「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

世界の美しさを知る教育

私は子供の頃、理科の時間によく妄想していた。
「光の反射で色が見えるってことは、反射しないとどうなるの?
もし光が突き抜けたらどうなるの? 透明になったりしないの?・・・」
色んなことを想像しているとわくわくして、世界のヒミツを知りたくてたまらなかった。

そんな私がもしシュタイナーの学校に行っていたら、
もう、毎日が楽しくて楽しくて楽しくてしかたなかっただろうなー。

2月にシュタイナーのエポック授業に参加した時、わくわくがとまらなかった。
エポック授業というのは、子供が受ける授業を大人が体験してみるってやつ。

その時に、シュタイナー学校に通っていた方の当時のノートが展示されていた。
それはまるで素敵な絵本みたいな手作りのノートで、まさに宝物。

たとえば算数のノートは数字の意味や法則を図にあらわしていて、
足し算とか掛け算とかそれは美しい幾何学模様になっているの!
それから、植物の葉っぱの付き方の特徴が絵で描いてあって、
そこから法則性を見出して、計算になっているんだよ!
なんて素敵なんだろう!!!
円周率だって、私達がまる暗記したものじゃなくて、
なぜそうなっているかっていうのを知っていく。
そう、数学って宇宙のヒミツや法則を感じる壮大なファンタジーなんだね。
とっても神秘的で美しいものなんだ!
こんな風に数学を勉強してたら、数学が大好きになったかもしれない。

教科も分離していなくて、
偉人がどんな顔をしていたか絵を描いて、その人が言った言葉を書き、
それを学び、どこを旅したか地図が描かれている。
歴史も地理も国語も美術もぜーんぶが繋がっている。
だって、本当はこの世界はそんな風に出来ているんだもん!
誰がどんなことを想って生きて、そして世界が出来てきたか!
年号と事柄を暗記するのが歴史の勉強ではないものね。

ところで、私が参加したエポック授業は4年生の「動物学」
人間ってどんなかたちで出来てる?という質問からかたちを描いてみる。
頭は太陽みたいで、体は三日月のよう。
そしてそこから伸びた足と腕の先には星がついている!
わぁ!人間が天体だなんて、なんて素敵なんだろう。

そしていろんな動物を、エネルギーが内側に向ってるとか、外側に向ってるとか、
頭が発達した頭系動物とか、手足が発達した手足系動物とか
消化器が発達した動物とか、そんな側面で見ていくのも面白かった。

そして、みんなで画用紙を濡らしてから、牛の絵を好きなように描いてみる。
にじみ絵の牛は全員ちがっていてみんな楽しい。

シュタイナーの教育を形だけに縛られてしまうと、
「使用するのは自然素材のものでなくてはならない」とか
とても窮屈で苦しいものになってしまうけど、
そうではなく、「本当はこっちのほうが素敵だよ」って世界の豊かさを教えてくれてるだけ。
本来教育は魂を解放するためのものだからね。
どこを見てどうとらえるかで全然違う。

福島玲子先生が、今シュタイナーの学校を宮城に作る準備をしている。
玲子さんが作る学校だったら絶対素敵で、みんなが目覚めていくだろうな。

世界の美しさ、かけがえのなさを知ることは
自分の素晴らしさを知って、感じて、大切にすること。
すごーく素敵な教育だと思う。

その学校にさきがけて、もうすぐその教育を知り体験する教育展が行われる。
4月5日6日7日利府町で開催。
「ありのままの自分でいることのここちよさ」
詳しくは おひさまの丘まで。
http://ohisamanooka.blog.fc2.com/blog-entry-7.htmlすでに定員になっているものもあると思うのでお問合せしてみてね。
e0039323_2120475.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-03-31 21:21 | Comments(0)

3月の終わりに。

あわただしく3月が終わろうとしている。
毎年なんだけど、3月って大きな変化がある。
何かが終わって、草木が芽吹くように何かが誕生し始める。

さて、震災が3月だったことも多大に影響しているし、イベントを開催したこともあって
学びの多い3月だった。

そして今感じているのは、
もはや誰もが心の中を曖昧にしたままでは進んでゆけない時代がやってきたということだ。

その流れは震災によって一気に加速した。

いままでだったら、本音と建前みたいなことが許されていたけど、
これからは、心の中をどれだけ純化してゆくか、自分に嘘をつかないかが本当に重要で、
曖昧なまま折り合いをつけていくみたいなことが、もはや出来ない時代に突入したということを感じている。

