「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

宇宙の法則

私は宇宙の法則にひかれます。

その美しい調和の摂理・秩序を感じただけで胸が高鳴るのです。

この宇宙のなりたちも、自然の営みも、私達自身の存在そのものも
大いなる意識によるそれはそれは美しい運動であり、
その宇宙の法則そのものが生きて働いているのです。

そしてそれは祝福に満ちたいのちの喜びの音で響いているのです。


私がなぜ稲吉紘実先生の絵のない絵本「この星が絵でうめつくされたら」
という作品を読みたいと思ったかというと
私はそこに宇宙の法則、意識を感じたからでした。

それは多次元であり、美しい幾何学模様であり、
すべてをふくみ、そこで変化発展し続ける宇宙の意思のようなものを感じたのです。

それはとても深く豊かなのですが、
その多次元の懐を感じないと、その美しさは感じられないかもしれません。

いえ、そこを見ようとさえすればどこにでも、その豊かな世界は姿を見せるのかもしれません。

本当のあなたの輝きで生き続けること(存在すること)こそ完全なる調和であり
それが「絵を描くこと」に象徴されることのように感じます。


そんな稲吉紘実先生のふたつの作品をお届けする朗読会が近づいてきました。

声×音×絵「稲吉紘実・絵のない絵本」朗読会

「この星が絵でうめつくされたら」
  朗読 及川徳子 クリスタルボウル演奏 遠藤園子
  (傷ついた星を絵を描いて癒してゆく物語)

「おおごまだらになりたい」
  朗読 佐々木久美子 三線 阿部聖
  (両親をなくし傷ついた少女の希望と再生の物語)

朗読の後は、みんなで大きな布に絵を描きます。
そして世界中の子供達の絵をつなぐ「世界一大きな絵」のプロジェクトに参加します。

そしてさらにこのイベントは311星空プロジェクトとも連動しています。
星空を象徴にして想いをつないでゆく心のイベントです。


2013年3月10日(日)
14:00~16:00(開場13:30)
エルパーク仙台スタジオホール(141ビル 仙台三越定禅寺通館6階)

料金 大人 1.500円 高校生以下 500円(未就学児の入場は出来ません)

収益は経費をのぞいて震災復興のために全額寄附いたします。

チケットのお問合せ・お申し込み 

ラブ・リブ・ライフ・ジャパン 
TEL090-1496-6844 rock-stars☆nifty.com(☆を@に変えてお送り下さい)
http://ameblo.jp/lovelivelifejapan/

または告知ーズ
http://kokucheese.com/event/index/68477/


著者の稲吉先生はダライラマ法王のパーソナルマークのデザインをするなど、
世界的なデザイナーであり、ピースコンダクターです。

その稲吉さんが今回のイベントのポスターをデザインしてくださいました。

ちりばめた石は、稲吉先生が先日行ったエジプトで、数千年前のオベリスクを創るための
石切り場から、吟味して採集してきたものだそうです。

神聖なる光と地球の響きと共鳴しながら作品を朗読出来るのは本当に嬉しいです!

「世界一大きな絵」の写真は、1996年にバングラデシュで、
13,000人の子供達が描き、翌日、子供達のお母さん1,000人により、縫い合わされ制作された、
100メートル×100メートル四方の「世界一大きな絵 1996 in バングラデシュ」の
完成した時のショットをポストカードにしたものです。

そして希望を抱いて飛び立つおおごまだら。

本当に深い祈りがこめられた素敵なポスターです。

稲吉さん本当にありがとうございます。


イベントまであと少し。みなさんいらして下さいね!

e0039323_2111790.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-02-28 02:13 | Comments(0)

10年前の今日 

10年前の今日私は師に出会った。
きっちり予定通りの日に。
あれからまる10年。

10年前では考えられない程変化した。
いつも自分が見ている世界がかつてと全く違う。
そして心はおだやかで安定している。
あきらかに心の周波数が昔と違うとしか言いようがない。

師に出会わなかったら今の私は明らかにいないのだけど、
今生の出会いを完全に決めて生まれて来ているから、
今の自分がいることも当然なんだろう。

私は師のようにこれほど人を深いレベルで変化させる人を知らない。
けれど、それがあまりに深く、根源的なところに働きかけるし
現象や対処的なものではないため、外側から見てもよくわからないかもしれない。

