<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ほんとは知ってる

地球上のいろんなところで、同時進行でいろんなことが起きている。
同じようなこと想ってる人がたくさんいて、いろんな次元で変化している。

それはすべて繋がっていて、ある時、きっと見えてくる。
もっともっと明確に。
驚くような広がりで! 深さで!
涙が出るほどの感動と共に。

ひとりのほんのちょっとの変化がすべてに繋がっている。
というよりは、本当はもともとひとつだから。


ああ、時々全部を知りたくなる。
知りたすぎてちょっとあせることもある。
でも、時間と空間があるから一度には無理かな。
ホントは時間も空間もないから、もともと知ってるんだけど。

遠く離れていても、あなたが「ふふっ」って幸せに笑うのを感じる。
あなたが喜ぶと私も嬉しい。




ずーっと昔、私は誰にも甘えることが出来ず、頼ることも出来なかった。
誰かに迷惑をかけるくらいなら、全部自分で責任をとるって思ってた。
頑張り過ぎて疲れた。そして寂しかった。
別々だって思ってたから。最初からひとつだって知らなかったから。

それって誰のことも、自分も信頼出来てなかったってこと。
自分を開いていなかった。

でもね、そんな状態でも深いところで未来の自分だけは信頼していた。
魂の奥では何かに対して絶対的信頼を持っていたのは事実。



そして沢山学んで、泣いて、笑って・・・・
やがて・・・ひとつだってわかったから寂しさが消滅した。
自分が愛おしくなり、誰もを、すべてを敬愛するようになった。



そこでやってきたのが私の次の学びのテーマ。
謙虚に受け入れ、頭をたれ仕えるということ。


「それが宇宙の意思であるなら、きっとこれがいいにちがいない。」
という思い込みと強制。行動。

今だからこそわかるけど、
その段階で私は気づかずに自分の感覚を手放していた。


依存のエネルギーがあると言われた時、そんなはずはないと思っていた。
実際自立はしていたし。


でも今振り返ると、当時は完全に混乱していたのだと思う。
何故なら未来の自分が見えなくなっていたし、
宇宙の意思に従ってるはずだったのに
一体自分は何がやりたいのか、何が嬉しいのかわからなくなっていた。
自分の奥底にある、自分の存在そのものへの信頼を失っていたのだった。
そんなことは生まれてはじめてだった。



そして、人生最大の混乱の果てに自分の感覚が戻った時にわかったこと。

どの次元でどんな風に見えようと、たとえ一時的に混乱しようと、
たとえどんな現象が起きようと、何を言われようと、
本当の自分は知っていて、それは魂がちゃんと教えてくれる。
喜びと共に。
その道標は魂の喜び。ドラムが鳴り出す感じ。


だからどんなことがあろうと、直感に従う。自分を信頼する。
それがその時点で、他の人から見たら遠回りであっても、間違って見えても、
きっとそれは経験する必要があるからなのだし
すべてがベストの出来事として起きているのだから。



この経験で明確にわかった。


自分を信頼することが、誰かを信頼することだし、すべてを信頼すること。
依存とは、自分を見失っている時に起こるのだし、
自分に繋がること、自分の存在そのもので在ることが
宇宙と繋がる、真我と繋がるということ。
いや、繋がるというよりそのものを生きること。



一見、本筋からずれてるように見えたっていいんだよ。
一見、問題山積みだって。
一見、混乱してたって。
一見、苛立ってたって。
だって、経験したいんだもん。

それは今を切り取った時点のある次元でのプロセスであって
結果の状態ではないのだから。


実は自分で創ってるって本当は知ってる。


だから、笑っている。
どんな状態でもしあわせ。
[PR]
by chandra-k | 2012-04-29 00:30 | Comments(0)

桜と百羽目のスズメ?

