<   2013年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

セドナの石のテレポーテーション考察(しつこい?)

先日「セドナの石のテレポーテーション」と「その行き先判明」の記事を書き、
それについて珠ちゃんが日記を書いてくれた。

(これだけでは意味不明の方は少し前の日記をさかのぼって読んでね)
http://chandra.exblog.jp/20502428/
http://chandra.exblog.jp/20511422/


そんで、この一連の出来事について考えていた。

珠ちゃんは日記の中で
「わたし的にはひろみんの手を借りて大々的に断舎利を実行中だった徳ちゃんの家の極端な変化が別の波動を生み出し、
それが石に影響を及ぼし、時間や空間を飛び越えた共鳴が起きて、必要な段階を経て戻ってきた。ということであった気がする。
内と外を一つにする、その過程を象徴するように。」と書いていた。


確かに私にとって最近のテーマはすべての次元を貫く調和なのだ。
それは実は最近始まったことではなく、ずっと前から私が追求していた事とも言える。
なぜなら、私はこの世界の仕組みを知りたくてしかたなかったし、
見える世界と見えない世界の繋がりや関連性を知りたくて、自分と言う存在を通して検証し続けてきたから。
時には無茶をして骨折してみたり、声が出なくなったりしながら。

そうしながら内と外、見えない世界と現象界を統合しようとしてきた。

そして、あのセドナの石は確かにその象徴のようでもある。


実際にテレポーテーションしたかどうかは証明しようがないけれど、
突如私の胸から消えて、ありえない場所に突如登場し、しかも戻って来た時にはありえない傷とヒビが入っていたことだけは否定しようがない。

セドナ石とワイヤーを黄金の光で満たすことによって融合して一つになったのを、るなちゃんも珠ちゃんも感じてくれたわけだが、それについてこんな風に感じていた。
あの石はまるで現象界の私達のようなもので、傷がついたり、ヒビがはいったり目に見える現象としては痛みのようなものが起こる。
そして、その石がワイヤーから分離して転がっていた時は、確かにとても痛々しく見えた。
けれども、るなちゃんが言う「天使の翼」であるところのワイヤーの中で光に一体化していると、その傷はまったく感じられずピカピカと輝きを放ち続けているのだ。
最初からそっちのほうがあるべき姿だったように。
それはまるで、「何事も本質を傷つけることはなく、その存在を損なうものではない」ということを象徴しているかのようだ。
そして、その学びのための体験があり、その体験というのは魂レベルで見れば、時間も空間も存在しないので、次の段階にシフトアップするために必要だった波動を獲得するために、
この多次元世界の中で、私のいるところの視点から見れば、「テレポーテーションに見える旅」の形をとったのかもしれない。

いずれにせよ、自分がもともと持っている本質なる光と一体化していれば(それを認めて生きていれば)現象を越えて、その本質が表にあわられてくるわけだ。

そしてたとえ一体化していなくても、分離してみえても、その本質は損なわれることなく、次元を貫いてそこにあり、その調和の共鳴の過程をたどることが私達の体験であり、ひとつのアトラクション的なものかもしれないな、なんて。

そのアトラクションを通して得た波動によって、気づきが生まれ、新たな波動を獲得し、統合されていく。

セドナの石は今回テレポーテーションという形でドラマチックなスペシャルアトラクションとして見せてくれたのかもしれない。


なーんてことを考えていたけど、珠ちゃんの文章も、私の文章も意味不明かも。(笑)
e0039323_21202723.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-05-26 21:20 | Comments(0)

体は素直&神への捧げもの

私の最近のテーマはすべての次元とすべてにわたる心と体と魂の調和。

今野華都子先生のリンパマッサージ教室に参加した。
以前先生の洗顔洗心塾に参加した時も衝撃を受け、そこから美塾、
内的エネルギーと外的エネルギーの調和(ひろみんのイメージコンサル)、
断捨離、呼吸、体質改善とあらゆるレベルに拡がっていった。

洗顔洗心塾「顔を洗うことは心を洗うこと」の感想はこちら
http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11291888363.html

さて、今回は顔の半分をまずリンパマッサージしてお互いに観察するのだけれど
明らかに輪郭が変化して、頬の位置が上がる。たるみがとれる。

肌の触れ方で肌が即変化することは、洗顔洗心塾でも感じていたし、
美塾でもすでに体感していたことだけれど、今回も勿論明らかなる変化。
前々回の日記の「呼吸で肉体改造」にも書いたけれど、
私達の体は意識のし方と触れ方、使い方で即座に変化するし、いかようにもなる。
原因と結果の法則がこれほど明確に即表れるのは、体が宇宙の法則を教えてくれていることにほかならない。

一回体験しただけだと戻っちゃうというのもまた宇宙の法則。
垣間見ただけじゃあ、自分の智慧にならず、それを生きないと本当の変化とは言えない。
自分のものにしてはじめて周波数が変化するのだからね。
(これ、今自分に言い聞かせてる)

ところで、今回の講座で一番よかったのは先生の施術を見られたこと。
「今回は特別」とおっしゃって、会場全員で王様じゃんけんをして(笑)一番の方が先生のリンパマッサージを受けた。

マッサージを施す先生の姿があまりに喜びに溢れて、まるで舞っているかのようだった。
音楽に合わせて軽やかに、動くしなやかな手。
それは神聖なるものを扱うように・・・いや、「ように」ではない、先生は一人一人を神聖なる神なるものとして見ているのがわかった。
そして敬愛しながら、慈しみながら、愛しながら施術をしている。
そして、その動きは神への捧げもの、祝祭の舞なのだと思った。

勿論施術を受けた方は受ける前とは別人のように輝きを放っていた。
いや、別人ではなくて、本質が先生によって呼び覚まされたのだと思う。
こんな風に人と、自分と接してゆきたい。

本当に素晴らしいものを見せていただき、行ってよかった。
ありがとうございます!