見ないふりはもう出来ないし、あるものはないことには出来ない。
そしてそれは隠しておけないし、伝わってしまう。

魂に従って、本当に共鳴していくこと。
自分の中で何が起こっていて、それをどうあらわしてゆくのか。
そのものを生きるしかないのだと、心の底から感じた。

そしてそれぞれの場所で、それぞれが魂のレベルで深く求めるものをやり、
共鳴するところで繋がり、それぞれが純粋な美しい響きとなって存在し、
そしてそれが全体として調和する。

そしてそれこそが美しい秩序であり、美であり、アートとなる。
[PR]
by chandra-k | 2013-03-30 21:07 | Comments(0)

希望の光(朗読会と311星空プロジェクト)

久々の更新です!
あらゆることが忙しすぎて、ブログが後回しになっていました。ごめんなさい。
大きい声では言えませんが、じ、実は確定申告も終わってません・・・・。
(還付申告に限っては3/15過ぎても大丈夫ってことに甘えちゃってます。)


まずは3/10エルパーク仙台で開催の
「声×音×絵 稲吉紘実・絵のない絵本朗読会」に
お越し下さった皆様、サポートして下さった皆様本当にありがとうございました!

おかげさまで満席にて終了することが出来ました。
そしてご参加の皆様から「行ってよかった!」「素晴らしかった!」
「素敵なイベントを企画してくれてありがとう!」などという言葉を沢山いただき、
本当に嬉しかったです。




久美ちゃんこと佐々木久美子さんと、阿部聖さんによる
「おおごまだらになりたい」は、生きる喜びと希望に溢れ、
自然は決して約束をやぶらないという宇宙の法則の確信を感じたステージだった。
生きとし生けるものを見つめるあたたかな眼差し。
そして希望を胸に自分の物語を描いていけるといういのちの輝きを感じるものだった。
(ちょうどその日はその本の発売日。)

そして私が朗読したのは「この星が絵でうめつくされたら」
この物語と出会った時にまっ先にやってみたいと思ったクリスタルボウルの遠藤園子さんとのステージ。
星の響きを持つクリスタルボウルの音色と共に、宇宙の悠久の時の中で、星の物語を静かに紐解いてゆくような感覚だった。
そしてその物語は螺旋を描きながら宇宙全部に広がって、宇宙の星星と響き合うような・・・。

そして、みんなで大きな天竺木綿に描いた絵。
子供達は本当に楽しそうにわいわい描いていて、思い思いにバラバラに描いた絵が集まると、全体で大きな絵として、アートとして成立するということを体験して、まるでこれは地球に住む私達のようだと感じる。
いろんな人がいて、いろんなことを思っていて、でも理屈じゃなくひとつとして生きている。

描き終えた子供達にインタビューしたら
「楽しかった。みんなと心がひとつになった気がした。」と笑顔で答えてくれたのがとっても嬉しかった。

東京から絵本の著者である世界的デザイナーの稲吉紘実先生もお越し下さり、アートの力についてお話下さった。
私達の目の前にあるものは最初誰かが頭の中に描いたもの。
アートから始まり、私達は世界を創造してゆくことが出来る。
稲吉先生の言葉から勇気をいただいたという感想も多くあった。

描かれた絵は、稲吉先生が理事長で、河原裕子会長のアース・アイデンティティ・プロジェクト「世界一大きな絵」のプロジェクトに贈らせて頂き、世界中の子供達の絵と一緒になって2016年リオのオリンピックで披露され、やがて未来の子供達に贈られる。

自分の描いた絵が大きな世界の一部であり繋がっていくって、わくわくするな。



そして3/11はびすた~りで、「311繋げよう希望の光」に参加した。

今年エジプト国が被災地三県(岩手・宮城・福島)の中高生をエジプトクルーズに招待したのだけど、そこに参加した高校生から「エジプトに行って、一生懸命生きている子供達に触れた。自分達がどれだけ恵まれていたかも感じた。無いものではなく、あるものにフォーカスして感謝して生きてゆきたい」というスピーチがあり、感動。

稲吉紘実先生と宮城大学の風見正三先生との対談「復興とアートⅡ」は面白く
いくらでも聞いていたかった。
もともと私が稲吉先生と絵のない絵本に出会ったのが「復興とアート」というセミナーで、それはこれからもシリーズ化しそう。
アートは魂を解放し、そしてそのクリエイティビティを持った魂同士が繋がり、出会い続けてゆくことで世界は変わっていく。
話を聞いてるだけで、魂が無邪気さを取り戻して、行動したくなってくる。

