<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「Hopeー星空プロジェクトに寄せて」珠ちゃんの二人展

珠ちゃんの旦那さまが亡くなった日から
珠ちゃんを想わない日はなく、
本当にひとごとではなく、
珠ちゃんを想えばせつなく、
肉体で側にはいられないけど、
幸い私はヒーラーなので、
意識ではいつも感じることが出来るので、
毎日珠ちゃんを想いながら、意識でそばにいる。

その時々で珠ちゃんは不思議な感じで
スカスカエネルギーがすり抜けてしまったり、
珠ちゃんがいなくなっちゃったり、
色々だったけど
今日遠隔していたら、リアルに肉体から痛みが出てきた。

それは確かに大変痛いけれど、
そこに肉体の珠ちゃんがちゃんといた。
今はつらいけれど、やっとここから始まるね。(泣)



珠ちゃんは、その人の魂が向う少し先を指し示し
そのサポートとなる絵を描いている。
それは珠ちゃんが示すというよりは
その人の中にあり、本人がまだ自覚する前の、
かたちになる前のエネルギーを読み取り、
本人が受け取りやすいかたちにしている。

私は珠ちゃんの絵が大好きで、
私の現在のトップページにある絵は
珠ちゃんが私のエネルギーを描いたもの。


その珠ちゃんの絵の展示が始まる。
これは前から予定されていたもの。
震災の日3月11日をはさんで。
311星空プロジェクトの想いと珠ちゃんの絵がひとつになって
見る人は勿論だけど、珠ちゃん自身の希望のあかりとなるね。




MONIKA KUROKAWA & TAMACO MAEKAWA 2人展
「Hopeー星空プロジェクトに寄せて」

楓屋カフェ&ギャラリーにて

〒981-3212
仙台市泉区長命ケ丘2丁目21-1ロイヤルメゾン泉101号
(宮城学院向いのショッピングセンター街の中)
tel 022-777-5201

3月4日12時から3月17日17時くらいまで



~以下珠ちゃんの文~    

Monikaさんは仙台在住のドイツ人で、
シュタイナー学校卒業の生粋のシュタイナーガールであり、
ルソー風の独特の世界観を持つ絵を描いています。
今回は私がかかわっている星空プロジェクトに参加する形で、
その関係の絵を見ていただくとともに、
彼女が震災直後に描いたすばらしい絵本「Hope」を皆様とシェアしたくて、
企画しました。

だからテーマは「Hopeー星空プロジェクトに寄せて」です。

わたしたちの記憶に残るあの日の星空に祈りを込めて
本当に大切なものをきちんと大切にしてゆく決意を新たに
希望を、子供たちに残したい未来を
まずわたしたちの心の中に、
絵を通して、一緒に、つくる作業をしていただけたら
これに勝るしあわせはありません。

わたし自身まだ希望というには程遠い感覚をもっていますが、
でもそんなわたしでも、はじめることくらいはできると思うのです。
今のわたしにはじめられるなら、たぶん誰にでも、できるはずです。

みんなでみる夢は、きっと現実になる。

仕事の都合上、わたし自身は4日と17日の限られた時間しかいませんが
よかったらぜひいらしてください。

なお、お店は12時から夜8時まで。

月曜定休。

充実したカフェメニューが魅力です(*  ̄▽) 



311星空プロジェクトの絵は珠ちゃんの作品です。
e0039323_2347128.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-02-29 23:47 | Comments(0)

銀婚式

母が電話の向こうで「銀婚式だね。」と言った。私「へ?」
母「結婚25年でしょ。」私「え?23年位じゃない?・・・あ、25年だ!」

結婚記念日は忘れてはいないけど、もう25年経つとは気づかなかった!
結婚したのは62・2・26と2と6が並んだ日。(西暦だと1987だけど)

じゃまにならないようにと、小さなプリザーブドフラワーを両親がくれた。
天使が小さな光の珠を持っている。

そっかー、25年かぁ~。結婚前は7年半付き合っていたので32年半!
こんなにも一緒に過ごして来たのかと驚く。

一緒に音楽を聞いて、音楽の話や野球ネタで笑って、と
やってることはその間あまり変わらないけど、
私の世界の見え方はものすごーく変化し、
夫に対する想いの深さもとーっても変化した。