だって心の中の深いところが大きく変わっても
それは外からは見えないから。
しかも三次元の派手な現象とはならないから、わかりにくいし、伝わりにくい。

フォトンエネルギーが降り注ぎ、今地球や、多くの人の意識はどんどん変化している。
でもまだまだ表面的で、対処や技術や分析による手法のようなものが注目されていて
多くの人はまだそこに共鳴している段階だ。
というより、やっとそこまで来たとも言える。

いずれ深いレベルでの目覚めを魂が求め始める時がやってくると私は確信している。

だから今どんな風に人の目に映ろうと、誰から何を言われようと
私は自分の魂の声に従って進んでいこう。

もう二度と自分を手放すことはしないと決めたから。
自分を信頼すること。それはすべてを信頼すること。
それは深い確信。




さて、私の師・メンターである大津和壽先生の一般セミナーがまもなく開催される。
お話の時間は誰でも参加出来る。


3月7日(木)メディアテーク7階会議室
10:30~エナジーワーク(対象 伝授者のみ)
13:30~お話(誰でも参加可)
 参加料 各5000円
 
お話は約2時間で、そのあと質問は懇親の時間あり。
(興味ある方は私にお問合せいただいてけっこうです。
rock-stars★nifty.com ★を@にかえてお送り下さい)
[PR]
by chandra-k | 2013-02-16 23:00 | Comments(0)

名曲カタログ

Date FM「ロックンロール黄金時代」今回は名曲カタログ
時々やる特集です。

名曲といってもその時々で違う斬り口なのでオンエアする曲は色々だけど
今回はなんとなくGOOD MUSIC系で。
聞いてるだけで体がゆるむ、そんな曲がとっても聞きたい時があるのです。

ちょいとマニアックなものもおりまぜて。
もちろん大物もかけますが。

Andwella, The Marshall Tucker Band, Jules Shear,
Danny Kotchmar, Craig Fuller Eric Kaz, E.L.O,
Little Feat, The Alan Parsons Project, The Band,
J Geils Band, Les Dudek

このへんをオンエア。

2月17日(日)24:00~ 77.1mhz
Date FM「ロックンロール黄金時代」

e0039323_22243394.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-02-16 20:20 | 音楽 | Comments(0)

初来日初来仙 レス・デューデック特集 ロックンロール黄金時代

オールマン・ブラザース・バンドのアルバム「ブラザーズ&シスターズ」の
「ランブリン・マン」や「ジェシカ」でギターを弾いた
レス・デューデックが初来日 2月27日初来仙!

今回のDate fm ロックンロール黄金時代は
ボズ・スキャックスバンドやスティーヴ・ミラーバンドのギタリストで、
シェール、スティーヴィー・ニックス、マリア・マルダー、ボビー・ホィットロックなど
多くのアーティストと共演しているレス・デューデックを来仙寸前に特集。

これを聞いて気に入ったら是非足を運んでみてね。
真近でそのプレイを堪能出来るチャンスです!

きっとおなじみのナンバーを、よく知ってるフレーズのままやってくれることでしょう!


Date fm ロックンロール黄金時代
「レス・デューデック特集」
2月10日(日)24:00~ 77.1mhz

なお、ライブは2月27日(水)19:30~
ライブハウスenn 2nd

e0039323_21404283.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-02-10 21:41 | 音楽 | Comments(0)

美塾・魅力マトリックス上級

今日は美塾上級の2回目。魅力マトリックス上級。
誰でも太陽の側面と月の側面を持っているが、それを自分の中に意識的に明確に立ち上げると言ったらいいかな。

自分の顔の半分に「太陽的な」ポップで動的で、外に向う軽やかなエネルギーを表現するメイクを。
そしてもう半分に「月的な」クールで性的で、内側に向う深いエネルギーを表現する。
しかも使用するのは同じ道具。

で、やってみるとそれぞれ明確に違いが出ている!すご~い!面白~い!
右と左で違う顔を作れた自分に感動!そしてそれを表してくれる自分にも感動!
それを導き出す美塾のメソッドに感動!

明確に意識することで、ここまで違うとは。イメージの実現力ってすごいな。
だって、意識を変えて触れただけで、輪郭まで変わっちゃうんだよ。
頬の位置、肌の質感まで変わってしまうの。一瞬で!
こんな短時間で変化するってことは、毎日どんな想いで過ごすかで人間の顔・体はいかようにも変化出来るということ!

