「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ギャッ!朝起きたら目がっ!

朝目覚めたら、ギャッ!なんと左目の白目の片側に血がべったり!
結膜下出血していた!
こんなの生まれて初めてなのでけっこうビビる~。

でも結膜下出血した人を何人も見たことがあるし、ヒーリングで薄くなったのも目撃したことがあるので心配はしてなかったけど、一応すぐ眼科へ行った。

案の定これはよくある症状で、くしゃみで起きる人もいるし、夜に寝ている間に起きることも多いそうで原因不明。
眼底出血もしていないし、目薬をさしても変わらないので放置するしかないとのこと。
普通1~2週間で血液は吸収されるので心配しなくて良いと言われる。長い人は1ケ月とかかかる人もいるらしいけどね。

心配はしていないけど、目を合わせて話す時に相手が気持ち悪いだろうな~と自分でヒーリング。
忙しかったので時間をかけられずちょっとしか出来なかったけど、それでも3日でほぼもとに戻った。

やっぱりヒーリングは効くなぁ~。
夫が剥離骨折した時もヒーリングで翌日痛みがかなりとれて歩けたもんなー。

とりあえず対処は終わったけれど、このような症状が起きたということは身体がメッセージをくれているということ。
必ず原因があるはず。根本から修正しないと。

顔や身体の表面に表れたサインは何を表しているかを見るのが望診なのでスペシャリストの渡邉由さんに相談。

ここ一か月ばかり少し息がきれるのも気になったので、それもあわせて相談。
(とは言っても、普段の生活でちょこっと息が切れるのに、ダンスでめちゃくちゃ走ってもなんともないってどういうこっちゃ!)

そして由さんからこんな返事が。


「サインが出た場所が目であり、毛細血管が破れたことを考えると、
五行では、目は肝(自律神経系)、血管は心(循環器系)を表すので、この二つの臓に負担がかかっていたようです。
おそらく、何らかの原因で血液がよどんでしまい、流れが悪くなったことが大きな要因と思われます。
心臓は流れないなりにも何とか全身に血液を巡らすべく頑張りますから、
おのずと心負担が増えて息切れもしやすくなったのだと思います。
なので、肺というよりは循環器系の心臓の負担からきているものと考えていました。
もしかしたら動悸もあったでしょうか?

とくに、この夏の時期は、心(循環器、血脈)に一番負担がかかるときなのです。
暑くて汗をかくとその分、血液内の水分も失われて血液がドロドロしやすくなります。
血管の末端である毛細血管にも負担がかかり、出血が起こったのではないかと思っています。

まずは、血液をキレイにして血流を良くし、毛細血管も強くする必要があります。
今の時期手に入るものですと、パセリや三つ葉が血液をキレイにします。サフランや酢も同様の作用を持っています。
汁物に三つ葉を放したり、パセリを刻んでサラダに添えたり、もずくの酢の物(薬味に生姜を添えます)もいいです。
カレーにサフランご飯を炊いてみてもいいと思います。

また、毛細血管を強くするにはビタミンCとビタミンPが必須になります。

ビタミンP:あわ、ピーマン(ビタミンCも含む!)、そば、トマト、玉ねぎ
ビタミンC:パプリカ、ピーマン、パセリ、ゴーヤ、キウイ、モロヘイヤ、焼き海苔

上記の食材から、お勧めは『おろし蕎麦』です。焼き海苔をちぎってかけると尚いいです♪
※大根は皮にビタミンCが多く含まれているので、皮ごとおろします
※そばに含まれるルチンには抗酸化作用や血をキレイにする作用があり、血管の衰えを防いぎます。
あわもご飯に炊き込むと難なく摂取できます。
ゴーヤは本来、体を冷やしますが、薄くスライスしてから塩もみ、もしくはさっと塩ゆですると苦味とともに冷やす作用も和らぎます。

玉ねぎの血液サラサラ作用も有名ですから、夏の間は薄くスライスして梅酢で浅漬けにして食べてみてもいいと思います。

以上、長くなってしまいましたが、摂るといい食材のご提案でした。

逆に、甘いもの(果糖も)は毛細血管を膨張させたり、弱らせますから
引き続き、お菓子類は控えた方がいいと思います。」


さーすが由さん!嬉しいなぁ!ありがとうございます!