夫がいなかったら今の私はいない。嘘偽りなく。
全身全霊で私の学びに協力してくれている夫に心から感謝している。
その深い関わりは幾つもの人生と魂の変遷を経て。

魂は、命は永遠であると知っているけれど
同じ時空で、この環境で、この設定で、この姿で出会うのは
たった一度だから、そのかけがえのなさをかみしめる。

ありがとう。一緒の人生を。
e0039323_2259147.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-02-26 22:59 | Comments(0)

実は左利き? キネシオロジーで判明!

なんと!実は左利き!? 右脳優位。
キネシオロジーのセミナーで判明。

子供の頃に気づかないうちに矯正されて、みんな右利きと思ってるけど
実は隠れ左利きが沢山いるんだって!
でね、手首のくるぶし(?)の骨が出っ張ってる方が利き手のことが多いそう。

私・・・明らかに左が出っ張ってる!

一緒にセミナー受けてたひろみんに
「だって徳ちゃん腕出してって言ったらすぐ左手出したし!」と言われる。
ああ、確かに!
そんで色々思い出してみると、パンやさんに行くと私はいつも
トレイを右、パンばさみを左手に持ってるなぁ。
買い物も左手で取ること多いかも!
右手と左手を同時に左右対称に動かすのも簡単。
で、訊いてみたら私は完全右脳優位なんだって!
ずっと左脳人間だとばかり思ってたぁ~。

ってことは、子供の時から本来優位の右脳の発達をブロックしてたってことか?
それはそれで私が選んだ学びだったのかもね。


さて、キネシオロジー。
前からOリングをはじめ、腕を使う筋肉反射テストは利用していたが、
もっと色々深く学んでみたいと参加したのがキネシオロジーの
3日連続のセミナーだった。

講師はキネシオロジスト齋藤慶太氏。
一言で言うとめっちゃ面白い!
どこがというと、ちょっとアウトローなところ。
いいと思ったものを貪欲に取り込んで、
ぶつかろうが、軋轢あろうが、型にはまらず
心のままにまっすぐにピュアに進んでいく感じ。
またも一言でいうとROCK的!
笑。ロックは雑食だからね。

ああ、そういえば齋藤氏は言ってた。
「雑誌の投票で大好きなアーティストNO.1、大嫌いなアーティストNO.1を獲得したプリンスをカッコいい!と思って、俺はプリンスになるって思った!」って。(笑)


まず初日。いきなりホロスコープの話で始まる。
地球から遠い星(天王星、冥王星、海王星)が動く時
大きな変化が訪れるなど。
ちょうど動いた時刻が東日本大震災のまさにその時だったりして衝撃!

でも考えてみれば私達も地球もすべてはこの宇宙の営みの中にあり
完全なる摂理・秩序の中で運動しているのであり
それぞれのエネルギーの関係性から様々な事象が起きているのだから
あたりまえといえばあたりまえなのだと思う。

そして宇宙の一部、一滴である私達、
私達を構成する身体は宇宙の星星と同じもので出来ていて
私達の身体のすべてが同じ摂理の中で運行している。

だからこそ私達の身体には宇宙と同様の情報が沢山詰っている。


私達の身体の中の深い声に耳を傾けること、感じることは
宇宙を知ることであり、真理に通じるということなのだなぁ。


ってなわけでキネシオロジー。
身体を通して様々な情報、智慧を紐解いてゆく。

特に慶太氏はカイロプラクティクやオステオパシーもやっていたそうで
なるほどなぁとうなづける。
さらには音叉やオラクルカードまで動員して、
要は出来ることは何でもやって辿り付きたいところを目指してるんだな。
もう全力で唾を飛ばしながら前のめりで語り続ける熱い男!
自分の生い立ちも体験も何でも赤裸々に語っちゃう!
ま、そのへんがロック的で面白いところ。

さてさて二日目のメニューはほとんどブレインジム。
脳の働きを学び、肉体との関わりや、意識との関わりを学び
活性化させるために効果的なトレーニング(運動)をする。
動くととーっても気持ちいい!

