<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

新作集 ロックンロール黄金時代

毎月最終週は恒例「新作特集」

今回もベテランから新人まで色々オンエア。
お勧め新作が続々リリースの秋なのでかけきれない~!

ボブ・ディランは71歳だっちゅーのにまだまだ枯れることなく、
まだまだ前進しているなー。
今回は本当は宗教的なアルバムにしたかったというだけあって
「死」に関わる側面が歌われていたりする。

私の好きなTHE KILLERSも新作リリース!

トムヨーク+レッチリのフリー+ナイジェル・ゴドリッチなどによる
アトムズ・フォー・ピースの新曲も!

エアロスミスもアニマルコレクティブも・・・・。

じゃんじゃん新作がリリースだよ~。


60年代70年代のROCKが好きな私だけど、
今まさに生み出される音楽は今の時代のエネルギーを持っているので
聞いててふつふつと何かが刺激してくる。

ノックアウトされたい音楽に出会いたいと常に思っている私なの~。

date FM「ロックンロール黄金時代」新作集は
9月30日(日)24:00~ on air 77.1mhz

聞いてね~!

e0039323_21215162.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-09-29 21:22 | 音楽 | Comments(0)

アナログがやって来た!ヤア!ヤア!ヤア!

我が家の約8000枚程のアナログレコードを売ったのは今のマンションに引っ越す時だった。
残ったのは思い入れがあるものや、CD化されてない約300枚程のLPと
同様にEP約300枚位。
と言ってもレコードプレーヤーも処分したので聞く事は出来ない。
あれから約13年我が家でアナログは聞いていなかった。

最近部屋の整理を進めていて、膨大にたまった番組のカセットテープを処分するために、
カセットやアナログレコードをダイレクトにCD-Rにダビング出来るプレイヤーを購入した。
今出演中のDate FMの番組も23年やってるけど、しばらくはカセットで同録をとっていたので、年50週と考えたとしてもとんでもない量のテープがある。
さらにそれとだぶってNHKの番組は14年やっていたのでそのテープもあるので1000本以上?
毎日コツコツCD化しても相当時間がかかりそうだ。(全部は焼かないけどね)

その作業の傍ら、久々にアナログプレーヤーが我が家にやってきたので
しまってあったレコードを取り出してかけてみた!

そうしたら! こんなオモチャみたいな機械なのにけっこう音がいい!
ルックスもちょいとアンティークでいいかんじ。
「わぁ~!アナログってやっぱり音がいい~」とうっとりしてしまった。


そうしたらそうしたら!! 夫は突然アナログへの想いが復活し、
なんとちゃんとしたアナログプレーヤーをまた購入してしまった!
おかげで処分する予定で部屋の片隅に積んでいたアンプやらスピーカーが復活。
我が家にはCDを聞くオーディオコーナーとLPを効くオーディオコーナー、
さらにはダビングコーナーまで出来てしまった!

そして夫は突然アナログレコードを中古屋さんやヤフオクなどで購入する生活に・・・。

でも8000枚のLPを処分したことはちっとも後悔はしていない。
だって壁一面天井まで埋め尽くしていたので、もしその状態で震災が来ていたら
間違いなく私と夫はレコードの下敷きになっていただろうから。

そして売ったレコードを再購入する気はなく、今夫はCD化されていないJAZZだの
今まで聞いてこなかった昭和の歌謡などのレコード集めている。
相当新鮮!

ところで同じアルバムを久々にレコードとCDで聞き比べてみると
知ってたことではあるけど全く音の感じが違うとあらためて思う。
アナログは倍音を沢山含んでいるので、人間の耳では認識出来なくても
ちゃんと皮膚とかエネルギーフィールドなどを通してまるごと体感することが出来て
その音の深さ豊かさを感じる。
人間は可聴域の周波数以上に聞こえない周波数を感じ取っていると言えるから。

アナログいいわ~。音がとってもやわらかい。

最近のMP3の音など、本来の音から大幅に省かれた音でしか音楽を聴いてない人は、
この音の豊かさってわからないだろうな~。
受容出来る能力も磨かれなくなっちゃう。耳って育つからね。
若い人達がちょっと気の毒。

海外ではまたアナログ人気が高まってるらしいよ~。

e0039323_22585850.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-09-28 22:59 | 音楽 | Comments(0)

二人組 2ピース!