由さんの望診はこんな感じですよ~。
お勧めなので興味ある方は受けてみてね。
由さんのサイト「理(ことわり)」はこちら
https://www.cotowari222.com/


さて、今日はコシのある山形蕎麦で「おろし蕎麦」にしてみた。
由さんのアドバイスのとおり大根を皮ごと沢山おろす。
ついでに生姜もおろして、ミョウガをきざんで、ナスと、けずりぶしも。
大葉も入れたかったなぁ~。あ、海苔を忘れた!
今度にしよう!
e0039323_22491515.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-06-29 22:50 | Comments(0)

ウルトラLPすごい!新作集(R&R黄金時代)

本日のDate fm「ロックンロール黄金時代」は新作集

ジャック・ホワイト、カサビアン、コールドプレイを中心にオンエア。

ところで、ジャックホワイトのアナログ「ウルトラLP」がスゴイ!!!

アナログの普及のために活動しているジャックは、今回の新作で
世界最速プレスとやってみたり、アナログにどれだけの新しい仕掛けを入れ込めるかなど色々挑戦している。

アナログの内側から針を落としたり、
針を落とす場所でイントロが違ったり、
アナログの中心のレーベルの中にトラックがかくれていたり、
回転すると天使のホログラムが浮かんだり・・・・

購入しようかと思ったら売り切れちゃってましたぁ!

興味ある人はこのサイトを見てね。
ジャックが自分で語ってます!
http://ro69.jp/blog/nakamura/101503

Date fm「ロックンロール黄金時代」
本日6/29(日)24:00~ オンエア 77.1mhz
聴いてね!
e0039323_20165722.jpg

e0039323_2017949.jpg

e0039323_20172143.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-06-29 20:16 | 音楽 | Comments(0)

身体の声を聴く

私は直感で行動している。
特に初めて人と出会う時は直感が働く。
「あ!この人!」みたいに。
きっと魂レベルで何かを感じて、反応しているんだろうなぁ。

先日サクセスポートレイトの撮影で出会ったボディケアのスペシャリスト村上カナコさんの時もそうだった。
私の何かがビンビン反応していて、早速連絡をとって今日カナコさんのボディケアルームにおじゃましてきた。

出会った時に、「カッコいい!」「美しい」「素敵」「男前」・・・と沢山の言葉が私の中に浮かび、さらにカナコさんの持つ「透明感」や「PUREでまっすくな感覚」がたまらなくて、是非施術を受けたいと思ったの。

カナコさんはボディケアを様々な方法でトータルで行ってるので、私は自分の改善したい点だけをあらかじめお伝えし、施術の方法は一切リクエストしていなかった。

カナコさんはまさに「身体の声の通訳さん」で、細胞や骨、皮膚全部トータルで身体の声を聴いて、身体におまかせしてそれを伝えてくださる。

私の場合は下半身が冷えて首から上がのぼせると言ったことをお伝えし、気を巡らせるために皮膚の操体法を行っていただいた。


身体に触れながら、身体の声と心とを繋いでいく。
足首から振動を全身に伝えていくのだけど、手を放した後もカナコさんの手を足がしっかり記憶していて
手が離れているにもかかわらずリアルにカナコさんの手を感じたのは面白かった。

そして、片腕をカナコさんがサポートしながら動かすのだけど、その感覚がとても面白い。
動かすというより、腕が動きたがっている方向に動けるように手を添えて下さっているだけだという。

驚くほど腕が自由に動く。

それはまるでTREと同じ。身体がすべて知っていて、それに任せていると勝手に調整してくれる。
(最近二日に一回TREをやっている。身体の回復機能がよみがえってきたみたい。)

人間の身体って本当にすばらしく設計されているのだなぁ。
その本来の機能を忘れてしまっていただけ。

施術後右腕は明らかに軽くて可動域が大きくなっていた。
左右を比べてみたら、左の硬さとは雲泥の差だった。

操体法って面白い。(発祥は仙台なんだって!)
気持ち良い方向に動かしているだけで歪みが解消されるなんて!
それこそが自然の摂理なんだなぁ。

本当はみんな知ってたのにね。赤ちゃんの時は出来たのにね。


心地良い細胞の感覚を探して、その感覚と余韻を味わう。
それはまさに身体の声を聴くという時間だった。

施術が終わると背中も足もほかほか!