それから先生の書籍を購入すると、いつもサインを書いて下さり、
それと同時にその人のためのメッセージを降ろして書いて下さる。
今日も素敵なメッセージをいただいた。


次回の講座は9月1日(日)洗顔洗心塾&講演会 青年文化センターで。
お申し込みは橘企画まで。http://365ariga10.com/index.html
[PR]
by chandra-k | 2013-05-25 21:33 | Comments(0)

魂の成長

学びとは、単なる知識の勉強とは違う。
体験し、気づきがおきて、それを自分のものとすること。
それによって明らかに振動数が変化すること。

それが魂の成長であり発展。

体験するためには実践が必須。

だらかといってただ行動して年中忙しくしていても、
たとえそれが貢献となっていても、魂の成長には繋がっていない場合もある。
変革が起きていないと。

理念を持った行動が気づきを起こす。
その理念は大きなことでなくてはならないわけではない。

高次元においては
愛も、智慧も、癒しも、悟りも、命も、創造も、
全ての言葉がまったく同じ意味になってしまうけれど、
現象界においては魂の成長と、人間的な成長と、
行動と、人格と、目に見えている結果と、貢献度と、評価とはみんな違う。

そこのところを明確につなげられないものか、統合できないものか、
そしてわかりやすく伝えられないものかをちょっと考えている。

そこのところがはっきりすると、もっと魂の成長につながるのではないだろうか・・・・。


それはさておき、

大津先生からのメッセージ


「2013年5月から2013年8月4日までは、
フォトンエネルギーがどんどん活発になってゆくため、
魂が急速に成長しやすい時期。

この期間に学びが進むと、それから先の人生が大きく変わります。
ぜひ、この機会を上手に活用して、
より素晴らしい人生を手に入れて下さい。

この期間をどんなふうに過ごせばより効果的なのか?
具体的にどんなことが魂に起こるのか?
詳しくは、30日のセミナーでお話します。」



来週メディアテークで大津和壽先生のセミナーが行われます。


日時:5月30日(木)
10:20~ エナジーワーク(※伝授者のみ参加可能)
13:15 受付
13:30~ 大津和壽 講演会 (※どなたでも参加可能)

場所:せんだいメディアテーク 7階会議室

料金はどちらも5000円

直接お越し下さい。

はじめての方は私にメッセージ下さってもOKでーす。
rock-stars☆nifty.com または
tokuko-chandra-krishna☆docomo.ne.jp
(☆を@に変えてお送り下さい)
[PR]
by chandra-k | 2013-05-24 22:24 | Comments(0)

呼吸で肉体改造②(ブレスダイエット)

昨日の日記の続き。
今日はウォルトこと三浦紀子さんのソシラボでの運動教室「ブレスダイエット」に参加した。
今回で私は2回目。
ダイエットとあるけど、目的がダイエットというよりは、呼吸筋を意識的に使うことで、結果姿勢がよくなり、ウエストが細くなるというもの。
約1時間半のセミナーで前回私は3cm、一番変化した人で前回7cm、今回5cmウエストサイズがダウンしていた。

要は呼吸筋は姿勢を整える筋肉であり、体のコア、インナーマッスルとなる筋肉で、そこがちゃんと働くことで姿勢がよくなり、内臓は本来の位置に戻り、代謝がアップするため
やせるとか、ウエストが細くなるということが起きるのだ。

さらに呼吸をコントロールすることで、接触不良をおこしていた神経の束も本来の状態で動き始める。リンパの流れもよくなるから体の中からきれいになる。

一般的に人間は一日平均2万回呼吸をしているという。それを意識的に行い、それが定着したら、毎日自然に筋トレをしているのと同じこと。
実際私の体が短期間で変化したのは【呼吸】という休むことなく行われている筋トレだったからだ。

呼吸でダイエットとか言うと、あの「ロングブレスダイエット」を思い浮かべる。
実際に私もDVDを買って夫とやってみたことがある。
あれも即効果が出て夫はすぐに痩せた。(結局続いてないので戻っちゃったけど。
ただ、あれは相当首や肩にバリバリ力が入ってるので、そこのところが筋肉がかたくなっちゃうと思う。

それに対して三浦紀子さんが教えてくれるのは「頑張らずに自然に調っていく呼吸法」

まずはリセットコンディショニングで筋肉を緩める。
そのあと、全呼吸、胸郭呼吸、横隔膜呼吸、腹式呼吸、強制呼気という5種類の呼吸をやっていく。
体がどんな風に動いているのか意識で観察しながら。

呼吸は日常のことだから一回やっただけでは忘れてしまう。
三浦紀子さんがブログで紹介していた彼女の先生の本を購入してみた。
「ブレスダイエット 呼吸でやせる」by有吉与志恵
これはまるでダイエット本みたいなタイトルついてるけど、それはおそらく出版社がこの方が売れるからとタイトルをつけた感じで、実は呼吸の詳しい解説。DVD付き。
とてもよい本だった。