私もヴォイスセミナーをやっていて、意識で声が変化することを伝えているけど
何事も同じだよね。人間ってすごいわ!だから創造主なんだなぁ~あらゆる側面で!


この上級のマトリックスは、初級・中級で自分軸を定めて初めて、別の自分の側面を使い分けるという応用なんだけど、
これまたすべてのことに通じるなぁ。
基礎も出来てないのにテクニックに走ると、表面的に小手先でやってしまって根っこのバランスがぐちゃぐちゃになるのと同じ。


私はずっと真理を学んで来たけれど、自分が定まるまではひとつのところで徹底的に学ぶのが肝要だと心から思う。
つい自我は「何でも自分のためになるから」と自由選択を言い訳に使うけれど、あっちこっちつまみ食いしていては
結局何も実に付かず、かけた時間とお金だけでやった気になって、実はさっぱり成長しない。
大切なのは、何でもいいからここだと思ったところ(自分と本当に共鳴するところ)を定めて徹底的に学ぶことだと思う。
そうすればかならず真理に通じる。

自分の中心が定まっていないと、ぶれぶれになってしまうし、不安だからすぐ目移りするし他人の意見にも惑わされる。
私も昔はそうだった。定まってなくて、ぶれぶれで。
でもま、ぶれるのも経験したかった学びだからね。それもよし。
ぶれることも経験して初めて定まりかげんがわかるしね。

定まるまでは、自分がここと決めた先達のやり方に素直に従うというのはとっても大切だし、結果的に早道だと思う。


ランチを食べながら、今日一緒だったヨーコちゃんは独学で英語を学んで留学し、さらに今はフランス語をマスターし
フランスに行って、さらには叶えたいどでかい夢を語ってくれて、聞いていてとっても嬉しくなっちゃったのだけど、
「どうやったら外国語を上達するか?」の問に、彼女は自分に合った教材をしっかり最後までやることと答えてくれた。
まさに同じ。
どれにも素晴らしさがあるから、それを学び尽くすことではじめてブレイクスルーが起きるのだと思う。

そしてそれは好きだったら出来るし、努力も苦にならないもんね!
e0039323_085945.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-02-09 00:09 | Comments(0)

ヴァイヴレーションヴォイスセミナー(感想)

今年は1月から色々なセミナーを開催しているので何かと忙しい。

立春の4日からは青葉カルチャーで「未来をひらくコミュニケーション」という講座をスタートした。
内容はヴァイヴレーションヴォイスセミナーなんだけどね。

私のヴォイスセミナーはアナウンサーを永年養成してきたことと、
セラピストを養成してきたことをミックスした誰もやっていない新しいタイプの講座なので
説明がとっても難しい。
だってボイトレでも、話し方講座でも、スピリチュアルのみでもない。
一言で言えないから、体験してもらうしかないの。
だから告知文はとっても困っちゃう。いつも試行錯誤。
誰かいいキャッチフレーズ考えてくれないかなぁ~。

昨年末は「これいき(これが私の生きる道アカデミー)」で、
ワンディ・ヴァイヴレーションヴォイスセミナーのショートセミナーをやらせていただき
さらに1月19日には私主催のワンディを開催。
募集告知をしたら、どちらもあっという間に満席になったのでありがたかった。

声は光であり、ヴァイヴレーションなので、
このセミナーを受けていただくと、なぜこのタイトルなのかわかっていただけると思う。

声と言葉と心の全部にアプローチする、声に特化したセミナーであり、
仕組みコツもお伝えするけど、見えない部分にもアプローチする。

このセミナーは今まで小学校、中学校、専門学校、親子の会など
様々なところで対象によって内容を少し変えながら行っているが
すべてに人に関わり、日常でいかせるし、誰にでもあてはまるので
体験したら気づいたことや学んだことをまわりの人に伝えて欲しいと思っている。
私からじゃなくても、これが多くの人に伝わることで世界が変化すると思うから。


セミナーはフォレストカフェをお借りして開催。
「これいき」での私のヴォイスセミナーにも参加して下さったご縁で
阿部カヨコさんとのコラボとなり、カヨコさんがランチを作って下さった。