カナコさんが通訳してくださったおかげで、身体との対話の沢山のヒントをいただいたなぁ~。
後はそれを味わって、使っていこう!

カナコさんありがとうございました!

村上カナコさんのブログはこちら
http://ameblo.jp/timedub/

e0039323_23231296.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-06-24 23:23 | Comments(0)

身体の中の緑のエネルギー

先日仙山線に乗り、山形に行く途中、沢山の緑を見ながらいいなぁ~と思った。
地下鉄に乗り台原森林公園のあたりを通ると、緑が気持ちよくて下車したくなる。

でもいつも、実際降りて緑の中に入っていると、ほんのちょっといるだけで「あれ?もうもういいかも」と、満足してしまう。

長く緑の中にいると街に行きたくなる。

私の中に緑のエネルギーって少なくて共鳴しないのかな?って思って、ずいぶん前に師匠である大津先生に訊いたことがあった。


そうしたら、「たまらなく緑の中に行きたくなる人は自分の中の緑のエネルギーが枯渇して、必要なんだよ」と教えられた。
「徳ちゃんの場合は最初から中にあるでしょう!」

その時に思った。
だから私はマンション暮らしとか、都会暮らしが合ってるのか!
緑がまったく無いのはいやだけど、ほんの少し家の中にグリーンがあればそれで十分。

我が家の観葉植物はやたら成長する。
以前成長しすぎて、直角に天井を這うように伸びていたホンコンは、あまりに伸びたので切った。
そしたら切り方が悪くて(泣)、一時瀕死の状態になってしまったけど復活し、今はまた天井に届く勢いだ。

お風呂の中で眼を閉じて瞑想して目を開くと、バスルームはいつも透明な緑色の光であふれている。

きっと今のままでいいんだね。
私には「緑のある街」という環境が一番住みやすい。

そしてネットで美しい緑を見ているだけで、十分満たされて幸せ。
きっと見てるだけで共鳴していい気分になってしまうのだと思う。

この写真は素敵な写真をいつも撮ってるRIE.Oちゃんの緑
美すいぃ~!
e0039323_23181484.jpg


そしてこちらは我が家
e0039323_2319229.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-06-23 23:18 | Comments(0)

Led Zepplinコンパニオンディスク特集(R&R黄金時代)

6/22(日)のDatefm「ロックンロール黄金時代」はリクエストにお応えして
今月発売されたのLed Zeppelin最新デジタルリマスターのコンパニオン・オーディオ特集!

つまり正式初リリースのライブ&アウトテイク集

ジミー・ペイジの写真やインタビューと共に色んな雑誌で特集され、
かなり話題になっているので、気になってる方必聴です。

ご存知のようにⅠのコンパニオンディスクが1969年のライブ音源
ⅡⅢがアウトテイクと完全未発表音源

最新デジタルリマスター音源はここ10年で一気に加速したデジタル携帯端末を意識した音づくりということで
雑誌ではみんな口を揃えて絶賛してるけど、私は個人的に94年のリマスターの方がUSオリジナルの荒々しさがあって好きだけどなー。
(もともとZEPはアメリカプレスがオリジナルだった)
だって、今回のリマスターは繊細だけど高音がキツクて、低音がぼわーんとしている。
スマホで聴くのならいいのかもしれないけど、自宅のオーディオセットで聴くと不満が残る。

まあ、私見ですが。
そんなことも含め感じたまま喋っております。
私と同意見の人はいるはずですが、雑誌では言えないのかしらね。

といいつつ、オリジナルテイクはオンエアせず、すべてコンパニオン・オーディオ音源のみオンエア。
オリジナル収録バージョンと明らかにちがってるものをセレクトしているので、番組聞いてから購入を検討して下さいね。

Datefm ロックンロール黄金時代 77・1mhz
6/22(日)24:00~ オンエア 是非聞いてね!
e0039323_17463339.jpg

e0039323_17464617.jpg

e0039323_17465867.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-06-21 17:49 | 音楽 | Comments(0)

