「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012年 テーマは調和と秩序 そしていのちを讃えよう!

2012年もまもなく終わろうとしている。
今年も濃くて、時間の感覚がまったくない一年だった。


今年の私のテーマは調和と秩序。
ずっと昔は「秩序」って言葉に序列とか、主従とか、封建的な感覚を持っていたけど
今の私にとって「秩序」は「調和」とイコールで、
それは「美」ともイコールであり、摂理や叡智とも同じ感覚。

あらゆるものが、本来の状態で輝いて、美しく調和しながら成長発展してゆくこと。

変化の瞬間には一時的な「一見不調和に見える混沌」があらわれるけれど
それは、あらたなる秩序が生まれるまえのエネルギーの躍動である。
その胎動を喜び、讃える。


今年は新たな調和に向うべく大きな変化を迎えた年だった。
これまで10年にわたって、ひたすら自分の内側と向き合うということをやってきて、
今年は自分の内なるエネルギーと外側・外観のエネルギーを調和させるということを
初めて自分で自覚し、納得して、行動した年だった。

さらには自分の住まいのエネルギーにやっと気持ちが向いた。

ということで今なお、断捨離続行中!
年末もひたすら家の中を変革しているところ。

きっとみんな好きな順番で学んで、体験しながら調和に向っているんだろうな。
私の場合は最初に自分の内側に興味があったっていうだけの話で。


ところで、ひろみんに断捨離をお願いしたおかげで発想の転換が沢山起きた。

まず大量に服を捨てた為に空いたクローゼットの奥の棚に
しばらく使用することがないけれど、キープしなければならない書類等を整理。
今までだったら「クローゼットには服をいれなくてはならない」みたいなのがあった。
気づかぬうちに自分の中で固定化されていた「こうすべき」「あたりまえ」を転換。

こういう発想の転換とか刺激って、外側からもたらされるなぁ!
そして、ひとつそういうことが起きると自分の思考がやわらかくなる。


今年も本当にたくさんの出会いがあった。
出会ってまもないのにもうずーっと前からよーく知ってるみたいな
そんな人達ばっかり。
こんなに素敵な人たちにいーっぱい出会えて、本当に嬉しい!
ひとつひとつを振り返っても、数え切れないほどの感動がいっぱい!

そして今年会えなかったみんなとも繋がっているのを感じる。

自分の世界がどんどんでっかくなる。
どんどん深くなる。豊かになる。感動的になる。
そしてこれからますます加速していくことは決まってる。


みなさん今年も本当にありがとうございました。
2013年もどうぞよろしくお願いします。



おまけ。

今日の我が家の年越しはフルトヴェングラー指揮による「ベートーベン第九」。
1942年ベルリンフィルによるライブ。
実は昨日CDショップに行ったら、フルトヴェングラーのフィギュアとCDセットが売ってた。
定価27800円がな、な、なんと3000円!!!
我が家のためにありがとう!!!(ホントは初売りの目玉だったらしい)

今年アナログ再発見の我が家はアナログプレイヤーと一緒にアンプもグレードアップして
CDの音もさらによくなったので、そんな状態で第九を聞く。

深く地を這うようなかすかなテーマが、徐々に大きくなり、
明るい世界へと昇華し、歓びを奏でてゆく。

いのちを、この世界を、讃えよう!
e0039323_22173390.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-12-31 22:18 | Comments(0)

アセンション&クリスマス スペシャルエナジー

昨日今日で大きく何かが急激に変わるわけはないけれど、
それでもやっぱり新年みたいに節目の日であるということには意味はあり
いつもとはちょっと違う特別なエネルギーが降り注いでいることには変わりないと思えた12月23日。
そう、満月や新月の夜のエネルギーが違うようにね。

そんな今日大津先生の特別セミナーが行われた。
しかもその告知がアップされた直後にその情報をキャッチし、その日仕事が入ってないときたら
そりゃあ、申し込まないわけはないでしょう!
私のためにありがとうございますってな気分。

さてそんな特別セミナーはほーんとにものすごく素晴らしく、祝福されていた。

まずお話はタイムリーな地球の意識の変革の話と、イエス・キリストの話。
特に今まで公にされて来なかった秘密の話。
大津先生の意識の変革によって知ることが出来たという磔刑の真実など。