寒い冬の日に、心と体に優しくて嬉しいお食事。
野菜を中心とした体が温まるスープやサラダカンパーニュ、お豆腐のミートローフ風、デザート付き。
私はお料理が得意じゃないので、説明出来ないのだけど、心遣いが行き届いていて
どれもがとっても美味しかった!幸せ~!
カヨコさんありがとうございました。



~では最後に皆様からの感想の抜粋(12月・1月分)~

〇目からウロコなお話がたくさん聴けました。伝え方、想い方で変わる!のですね。(女性)

〇知って本当に良かったと思えるセミナーでした! あっという間だったのでもっと長い時間をかけて学んでみたいと思いました。(Jさん女性)

〇予想以上の内容でした。技術だけではない心のあり方までの深い内容で楽しかったです。(Yさん女性)

〇声、言葉を通して心の学びをしました。自分自身と家族のために、そして目の前にいる方へ
 未来が楽しくなるエネルギーを共鳴させていきたいと思います。素晴らしい講座をありがとうございました。(Yさん女性)

〇楽しかったです。言葉を話すって「思い」ものっかっているんですね。意識が変わりました。素晴らしい機会をありがとうございました。(Cさん女性)

〇自分の想いが今までうまく伝わらないと思っていましたが、実は思いをこめてなかったのかもと気づきました。(女性)

〇どこにフォーカスして発声するか、どんな想いをのせるか、とてもためになりました。(Fさん女性)

〇声ということ、言葉ということ、すべてが生き方にも伝わるのだと思いました。(女性)

〇今まで気にしていなかった言葉を大事にして話をしていた自分に気がつきました。何を伝えたいのか、誰に伝えたいのか、想いが大事なんだと思いました。(Nさん女性)

〇来てよかった。参加してよかった。雰囲気もよく、サイコーでした。(Yさん女性)

〇言葉の持つエネルギーの力がどれだけ影響があるかわかりました。口角を上げるだけで、声が明るくなったり、大きくなると実感しました。(女性)

〇声を出すための簡単な方法や、想いを伝える考え方などわかりやすく教えていただきました。自分の発音の弱点と対処法もわかり、今後の仕事にいかしたいと思います。(Yさん男性)

〇息をみんなで気持ちをのせて伝え合うというワークでは、その場を共有しあっているというのが
本当に実感出来ました。(Yちゃん女性)

〇気持ちをこめて相手に届ける心が話し方を変えるんだとわかりました。(Tさん女性)

〇伝えたい相手や範囲などを見て話をする、想いをこめて話をする・・・活用したいと思います。 (Kさん女性)

〇発声のテクニックについて学ぶところ大でした。(Yさん女性)

〇今悩んでいたことにドンピシャリな内容の学びでした。どこにフォーカスするかで結果が違ってくると。自分が変わるきっかけになるといいと思います。(Mさん女性)

〇ちょっとした意識のかけ方で伝え方聞こえ方が変わるということがわかりました。これから言葉が自分や相手に影響していることを感じながら生活していこうと思います。(Kさん女性)

e0039323_2382226.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-02-07 23:08 | ヴォイスセミナー・ワーク | Comments(0)

「へそ道一直線」

節分・立春はエネルギーの切り替わりが確かにあるようで
相当優秀な私の体はエネルギーに反応し、この二日はめっちゃ眠くてしょうがなかった。
そして、それが終わったらすっきりさわやか!
新年迎えました!ってな感じになったよ。すごいな。

さて、そんな節分に行われたのがドキュメンタリー映画「天から見れば」の上映会。
昨年の仙台での初上映の時はあんなに大泣きしたのに、
今回はとても穏やかに幸せな気持ちで見ることが出来た。
涙は流れたけど。

久美ちゃんと話していて、久美ちゃんも今回あまり泣かなかったそうで、
それは、主人公の南さんが亡くなったけど、肉体を持っての学びをちゃんと終えて
感謝の気持ちいっぱいで幸せに旅立って行ったからなのかもしれない。
きっと沢山の見えない世界の方々が南さんを拍手で迎えてくれていたんじゃないかな。
仏様とか、神様に、もとにかえることが出来たんじゃないのだろうか。
だって、ラストシーンで自転車に乗ってる南さんは、あまりにも幸せそうで嬉しそうだったから。
前回はそこまで嬉しそうには見えなかったもの。