私は仙台駅から歩いて5分以内の所に住んでいるので
仙台中心部は庭先みたいな感覚があって、ジャージでゴミ出しついでに
アエルやパルコまで行っちゃいそうな勢いがある。
(さすがにジャージでは行かないけど)

CDも本も食料もちょっと歩くと調達出来るし、ランチはご近所でいくらでも。
昨日も今日も仕事の合間に夫とランチしつつ、道すがらお花見。

今仙台は桜が満開で、しかもちょうど銀杏の赤ちゃんみたいな新緑が
毎日毎日目に見えて大きくなるのが楽しみで、とっても嬉しい季節だ。

近所で一番先に桜が咲くのが錦町公園。
ここはいつも仙台の開花の基準木より早く開花する。
そして一番遅いのが神社庁の八重桜かな。

昨年は震災のすぐ後だったから、錦町公園で1人でずっとずっと桜を眺めていた。
その時見ている人は誰もいなかった。
いつものように花を咲かせるいのちの営みにただ涙したっけ。

今年は親子やカップルや、サラリーマンやOL、学生が
その桜の下でランチをしている。

ところで、桜の枝に沢山スズメがとまっていたので珍しいなって思ったら
河北新報にスズメが花をくちばしでがくごとちぎり、蜜を吸引していると載っていた。
スズメは本来、雑草の種子や小さな虫を食べる雑食性で、
花の蜜を吸うのは珍しいらしいが、最近はこの現象が多く見られるらしい。
「蜜をうまいと知った個体が子孫に継承しているのだろう」と
日本野鳥の会の方が分析されていたようだけど、これって広がるのだろうか。

百匹目の猿現象は何の根拠もないと言われ、否定されているけれど
ある一定の数値を超えると直接関わりがないところまで爆発的に広がるということは
ありえると私は個人的に思っているので、もしかして百羽目のスズメ現象が
起きたりするのかななんてちょっと気になる。

そういえば子供の頃、よくサルビアの蜜を吸って歩いた記憶があるけど
あれって誰に教わったんだろ。百人目の子供?(ウソ!笑)
e0039323_2293069.jpg
e0039323_2295698.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-04-25 22:10 | Comments(0)

簡単美味しいメニュー

「心と身体と魂と自然との調和」とか言いつつ、私が一番おろそかにしてるのが料理だと
先日もブログに書いたばかり。
やれないわけじゃないけど、楽しめない。面倒~だしぃ~。
と、私の最大の弱点とも言える。

大体にしてレシピで3行程以上あると、私の脳の回線がブチッとシャットダウン!
「いいわ。家ではやらない。買おう。」という結論に至る。

しか~し!今回の「食育と環境のために講習会」はよかった!
何がって「簡単美味しい手抜きメニュー」だから。

メニュー1
鯛のカルパッチョ風・・・鯛のお刺身を塩麹で食べてこんなに美味しいなんて!
しかも玉ネギとミョウガと貝割れをEMを入れてさらしたら苦味がない!
そしてシャキシャキ!

メニュー2
鶏のささみを塩麹と一緒に叩いて薄く伸ばして焼くとこんなに柔らかいなんて!
しかもフライパンにEM入れるとニンニク臭くないのにちゃんと風味はある!
EMすごっ! 

メニュー3
豆乳そうめん。甘くてコクがあって優しい味。うまい!体にいい感じ!

メニュー4
ルイボスティーゼリーとフルーツ。蜂蜜が合う!

すべてが私向きの超簡単メニューで、これならやる気になるわ!
講師の和恵ちゃん、素晴らしい!
こんな私でも料理上手になった気になる。

それにしても今回は新鮮な鯛のお刺身が贅沢にたっぷりあって
すっかりお花見気分。

私のまわりにはお料理上手が沢山いて素晴らしいなぁ。

年末にヨッシーちゃんに教えてもらった黒豆と梅干の炊き込みも
超簡単で美味しくて、これもレパートリーに加わった。

みなさん、これからも私にはスピード超簡単レシピを教えてね。
くれぐれも2行程位で!(笑)
e0039323_027423.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-04-22 00:27 | Comments(0)