そして、その後のエナジーが本当にスペシャルで、
久々の号泣と嗚咽。・・・こんなに泣くとは思わなかった。
しかも私だけでなく、ひろみんも号泣。他全員泣いていた。
いやーこんなにすごいエナジーは久々だった。

エネルギーの状態によって私は身体が回転するのだけど
今回は5段階位のレベルで上昇していた気がする。

エナジーが始まってすぐ、「幾億幾千の時を越え、この時を待っていて、
この時を照準に生まれて来たのだ」という想いがこみあげ、涙が頬をつたっていた。

すべてのチャクラが宇宙に開き、ハートは宇宙そのものになる。

先生は一人一人に必要なエネルギーを入れて行く。
一人一人に必要な祝福の言葉が贈られる。

キリスト意識のエネルギーが立ち表れた時は
突然嗚咽が込み上げて号泣が止まらないのだけど、何でこんなに泣いているのかさっぱりわからない。
それこそが顕在意識では認識していない深いレベルで魂に訴えかけられ、
そのエネルギーで満たされたとということ。

自分自身が銀河となり、銀河レベルの調和のメタリックライトボディが作られる。

新たな時代で、自分が創ってゆく新たな秩序が動き出しているのを感じた。
大きな大きなハートの中心のエネルギーとともに。

エナジーワークの後、一人一人に対しみんなでエネルギーを送るかごめヒーリング。
最初に私が受けたのだけど、私の場合はピンク色のエネルギーが苦手なので
ピンクのエネルギーを入れてもらう。

全員から受けるエネルギーは全ての細胞を振動させて、ピンクの柔らかなエネルギーで満たされた。
左斜め上から螺旋状にセラフィムのエネルギーが注がれ、やがて融合した。
私の中からピンクのエネルギーが溢れ出てくる。
そしてフィールドごと振動して、その感触が残っているので、意識するとそれを再現可能という感じがする。
みんなから同時に与えられるエネルギーはまさに祝福のようだ。

それにしてもみんな一人一人苦手な色が違っているのも面白かった。
本当にみんな個性が違うのだな~。
こうしてみんな違って、違う側面を顕していることこそ祝福なのだと感じた。

という訳でこの日のエナジーはやっぱり「この日ならでは」の特別なものだった。

ところで、お話を聞いている時の「黄金の鍵」の夢を思い出した。
それは大津先生が仙台に戻る少し前の話。

夢の中で私はホテルのような部屋の中にいた。
その壁の下のほうに実は隠された扉があって、その扉を開くとさらに秘密の扉があった。
鍵を使ってそれを開けるのだけれど、その鍵はめったなことでは開けられないらしく、
鍵を持っていてもなかなかまわらない。
それが私の場合、その特殊な回し方をけっこう簡単に見つけ(鍵を引っ張りながら回すコツがあった)
見事にその鍵で扉を開けることが出来たのだった。
その鍵で扉を開けた者は名前がプレートに刻まれているのだけれど、
私もそこに名前が刻まれた。
・・・・という夢。
大津先生が仙台に戻って来て、名刺をいただいた時
そこにはまさに私の夢に出てきた鍵が描かれていた。
「あ、あの鍵だ!」と嬉しくなったのを覚えている。
今日はその鍵が何度も思い出された。

しっかりと名を刻み、この時代に私のミッションを果たして行こう。
そのために生まれて来たことをはっきり感じているのだから。
[PR]
by chandra-k | 2012-12-24 01:32 | セミナー | Comments(0)

アセンションとフォトンエネルギー

2012年12月になって、21日22日23日に関連していたるところで
アセンションとかフォトンベルトなどの言葉をよく聞いているのでは?