でも、読んだだけでは微妙な感じがわからないし、どのくらいの力でやるのかポイントを抑えるには実際に指導を受けて体感してみるのが一番だと思う。
私は2回受けてかなり感覚がつかめた。日々自分で意識的にやりながら、時々チェックしてもらうのがよさそう。

ちなみに私は今日は1cm。 私の場合は最近自分で呼吸の自主トレやってるからね。
でも明らかに自主トレの成果は出ていて、ウォルトからも努力の結果が体に出ていると言われた!わーい!
実際自分で体を観察してても肋骨がものすごく動いて、胸が開くようになったのが目に見えてわかるもん。

ということで、運動教室ブレスセミナーお勧め!
次回は6月13日19:00~場所はソシラボで。

ウォルトは笑顔満開で会うと沢山の元気をもらえると思うので興味あるかたは是非!


ウォルトこと三浦紀子さんのブログはこちら~ 
http://ameblo.jp/nontot/entry-11536628914.html
[PR]
by chandra-k | 2013-05-23 23:45 | Comments(0)

呼吸で肉体改造!

最近私が特に意識しているのは呼吸で、呼吸を変えることで体が変わって来た。

私の古い日記(2005年からの波動日記)を読んでる人は知ってると思うけど、
私は2006年過去生の浄化で咳をしすぎて肋骨を2本骨折した。今となっては笑い話。
そして、その骨折が原因で体がバランスをとろうと重複的に歪み、声が出なくなった。
耳鼻科に通って症状は少し軽くなったものの、根本的な改善には至らす、結局オステオパシーの治療で体の調和をとることで声がだんだん戻ってきた。

そして日常では特に問題がない状態になったものの、自分では何かが本来の状態ではないことをずっと感じていた。
それは他の人には気づかれないレベルで、自分だけがわかる違和感・・・。

骨折をし、体のバランスを崩したまま生活していた時間が長かったことで、体の中に変な癖が定着しているようで、何かが戻ってないといった感覚がずっとあった。
他の人のことは指摘出来ても、外から自分の声を生で聞いたり観察することが出来ないため、高レベルの分析が出来て、的確に指摘してくれる専門家に出会いたいと思っていた。

そうしたら昨年末、チャリティミーティングというイベントで、ヴォイストレーナーのMISUMIさんのセミナーがあり、ちょうどその時仕事が空いて参加することが出来た。
それまでMISUMIさんのことはまったく知らなかったのだけど、ちょっと話を聞いただけで私と相性がいいことがすぐわかった。
そう、トレーナーとは相性が重要なのだ。
MISUMIさんは骨とか筋肉に関する勉強を沢山していて、声や体の使い方について感覚は勿論、理論的に分析して話が出来る方で、しかも彼女は数多くのCMソングを声を使い分けて歌っている方であり、ナレーションと歌との違いはあれど私の仕事と共通点が多く、さらにそのアプローチがとても似ていることが話を聞いていてすぐわかった。
多くのアーティストのパーソナルヴォイストレーニングを担当しているだけでなく、本人もヴォーカリストであり、しかもROCKバンドを組んでいて、ライブもやっている。
そしてそしてLED ZEPPELIN等が好きで、旦那さまはROCKギタリスト!
何から何までビンゴ!!!だったのだーっ!
ということで、今年になって東京に個人セッションに伺った。

そこで色々チェックをして判明したことは、私はずーっと腹式呼吸を学び、普段の発声も腹式になっていたのだけど、生真面目にお腹ばかりを意識して長年鍛えて来たため、腹筋・背筋は他の人よりずーっと強いのに対して、骨折したこともあって肋骨をかばい、肋間筋が腹筋に対して弱く、そのバランスが悪かったということだった。

ヴォイストレーナーの視点で見れば、一般の人に教えるパターンと真逆!の状態になっていた。
ということで、肋間筋に活力を持たせることが必要ということが明確になった。

MISUMIさんが言うには「ホームランを量産していたバッターが、ある日スランプに入ってしまったようなもの。フォームを修正することで本来の状態に戻る」

しかも、若い頃は体の筋肉が少々バランス悪くても、力技で乗り切れるだけのパワーがあったから問題なかったけど、年齢と共にそうはいかなくなるということ。
つまり、自分でここ数年感じて来た違和感をきっかけに、自分の筋肉の使い方が完全に調和がとれていないことに気づけたことによって、今修正すれば、これからは美しく調和のとれた状態で呼吸・発声・発音をすることが出来るということ。
つまり自分の体・呼吸・声に対し、ものすごく伸びしろ・可能性を見出すことが出来た。

MISUMIさんのサイト http://magicaltraininglab.com/

さらに仙台の統合医療センターTREE OF LIFEに言語聴覚士の先生がいらっしゃり、音声治療が行われていることを知り、以前から音声治療にも興味があったのでそちらも合わせて受診してみた。
現在東北では言語聴覚士として仕事をしている方自体が少人数で、しかも大病院じゃないところで受診できるということはかなり貴重だ。

細かく筋肉の動きや、癖、緊張、状態を観察したうえで、それに対する修正のためのトレーニングを色々細かに教えてくださる。
そしてその理由についてたずねると、筋肉や骨や、その作用について丁寧に解説していただけるので面白すぎる~!私も勉強したくなっちゃった!

