが出来るしね。



私は昔から、仕事の奪い合いやお客さんの取り合いって本来ありえないと思ってきた。
だって、みんな違うんだから。

段階も違うし、色合いも違う。
その時その時で共鳴するのもを選べばいい。
「これだけがいい」なんて、不自由すぎる。

だって、和食も食べたけりゃ、中華も、フレンチも、イタリアンも食べたいし、
それでいて家庭料理が一番安心できて、
同じ和食だって、それぞれに違った良さ・美味しさがあって、それを楽しめる。


その人がその人の魂を輝かして、本当にわくわくすることをやったら
全員分の美しさと魅力に溢れ、世界は鮮やかに輝きだす。


だからみんなでお互いを支援しあえばいい。喜びに満ちて。


ドリプラ世界大会で福島先生が語ったことはまさに、私がずーっと思ってきたことと一緒で嬉しくなった。



それと、ひとつ思ったのは、誰かの出番をつくるためには
「この部分でお手伝いしてくださーい!」「この部分の出番がありまーす!」と明確に発信すること。
そうしないと、いくらわくわくと出番を待っていて、その力を持っている人がいても、そこに出番があるって気づけないから。

「しあわせな未来」を創りますから手伝って下さ~いと言っても漠然としすぎてると手伝いようがない。
(もちろんそれを具体化させるのをお手伝いする人の出番だけどね。笑)


もっと具体的に提示することで、沢山の人に出番が与えられるってことだよね。


世の中には喜んで誰かのためにやりたい人が一杯いるわけだから、それらの人にわかるように伝えないとね!

e0039323_13272069.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-07-25 13:27 | Comments(0)

命を使う

命をどう使って生きるか。
それが使命。ミッションなのだと思う。

ドリプラで福島正伸先生は大病の治療中であることを告白され、
お医者さんに告知されたことで、「命には限りがあること実感」し、それを告げてくれたお医者さんに感謝したと仰っていた。

この人生に限りがあることを誰もが知っているけれど、それを実感するということは普段ないのかもしれない。

そしてそれを実感したからこそ、悩むのではなく、これからどう生きるか、生き抜くかだと仰っていた。


それは私もよくわかる。

福島先生も私も死ぬ気は全くないけれど(笑)、生死と向き合うと、これからの人生の時間をどう使おうかということを真剣に考えるようになる。


漫然と自分の中の締め切りを先送りするのではなく、自分の時間を無駄にしないで、これからの未来と、未来を生きる人たちのために受け継がれてゆくべきものをちゃんと伝えなくてはとこの頃真剣に考えるようになった。

いくら自分が学んでも、自分だけのものにしていたらあまりにもったいなさすぎる。


そしてそれを伝え、継承していくためには、それが機能しやすい道・仕組みを創っておかないといけない。

それが学んで来た者、知っている者の使命なのだと思う。

(もしかすると歴史上の人物達は常に生命の危機にさらされていたから、若くして命をどう使うかとか、志を受け継ぐなんてことを普通にやってたのかもしれないなー。)



今、そんな気持ちになっているのも、私が大病をしたおかげだなぁ~と思う。
それがなかったら、今みたいな気持ちになるのはまだまだまだずーっと先で、思った時には年を取りすぎってことになってたかもね。


福島先生は本当に子供がそのまま大きくなったみたいで、純粋で透明感があって、とっても素敵だった。


先生と個人的に少しお話しして、「共にこれからの未来のためにいのちを使って行きましょう~!」と、ハグした。

勝手に同志って感じ!(笑)


お会い出来てよかった!

e0039323_10251578.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-07-24 10:25 | Comments(0)

ドリプラ世界大会・相互支援合宿

珠ちゃんがドリプラ(ドリームプラン・プレゼンテーション)の世界大会にエントリーし、もろもろの審査を通過して、正式にプレゼンターとなった。
そしてプレゼンターと共に歩むパートナーを私がやることになり、相互支援合宿に一緒に参加した。

目いっぱいのスケジュールだったけど、めっちゃ楽しい~。
ドリプラを始めた福島正伸先生の講演や、歴代ドリプラプレゼンターのお話、今回のプレゼンターの3分プレゼン、
そして参加者みんなでやる様々なワーク。

今回のプレゼンターとパートナーの人数よりも、ドリメン(ドリームメンター)やスタッフなど支援者の人数が多いというのにも驚いた!

みんなが喜んで、大喜びで、夢見る人を応援している!
しかも応援するのにみんな自腹っ!

そんな人達と各テーブルで夢を語り合い、それを応援しあうのはなんて喜びに満たされるのだろう!

みんないろんなことを経験してきて、そして、夢があり、そのためにすでに行動している人達!
一人一人の話が面白くて、じっくり聞いてみたい人だらけ。
一緒にいてテンション上がる~。

福島先生の会社では朝の挨拶が「おはようございます」の代わりに
「世界を変えるためにやってきました!」と言うんだって!すごいなー。

だって、私も小さい頃から思ってたもん。世界が変わればいい!って。
世界が変わると思うだけで、わくわくするし、泣きそうになるんだもん。

そして無敵の言葉は「みんな大好き~っ!」

トラブルにぶちあたったら、みんなで「チャーンス!」

どんなこともワクワクと力に変えて進んでいこうとする想い。

そんなエネルギーが満ちている空間で2日間を過ごした。




いろんな人の話を聞いてると、枠がはずれていく。
「何でも出来る」と頭でわかっていても、どうしても妨げになっていたものが壊れていく。
さらに、「不可能と言われる市場って、まさにチャンスで宝物が眠ってる!」ってワクワクしてきた!