そしてパーソナルサポートセンターえんがわの方々が作られた色とりどりのキャンドルに火を灯し、ここに存在することのかけがえのなさと、大切なものを感じながら世界中の人々と希望の光を繋げる311星空プロジェクト。

その後「この星が絵でうめつくされたら」を私が朗読。
今回は珠ちゃんこと前川珠子さんのピアノとのコラボ。
実は珠ちゃんの音を聞いたこともないのに依頼し、一回ちょっとしか合わせずまさにその場でのセッションだったんだけど、珠ちゃんとは深いところまでお互いを理解しているし見ている世界を共有出来るので、私が感じている宇宙の意思と希望。本質的なものをあらわせた気がする。


そもそも稲吉先生のこの作品と昨年8月に出会い、読ませていただきたいと言った時、稲吉先生は私のことをどこの誰ともわからないのに快諾して下さった。
それは私がこの作品を微笑みながら聞いていたからと先生はおっしゃっていたけど、見えないところで魂同士が通信したっていたとしか言いようがない。

私はこの作品は多次元的なものだと思っている。

昨年12月に私は自分の番組の中でROCKの様々な曲と共に読んだ。
それはある意味、大きな絵のように色々なそれぞれの世界を繋ぎ合わせながら、全体として成立するような世界の共有といった感じだった。

それに対して園子さんとの朗読は
星の記憶、宇宙の記憶に織り込まれた物語を読み解いてゆく感じ。
そして、珠ちゃんとの朗読は
物語そのものが生きて働いているという感じだった。

「絵のない絵本」は自分で直接本に絵を描いて世界に一冊だけの本を作ることが出来るというものだけれど、実は私達が生きるということは、あらゆる次元の中に自分の物語を描いていけるという、多次元的しくみなのだと私は思っている。

アートは次元を超える。
それはダンスや、音楽とも同じ意味。
いのちの輝きにフォーカスして、自分自身の物語を描いてゆく。永遠に。
そしてその物語そのものが生きて働いているのだ。と、私は思っている。


素敵な写真はすべてNao ANJOさん!
この写真どうようにご本人もとっても素敵でいかしている!
http://ameblo.jp/ldfc/

e0039323_04525100.jpg

e0039323_045562.jpg

e0039323_0463598.jpg

e0039323_0465943.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-03-29 00:47 | イベント | Comments(0)

いよいよ開催!声×音×絵「稲吉紘実・絵のない絵本」朗読会

いよいよ開催が秒読み状態となった朗読会。
そこに向けてみんなで集中してきている。

今週はじめには全員揃ってリハーサル。

久美ちゃんが演じる作品「おおごまだらになりたい」は、
久美ちゃんと三線の聖さんが二人でつめていたので
かたちになったものをはじめて見て、涙が溢れた。
とっても素晴らしい!

稲吉先生の作品はとても大きくて深い幾何学模様のようなものなので(私の感覚)
(地図だけがあるような感じ)そこにどんな肉付けも出来る。
つまりどんな肉体を選択して生きるかを自分で自由に決められる。
これって、私達自身の存在のしかたに似ているかもしれない。

そしてそこに久美ちゃんがいのちの息吹を吹き込む。
短い作品なのに密度が感じられる。

そしてゲストでお迎えした聖さんの三線が彩りと愛を与える。
包み込む眼差しなのかな。

私が一番喜んでるかもしれないな。


そして私の朗読「この星が絵でうめつくされたら」で一緒に演じる園子さんのクリスタルボウルは
深い螺旋の響きで宇宙の摂理の歌を奏でる。
その音に包まれ、満たされ、くるくるまわりながら物語を歌う。

はじめてこの作品に触れた時に「読みたい」と思い、
その時にすぐに浮かんだのが園子さんのクリスタルボウルだった。

そしてタカシさんの照明とマサキ君の音響で、
みんなで紡ぐ希望と再生の物語。


是非いらして下さいね。
チケットも残少なので、いらっしゃる方はご予約をお願いします。

声×音×絵「稲吉紘実・絵のない絵本」朗読会

「この星が絵でうめつくされたら」
  朗読 及川徳子 クリスタルボウル演奏 遠藤園子
  (傷ついた星を絵を描いて癒してゆく物語)