私の場合は、骨折によってそれをかばうために定着してしまった体の動きを修正し、体に無理な力がかかることなく、一番自然で調和のとれた状態を小脳にプログラミングし直すということが必要で、それをスムーズに移行させるために必要なトレーニング法を教えていただいた。
私は自分で肺活量が少ないと思っていたけれど、先生によると普通の人よりあるとのこと。確かに昔はものすごく大きな声が出たなぁ。
骨折してからは大きな声を出してないけど、完全な状態で体を使ったらもっともっと声は深まるってことだわ!

言語聴覚士の阿部千佳さんは素晴らしい先生で、解説もとても明解でわかりやすく適切。
声がちゃんと出せなくなってしまったお年寄りが、阿部さんと一緒に歌を歌いながら発声を修正して、笑いがもれてくるのを聞いているとこちらまで幸せな気持ちになってしまう。
嚥下とか発声が変わっただけで、人生が楽しくなるお年よりは沢山いると思う。
音声治療自体あまり知られていないけど、これがもっともっと普及したら絶対いいと思う。

統合医療センター Tree of Lifeはこちらhttp://hozawa.jp/tree-of-life/

ということで、水澄さんと阿部さんという素晴らしい二人の先生のセッションを合わせて受けたことによって、お二人がおっしゃってることが統合されて私の中で結びつき、より効果があがった。
そして、自分の可能性が広がった!私の声はもっともっと深く豊かになることが出来るということだ。
力技ではない、体という楽器が美しく調和した状態でその持っている能力をあますことなく使って喜びに響く声を出すことが出来るはず!嬉しいな!

どちらの先生からも教えていただく時間は限られているので、その場ですぐ変化が出るものではない。
あとは日々のトレーニングが必要なのだけど、呼吸というものは常にするものであるから意識すればいつでも出来る。
ということで、2週間もたたないうちに変化はあらわれた。

オステオパシーに行ったら、私の肋骨が変化してきたと言われた。明らかに肺が活性化。
日々意識して呼吸していただけで、肋間筋の動きが良くなって胸が拡がって来た。
もともと私は優秀な体と筋肉を持っているので、打てば響く。
最初のセッションは1月末だったので、現在三ヶ月半で明らかに骨格が変わり、息が長くなった。
取り込む酸素の量が格段に増えた。


そして驚くべきことがもう一つ。
私は骨折したことで思い切り呼吸出来なかったことと、鉄分欠乏による貧血で年中酸欠状態だった。
一日分の鉄分量を摂取出来るヨーグルトを毎日飲むようになってからは、貧血になることはなくなっていた。
でも血液検査をするとフェリチンの量は少なく、要するに体内の倉庫に鉄分はほとんど蓄積されず、自転車操業状態。
フェリチンの正常値は5~152なのだけど、何年も私はどう頑張っても7~10位にしかならず、かくれ貧血状態だった。
それが、先月血液検査したら、なんとフェリチンの値が299!血液濃すぎ!
最近マルチビタミンを摂取していたこともあるけど、いきなり多血になってしまった!酸素が一杯!
これは明らかに呼吸だわ。今までは栄養補給してもここまでは変化しなかった。
なんて私の体はわかりやすいんだろう!
あわてて鉄分ヨーグルト摂取を中止した。

なんか私はいつも自分の体を使って実験をくり返しているようだ。
こういったことによって肺が活性化し、それに伴い大腸が活性化し、先日のお腹が張りまくるデトックスに結びついたというわけ。はは。
いちいち私ってやることがドラマチック!

私の体は原因を作るとすぐに結果が出る素晴らしいもの。
こんなに学ばせてもらって日々感謝だわー。

ということで、私は今、体の調和と呼吸にフォーカスしているのだけど、
明日は三浦紀子さんのブレスセミナーに参加するので、その話は次回に!
[PR]
by chandra-k | 2013-05-22 20:03 | Comments(0)

アナログ、ゲット!

仙台市中心部から震災の前に作並に移転したパラダイスレコードに行った。
夫は何度も行ってたけど私は移転後初!
私より先にすでにクロマニヨンズのヒロト&マーシーは行ってお買い物している。
(彼らはマニアなので、どこまでもアナログを探して行っちゃうからね。
前に彼らに会った時も仙台中古屋めぐりをしていて、戦利品を教えてもらった。)

ところでパラレコ!噂には聞いてたけど、でかっ!写真を以下に貼るけど、この何倍もある。
しかも倉庫や自宅にはまだ沢山あるそうで、どんだけあるんだろ。
さすが世界をマーケットにしてる店。最近は楽器も販売してるんでギターも並んでる。

レコード会社で持ってないものも沢山あるから、レコード会社にオリジナルレコード貸したり、
資料の監修をしたり、問合せに答えたりもしているのがオーナーの永山氏。

以前も番組にご出演いただき、超レアなものをお借りしてオンエアさせていただいた。
(オンエアしたレコードの総額で車が軽く買える感じだった)

さて夫は今回もThe Venturesを購入。
The Venturesだけで棚何段あるんだろ~。

実は以前私はThe VenturesをCDでしか聞いたことがなくて、ピンとこなかった。
「ギタリストにはよさがわかるんだろうな~。その年代には衝撃だったのかもね。」
・・・・なーんて認識だったのに、
初めてThe Venturesをアナログで聞いた時の衝撃たるや!
「す、すみません!私が間違ってました!」と、土下座したくなったほど。