聖なる予言

あれはいつだったろう。
ジェームス・レッドフィールドの「聖なる予言」を私に教えてくれたのは
確かジャーマンメタルのハロウィーンのメンバー。アンディかな?
いや、ストラトヴァリウスのティモ・トルキだったかも。

外国人のロックアーティストにはファンタジーとか、内的世界とか宇宙観、
精神的なこと、神秘、宗教観などを歌う人がけっこういて、
インタビューの中で深い話になることがある。

そして色々話していた時に「この本を読むといいよ」って勧められたのが
「聖なる予言」だった。
誰に言われたか記憶が曖昧だけど、インタビューしたホテルの部屋だったことだけは
はっきり覚えている。

そして私は早速購入! とーっても面白くてのめり込んで読んだ。
私は、宇宙の仕組みが知りたくてしかたなかったのだけど、
その本には私が知りたかったことが沢山書いてあり、わくわくした。

周波数が上がって人が消えてゆくくだりでは、そういうことだよなぁと
ものすごく納得したのを覚えている。

あまりに楽しくて放送でも話したな。20年位前?

この本を翻訳されたのが山川紘矢・亜希子ご夫妻で、
それからご夫妻が翻訳された本を沢山読んだ。
どれくらい読んだかなぁ~。

その山川紘矢・亜希子ご夫妻の講演会がもうすぐ開催される。
4月29日(日)14:00~
せんだいメディアテーク 7階スタジオシアター

翌日には、ご夫妻と共にマイクロバスにて被災地をまわって復興のために
少しでもその土地のものを購入したり、美味しいものを食べるという企画も。
(こちらはすでに満員)

この企画を知って友人にはすぐ知らせたけど、私は仕事。残念!
きっとあたたかな会になることだろう。

「東日本大震災から一年、東北の皆さんは本当に頑張ってくださったと思います。
2012年は変化の年です。きっと素晴らしい年になると思います。
このつらい試練を乗り越える過程で、それぞれに自分の内にある素晴らしい力や愛に気付き、
そこから一人ひとりが新しい人生を切り開いて行くように願っています。」
というご夫妻からのメッセージ。



席がまだあるようなので、行ける人は是非!急いでね!
詳しくは http://heartland.geocities.jp/alleviarsi/kikaku.html

ところでご夫妻は今、EMも沢山活用していらしゃる。
嬉しいな~
[PR]
by chandra-k | 2012-04-21 00:17 | Comments(0)

ロックンロールオリンピック1988 BS全国生放送

震災後ビデオテープを300本以上捨てた。
その中にはかつて大枚はたいて集めたミュージックブートビデオも多数!
あの頃はYOU TUBEなかったからなぁ。東京から買いまくった。

残したのは貴重な音楽ものと、私が出演したテレビ番組の一部など。
とは言いつつ見る機会もないまま終わりそうだったのだけど、
先日たまたまエクササイズのビデオを再生しようとしたら
ハードディスクレコーダーと一体型のビデオデッキが全く作動しなくなっていた!
購入してから何年も使用しないうちにご臨終!
ああ! 機械ってずっと使わないとおかしくなるんだよねぇ。

貴重なビデオはそのうちDVDに落とそうなんて思ってるうちにこんなことに!

修理に一万円、さらにダビングの手間とか色々考えたら
この際知り合いの業者にお願いしたほうがいいということになった。

自分の結婚式のビデオとかNHKスタジオライブの映像は
業務用の3/4とかベーカムといったマスターテープがあったのだけど
知り合いに聞くと、再生デッキを震災後に捨てたと言われた!
しかもそんな古い機械はほとんどの業者はもはや持っていないって! あぅ!
でも、まぁ、VHSに落としたものもあるからそれでいいか。

てなわけでまず、ロックンロールオリンピックBS放送をDVDに落としてもらった。

私は毎年ロックンロールオリンピックのTVライブリポートをやっていたのだけど、
88年は初のBS全国生中継になったのだった。
当時はまだBS放送が始まって間もないため生で見た人は少ないかも。
我が家も勿論なかった。