二人組って自由なんだろうな。

今回のdate FM「ロックンロール黄金時代」は二人組 2ピース特集。

今まで3ピース特集は何度かやってきたけど、2ピースも面白い。
最近はエレクトリック系が多いかな。

3ピースの多くはギター・ベース・ドラムの基本構成で
シンプルながら勢いとグルーヴがあるBANDが多いけど、
2ピースだと基本すらない分、それを何で埋めるか、何で彩るかが面白さになっている。
縛りが無い自由性と、2つのパーソナリティの対比。

考え始めたら一杯いるね~。
最近だとホワイトストライプス、ブラックキーズ、MGMT、THE BIG PINK、ジャスティス、とか
昔だとスティーリーダン、WAX、ユーリズミックス、ティラノザウルスレックス、
スタイルカウンシル、バグルズ、パイロット・・・・・
まだまだ沢山あるので1週じゃ終わらないわ。


ところで突然思い出したけど、22歳位の時
立川基地の中で行われたアングライベントに夫と行った。(当時はもちろんまだ結婚してない)
基地の中にテントを張っていて、警察がまわりを巡回していた。(監視?)
中には主催者である知り合い(暗黒舞踏を裸で踊るアーティスト)が描いた怪しげな絵が展示されてその奥にステージがあったのだけど、
突然「何かやれ!」と言われ、しょうがないので、夫が側にあったベースを手に取って即興で弾き、
私はデタラメなダウナー系のブルースっぽい歌をアドリブでそれに合わせて歌ったことがあったっけ。
これも2ピースだったなぁ~。
なんかすんごいアングラ即興ユニットだった。

そんなどうでもいいことはおいといて!


date FM 「ロックンロール黄金時代」77.1mhz
9月23日(日)24:00~ オンエア

e0039323_0204955.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-09-22 00:21 | 音楽 | Comments(0)

サイキックパワー体験

「徳ちゃんには必要ないのに何で?」
「わざわざ行くことないよ!」と
何度も止められたにもかかわらず、やりたいと思うと制止をきかず行動あるのみの私は
サイキックパワー体験に行ってしまった!

だってどんなエネルギーを使うのか体感したかったんだも~ん。

私のすぐ側にいる珠ちゃんは能力的にはものすごいサイキッカーだけど
今はサイキックエネルギーは使ってなくて
愛のエネルギーだけを使ってるので、
サイキックパワーを使ってる人がまわりにはいなかったのだ。

もちろんサイキックパワーが目的ではなくて
何より見えない世界の仕組みを知りたかったから。

で、どうだったかというと
なるほどこういうことか~というのを体感した。

そして、そのエネルギーは
私がいつも慣れ親しんでいる愛の黄金の精妙な幸せなエネルギーとは全く違う
絞って締め付けられるようなエネルギー。

私達がいつも体験しているエナジーワークやヒーリングのエネルギーは
硬く凝り固まったものがほどけて溶けてさらさらと輝いて流れてゆく
とても幸福感に満ちた愛のエネルギーなのに対して、
サイキックのそれは逆にギュっと集約していく力技みたいなみたいな感じだった。

で、私が感じたものがいわゆるサイキックパワーなのか確認するために
珠ちゃんに「愛のエネルギーとサイキックエネルギーの使い分けやって!」と
リクエストしてしまった!