わたしという存在の岸辺

大瀧詠一氏の曲を聴いていたら「ぼくの岸辺」という言葉がポンと飛び込んできた。

「わたしという存在の岸辺」はどこにある?と考える。

それは同時にいくつも存在し、すべてが岸辺である。
どこまでが「わたし」と認識しているかで変わる。

「わたしという存在」は多次元で幾重にも重なりながら同時にここに存在するから。
「わたし」をどう認識し、規定し、感じてるかでそれは変化するから。


でも、そんなこと言っても多くの人はわかんないだろうなぁ~。

「わたし」という存在の多次元性はセラピスト講座でお話ししているけど
どれだけ伝わってるかは、わからない。

結局感じるしかないし、自分の変化・成長とともにわかるのだろうから・・・・。


うーん、もっと簡単に伝えられないものだろうか。


ところで、「わたしの心の岸辺」というものは明確にありそうだな。
もちろん実在というよりは、本人がどう規定しているかだけだけど、「わたしという存在の岸辺」よりはわかりやすそうだわ。

ただ問題は本人自身がどう規定しているか認識してないってことが多いこと、かな。
e0039323_1255346.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-06-20 12:06 | Comments(0)

自己信頼・自己肯定・自己承認

自分を信頼すること、自己肯定すること、自己承認ほど自分自身に力を与えるものはない。
それは本質に基づいたものだから、本質のチカラが立ち上がってくる。


私達は本質から離れたことは一度だってないけれど、分離の感覚によって本質を忘れることは出来る。

だからこそ本質を思い出すと嬉しかったりわくわくするんだよね。

そのために色々なサポートを使えばいいのだと思う。

様々なセラピーも、ヒーリングも、占いも、他の人から褒められるということも。
たとえそれが客観的事実じゃなくても、史実でなくても、想像だろうと、妄想だろうと。

それらはあくまでも本当の自分を思い出し、認めて、信頼するためのツールでありサポートなのだと思う。

だって何をやろうと最初から素晴らしい本質の自分がいるのだから。

本来の自分に至る道。

本当の自分を思い出すために、様々な学びを作っていただけ。
e0039323_23401495.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-06-19 23:39 | Comments(0)

意識とは。(心との違い)

珠ちゃん、ひろみんと「369ごはん」でランチ。
第一目的があって、そのついでのランチだったのだけど、私のちょっとした認識不足でやりたいことが出来なくなってしまい(ごめん!)ただお喋り!

でもお喋りは楽しいし、ごはんがとっても美味しいので超ハッピー!
珠ちゃんが「野菜が歌を歌ってるみたい」「食べるエナジーワーク」と形容していたランチなので、とっても嬉しい!
すんごく美味しかった!!!

そんで、前回の日記の続きみたいな話になり「意識」について考える。


「意識」も気軽に使う言葉だけど、「愛」と同様に使う人によってその深さも広がりも全く違う。
ものすごく多次元なんだよね。

珠ちゃんと見解の一致したのは、意識は「あって、ない」みたいなもので、運動性によって「ある」みたいな感じ。


私もよく「意識」って言葉を使うけど、よく使う言葉について深く考えて、さらにそれを言語化するのは面白いなぁ。


私が言う「成長発展し続ける大いなる意識」というのは、「いのち」「愛」「智慧」「グレートサムシング」「神」と同じ意味。

意識は固定的なものではなく、明確に分けることも出来ないし、次元によって様々な色合いを持つけれど、それは混ざり合い、干渉しあい、溶けあっている。
キリスト意識とか、仏陀意識、マリア意識とか・・・。

宇宙意識、銀河意識になるともっと広大になる。

別の次元で見ると、「意識」した瞬間にエネルギーが収束する。
まさに「運動性」によって「かたちづくられる」という現象が起きる。

私のヴォイス講座では「意識」「ベクトル」の話をするけれど、まさに何を意識するかでエネルギーの伝わり方が明らかに変わる。
これはまさに意識の収束性&拡散性という運動によるものだ。

感覚としてはよくわかるし、言葉である程度説明出来るけど、きっと伝わりにくいなぁ・・・・。

実際にやってみて違いを感じて、使えるかどうかのほうが一般的には有効かもしれない。



話は変わって、感情的に色々あると胃が痛くなるのは「太陽神経叢」にエネルギーが蓄積されて、それを徐々にタイミングをみて手放すということをしているのかも。
という話になった。
TREでトラウマや緊張を解放するのも同じかもしれない。大腰筋にいったん蓄えて、その後本人の心の状態に応じて出てくるのかもしれない。