そのためすんごいラフな放送だった! 
なんと言ってもこのイベント自体生放送対応になっていない。
つまり、だいたいステージが時間通り進行せずどんどん遅れる。
(まあ、こういうことは昔はありがちだけど。)
セットチェンジも時間かかりまくり!
ステージ上のタイムスケジュールは目茶苦茶。
一応考慮はしたんだろうけど、予想をはるかに超えておしまくり。

そのため、中継をリポートする私はセットチェンジの間
ワンカメで1人でつながなくてはならず、ひたすらしゃべりまくり!
アーティストの解説やら、ロックンロールオリンピックの歴史やら、
はては「ロックとは」とか、とにかくひたすら語る。つなぐ。語る。

この日のステージのメインはレッドウォーリアーズと、
その後、とりで「カバースペシャル」(パンタ、柴山俊之、大江慎也、下山淳、
池畑潤二、ザ・ロックバンド)があったのだけど
ステージがおしまくったせいで、なんとレッドウォーリアーズのステージが
始まったところで放送の枠が終了となってしまったぁ!

若きダイヤモンド☆ユカイ&シャケがステージに飛び出し
最高にカッコいいショットで会場が歓声に包まれてる映像をバックに
「ステージはまだまだ続きますが、テレビをご覧のみなさんはお別れです」と
私のMCが入るのだった・・・・。悲しすぎ。(泣)

まるでナイター中継で、最終回2アウト満塁でテレビ中継終わる感じ!

「最悪ぅぅぅ!」と思ったことを今でも覚えている。

そんな思い出深い?この放送のビデオをまともに見たことがなかったのだけど
DVDになってちょっと見た。

今は亡くなってしまったボ・ガンボスのどんと氏のインタビューだの
やはり今は亡きじゃがたらのあけみさんや、エレファントカシマシ、エコーズ、
シーナ&ロケッツ、筋肉少女帯、ジュン・スカイ・ウォーカーズ、
リアクション、SHOW-YA、ミュートビートetc
いやぁ~懐かしい!

それにしても24年前の私、ソバージュだし!でっかいイヤリングしてるし!
声のトーン高いし!笑っちゃう~!

さらにロックンロールオリンピックのビデオがまだまだあるので
それもダビングたのんできた。
YOU TUBEにもアップされてるけど、亡き忌野清志郎氏や、泉谷しげる氏、
Ⅹ、イエロー・モンキーなどのインタビューも入ってるはず。

あとはNHK BSヤングバトル! 私が宮城大会・東北大会と司会したやつ。
懐かしい仙台のアマチュアバンドが沢山登場!
今見るとみんないい大人になって、業界で活躍中だったりして笑える。
私にしても「なんだこのファッション!バブリー!」と爆笑!

きっとあと何年も見ないと思うけど、たまに見ると面白いもんだわ。

これは24年前。当時の私(笑)↓ ソバージュ!!!
e0039323_12245165.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-04-18 12:25 | 音楽 | Comments(0)

春!麹!小さな命と仲良く!

桜の花も咲き始めました!
家族の笑顔と地球の笑顔を考える[食育と環境のための講習会]
またまたやりますよ~!


第1部
≡「麹」で春を味わいましょう≡
いろいろな事が新しくなる春は、心も躍るけれどちょっぴりお疲れ・・・「麹」の力を借りれば、簡単に免疫力UP!!そんな楽しい手抜きメニューを一緒に作ってみませんか?