珠ちゃんは相当嫌がっていたのだけど(笑)
「だって出来るって公言してたじゃない!」と無理矢理やってもらう。

「だってチャクラを閉じたりしてコントロールしなきゃいけないし
徳ちゃんはエネルギー大きいから大変なんだよ。
それに嬉しくないし。」という珠ちゃんは
「私の体験の学びのためだから」と言ったらしぶしぶやってくれた。

「そんじゃ!」とやるとなったとたんに珠ちゃんの目が吊り上がってこわーい!
こんなになるんだ!明らかに顔が変わってる。

そんでやろうとするけど最初上手くいかない
「徳ちゃん勝手にエネルギー変えてない?」「いや、してない。してない。」


やがて「あ!同じ!」
右斜め後頭部からキューっと絞まるエネルギーがちょっと入って来た。

そうまさに同じだった。これがサイキックパワー。
圧力があって強引な感じ。

すぐ珠ちゃんがやめたにも関わらず、これは後をひく。
しばらくそのエネルギーの感覚が頭のそこにだけ残っている。

本当に愛のエネルギーと全然違うんだ~。
ひゃ~こんなに違うんだね~。

ちなみにこの時のことを珠ちゃんもブログに書いているので
興味ある人はこちらへ。



以前私のエネルギーは「高級料亭の澄し汁」と言われたことがあったけど
私が学んで使っているエネルギーは
根源的な生命エネルギーが目覚めて来るようなもので
精妙すぎて目立たないし、わかりにくい。


それに比べてサイキックパワーは派手で目立つのでわかりやすい。
制圧的だから、いかにも「エネルギーを受けた」という実感があるだろう。
でもこれって惑わされやすいよなぁ~。
だって両方のエネルギーがわからなかったら
強引なエネルギーに惹かれてしまうし、それが愛のエネルギーと言われたら
それを信じてしまうだろう。
それを使ってる本人もよくわからないまま愛のエネルギーと思ってるだろうし。

料理で言えば「味の濃い外食」みたいなもので
ものすごく食べた気がするけど、それを毎日食べたら胸焼けしそうな・・・。
でもそれがすごいと思っちゃうんだろうなぁ~。

それに対し愛のエネルギーはごはんとか水みたいなものだからな~。



そして使う人の意識状態(周波数)でアクセスするところも違うから
その派手なエネルギーが使い手によって方向性とか作用の仕方が
ものすごーく違ってくる。
勘違いのまま使われるとけっこう怖い。
しかも後を引くっていう始末の悪さ。
影響力があるだけに気をつけないと。


実際珠ちゃんに会った時、私にもその白いサイキックエネルギーの影響があったらしく
「うわっ!近寄りたくない」と言われた。
気づかないととれないのかも。

珠ちゃんから実験で入れてもらったエネルギーも
頭に残って気持ち悪いので、自分でヒーリングした。



体験に行った時も「これは違う」と違和感があったので
途中から勝手に自分のエネルギーでコントロールしたのだけど
それでも一度受けたエネルギーの残影があるというのは相当だ。

でも知らないで使ったり、受けたりしている人が多いっていうのは問題。
みんなが愛のエネルギーとの違いを体感出来たらいいのに。



ちょっと無謀だったかもしれないけど
見えないところでこんな風なことが起きてるということを体験として感じられた。


これからどんどんエネルギーのこと等が一般化してくるだろう。
そうするといろんなものが玉石混淆でちまたに溢れるだろう。
そんな時すべてを鵜呑みにせず、識別することが必要だろうな。

そういう意味ではすごく有意義な体験だった。
他人には決して薦めないけど。
[PR]
by chandra-k | 2012-09-20 22:55 | Comments(0)

美塾 美しさとは真理だった!