とかいう私も、何年も前から自分の手帳にはこの日をチェックしてあった。
10年、いや15年、ううんもっと前からかも。
その頃は遥か遠い未来にやってくる憧れの時間という感覚でとらえていたけれど、実際その時を迎えてしまうと、実感がない。
昨日と大きく変化しているわけではないけど、確かに昔と比べれば驚く程変化はしている。

アセンションとは次元上昇ということ。
ずーっと前には「この日地球でシフトアップが置き、地球の最低周波数が五次元意識に入る。」と聞いていた。

地球はすでにフォトンベルトには入っているけれど、どんどんフォトンエネルギーは大量に降り注ぎ、この日をきっかけに変革が本格的に加速すると言われていた。

マヤ暦関連で、地球が滅亡するだの恐れていた人もいたようだけど、この日何かが起こるわけではなく、分離の時代が終焉を迎え、これから本格的に統合の時代に入っていくということで、その節目みたいな感じ。
古い価値観とかエゴや、今まで守り縛ってきたものが崩壊していくということだったから、それをある次元で見ると「滅亡」という風に見えるというだけの話。

「その日」に何かが起きるのではなく「その日」が通過点の大きな節目ということで、新年みたいなもんなのだろうね。

宇宙の営みは粛々と進んでいるし、フォトン(光)の密度の濃いエネルギーは降り注ぎ続け、それがどんどん増大してくるのだろう。
ただしかも以前の日記に書いたように、震災の後意識の周波数が一度上がったけれど、時間の経過と共に隠し持って来たものが表出してしまい、全ての人が一気に変化するにはあまりにギャップが出るということで、アセンション計画は変更され、それぞれのペースに委ねられ、早く変化出来る人はどんどん変化し、ゆっくりしか進めない人はゆっくりと、でも確実にみんなアセンション(次元上昇)してゆく。
つまり降り注ぐフォトンエネルギーをハートを開いて思い切り受け取るのも、拒絶するのもその人次第ということなのだろう。
逆に言えば、本人が望み拒絶することなく受け入れれば受け入れるほど、その変化は加速するということだね。

いつが終わりで、いつが始まりかという日時は実はさほど問題ではない。
(どこの時間で見るかで変化するから)
要するに今、ここから大きく変化する可能性があることを知り、積極的に受け入れて行動してゆくかどうかが重要なのだと思う。
だって肉体を持ってる以上、体を使って行動しないとダイナミックな変革は起きないから。

さーて、そんな節目に放送番組を担当し、オンエアが重なるということを大切に受けとめ、感謝し、
2012年12月23日(日)24:00からの「Date fm ロックンロール黄金時代」ではロックをかけながら朗読をすることにした。

読むのはマーク・ロゴデザインで知られる世界的デザイナー稲吉紘実先生の絵のない絵本「世界が絵でうめつくされたら」
実は来年3月10日この作品を読み、みんなで絵を描く「声×音×絵」のイベントをするのだけど、それに先駆けて、ロックと共に読んでみることにした。
稲吉先生の「今年のうちに沢山の人に届けたい」という想いがあったので。

この物語は、見えない世界で起きていることだと私には思える。
そして、夜中に電波を使って宇宙の空気を振動させながらメッセージを発することが必要と思えたから。

いつも直感で動いてる私がやりたくなったから、ただやっただけなんだけどね。

聞く聞かないは関係なく、この振動はその時間、空気を震わせながら空を伝播してゆく。
みんなが寝ている間に。降り注ぐ。フォトンエネルギーと共に。
これが私がしかけた時限装置?次元装置?
作動は明日夜。

e0039323_19494648.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-12-22 19:52 | Comments(0)

政治とロック 

明日はいよいよ衆院選!
私は期日前投票済ませましたが。

明日のdate FM「ロックンロール黄金時代」は衆院選特番のため
放送時間が前倒しで、20:00~オンエア。

せっかくこんなに早い時間の放送だから、聞いたことない人も偶然聞くかも~
といってもやる内容はいつもとあまり変わりません。

衆院選当日ってことで、今回のテーマは「政治とロック」
ロックと政治、社会はもともと深い関わりがあるので
系統だててやることは不可能なので、ざっくり、あくまでざっくりやってます。

ライ・クーダー、ブルース・スプリングスティーン、グリーンディ
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、ジョン・ホール、ボブ・ディラン、
クラッシュ、ニール・ヤングあたりをかけます。

12月16日(日)20:00~ date FM「ロックンロール黄金時代」

投票終了と共にスタート。
e0039323_22392862.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-12-15 22:39 | Comments(0)

