<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

感動!「カンタ!ティモール」上映会報告 追記あり!年末上映決定!

映画「カンタ!ティモール」の上映会が大盛況で終わり、
その興奮状態のまま仕事をしていたけど、やっと一息。

まだその余韻が残っているというのに、またこの映画を見たくなってる私がいる。
なんという映画なんだろう!
だからこそこうして5月末から突っ走ることが出来たんだろうな。


上映会はきっと満員のお客様を迎えて開催出来るだろうと最初から思っていて
私の頭の中には会場を埋め尽くしたみんなの笑顔しかなかったのだけど、
本当にそのとおりになった。

映画はもちろん、監督の講演も素晴らしく、
広田奈津子さんの語る言葉によって映画が深く豊かにさらに彩られた。

そしてさらに助監督で音楽監修を担当したミュージシャンの小向定さんが
映画の始まりとなったテーマ曲である「星降る島」をギターを弾きながら歌い、
さらに会場の参加者全員をまきこんで、東ティモールの踊り「テベ」を
みんなで歌い、足を踏みならして踊った。


そう、この上映会は三段階で大きな祝祭となった!!


「カンタ!ティモール」は彼らが受けてきた悲惨な現実を映し出しながら、
全体がたとえようもない美しい透明なものに満たされている。

勿論東ティモールの人々を中心に描かれているのだけれど
そこにたち顕れているのは、大いなるいのちそのものの姿だった。

以前「1/4の奇跡」を撮った入江富美子監督にお会いした時
この映画の主役は「そこにある大きな力」と言っていたけれど
まさにこの「カンタ!ティモール」も主役はその「大いなる力」なのだと
私は感じた。
その大いなるものが、東ティモールの人々を通して、
その想いや、笑顔や、眼差しや、歌や、踊り、大地、自然を通して
すべての中から顕れてきていた。

そして映画を見ることで、個々人の中で何かが立ち上がり始める。
それは簡単に言葉に出来るようなものではないから、
そのエネルギーを感じながら、それをうまく表せなくてもどかしい思いを
みんなしていたのではないだろうか。


そしてその後、監督の話を聞くことで、自分を揺り動かしているものが
少しづつ心の中に落ちてくる。

みんなが大地の兄弟として暮らし、「敵」という言葉がなくて
「今は別の方向を向いている人」という言葉をもつ彼らが見てきた世界、
大切にしてきたもの、口承で伝わって来た真理の歌、
「見えなくてもちゃんとそこに在る。側に居てくれる。」という感覚。
亡くなった人も含めてあらゆるいのちが共にそこにいる。

それが奈津子監督の澄んだ意識で語られることで
それはまるで精妙な粒子が自分の中に降り注ぐように
自分の中に静かに浸透してくる。


そしてさらにその後全員で手を繋ぎ、歌って踊ることで、それは次元を超える。
音楽やアートによって、軽々と理屈抜きで体と心がそれを深く理解させてくれると
あらためて思った。


サダム氏が「ジャンベ叩ける人!」と訊いたら
アフリカンドラムをやってるちかちゃんが手をあげてジャンベ担当!
あとはタンバリンやら太鼓やらを何人かが叩く。
珠ちゃんは太鼓?を持って会場を走りまわり踊りまくっていた!
(ちなみに珠ちゃんの映画の感想はこちら

映画の中から立ち現れた「いのちのうた」は、
監督のお話で深く私達の中に入り、そしてサダム氏が誘う歌と踊りによって
昇華された。
それは東ティモールでみんなが歌い、テベを踊るのと同様に
上映会の仙台の地でも「いのちのうた」「いのちで歌い、いのちを歌ううた」
となって次元を超えた。


おかげでみんな希望と笑顔でこの上映会をしめくくることが出来た。
本当によかった。素晴らしかった。

上映会の様子は実行委員会のブログに写真がアップされている。
踊り(テベ)のすぐ後の抽選会の写真には沢山の曼荼羅オーブがあらわれていて
みんなの想いや喜びに沢山のエネルギーが共鳴して現れていた。
テベの様子も動画でアップされているので是非見てね!