美塾。美しいということは真理だな。

自分と違うものを作りこむのではなく、本来の素晴らしさを認めて
それをより引き出して輝いてゆく。
もともとあったものが立ち上がってくることー。



ずっと心の在り方や意識の使い方を学んで来たけれど、なかなか外見の部分には
結びつかないで来たけれど、美塾と出会ってそこのところがガッチリ繋がった。

美塾には前から興味があって、検索はしていたもののとりあえずそのままだった。

それが先日ブログに書いた今野先生の洗心洗顔塾に参加して
「おお~こんなにも慈しみ敬愛しながら肌に接するなんて!」と感動して
準備が整ったらしい。
あれから丁寧に洗顔するようになった。

そしてドラムサークルズの魂震ライブに直感で参加して、
そこで美塾の丹野拓子先生を紹介していただいたのだった。
拓子さんの顔を見た瞬間に何かが動いた。
「出会ったら今でしょ!」タイミングが来た!と思った瞬間即決する私は
その場で申し込みしたのだった。


さらにその一週間後には一流大学の人間力のセミナーがあり
そこで美塾の内田塾長のお話を聞くことが出来た。

その内容は、なんと人間の個性認識学、真理のお話だった!
人の性質を四つに分けて、その特質やお互いにどう見えるかについて
そしてそれぞれを生かすためにはどうすればいいかなど、
内田氏のお母様や奥様を例にとってもわかりやすく話してくださり、
その話が面白くて大爆笑。
なーるほど~あるある!と納得。

個性にあわせて、よりその魅力を引き出し本来の輝きがあらわれるように、
真理に基づいたものが美塾だったのかぁ!


美塾の初級が始まる寸前に「基本の基本」という体験会に参加し
いよいよスタート。
そこで拓子先生が語る言葉にいちいち納得&感動だった。

美塾というのは「自分自身のメイクのプロになる」
それは個性を受け入れて生かしてゆくこと。
左右対称である必要もなく、自分のコンプレックスを隠す必要も無い。
大体にしてコンプレックスと感じているのは本人だけだったりするから。
骨格を無視してマニュアルで作りこんだ顔は自分じゃなくて別の人になろうとすること。

ファンデーションが綺麗に見えたいですか?
それとも素肌が綺麗に見えたいですか?
そんなの決まってる!
今まではファンデーションがいかに綺麗についているかが問題だったとは!

そして「肌を育てる」
肌に感謝しながら、肌に逆らわない。
完全なるツールである手を使って肌を包んでゆく。

「~しなければならない」はひとつもなく
すべての動きが「自分を確認し、認めながら、愛するように」というやり方。



かくして!
なんと私は一回目を受けただけで肌が変化し始めた。
「ひゃー、肌って本当に育つんだ!」がまず実感。

実はかつて私は名の知れたメーカーの化粧品はほとんど制覇した。
化粧品に毎月大枚をはたいていた時期も、エステに通ってたこともある。
でも少しするとすぐに合わなくなる超敏感肌のために化粧品ジプシーを繰り返し、
結果、何も入っていないものじゃないとまけてしまうので
最終的にはほとんど何もしないところに落ち着いた。
それでも肌がかゆくて、まぶたは腫れて自分の元の顔を忘れそうな状態だった。
(他の人は気づいてなかったと思うけど)

そんな私の肌がどんどん変わる!驚き!
つまり今まで私は自分の肌を「愛するように」扱って来なかったってことだ。
敏感だからと、手をかけずほったらかしにしていたことに気づかなかった!
うぇ~ん、ごめんなさ~い!
私の手はヒーラーの手なのにぃ~!


ファンデーションも部分的にしか使わないので肌の負担は少なく
丁寧に肌を扱うことで、うるおいとツヤが出てきた。

一人一人個性が違うように、その人に一番相応しいことをする。
例えば、骨格が違うからチークの筆の動かし方ひとつをとっても違うし、
そのちょっとしたやり方だけで肌のツヤが違ってくる。
すご~い!驚き!
今までのメイクの常識を完全に覆し、しかも理にかなっている。
ようするに私達も大いなる自然の造作物であり、
それに逆らうことなく一番自然な、調和のとれた状態を顕そうということなのだろう。


さらには自分の認識と他の人の認識の違いにも驚いた。
自分が気にしている細かいところは、他の人は全く気にかけず
見ているのは全体の雰囲気だったし、
私は自分の顔を地味だと思っていて、肌もダメダメと思っていたのに
華やかで肌も綺麗と言われたのは本当にびっくりした!