そして、珠ちゃんにしろ私にしろでっかいヴィジョンはあるんだけど、それを現実の中でどう描くかってことが曖昧だったのが、
三次元的にカタチに出来るのだいう確信と手法のヒントが見つけられそうだった。


1日目のセミナーの後の懇親会では、ドリプラのメンバーの人が作った食材による料理が並んだ。
みんな夢を持って心をこめて作った食材たち。
その中には愛がつまってる。


12月の世界大会まで、どんなことになっちゃうんだろうね~っ!

e0039323_202637.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-07-23 20:04 | Comments(0)

治癒のプロセス

先日入院・手術をして退院したMちゃんが、体調がなかなか戻らないというので連日遠隔ヒーリングをしていた。

最初は何も考えないでアクセスしたら、魂の美しさを感じてピッカピカでどこも問題なし。(笑)


「お腹がツラいし、食べてもさっぱり栄養にならず、どんどん出てしまって激痩せ」というので、今度は細胞にアクセス。

細胞がピッカピカに輝いて、働いて、どんどん栄養を取り入れているイメージでヒーリング。

そうしたら、スイッチ入ったみたいに出るわ出るわ!かなーり痛い。


痛さは感じつつも、フォーカスするのは完全な調和のとれた健やかな状態。

とめどなく痛みが出てくるので、長い時間、何度も間をおきながら、毎日やっていたらかなり回復してきた。


以前より私が身体のことを学んでいるせいか、身体に対するアプローチが明確になってきたみたい。


よくヒーリングによる味変えで、ワインのことを深く知っている人が、微妙なテイストに味を変えることが出来たり、治療師がヒーリングすると、よりポイントをおさえて効果的なヒーリングが出来たりするのに似ている。
そういえば看護師だったあっちゃんがヒーリングする時は血液に働きかけて効果をあげてたな。

免疫系を学んで、イメージ出来るとヒーリングによる効果的な様々なアプローチが出来るかもしれないなー。



Mちゃんから「逢いたいっ!」とラブコールをもらってデート。
私の体験などを話していると、身体や心、感情の学びでかなりの共通点があって、お互いに会って話すことがとっても意味があったんだなーって思う。


ところで、Mちゃんはお腹の中のザワザワが止まらなくて、それがだんだんハートに上がって行ってどうしようもなくなったと言っていた。

それに似たことを私も体験していたからよくわかった。
私の場合は足がずっとザワザワしていて、どんな時もザワザワが止まらす、それにフォーカスしてしまうと、その振動が体中に広がって心臓もドキドキして来て、身体中が粗い振動になって自分のチカラではどうしようもなくなってしまったこと。

ほんの小さなザワザワなのに、それが何だかわからず不安の想いでフォーカスすると、自分は何でも創りだす力があるために、変なものを増幅して創りだし、その幻想がとんでもない大きなものになってしまう。

そんなスパイラルにはまってしまった時は、いくら独力で立て直そうとしてもどうにもならない時がある。
その時は「ヘルプ求めていいんだよ」って伝えた。

実際私もはまってぬけられなくなった時は珠ちゃんと久美ちゃんにヘルプ求めてサポートしてもらった。
あの時はありがとう~!!!

色々体験して、今あらためて思うに、
そのざわざわはもともと自分が閉じ込めていた恐怖感であったりもするので、まずはそれを持っていることを認めて受け入れて、抱きしめることが大切。
だけど、すべてが気持ちだけの問題でもないような気がする。

細胞というのはその恐怖のエネルギーなどを記憶していて、古い細胞が代謝によって体表に出てくる時に、その粗い振動を解放しているみたい。

新しいピカピカの細胞が日々創られているけれど、それは古い記憶を持った細胞と同居するわけで、その両者は周波数に大きなギャップがあるために、違和感があったり、バランスが取れないのではないだろうか。
(人というのは状態が悪いなら悪いなりに調和をとって機能するものだから、まったく違う状態の細胞が同居する時はきしみが出るのも当然なのかもしれない)

そのザワザワは細胞が変化していく、調和に向かう過程で起きているのだと思う。
その解放の過程はTREに似ているな。


その他、私の場合は一時手足に力が入らない時があった。
そうなった時はとても驚いて検査してみたら全く異常なし。
やがては普通に戻ったのだけど、人の身体の治癒の過程というのは不思議だ。

身体の組織の代謝のサイクルはすべて時間が違うのでギャップが出るのかもしれないなー。


体験しないとわからないことって色々あるなぁ~。と、思った次第。


いつもその人のイメージでカップをサーブしてもらえるホシヤマ珈琲。
その時サーブされたカップはエルメスのアンティーク。
今回はこんな感じに見えたのかな?

e0039323_18393728.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-07-19 18:40 | セッション・ヒーリング | Comments(0)