これほどCDとアナログの音質、音圧の差があるバンドないんじゃないだろうか!
アナログで聞くと、ギターの音なんて攻撃的で、鋭くて、まさにROCKだったのだ。
これを聞いた当時の人がぶっとんだのがよくわかる。

今はどれだけデジタルリマスターしましたと言っても、
CDだの、データで聞くという大前提をもとに、その周波数や志向性を考えてのリマスターだから
アナログプレーヤー、アンプで再生するというハードに合った周波数とは全く違う。
もはやベツモノ。
当時彼らがアナログのシングル一曲に魂込めてミックスした音とは違うんだな~。

ということで、我が家ではThe Venturesに関しては、アナログじゃないとThe Venturesじゃない!
って感じになってしまったのだった。

永山氏と色々話をしながら今回アナログ4枚ほど購入。


最近お店のオヤジと話ながら買うって感じ少なくなっちゃったよねー。
昔は個性的な店と名物オヤジが一杯いたのに・・・。
ってなことで、夫と先日今は無き仙台市中心部のレコード屋(店舗)の話をしていた。

みんなどれだけ覚えてるかな?


まず中古系からいくと
アサイラム、ランブル、ガンボ・・・・ああ、みんな超個性的店主だった!
レコードギャラリー、グレートミュージック、ベターデイズ、えび蔵
メルティングポット、ソリッドサウンド、エヴァーグリーン、セプテンバーソング、
アビーロード、キングダム、オールドレーン、サウンドユー、アナログ・・・・
もっとあったかな?

それから新譜系だと
フジ楽器、オノ楽器、サイトー楽器、ハガ楽器、第一楽器、ミナカワ、
ハマノ、ヤンレイ、スーパーレコード、サムグッディ、サウンドウェーブ、
WAVE、ヴァージンメガストア、ヤマハジョイナス、
今はヤマハもカワイもCD売ってないしね。


レコード会社もどんどん統合され、CDが売れない時代だけど
アーティストが魂こめた音は、まるごとそのものを受けとめたいものだわと、
思っている今日この頃。

パラダイスレコードのサイトはこちら
http://www.parareco.com/
e0039323_0124747.jpg

e0039323_0131767.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-05-21 00:14 | 音楽 | Comments(0)

注目のニューカマー特集

本日のDatefm「ロックンロール黄金時代」は注目のニューカマー特集!をオンエア。

うわぁ!Dr.feelgoodだの、The Whoだの、JAMだの、Zepだの大好きなんだろーなー!という若者が一杯!
もろ60年代70年代のROCKの香りがプンプン!
しかも若いから勢いもあって、今の時代で呼吸している空気を感じるし、古いものしか聞いてないおじさんおばさんにこそ聞いてほしいなー。

Deap Vally、The strypes、The Riots、Palma Violets、Savages、
He's My Brother She's My Sister をオンエア!

そして気に入ったらCD買ってね!ダウンロードじゃなく!

Datefm ロックンロール黄金時代 本日 5月19日(日)24:00~
77.1mhzです。

e0039323_17485914.jpg

e0039323_17491849.jpg

e0039323_17494073.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-05-19 17:49 | 音楽 | Comments(0)

セドナの石のテレポーテーション先判明!(前々回の日記の続き)追記あり

前々回の日記でテレポーテーションしたセドナの石を見た北海道のるなちゃんから昨夜メールが来た。
るなちゃんは天使や光の存在やクリスタルなどとお話が出来る。
本人がとっても透明で天使そのものみたいな子。
(って言ったら失礼だけど。成人してるから。でもずっと少女みたいなんだもん)
るなちゃんの許可を得て、そのメールをちょっと紹介~


【るなちゃんのメール①】
徳子さ~ん こんばんは。
セドナの石さんのブログを読んで、思わずメール書いています。

昨日の夜遅くに、読んだ時に浮かんできたことで、合っているかはわからないのですが、今日も何度も石さんのことが気になるので、聞いて下さい( ^人^ )(笑)

まず、セドナの石さんの写真を見た時に浮かんできたのが、
暑い国、木で出来た屋台の集まり(市場街だと思います)、もじゃもじゃのひげと髪の、大柄なおじさんに拾われる。
というような情報でした。

時間は今から少し過去の時間に遡るのだと思うのですが、多分インドとか、それに近い雰囲気の暑い国。

人の腰くらいの高さの空中に、セドナの石さんがパッとあらわれ、
砂と石でごつごつした地面に、そのまま落下。
その時、石にぶつかって、跳ね返って、地面に落ちた様子でした。
そして、その場所が、市場の屋台の脇にあたる場所で、
その市場街を歩いていた、ひげもじゃのおじさんの目のはじに、キラッと光る何かが映りました。

見てみると、綺麗な石だったので、
お、これは売れるんじゃあねえか?とおじさんは乱暴に拾い、腰につけていたかばんのような入れ物に、乱暴にいれました。
そのかばんの中には、同じように石なのか、ゴツゴツしたものがたくさん入っていて、多分、そのおじさんは、金目になるものを、探して歩いていたのだと思います。

そして、
かばんの中に入れられた時に、また、中に入っていたゴツゴツ(多分、他の石かな?原石のような。)にぶつかり、傷ついたのだと思います。

横暴な雰囲気のおじさんに乱暴に扱われ、さらに暗くて狭いところに追いやられて、悲しくなったセドナの石さん。
『うわぁん!戻りたいよぉ!』って思った瞬間、徳子さんの自宅に帰ってきた、という感じがします。

そして、その螺旋のエネルギーというのは、石さんを包んでいるワイヤーと関係していて、
あの写真を昨日見たとき、徳子さんの首から!ひもを伝って、あのワイヤーへと黄金色の光が伝っていくのが見えたんです。

多分、あのワイヤー、螺旋を描いていませんか?