これが私の生きる道

内面と外面のエネルギーを一致させるなんて考えもしていなかった私の
大きな転換期となったのが美塾だった。
(美塾 美しさとは真理だった
http://ameblo.jp/golden-universe/entry-11359155756.html

そんな美塾の中級に進み、修了したのが11/8
うわぁ!早いなぁ。あれから一ヶ月か。

わくわくと自分の変化を楽しんで過ごしてあっという間だった。
卒業の時には先生である丹野拓子さんが
これまでの変化の記録写真をアルバムにしてメッセージと共にプレゼントしてくれた。

ひとりひとりの変化を見守り、記録として残してくれて、丁寧に想いを込めてつくられた
そのアルバムを見て、拓子さんのひとりひとりを大切にしながら、心からエールを送るその愛を感じて
とーっても感激した。

さて、そんな拓子さんが学長となって「これが私の生きる道アカデミー」を来年から本格始動させる。

「どんな人にも無限の可能性が秘められている。どんどん可能性を引き出したい。
自分の軸をもって自立した人になるサポートをし続けていくには何ができるか。
そんなきっかけを作りサポートしたい。
女性の笑顔の応援団長でありたい!」とは拓子さんの言葉。

そんな拓子さん自身も以前は自分が生きる道がよくわからなくて、
自分に自信がなくて、不安だった時期があったと話してくれた。
でも今、彼女自身が自分の生きる道を見出して、まっすぐに進み、
多くの人が自分の生きる道を見出していくお手伝いをしたいという。


通称「これいき」の柱は二つで
●変わりたい、進みたい。でもどうしたらいいのかわからないという方のサポート
その人のワクワクをヒキダし形にする 

●二つ目は専門家支援 
すでに専門分野で活躍しているこれいきな方の講座セミナーのプロデュース
ブランディング支援、講座サポート支援
なんだそう。


そして本格始動を前に私がインタビューしていただき、
私の「未来をひらくコミュニケーション・ヴァイヴレーションヴォイスセミナー」を
開催させていただけることになった。
インタビューはこちらを是非見てね!→http://koreiki.org/
私がいつもやってる「声と言葉と心のセミナー」の一部を体験していただく。
(フルでやる時間がないので、短めに。)
12/12に開催が決まってFBで募集したら、あっと言う間に定員オーバー。
本当にありがたい。


私が今まで学んで来たことを少しでも沢山の人に伝えていきたいし、
自分らしく輝いて生きるために少しでもお役にたてたらとっても嬉しい。

来年は色々なセミナーを開催していこう!

e0039323_0572985.jpg

e0039323_0575435.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-12-09 01:01 | セミナー | Comments(0)

ベテランの新作集

今回のロックンロール黄金時代はベテランの新作集。

久々~のドンフェルダーの新曲・・・いい曲!
イーグルスメンバーとの確執もあって、色々な辛かった想いも感じ取れる。
豪華な仲間達がサポートしている。

期待してなかったZZTOPがよくてびっくり。

あとはレイナードスキナードやボブディラン、ドナルドフェイゲン、ニールヤング、
ライクーダー、KISS、ヴァンモリソンなどかけます。

エアロの新作は先日インタビュー含めて特集したし、
ZEPのLIVEも特集したばっかりなのでこちらはあえてかけませんけどね。

date FM 12月9日(日)24:00~on air「ロックンロール黄金時代」



ところで、来週12月16日は衆院選特番のため放送時間が変更になります。
12/16 20:00~on air
せっかくなんで特集は「政治とロック。社会とロック」でやっちゃいます。
こちらも是非!
e0039323_0163279.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-12-09 00:16 | 音楽 | Comments(0)

スコーピオンズで英語を学ぼう!

これはまさに英語的な表現!というのがロックナンバーの中には沢山あります。
ロックを聴きながら英語の表現とニュアンスを感じ取れる大好評企画
「ロックで英語を学ぼう」今回はスコーピオンズ!

まさかスコーピオンズが来るとは!
いつものようにStage Lineの先生に教えていただきます。

date FM ロックンロール黄金時代
12月2日(日)24:00~オンエア 77.1mhz

e0039323_0354244.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-12-02 00:37 | 音楽 | Comments(0)