第2部
≡米のとぎ汁EM発酵液利用法≡

米のとぎ汁EM発酵液の魅力は本当に奥が深いんです。第1部のお料理でも、利用法を紹介します。「麹」も「EM」も微生物・・・目には見えない小さな命との共生を楽しんでください。


日時  4月20日(金)10:00~13:00
場所  荒町市民センター調理室
参加費 1000円(定員20名)
持ち物 エプロン
お申し込み・お問い合わせ
LOVE☆LIVE☆LIFE☆JAPAN
rock-stars☆nifty.com(☆を@に変えてお送り下さい)
[PR]
by chandra-k | 2012-04-15 12:15 | セミナー | Comments(0)

自己投資 学ぶこと

「何かを得るためには何かを手放すのを恐れちゃいけない。
何かで自立するためには学ぶ必要があり、
そのためには自分に投資するのが当然だ。」
と、私は十代の頃から強く思っていた。

そのせいか何かを失うことがそんなに恐くなかったし
失ってもあんまりがっかりしなかった。
きっと新しい何かを得られるのだと思っていた。

自力でやらなくてはいけないことは絶対あるから、
それ以外のもので教えてもらった方が早いことは遠慮なく教えてもらい
そのために必要と思ったら、自分に投資することに迷いはなかった。
身についたものは一生もので誰にも奪えないから。

だからアナウンサーで自立しようと思ってた私は
大学1年の時、すぐにTBCアナウンス学院入学を決め
受講料をアルバイトして作った。
(やがてそこで講師をするようになり、プロを育てるようになった。)

18歳の時から放送業界でアルバイトをし、大学卒業と同時にフリーとなり
ずーっとこの業界でやって来て、
さらに同時に宇宙真理等を約10年学び、今はセラピストも育てている。

そんな中、今まで色々と自分の大きなテーマをクリアしてきたけど
まだ残ってるテーマがいくつかある。
それが感情のこととお金のこと。
どちらも自分の中にブロックがあることはずっとわかっていた。

感情に関してはブログに何度も書いてきた。
そしてお金に関しては、愛のエネルギーであると頭では知っているし
大分イメージの変更が出来たけれど、トラウマみたいなものが若干残っている。

たしか8年位前に大津先生が私のサポートのために2枚絵を描いてくれた。
1枚はマリエル。(当時の私の天使名というかエネルギーの名称)
もう1枚は大黒様の幸せの十字の絵。
マリエルの方は、私が成長して別のエネルギーになったら(名前も変更)
色がすっかり褪せてサポートを終えてしまったのに対し、
大黒様のほうは未だにくっきり彩色され全然色が変化していない。
まったく同じ時に描かれたものなのに!

てなわけで、自分の課題をクリアするきっかけになるものをネットで探した時
ヒットした「MOVEコーチング」を受講してみた。
共感力と感情にアプローチするっていうのが自分に合ってるんじゃないかという直感で。

そうして受講してみると!
体を使いながら感情のシステムにアプローチする方法のメソッドがあり、
ワークの中でハグしたりダンスをしたり、イメージワークする。
音楽を使用して! しかもロックをかけていた!

私自身ロックをかけてフリーダンスのイベントをやっていただけに
私にピッタリ!
自分の方向性の確認も出来たし、やり方が明確になってきた。

私が今までずっと学んできたことは中心になる真理で、すべてに通じ、
あらゆることの根底となることであることをあらためて確認出来たし、
どんなものにも応用がきくのはよくわかっているけれど
あまりにも中心の真理で(摂理そのものなので)、
展開には様々なツールが必要だと感じていた。

そんな中で受講したこの体験型セミナーはスキルが多く、
「キラキラの大人を1人でも多く増やすのが目的」と目指す方向は共通であり、
しかも「ここだけの秘密だから口外しないで!」みたいな閉鎖性は皆無で
「スキルはどんどん使ってかまいません」というオープンマインドが嬉しい!
クライマックスに向けて感情をどんどん盛り上げていく手法はロック的!
楽しかった! 

やっぱり自分の直感は間違わないなぁ!

さらに!もう一つのテーマをクリアすべく
東京で行われた「億万長者専門学校」のセミナーにも参加してきた。

こちらも参加型ワークで、やっぱり感情からのアプローチ。

お金がキーワードとして特化されてるけど、やってる内容は幸せで生きるための真理。

この二つのセミナーで集中して色んなツールを熱く学ぶことが出来た。
参加してよかった! 学ぶことは楽しい!