ワイヤーをそのまま伝っていった、金色のエネルギー。それはそのまま、螺旋を描く金色のエネルギーとなり、
その中にあった石さんが、その螺旋の金色のエネルギーに包まれて、何かの拍子にワープしちゃった!
のだと思います。

ただ、行った先が横暴で乱暴なおじさんのところで・・・(泣)

羊さんの背中の上に落ちて、のんびりアルプスをお散歩をしてきたら、石さんもどんなに良かっただろう!と思いました。


そして、多分、すぐに徳子さんにそのことを教えてくれなかったのは、
セドナの石さん、徳子さんのことを本当のお母さんのように思っている、息子みたいな感じなんです。
イメージでは、3才とか、5才くらいの子かな。

外で悲しい出来事があって、
それを本当はお母さんに聞いて欲しいんだけど、言いたくても言い出せないような、感じ。

言ったら、ますますお母さんを悲しませちゃうかも?
とか、自分も、悲しみでもっとずーんとしちゃうかも?とか、

そんな感じで、
昨日の夜、写真を見た時は、ちょっと元気を取り戻しつつも、『しょぼよぼーん・・・』みたいな気持ちが、伝わってきました。
本当に悲しかったんですね。

でも、さっきまた、
ブログに写真を見に行ったら、ホッとして、安心しきった様子が伝わってきて~
やっと、安心出来て、良かったね!って、感じがしました。

きっと、紐&ワイヤーと石、というように、紐とワイヤー・石が、金色の光でひとつになれば、もうワープしないし、セドナの石さんも、安心して生活出来ると思います。
特に、ワイヤーと石の、間の空間が、金色の光で満たされ、隙間のない状態になって、ワイヤーと石で、一つの金色の光のかたまりになれば、大丈夫みたいで、
そのイメージがパッと何度も浮かぶので、そのたびに、その状態を想い続けています!

やっぱりなんだか、親子みたいですね!お母さんと、息子ちゃんなんです。

そして、石さんと徳子さん、互いに見つめあう様子は、豊かなピンク色の(ちょうど石さんの色!)エネルギーに包まれいて、
徳子さんが幼い我が子を抱き、慈しみながら、その子をあやす様子が、見えるような感じなんです。

あぁ、どうしてこんなことがわかったんだろう?(笑)
でも、昨日から、どぉーっと情報がやってきて、そして、今、連絡するのがいいのかな、なんて思って、メールしました。

ちなみに、今は、安心して布団の中で眠っているみたい。本当に、徳子さんと一緒に生活して、一緒に生きているんですね。
石ちゃんの、徳子さんへの想いを感じると、本当に胸の奥がキュンとして、もう、何だか、たまらないのですっ。
とっても、かわいい!



・・・・・るなちゃんが言うように、ワイヤーは螺旋になってるの。
しかもシルバーのワイヤーが最近はちょっとゴールドっぽくなってきているし。
そして石ちゃんも、ワイヤーも、そして紐も、全部ひろみんが「これが徳ちゃんってかんじ」と言って
私のために選んでくれたもの。

最初石ちゃんがなかなか教えてくれなかったけど、エナジーワークに連れていったのでエネルギーを受けてちょっと安心して情報を伝えだしたのかもしれないな~。




【るなちゃんのメール②】
子供が、親と何らかの理由で別れて、
でも、魂の絆が深い人の元へ、里子にやってきて、そこで本当の親子以上の深い絆をもつ。
まさに徳子さんと石ちゃんは、そんな感じなんです。

そんなドキュメンタリーを見ているような・・・
ひろみんを見て、この人だ!って思って、猛アピールして、やっとのことで徳子さんの元にやってきたのかな。

きっと、朝、徳子さんとご主人が起きる気配を感じて一緒に起き、一緒にご飯を食べ、時に徳子さんの胸の中でお昼寝して、夜も一緒に寝ているんだと、思うんです。
明日の朝ごはんの時、見てみて下さい。一緒に、ごはんを食べているかも(笑)本当に!!そんな感じなんです!

ワイヤー、やっぱり螺旋なんですね!

私も、石ちゃんと、ワイヤーと、その隙間の空間が、金色のはちみつエネルギーで見たされて、ひとつになっていることを、想っていますねー。

今は、金色の光で満たされているけれど、まだ溶け合って混じり合っていない感じなんです。
ワイヤーがなかなか溶けてくれないというか、時間が必要な感じがします。


【るなちゃんのメール③】
このひとつ前のメールを送ったあと、お風呂に入ったら、私の手の中に、輝く石ちゃんのペンダントが、ポッとあらわれたんです。

それで、エネルギー的にやってきてくれたペンダントの石ちゃんに、お風呂に浸かりながら、色々話しかけて、私もエネルギーを入れていたのですが、それで気が付いたことは、
石ちゃんの周りのワイヤーさんたちは、天使の羽と輪っかなんだな~!ってことでした!(笑)
そして、紐は、光の柱なんです。

天使の石ちゃんと、その羽と輪っかの役割をしているワイヤーさんと、光の柱の役割をしている紐さん!!
あぁ、これでひとつになるんだなぁ~ってわかりました。(笑)


あと、16時間くらい時間が必要、とも浮かびます(笑)
今からだと、明日の15時半くらいには、いい感じになっているのかな~?
楽しみです( ^ω^ )


『やっと、安心して眠れる・・』
そう、石ちゃんから伝わってきました。
これは今回の出来事ではなくて、徳子さんとの出会いを指しているのだと思います。
この石ちゃんがどんな歴史を歩んできたのかはわからないけれど、きっと色んな想いを経て、やっと安心して眠れる場所に出逢えた。

石ちゃんにとって、そんな存在が、徳子さんなんですね!