そしてこの映画は入江富美子監督の想いとともに、
南さんの今のエネルギーも一緒に、どんどんどんどん広がって、沢山の人のもとに届くのだろう。
大石順教尼さんや見えない方々のサポートを受けながら。



自分を越えること。
それは自分を受け入れ、許し、そのまんま抱きしめることであり、敬愛すること。
そしてそれは自分を越えて「おおもと」に還ることであり、
すべてのものと繋がり、いや最初からひとつだったとわかること。
自分にかえることは、すべてにかえること。
あなたとおなじすべてに。

自分を抱きしめることは、あなたを抱きしめること。すべてを抱きしめること。

それはすべてに善悪はなく、別に見える側面があるだけで、
どんなこともすばらしきいとなみ。
それこそが禍福一如。

あなたのなかのかみさまにご挨拶する。
わたしのなかのかみさまにご挨拶する。
今日も。


そう、この映画の主人公は南さんであり、大石順教尼さんであり、
そして見えないおおもと。私達をかたちづくる大いなるもの。




映画の後、懇親会にも参加させていただいた。
今回は私の大好きな仲間達と一緒に入江監督と爆笑しながらのお話。
監督と再会出来て、またまたお話出来て嬉しかった。
(千鶴さん本当にいろいろありがとう!!!)


とくに、「へそ道」について。

映画の後の講演会でも少しお話をしていたけれど
「へそ」の「へ」は「舳先のへ」
「そ」は「もと。素。おおもとのそ。」

つまり私達はへそで母に繋がっていて、その母はそのまた母に繋がっている。
そんなふうにたどっていけば、すべてひとつに繋がっていくように
私達のおおもとはひとつであり、私達は舳先にいるからバラバラに見えるけれど
実はおおもとからきている。
私達はそんな「へそ」で繋がった「へそメン!」笑
そして、おおもとに意識的に宣言することで、
そこから「へそメン」に自動的にメーリングリストが送られちゃうって寸法!



これ、ものすごく気に入った!
意識の世界のメーリングリストだよ!!!

その宣言こそミッションであるわけで、ちゃんとそれが魂の想いにかなったミッションであれば
へそメン達はミッション遂行のために全世界で無意識下で動き、ネットワーク化され、
任務遂行のためのサポート体制がしかれるんだよ!

なんだかそれ考えるとわくわくするなー。
見えない世界で、みんなが意識してないところで、着々と「こと」は進行し、
ある時、奇跡といわれるようなことが現象化するんだね。

そしてある時私は問う
「もしや、あなたもへそメンですね?」
「もちろん、私もへそメンです!」

と、勝手に私の中で妄想が拡大!


いやぁ~いいわぁ~「へそ道一直線」
すっかり夏に「へそ道」合宿を受けて、そのまま奇跡の温泉に入って
さらに高野山に登る気満々になってしまった私であーる!


ということで、入江さん是非早めに夏の日程お知らせ下さい。
仕事入れずに参加します!

下の入江監督とのツーショットの側にある色紙は
大石順教尼さんの直筆のもの!超貴重なもの!!!


ちなみに昨年の「天から見れば」感想日記はこちら
http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11137111518.html

そして「1/4の奇跡」の感想日記はこちら
http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11143382108.html

e0039323_1711856.jpg


e0039323_17504238.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-02-06 17:12 | Comments(0)

ニルヴァーナで英語を学ぼう!

マメにブログをアップするつもりが、忙しくてさっぱり更新出来ないでいる。
でも無理はしないことにしているので、もう少ししたら書こうっと。

「ロックンロール黄金時代」大好評シリーズ「ロックで英語をまなぼう!」は今回リクエストにもお応えして「ニルヴァーナ」


当時は世界を大きく変えたと言われたっけ。

私は中野サンプラザでニルヴァーナのライブを見て、翌日東京ドームでガンズを見た。
まさかあの後カートが亡くなるとは・・・・。


今回も曲の中のフレーズを使って、ステージラインのアクセル先生、コ-タ先生に日常会話に使える表現や、トラベル英語など教えてもらいます。

そしてさらに!リスナーだけの特典も番組内で発表しますので、是非聞いてね~!

2月3日(日)24:00~ Date fm ロックンロール黄金時代 77.1mhz
e0039323_0184765.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-02-03 00:19 | 音楽 | Comments(0)