美塾初級の4回はただの4回ではなく、二ヶ月間ということ。
その間に謳っているとおり、劇的な変化があった。


今までの学びの過程で心の自己受容度は高くなって来ていたけれど、
おいてきぼりであった自分の外見に対する自己受容度が明らかに高まった。

心と体の繋がりは今まで怒涛の学びで体験してきたけれど、
自分の外見とか肌に関しては
「人前に立つ時だけちゃんとすればいいじゃん。別に普段は目立ちたくないし。」
とON・OFFを使い分けていたけれど、
そういうことは実は不自然で、
自分がそのままそこにいることが美しさとなるような存在でありたいと
初めて思うことが出来た。
心と体と魂の調和に、さらに「自らが表す姿かたち・外見」も加えて
ぜーんぶがまるごと調和することがとっても大切なのだと
やっとここを心から感じることが出来た。

は~!こんなことが起きるとは!


「自分のメイクのプロ(最高)を目指す」ということは
「自分自身でいることのプロ・最高を目指す」ということに繋がるのか!


何であってもたどり着くところは同じで、どこから学ぶかだけなのだけど
私は今やっと未知の外見分野をスタートした感じがしている。


あらゆる美しさとは、そのものを認め、顕すことであり
真理なんだなぁ~。


ところで、先生である丹野拓子さんはとっても素敵な女性。
美塾をスタートして間もない日に拓子美塾生のパーティがあって参加させていただいた。
そこに出席した人達がそれぞれとっても素敵な個性で輝いていたのだけど、
そんな中で「みなさんのために私が出来ることは何でもやります!」と
宣言する拓子さんがひときわ素敵で、ハートの熱さが伝わって来た。
「美しくなることを通してみんなが自分らしく輝いて生きること」
のお手伝いをしたいのだと本当に心から思っていて、
まっすぐに懸命に取り組んでいることがよーくわかって感動した。
だからみんな拓子さんが大好きになっちゃうんだな。


今日は美塾の初級を卒業。
以下のメッセージを拓子さんがプレゼントして下さった。

早速来週から中級スタート!
どんな自分と出会えるかわくわくが止まらないっ!


私の日記を読んで、拓子先生の美塾に通いたい方はご紹介しますので
メッセージくださいな~!

e0039323_22455933.jpg


e0039323_22463834.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-09-19 22:46 | Comments(0)

アセンション計画変更

一昨年は「うわぁ~来年がついに2012年だよ!」
そして昨年は「ついに2012年が来てしまった!」と思っていた。
だってアセンションが本格的に起きる年が2012年2013年といわれていたから。
初めてアセンションという言葉を知った時は、
それが遥かなるずーっと先に起きることとして、憧れの未来として映っていたもの。

そしていよいよっていう一昨年や昨年は
「急がないと!」「私に出来ること早くやらないと!」とやたら焦っていて、
焦るわりには空まわりして、しかも何だか内側から行動が起きなかったりして
すんごく変な感じだったのだ。

それがいつからかな、なんだか焦りが消えてしまった。
何でだろ?なんて思っていた時
「アセンション計画変更」の話を聞いて、「あ、だからか。」と納得。



本当はね、東日本大震災の後一気に地球全体のアセンションが進み
地球全体が五次元意識になる方向に向っていたのだけど
(実際、人を想いあったり感謝の想いが溢れていたから)
時間が経つにつれて、隠していたもの等色々なマイナスの想いが
予想を遥かに超えて噴出して来て、
一気にアセンションを果たすのは負担が大き過ぎるということで
計画が変更になったという。

どう変わったかというと、進める人は先にどんどん進み
今はまだ進めない人はその人のペースで進むように
個々人に委ねられたもよう。

それによってギャップが出来るのはいなめないし
場合によってはそれを調整する必要も起きて来るらしい。



とにかく、大切なのは自分のペースで着実に進むこと。
惑わされることなく。
そして二極化が進んで、一見妨げと見えることが起きても
現象に左右されることなく本当の自分を信頼して進むこと。