・・・・昨日の夜から、石ちゃんに話しかけながら黄金のエネルギーで包んでいた。
石ちゃんと、ワイヤーと、紐が一つの光となって融合するように。
そして今日のセドナの石さん。
その写真をるなちゃんに送ってみた。

e0039323_19124452.jpg



【るなちゃんからのメール④】
うわぁ~一つになってる!!!! 一つの金色の塊って感じ!!
バッチグ~ですね!!!

何がどうなっていたのかは、私もわかりませ~ん。
ただ、石ちゃんのことが気になって仕方がなかったことだけは、確かです(笑)
あと、私の周りにいる天上界の人たちが、石ちゃんについて色んな情報を提供して下さったんです。
何がどうなっていたのかな~(笑)



・・・・・っていうるなちゃんのサポートメッセージ。
素敵でしょ?るなちゃん。

るなちゃんは今、天使さんやクリスタルさんとお話しながら、
その人のためのメッセージを伝えたり、その人をサポートするエネルギーを入れてクリスタルをつくっている。
パステルで絵も描き始めた。
そのピュアで澄み切った輝きは本当にきれい♪

それはるなちゃんが、その人の魂の輝きを見ているから。
大津先生からもお墨付きをもらった。

るなちゃんのブログ「天使と過ごす毎日」
クリスタルがとってもきれい。
http://ameblo.jp/kilakila-angel-diary/theme4-10066746638.html

そして、るなちゃんは大変な病気を通して、
どんなに大変な時でもいのちは歌っていて、光に満たされていて、自分自身が素晴らしい光の存在であることを体験した。
どんなに苦しい体験でも、祝福されていて、幸せであったことを本当に体験した。
その体験を綴った日記からは光が溢れていて、私は涙を流しながら感動しながら読んだ。
そして、それを体験したるなちゃんだから、その人の本当のいのちの輝きを見ながらクリスタルに輝きを入れられるんだと思っている。

るなちゃんの日記の「私の気づき」のテーマの日記を是非読んでみてね。


【追記】
るなちゃんとひろみんによると、
この石ちゃんは「ぴょんぴょん跳びはねながらひろみんにアピール」していたのがるなちゃんには見えるようだったって。
そしてひろみんによれば「私かわいいでしょ」ってアピールしていたんだって。

この石の名前もわからぬまま私は下げていたけど、実はエレスチャルクオーツで
「魔法のクリスタル」「天使と繋がりの深いクリスタル」と言われているそう。

ということで調べてみると・・・・

「エレスチャルは水晶における最終形態であるといわれている。
つまり 究極の状態。

エレスチャルとは 天上の域の 心の状態。
全てがひとつであるという考え方
宇宙は常に与えてくれるという信頼感にあふれた生き方
愛と優しさと強さなど肯定的な感情を全て統括できる生き方。

エレスチャルはそのような宇宙的な働きの浄化を促す。

エレスチャルは 現在地球に起こっている大規模な浄化、ヒーリング 再覚醒を助ける為に
この惑星に伝えられた 宇宙からの贈り物だと言われている。

それらは とりわけ人間の感情的な重荷に打ち勝つ強さをもたらし
正しく使われたなら 天上的(セレスチャル)な領域を開き、
私達の存在の中に 天使的な特性を統合してくれるマスタークリスタル。」とあった。

しかも、本気で自己の内側と向き合い、進む気がある人でないと扱えない宇宙の叡智があるとも。

そして、るなちゃんの言うように、ワイヤーと紐とすべて一体化して私のエネルギーと繋がる。
だって、ワイヤーから出すと輝きが弱くなる。
ワイヤーに入れて、首から下げている時が一番輝いているの。

5年は一緒にいて下さいと言ってる意味もわかったよ!
あらためてどうぞよろしく!

【追記2】
珠ちゃんがこの石のテレポーテーションに関して日記を書いてくれたのでリンクしちゃお!
http://artandlove.exblog.jp/20230435/
[PR]
by chandra-k | 2013-05-18 19:16 | Comments(1)

尊厳の芸術展

今から70年前日米開戦の影響を受け、それまで普通の生活を送っていた日系アメリカ人約12万人がが強制収容所に送られた。
手荷物以外の持込が許されず、砂漠などに作られた風雨が吹き込む収容所での生活。
人々には番号が付けられ、管理するアメリカ人からは番号で呼ばれた。
そこに家具等はあるはずもなく、生活に必要な物は廃材などを利用して手作りするしかなかった。

そんな中ある人が表札を彫り、ドアに打ち付けたという。自分の名前に誇りを持って。
それをきっかけに人々は変化していったという。

収容所の中で人々が作ったもの。
厳しい環境の中で豊かに人間らしく生きるために、木材から椅子や箪笥を作り、装飾をほどこし、植物の繊維で箱や籠を編み、拾った石から硯を作り、茶碗を作り、地中から掘り出した貝殻や種でブローチを作った。
木をくり抜き、仏壇を作り毎日手を合わせた。