ひろみんが「メールの受信箱みたいに一旦全部受け取るのかもね」と言ってたが、そうかも。

身体って、いろんなものを受け取って、預かってくれて、学びに応じて調整してくれる素晴らしいシステムなんだなぁ~。


ますます感謝だわ!
ちゃんと素晴らしい身体を創って整えるために食べるものって、やっぱり大切だなーと、今さらながら思う私。

369(みろく)ごはんの美味しいランチ!
e0039323_1750783.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-06-18 17:52 | Comments(0)

心と魂の関係性

先日珠ちゃんとランチしながら「心と魂の関係」について考察していた。

魂は個性をもっていて半物質。ちゃんとかたちがある。
汚れを作る(表面にくっつける)ことは出来るけど、そこなわれることはない。

魂の本質はいつだってぴかぴか。

それに対して心はころころ変わる。
その人がどう感じていたいかで絶え間なく変化する。
これは実体があるのではなく、本人がどう捉えるかによって映し出されるスクリーンみたいなもの。

魂はいつだって全開だけど、学びのために心は「弁」とか「扉」「窓」のような役割を果たしていて
魂がどれだけ顕在意識に立ち上がるかを制御している。

学びの段階に応じて、心の在りようが変わる。
逆に言えば、心があるおかげで自分を「勝手に規定したり、制限したり」する学びが出来る。

心は感情と連動していて、それに応じて変化するし、自分で在り方を決めることも出来る。
でもそれは「実在する」というのと、ちょっと違うかもしれない。

珠ちゃんも魂は「そこに在る」のがはっきりわかるし見えるけど、心はどうもよくわからないと言ってた。


心の使い方。結局は魂の本質の輝きを思い出し、感じて、魂を生きるための学びのツールなのかもしれないなぁ~。
脳が三次元で機能するためのツールのように。

どこまで魂に目覚めたかで「在りかた」が変わる。

もうちょっと考察してみよう。


私の興味はこの世界の法則性と関係性。秩序と調和なので。

e0039323_11225197.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-06-18 11:23 | Comments(0)

あれから1年。変化した習慣。

緊急入院したのが、1年前の今日だった。あれから1年かぁ~。
昨日「気づきと行動」という記事を書いたけど、この1年で私の生活習慣はかなり変わった。

21日繰り返すことで定着すると言われてるけど、確かに続けることで習慣になったものが大分ある。


・朝起きたら浄水器の水で水素水をつくる
・タヒボ茶を1時間煎じる
・梅醤番茶か白湯を飲む
・朝食を食べる(結婚してから全く食べていなかった)
・毎日食事ノートに記録する
・雑穀か玄米を白米に混ぜて食べる
・砂糖はなるべくカット
 (かつてはコーヒーに砂糖もミルクも大量に入れてたけど、ブラックで飲めるようになった!)
・スィーツはなるべく控える(でもストレスになるから、友人と一緒の時は食べる)
・タンパク質を多く摂る
・みそ汁を毎日飲む
・乳製品をなるべく控える
・よく噛んで食べる
・食べる時は姿勢を正す
・ラジオ体操(週に5日くらい)
・お風呂の中でふくらはぎをもむ
・台所に立つ時はなるべく爪先立ちと、かかとの上げ下ろし。時々スクワット

ま、こんなとこかな。
わざわざやってることはひとつもなく、何かのついでが多い。


じゃあ・・・やろうと思いながらまだやれていないことは・・・

・プロツールズを使う(ソフトもハードもあるのに必要に迫られていなくてやっていなかった!WindouwsMeのCakewalkが未だに現役で使えるので、ついそちらを使っていた!)
・ブログをなるべく毎日更新
・アドレス帳やリスト作成
・お茶会

他にも色々あるな・・・。
無理はしないけど、着実にやっていこうっと。


写真は入院中お見舞いで久美ちゃんにもらった葉っぱ。(名前がわからない!笑)
お花は枯れちゃったけど、このツタの葉はもうすぐ1年になるけど、根っこがはえてきて今も元気で伸びている。
かわいい!
フラワーベースはひろみんがお花と一緒にお見舞いに持ってきてくれたもの。
e0039323_21414694.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-06-16 21:42 | Comments(0)