大丈夫。必ず成長・発展・調和の方向に進むから。
新たなる秩序の方向に。
だから揺ぎ無く。信じて。
[PR]
by chandra-k | 2012-09-18 00:53 | Comments(0)

まもなく放送 BBCセッションズvol.2

今夜のdate FM「ロックンロール黄金時代」はBBCセッションズ第2弾

前回はBeatlesはじめ基本でスタートだったけど、
今回のキーワードはDJのジョンピールかな。
海賊放送のDJをそのまま番組目玉のDJに起用するBBCはさすが。

BBCセッションズにはBANDの歴史や志向も表れて面白い。

本日16日(日)24:00~ まもなく放送!

e0039323_22431428.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-09-16 22:43 | 音楽 | Comments(0)

プロ野球選手の登場曲って

本日の「ロックンロール黄金時代」はジャズフェスとは関係なく(笑)
プロ野球選手の登場曲特集。パ・リーグ編
とはいいつつ、洋楽っていうとほとんど楽天とロッテなんだけどね。

前にこの特集したのは約3年前。交流戦記念でセもパも一緒に。
3年経つと選手も曲も変わってます。

個人的にはロッテが面白い!
さてどんなの使っているかお楽しみに。

date FM ロックンロール黄金時代
9月9日(日)24:00~on air

e0039323_19282625.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-09-09 19:29 | 音楽 | Comments(0)

方丈の海

久美ちゃん出演の芝居OCT/PASSの「方丈の海」を観た。


人って悲しくて、哀しくて、切なくて、そんで美しくて、
滑稽で、愛おしくて、深くて、豊かで、素晴らしい。

舞台は震災から10年後のうち捨てられた架空の海辺の町。

そこに生きる人々の姿は震災を経験した私達にとっては
まだ生々しく、痛いものではあるけれど
それは状況が違えども、遥か昔から繰り返されて来た人の生きる姿でもある。

「川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとどまりたるためしなし
世の中にある人とすみかと、またかくのごとし・・・・」

切り取られたその場所で展開する一人一人の人生とその想いに
「人が生きるってははかなくも、どれだけ豊かなのだろう」と思った。

その時、その場所で現れるのは「切り取られたれたもの」であるけれど
そうであっても、その人がどんな想いでその人生を歩み、
そして「今どのようにここに在るのか」
どんな風に感じ、結果どんな風に生きているのか、
その見えないひとつひとつの深さを想うと、果てしない。

一人一人の海より深い、その深遠なる人生って・・・。
とてつもない哀しさと共に、その人生の愛おしさを感じて
一人一人を抱きしめたくなる。

押し込めていたもの、隠していたものをあからさまにすればいい。
それがどんなものであろうと。
本質は損なわれるものではないのだから。

どんなにぐちゃぐちゃに混乱し、悶え苦しんでもいい
その輝きが失われることはないのだから。

ラストシーンで荒野さんが振った旗を通して眩しく輝くその光に
魂は震え、涙し、私は未来を確信する。
涙が次々と溢れた・・・・。



ところで、久美ちゃんの役どころはいつも人間じゃない。
だからこそ超越して表せる、いや顕れてくるものがある。
違う次元の視点を与えることが出来るものであり
久美ちゃんでないと顕せないものがあるんだろうな。
e0039323_01910.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-09-07 00:01 | Comments(0)

マイケミカルロマンスでROCKを学ぼう!

大好評!ROCKで英語を学ぼうシリーズ
今回は「マイケミカルロマンス」・・・マイケミでっす!

いつものようにアクセル先生のROCK解説に
コータ先生のわかりやすい日本語解説。
日常会話に使える表現を紹介します。

大人のロック世代のみなさんもこの機会にマイケミをどーぞ!

date FM 「ロックンロール黄金時代」
9月2日(日)24:00~ on air

聞いてね~!!!

e0039323_18391766.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-09-01 18:39 | 音楽 | Comments(0)