沢山の方にお越しいただいた。沢山の方々にサポートしていただいた。
本当に感謝の気持ちで一杯。
本当に本当にありがとうございます!!!


そして5月末から一緒に走って来た仲間の存在にも感謝で一杯。
初めて試写を見て大泣きして、この映画を沢山の人に見て欲しいという想いだけで
繋がった仲間。
そこで出会ったメンバーだった。
しかもそれぞれ見事に得意分野の役割を担い、
絶妙なチームワークで楽しみながら軽やかに、しかもすごいスピードで行動してきた。
まるで部活みたいだった。こうして出会えた大好きな仲間は宝物だと思う。
一緒に活動出来て本当に嬉しくて楽しかった!ありがとうございます!!!



この映画を通して沢山のものに出会った。
奇跡のような映画であり、だからこそ沢山の奇跡が起きたのだと思う。


映画の後の楽しい打ち上げの席で、東ティモールを独立前から支援し続けている
NPO法人東ティモール日本文化センターの高橋理事長のお話を伺った。
高橋さんの友人でもある現タウル大統領が民族解放軍の総司令官だった時、
27000人以上いた解放軍が150人に激減し、山を降りて降伏しようという仲間に対し
たとえたった一人になっても自分はやり続けると言って、
決して諦めることなく自らの信念を貫き、それに仲間が従った。
結果不可能と言われた独立を果たすことが出来た。
本人から直接聞いたその生々しい言葉から、彼の想いが伝わってきて
胸が熱くなり、涙をこらえられなかった。


彼らがいのちをかけて求めたもの。
それは私達の未来でもある。
すべてがひとつとして繋がり、いのちそのものを讃える。

笑顔と瞳の輝きが伝わってゆく。


ああ、東ティモールに行きたくなった。
そしてまたこの映画が見たい。

色々なところでまた上映されることを願っている。

と、書いてたらなんと!仙台でまた上映が決まった!

2012年12月14日(金)宮城県ユニセフ協会映画上映会(仙台)
"宮城県ユニセフ協会映画上映会「カンタ!ティモール」
日時:2012年12月14日(金) 
① 10:30~12:30 ② 14:00~16:00 定員各150名
会場:せんだいメディアテーク 7Fスタジオシアター
入場:要事前申し込み 中学生以上  託児なし
申し込み:宮城県ユニセフ協会 Tel 022-218-5358
E-mail sn.municef_miyagi@todock.jp

e0039323_103476.png

[PR]
by chandra-k | 2012-08-31 00:28 | Comments(0)

いよいよ上映!「カンタ!(歌え)ティモール」

いよいよ今週土曜日ドキュメンタリー映画「カンタ!ティモール」東北初上映です!

本当に沢山のみなさまにご協力いただきサポートいただいています。

新聞・雑誌・情報誌・フリーペーパーへご掲載。沢山の番組での告知。沢山の番組への実行委員のゲスト出演。
沢山の場所へのチラシの設置。ご好意だけでやっていただいているチケットの販売。
そしていろんなところで沢山の方に伝えていただき、情報をシェアしていただいています。

本当に本当にありがとうございます!!!
とーっても嬉しいです。

実行委員がこうして熱く想いを伝えて来たのも、みなさんがそれを受け取って下さり、伝えて下さるのも、この映画の中にそうせずにはいられないものがあるからだと思うのです。

言葉にはならない、深くて大きなもの、見えない力がそこで働いているのだと思うのです。

それを実際に体験しにいらして下さい。
私が映画を見るのは今度で4回目ですが、それでもまだまだ見たいのです。

子供達の澄んだ瞳の輝きを是非見て下さい。
是非是非予告編もご覧下さい。

「カンタ!ティモール」仙台特設サイトの中でリンクはってます。

チケットも当日券をお出しできるかどうかわかりません。
どうかお早めに。ご案内はサイトの中にあります。

8月25日(土)13:30~ ¥2000
仙台メディアテーク 7階スタジオシアター
映画の後 監督の講演があります。

是非いらして下さいね。お待ちしています。


河北新報にご掲載いただきました。ありがとうございます!!!
e0039323_2312665.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-08-20 23:05 | Comments(0)