「おおごまだらになりたい」
  朗読 佐々木久美子 三線 阿部聖
  (両親をなくし傷ついた少女の希望と再生の物語)

朗読の後は、みんなで大きな布に絵を描きます。
そして世界中の子供達の絵をつなぐ「世界一大きな絵」のプロジェクトに参加します。

そしてさらにこのイベントは311星空プロジェクトとも連動しています。
星空を象徴にして想いをつないでゆく心のイベントです。


2013年3月10日(日)
14:00~16:00(開場13:30)
エルパーク仙台スタジオホール(141ビル 仙台三越定禅寺通館6階)

料金 大人 1.500円 高校生以下 500円(未就学児の入場は出来ません)

収益は経費をのぞいて震災復興のために全額寄附いたします。

チケットのお問合せ・お申し込み 

ラブ・リブ・ライフ・ジャパン 
TEL090-1496-6844 rock-stars☆nifty.com(☆を@に変えてお送り下さい)
http://ameblo.jp/lovelivelifejapan/

または こくちーず
http://kokucheese.com/event/index/68477/
著者の稲吉先生はダライラマ法王のパーソナルマークのデザインをするなど、
世界的なデザイナーであり、ピースコンダクターです。

その稲吉先生が今回のイベントのポスターをデザインしてくださいました。

そして2月26日には河北新報さんに記事でとりあげていただきました。
ありがとうございます。

e0039323_001119.jpg


e0039323_003423.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-03-09 00:01 | Comments(0)

賑やかな銀河とフォトンエネルギー

本日(正確には昨日)のエナジーがすごかったので、忘れないうちに記録しとこ。
過去のことをとっとと忘れるのでね。
うわぁ、今日もこんな時間だけど。

何段階に変化していったのかわからないけど、体の回転が何度も変化した。

天使の翼の誘導の時、今まではものすごくでっかい翼をバッサバサと感じていたのに
もはやかたちはなく、私の翼は巨大な球体だった。
そして背後から大天使が融合すると、体の中がゆっくりと密度が濃くなり
その球体はさらに巨大化した。
そしてその後、精妙に軽くなって拡大してゆく。

賢者のテーブルにつくと、大きな輝く珠があって、そのまわりにいくつもの珠があった。
それはそれぞれの個性をあらわした光の珠みたいなかんじ。
そこに集い私達はこれからの未来を会議する。
クムラ?

さらに体が回転。
そのまま地球と一体化。
さらに銀河と一体化したとき、ハートから宇宙の生物?宇宙人?
いろんなものが、オモチャ箱をひっくりかえしたみたいに賑やかにおしゃべりしながら溢れ出る。
宇宙って楽しくて賑やかだったんだね~。
そしてそれはそのまま銀河・ミルキーウェイとなって流れてゆく。

そして自分の体はメタリックシルバーの銀河のライトボディがかたちづくられ、
さらにはメタリックゴールドに変化していった。

世界と確実に繋がってゆく感覚。
そして世界のために働くことが自らの願いであることがより明確になる。
ミッションを果たしてゆくための大きなサポートが起きてくるのを感じる。

フォトンエネルギーが地球に降り注ぐのを感じた時は驚いた。
だってイメージではとても精妙で細かい粒子だったのに
実際に感じたのは大きなシャボン玉みたいな弾力がある透明な球だった。
それがどんどん降って来て、私達を包んで、弾んでる。
面白かった。

年末のアセンションエナジーに続いてのものすごくパワフルなエナジーだった。
すんごく面白かった!

リアルに自分で感じることは疑いようがない。
このエナジーは伝授者のみが受けられるので、受けたい人はまずは伝授!
[PR]
by chandra-k | 2013-03-08 02:22 | Comments(0)

MUSEで英語を学ぼう!

おたくな3人によるデッカイ音楽世界。
それは宇宙の法則まで。

Date fm ロックンロール黄金時代の大好評企画
「ロックで英語を学ぼう!」シリーズ今回はMUSE

歌詞の中から日常会話につかえるフレーズを紹介。

ところで、おたくって英語でなんて言うでしょう?
それは番組を聞けばわかります。

3月3日(日)24:00~ 
Date fm ロックンロール黄金時代 77.1mhz 

リスナーだけの特典もあるので、この機会に是非聞いてね!

e0039323_18444832.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-03-02 18:45 | 音楽 | Comments(0)