さあ、今度はそれが私の中に融合し、あらたなフィールド&メディアに変換が始まる。
[PR]
by chandra-k | 2012-04-14 00:56 | Comments(0)

内なるつながり

自分の中の繋がりについて。
先日の日記「同時進行のパズル」に共鳴してくれたコメントを読んで、さらに感じてみる。

このつながりは言葉でいうのが難しいとさんちゃんが言ってたけど、
本当に本当にそうなんだよね。

自分の中に確かにあるつながり。線引き。ある種のカテゴリ。
それはすべてのなかに浸透しているフィールドのように
とても大きなつながり。

けっして線のようなラインでひけるようなものではない。
シナプスのようなネットワークを構成しながら
同時にフィールドになっているようなもの。
だから言葉では表せない。
あまりにも情報が多い。まさに波動的なつながり。

もしかしたら繋がりという言葉も的確ではない。
最初からベースに実はあるけど、
私というアクセスキーをエンターすることで立ち上がり機能する
共通因子みたいなものかもしれない。

さやかさんがちょうどバシャールの言葉をチェックしていて
現実は鏡に映ったリフレクションであり、
それは内なる自分のヴァイヴレーションが映し出されたものとあった。
まさにそのとおりであり、鏡の中に映る現象を変えるには
私達の内側のバイブレーションを変えるしかない。
実態は鏡の中にあるのではなく、創造の源である内なるわたしであるから。

で、私のいう「繋がり」というものは、私という現象が、
現象界で個性という色あいを結晶化するためのガイドラインとなる
ブループリントに似たものかもしれないなぁ。

だからあまりにかけ離れたブループリントとアクセスキーだと
解析不可なのかも。
[PR]
by chandra-k | 2012-04-08 00:30 | Comments(2)

心と体の調和 病からのメッセージ

私は定期的にオステオパシーでメンテナンスしている。
オステオパシーとは何度かこのブログで書いているが
手技によって、骨格、筋肉、リンパ、血液、神経、内臓など
全身を調和のもとに調えてゆくもの。

例えば、耳が聞こえにくくなって頭痛に苦しみ
耳鼻科の医者に匙を投げられていた友人が頚椎を整えことで治ったり、
腰痛に苦しみ整形外科で手術寸前だった友人が
実は腰そのものには異常なく、上体の前傾やストレスが原因で、
それを調えることで手術回避出来たり、
実は人体力学の不調和によって起きている病状が沢山あったりする。


私の体はかなり優秀で、表面意識以上に
私の状態やエネルギーを敏感に感じ取り現してくれる。
意識のシフトアップやエネルギーの変化と共に肉体もかなり変化するのだけど、
その変化に時間差やギャップがあるため調整が必要になるみたい。
メンテの度にまるで別人の体になってると言われることがしばしば。

だから私は施術を受けながら、自分の中にあった変化を話し
それが体にどんな変化をもたらしたか尋ね、モニターし、チェックしている。
おかげで心と意識と体の関係が大分体感出来るようになった。

かつて私は意識と体を分離して考えていて
(意識が周波数を落としたものが体で、周波数が低いと誤解していた)
スピリチュアル分離感なるものを持ち、体をないがしろにし、
本当に大変な体の学びをした。

前世の浄化マニアになって咳のし過ぎで肋骨骨折してみたり
チャクラの回転をおかしくしたり、チャクラを変形させたり、
声が出なくなったり・・・・

まあ色々やったおかげで今では体に感謝し、
すべての調和が大切だと心の底から感じられるようになった。
(その割には、運動と食事分野がまだまだだけど。)

心と体の関係。意識との関係。
病気や体の変調が教えてくれること、メッセージ。
ギフトとしての病気。病気がつくられる仕組み。
そして様々な療法・・・。

今の私は体験をとおして様々なことがわかるようになった。
事実、高次元においては病気はないとしても、
病気を通して学んでいる以上、西洋医学も東洋医学も、代替療法も
あらゆるものがその手法を補いあいながら、総合的に調和をもたらす。

肉体と意識が多様である以上、それに応じてベストな組み合わせがあるだろうし、
その関連性を多角的に知ることは有効なのだと思う。
実際私も、自分のヒーリングと、オステオパシーと、西洋医学他
色々組み合わせている。
心と体と魂の仕組み、関係、調和を知るのはとても楽しい!