アートセラピー(音とアートの芸術療法)

先週「音とアートのワークショップ」に参加した。
久々にファシリテーターの遠藤園子さんにお会いしたかったというのも理由のひとつ。

場所は統合医療センターtree of lifeその内装デザインがとっても素敵で、やわらかな曲線と色あいと質感がもろ私の好みでとっても嬉しくなってしまう。
アーティストのOGATAさんが手がけられたそう。
tree of life 生命の木・・・そんなタペストリーもあった。
とっても心地よい空間。



深い呼吸で香りのめい想をして、ZAPHIRチャイムの音に耳を傾ける。

園子さんがチャイムを奏でながら歩くと、
その響きが波となって空間を漂い、泳いでゆくよう。

私は体が反応しやすいので、そのエネルギーで体が吸い寄せられたり
螺旋を描いたり・・・・。
これはエネルギーワークだな。



目を閉じたままクレパスや色鉛筆に手を伸ばし、触れたものを取り
そのまま目を開くことなく画用紙の上で手を動かして絵を描く。
何色で描いているのかまったくわからない。
1枚。
さらにもう1枚。
こころのままに。手が動きたいように。

そして・・・・
目を開けて、それに描き加えたかったら、好きなように手を加える。



その絵にタイトルをつけ、そこから浮かぶ言葉を書き出す。
そして初めて会った方とシェア。



自分が描いたものと他の人が描いたものを見るとそれぞれ個性が顕れていて
とても面白い。
「初めは自分は元気がないと思っていたのに、描いたものを見たら
実は力強くて驚いた。そして実際元気になった」と発言していた人が何人もいて
これが人の持つ力であり、アートによる癒しなのだろう。
内側から発せられるメッセージをただ受け取る。



ちなみに私が描いた絵のタイトルは
1枚が「喜びのネットワーク。無邪気な刺激によるビッグバン」
もう一枚が「思いがけない次元との出会い。新しい段階。変革のきざし」


五感を使うアートセラピーというのは面白いなぁ。



ところで園子さんが今回奏でたZAPHIRチャイムというのは
フランス ピレネー山脈のふもとで黄金比率で作られたアルケミーの楽器だそう。
色々な名前がついているのだけど、
私が購入したのは太陽と月、目覚めと実りの豊かさみたいに対を感じるもの。
同じ名前でもひとつひとつ響きが違っていて、働きかけるものが違う。
これはとても気持ちいい。
e0039323_1964998.jpg



ところで遠藤園子さんはクリスタルボウル奏者でありホリスティックセラピスト。
今年クリスタルボウルのCD
「祈り~石の記憶・宇宙(そら)の歌」をリリースした。
クリスタルボウルはその音が螺旋を描いて広がって、
まじり合い、溶け合い、戯れあう。
そして細胞が、自分のフィールドが、一緒に共鳴する。

天然のクォーツクリスタルのこの響きは地球の記憶。
私達は地球に共鳴する。

遠藤園子さんの優しいあたたかさ、希望の祈りが伝わってくる。

「クリスタルボウルは時空を超え 私たちそれぞれの魂のふるさとに
連れていってくれる不思議な宇宙船(そらふね)」
「大地と宇宙をつなぐクリスタルボウルの響き」
とは、園子さんのことば。



それからまた園子さんのこのCDの楽曲の一部は
統合医療を行っている「国際ヒーリング看護協会」の
被災地支援CD「ありがとうヒーリング」にも提供されている。

このCDは、クリスタルボウルの響きと共に
こころとからだへの語りかけが収録されていて
これを聞きながら自分にタッチしてセルフケアを行うことが出来る。
被災地の方とのふれあいから生まれたCD。

NPOの国際ヒーリング看護協会はひとりひとりの夢や希望を取り戻し
笑顔を広げてゆくことが、やがて世界中の平和へのうねりとなり、
輝く地球の未来へと繋がってゆくという想いで活動されている。