そんな作品を集めた尊厳の芸術展「Art of Gaman」に行ってきた。


怒りや涙ではなく、希望の光を失うことなくいのちの輝きをそこに注いだ。
ひとつひとつに想いをこめて。自分の生きる証であるかのように。
それは一人一人の魂のあらわれ。
自分がここにこうして生きているということ。

それは自分という魂を愛しみ、決して失望することなく尊厳を持ち続けるということ。

たとえどんな状況であろうとも自分自身であり続けること。
そう、何者も心だけは、魂は、奪うことは出来ない。

会場で流れる映像を見ながら私は涙が溢れた。
私のユダヤの少年である前世の物語を思い出しながら・・・。

ユダヤの少年はもっと過酷な状態だったけれど、決して光を失うことはなかったから。
(私のハードな前世の物語はこちらhttp://chandra.exblog.jp/2362451/




彼らはその辛い過去を自分の子供達に積極的に伝えようとはしなかったという。
自分の子孫がアメリカ人を憎まないように。
過去にとらわれずに未来を見て生きていけるように。

その作品の中には彼らの静かで誇り高き魂のありようを感じる。


この尊厳の芸術展はメディアテークで開催。
明日18日が最終日なので行ける方は是非!
e0039323_22393751.jpg

e0039323_2240137.jpg

e0039323_2240508.jpg

e0039323_2241193.jpg

e0039323_2241498.jpg

e0039323_22423850.jpg

鳥のブローチの足は金網の端を切って作ったという。
[PR]
by chandra-k | 2013-05-17 22:45 | Comments(0)

セドナの石のテレポーテーション

「これ徳ちゃんって感じがする!」とひろみんがセドナに行った時に買ってきた石をもらった。
「わぁ!」とっても気に入って、嬉しくて、最近はしょっちゅう一緒にいた。
そして思わず何度も触れてエネルギー交換!
私の胸に下げてると、いろんな人から「その石いいね!」と言われていた。

それがそれが、突然私の胸から忽然と消えた!
確かに朝つけてて、ランチして家に戻って、いつものようにうがいをする時
石が無いのに気づいた。
ワイヤーの中にあったのにもぬけのから!
え~っ! 久々ショック!

私はあまりモノに執着がないし、よく失くしモノをするのであきらめがはやいのだけど
この石に関してはちょっとがっがりした。

買ってまもない水晶のブレスレットが、道を歩いている時に
突然はじけて、一瞬にして跡形もなく消えてしまった時は
サポートが終わった感じがしたので、気にならなかったけど
今回は気になる~。

だって石はワイヤーの中に入っていて、両手でひらかないと石は飛び出したりしない。
道で落とした?お店で落とした?それとも家で?

私のサポートが終わったの?
それとも誰かのサポートに行ったの?


そういえば以前こんなことがあった。
珠ちゃんが持っていたボールペンがバックの中から突然消えた。
そして、しばらくしたら、同じバックのポケットに現れた。
しかも新品だったボールペンが古くなって!

その時珠ちゃんが大津先生に聞いたら
「そのボールペンはどこかの外国の別の時間にテレポーテーションして
その国の重要な契約に使われた」という
けっこう前のことだから詳しくは忘れたけど、過去の開発途上国に行ったんじゃなかったかな。

そしてその話を菜緒ちゃんにしたら、
その契約を窓の外から見ていた鳥の中に意識を入れたら、契約の瞬間が見えたと言っていた。

珠ちゃんのボールペンはとても大切な役割を果たした後戻ってきたのだ。


そんなことがあったので、もしかして私のセドナの石もどこかに行ったのかな~?
まあ、誰かの役にたってるならいいか・・・・。


なーんて思ってから一週間?二週間?


突然その石は部屋の納戸の中にあった。
しかも発見するちょっと前まで、その場所には何も無かった!
そう、忽然と石が出現!

しかもしかも!何箇所にもヒビが入って、石が欠けてる!
おまけに輝きがまったくなくなってる!

うわぁ~ん!どうしたの?どこに行って来たの?
こんな姿になって~。

だって無くなるまで石にはヒビも入ってなければ欠けてもいない。
大体にしてヒビが入るためには相当の衝撃を加えなければ無理!
それに無くなった時は家に帰ってすぐ気づいたから、納戸は開けてない。
明らかにこれはテレポーテーション!

無残な姿になってしまった石が痛ましく、愛おしく
何度も撫でていたら、だんだん少しずつ輝きが戻ってきて、傷が癒えているよう。

「どこで何をしてきたの?」と
石に聞いてみるけど答えてくれない。


そこで今日セミナーに連れて行って大津先生に聞いてもらった。

螺旋の波動に乗って行った瞬間までは見えるけど、その後が見えない。
「男の人のところに行った」とは言ってるけど、あとは教えてくれない。
言いたくないのかな?

でも、「あと5年位は一緒にいて下さい」って言ってるって!
そっか!やっぱり!だからちゃんと私の所に戻って来てくれたんだね。
それで私もいなくなってからすごく気になってたんだ。

私と共鳴しているセドナの石さんは
私がつけていると輝きを取り戻した。
しばらくよろしくね!
e0039323_22161948.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-05-16 22:16 | Comments(0)