ところで「癒す心、治る力」という著書があるアンドルー・ワイル博士は
あらゆることを網羅した総合的な医療・治癒を研究している人。
著書を読んだ時、その守備範囲の広さは驚きだった!

「地球交響曲第七番」でも知られるけど、残念ながら私は予定が合わず
まだ見ていない。

そのアンドルー・ワイル博士の愛弟子という
メディポリスがん粒子線治療研究センターセンター長代理 
原田美佳子氏の仙台講演会が来週行われる。

「どんな病気にも意味がある!
 病からのメッセージを聴き、それを活かすとは」

4月12日(木)朝の部10:00~12:00(ハッピーウーマン仙台サロン)
       夜の部19:00~21:00(メディアテーク7階会議室)

どんな話をしてくれるのか楽しみ!
本当は午前中行きたいけど前日東京で泊まりになりそうだから
夜の部に行こうっと!

興味のある方 詳しくはハッピーウーマン
http://happywoman.at.webry.info/201204/article_1.html
[PR]
by chandra-k | 2012-04-07 00:49 | Comments(0)

暴風の中野球観戦!

昨日Kスタでの楽天イーグルス今季初野球観戦はなんと暴風の中!
いやぁ~すごい風だった!
しかもものすごく寒いっ!

どんな天候でも楽しめるし、
極端な状況だとますます面白がってしまう傾向のある私は、
突然吹く突風に「うわぁ!」とか言いつつ笑っていた。

午前中はは爆弾低気圧のせいで暴風雪!
雪が真横に飛んで、ビル風で飛ばされそうになりながら
CMを読むため仕事に行く時だって自転車をかっとばしていた。
なんて私って向う見ず!

そして午後は球場へ。
本当は試合中止になるかなって思ってたのにやるというので、
ま、途中中止になってもいいからどんなもんか行ってみた。
風が強いからやめるか?という夫の意見もあったが
「こんなのめったにないから行こうよ~!」と私。

いつもビジター側の外野指定でのんびり観戦するのだけど、
今年からライト側レフト側行き来自由になったというので、
外野自由を購入し、あちらこちらを移動しながら色んな角度から観戦。
平日デイゲームですいているので出来るわざだ。
とはいえ、こんな悪天候にもかかわらず1万2000人以上入るというのは
すごいぞ楽天!

さて暴風の中はたしてまともに野球出来るのか?
と思ったら、数回風でフライが捕れない事態もあったけど
ほとんどは風で流されてもちゃんとフライをキャッチしていた。
さすがプロ! 風を計算して守備をする姿に感動!
こういうのって、やっぱり生でみないとわからないよね。

そしてこういう天候だからか足をからめて走る走る!
盗塁もすごく多かったし、ファインプレーもあって楽しめた。

あ、それからハウザーの登場テーマが
ブルース・スプリングスティーンの「ボーン・トゥ・ラン」というのに
思わず夫と顔を見合わせて笑ってしまう。
小山は前はガンズ・アンド・ローゼズの「ウエルカム・トゥ・ザ・ジャングル」だったけど
今はメタリカの「エンターサンドマン」
ラズナー登場はヨーロッパの「ファイナルカウントダウン」から。
大音量で聞くのはテンション上がる~。

そして最後は戸村投手のプロ初勝利!
いやぁ~行ってよかった。

まあ何でもそうだけど、どれだけ楽しさを発見して味わえるかってことだよね。
[PR]
by chandra-k | 2012-04-06 00:02 | Comments(0)