心も体も魂もすべてはひとつで、その調和をはかるため
これから統合医療はどんどん必要とされてくるのだと思う。

被災地の方には無償提供されているので、是非問い合わせてみてね。
詳しくはこちらまで

e0039323_1972533.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-08-13 19:13 | Comments(0)

別の風景を見よう

「〇〇をどうにかしないと」と、つい思ってしまう癖がある。
つまりは問題にフォーカスして、それに対処しようとする。

でも、実は純粋な想いでただ自分を信頼して
自分の内側から湧き上がる想いのまま夢中で進んでると
気づいた時には「いつの間にか〇〇がどうにかなっていた」
ってことが多い。
どうにかなるというより問題そのものが消滅してるという。

細かい枝葉に対処しようとすると、ますます複雑化しより小さな問題が顕在化する。
それどころか好んで問題を創り出す。マニアのようにね。
そして外野はうるさくなり、それに揺さぶられる。

結局立ち居地、次元、どこを生きるかで世界は激変する。

別の風景を見よう。
別の地平線から。

シンプルに繋がろう。
根源とね。

夢中で楽しかったら、些細なことなど気にならない。
[PR]
by chandra-k | 2012-08-09 01:21 | Comments(0)

この星が絵でうめつくされたら

今私はちょっと興奮している!
だって、朗読したい本に出会ってしまったから!

それは「この星が絵でうめつくされたら」という
絵のない絵本。

この物語を聞いて「読みたい!伝えたい!」と思い
それを作者にお話ししたら、即答で「どんどんやって下さい。」
と許可をいただき、わくわくして興奮状態。うわ~っ嬉しい!
早速朗読会がいいか、それともワークと一緒のイベントがいいか、
いったい何時がいいかと落ち着かないっ!

その作者というのは稲吉紘実先生。
マーク・ロゴデザインの第一人者であり、世界を代表するCIデザイナーのひとり。

タイ国王、ブルネイ国王、ダライ・ラマ法王、ムハマド・ユヌス博士をはじめとする
多くの人々のパーソナルデザインを手がけ、
アーティストとしてグローバルに活躍されている方。
人種・宗教・言語を超えて、世界中の子供達の描いた絵を繋ぎ合わせて
平和を実現する「世界一大きな絵2016」プロジェクトや
戦争・核のない世界を実現する「絵のない絵本」のプロジェクトなど
美の力で世界を平和に導くことを生涯のテーマとして掲げ
ソーシャルデザインイノベーター、ピースコンダクターとしても世界的に注目を集めている方。


実は宮城大学事業構想学部・副学部長・教授である
私の大好きな風見正三先生と、デザイナーの稲吉紘実先生による
「アートと復興を考える」というセミナー参加したのだった。


風見教授は地域計画,都市計画,環境計画,まちづくり,コミュニティビジネス,
ソーシャルビジネス,持続可能な地域創造学、環境共生プロジェクトなど
森の学校プロジェクトなど様々な活動に取り組まれている。
また以前ガイアシンフォニーを上映されたり、魂のことを語ることを恐れず、
自然の一部として生き、生命力を取り戻した社会、
信頼と共感を持って、見えないものに価値をおき、支えあう社会を見ている方。


このお二人の中に共通してあるのは子供のような無邪気さ。
それはこれからのキーワードの一つだと私は思っている。
一人一人が自分のわくわくすることを心から楽しみながら生きること。
楽しみながら幸せを構築してゆくこと。
世界にYES!と言い続けること。


私は子供の頃から、戦争のないみんなが家族みたいに暮らせる地球っていうのが夢で
世界がユートピアになることが夢だった。
「そんな非現実的な・・・」と言われても、私の中では実現不可能とは全く思えなかった。

このお二人と一緒にいると、それがどんどん現象化してくる感じがして
本当に嬉しくなる。


「美しいこと。カッコいいこと。素敵なことが重要。」
「クレイジーであること。」
「大きいことを大きく考えてやると早い。」
「宇宙へ向うアイデンティティ。」

これってまさに共感。
私の中のROCKの定義だ。

そしてまた、
「世界的に共感した人が手を結ぶコミュニティ」
これこそまさに私が想うネットワーク!
コミュニティというのは小さな範囲のものではなく
もっと地球規模で、どんなに距離があってもコミュニティだと想うから!

すんごくわくわくが止まらない!



さて前述した「この星が絵でうめつくされたら」という物語。

星の生きものすべてが絵を描いているという伝説の星のおはなし。

そう、みんなで夢中で楽しんで絵を描いていたら争いなんて起きっこない。
その物語は私が想い描く世界と共鳴した。

そこには空中にういている天使のような生きものがいて
みんなの心にインスピレーションを与えている。
それは美しい地球の姿をした、純粋な人の心にすむ天使。
人類の平和と無私の心をイメージして生まれたそう。
稲吉先生と、I 053.gifNYの作者ミルトン・グレーサー氏とのコラボで創作された。


そのキャラクターマスコットは被災地の女性たちが創作していて、
それがソーシャルビジネスに繋がってゆくというのもまた楽しい。


さーて、朗読はいつどんな風にやろうかな。

e0039323_255520.jpg

e0039323_2552840.jpg

e0039323_1259401.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-08-07 02:58 | Comments(0)

THE STONE ROSESで英語を学ぼう!

様々なトラブルにみまわれたバンドは数多い!
そんな中で名前があがりそうなバンドのひとつがTHE STONE ROSES!
(ちなみに個人的に一番悲惨だと思うのはBAD FINGERだけどね)

フジロックに復活登場したのはファンにとっては感涙もの。

今回の「ロックで英語を学ぼう」はTHE STONE ROSES!

日常会話に使えるフレーズが色々ありますよ~!
stage lineのアクセル先生とコータ先生が教えてくれます。

date FM「ロックンロール黄金時代」
8月5日(日)24:00~

聞いてね~!

e0039323_0542961.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-08-05 00:55 | 音楽 | Comments(0)

魂の書

あいかわらず毎日沢山の人に会っている。
昨日はひろみんと坐カフェでお茶。
話し出すとお互い止まらない~。
長居してごめんなさい。

只今坐カフェでは魂の書家・金澤祥子さんの個展
~絆 希望 光~を開催中(10/31まで)

もともと彼女の書はいのちの力と意思に満ちているけど
最近の書はそれにやわらかで軽やかな無邪気さが感じられる。

特に、この「驚心」
世界のあらゆることに無邪気に新鮮におどろき、感動し楽しんでいるよう。
そしてこの「満」
ああ、やわらかに、慈しむようにみつる・・・・。

しかも写真を撮ったら光がハート。


そういえば最近書いてないな。
何年か前、ものすごく墨で字を書きたくてたまらなくて
やたら書いてた時期があったなぁ~
「愛」という字を筆で書くとものすごく気持ちよくって止まらなかった。

私は墨をすって筆で書くのが大好き。
無心になる。
また書きたくなってきたな。
e0039323_2322612.jpg

e0039323_23203232.jpg

e0039323_232122100.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-08-03 23:22 | Comments(0)

戦争とくらし

私達の知らないところで何が起きていたのか!
これは東ティモールに限らず世界中で起きてることの図式。

映画「カンタ!ティモール」監督広田奈津子さんによる
まんが「戦争とくらし」http://www.pc-lifeboat.com/waon/about_timor/about_timor01.htmlとってもわかりやすいです。
是非見てね!
e0039323_1122039.gif


e0039323_113724.jpg


ところで映画の上映まで約3週間(8/25 メディアテークで開催)
今日は実行委員会コアメンバーでのミーティング
この映画のために集まって初めて会ったメンバー達だけど
共通の何かがあるから、集まって話しててとっても楽しい!
話も一杯それるけどね。
人と繋がるって嬉しいな。
[PR]
by chandra-k | 2012-08-03 01:18 | Comments(0)