ひとつ思ったのは大脳辺縁系は生後15ヶ月~4歳の間に成長し
その時に感情が発達するというけど、
その時期に祖父の死が受け入れられず感情をシャットダウンし
反抗期を無くしてしまった私は、ここで右脳の感情の発達が
阻害されたのかもしれないなぁ。


そして三日目は視力改善。視力低下の原因をあらゆるところから探る。
そして効果的なエクササイズ。


慶太氏は触れただけで微細な筋肉反射を読み取り、
あとはリーディングも併せてセッションを見せて下さった。
私の身体はかなり性能がいいので、セルフチェックの反応が
とても明確に出るので今後色々使えそうだ。いやすでにもう使ってる。


てな感じの三日間。
三日も連続で時間がとれるのは私には珍しいので、これもご縁なのだろうな。
面白かった!
[PR]
by chandra-k | 2012-02-18 23:55 | Comments(0)

話題の塩麹クッキング!

「食育と環境の講習会」テーマは今話題の塩麹!

これからますます大注目の菌のちから。
チーム・かもし(発酵)の今回のセミナーでは
麹菌とEM菌にスポットライトをあてて、
先人の知恵を私達の生活により気軽に、より楽しく取り入れます。

〇塩麹クッキング
  塩麹の作り方 人参ご飯
  季節の魚と野菜の塩麹料理
〇EM発酵液の活用法
  料理に取り入れる
  節約とエコに利用する

2月15日(水)10:00~13:00
荒町市民センター調理室

参加料1500円 
持ち物 エプロン、米1合
300g位の塩麹がお土産になります。

お申し込み rock-stars☆nifty.com
(☆を@に変えてお送り下さい)



ちなみに前回の「食育と環境の講習会」は12月でした。
スポンジ・ケーキは豆乳カスタード・クリーム.
ふわっふわっのスポンジで、しっとりしていて驚き!
クリームも優しいヘルシーな味!

さらにスモーク・サーモン、えびを沢山挟んだサンドイッチに
豆腐とクリーム・チーズで作ったディップをかけて豪華!
このディップがたまらなく美味しかったです!

EMの勉強をしつつ、内容充実の大満足ランチになりました!

今回もお楽しみに!
e0039323_0105161.jpg

[PR]
by chandra-k | 2012-02-12 00:09 | Comments(0)

世界が一歩近づく アショカ東北ユースベンチャー

アップが遅くなったけど1/28に開催された
アショカジャパンの東北ユースベンチャーキックオフフォーラムに参加した。
(こちらの記事参照
100人以上の人が参加して大盛会。

午前のプレゼンテーションでは米イエール大学3年生のセジャル・ハティさんが
まずゲストスピーカーとしてスピーチした。
とっても小柄でチャーミングで、ナチュラルなたたずまいで、
どこからそのパワーが出てくるのか!という感じの女性だった。

その講演をちょっとだけ紹介しよう。

彼女は拒食症で、心も体もボロボロでどうしようもなかった時、
ある少女との出会いによって世界の見方ががらりと変わったという。

そして彼女は
「若い女の子は摂食障害や欝や希望を失ったり等の問題を抱えるけれど
それは自分の力を信じていないから。
本当は1人1人に特有の力があって、それを互いに尊び、
お互いにサポート出来る世界を創りたい。」
という想いからGIRLS HELPING GIRLSという組織を立ち上げた。
それはセジャルが15歳の時のこと。
彼女の原動力は夢と想いとアイディアだけだったけれど
数千人の若い女の子達が賛同した。

そんな時彼女はアショカのウェブサイトをたまたま見つけ
自分達のミッションや目的、組織形態などその想いを
言葉に落とし込んで明確化し、まわりに働きかけて行った。

アメリカの女の子達が途上国の女の子達と文化交流したり教育をするなど
色々なプログラムを考え、仕組みを整えたり、
アジアとアフリカの少女の教育資金を集めたり、
途上国での若い女性の収入を生み出すベンチャーを立ち上げたり、
若い女性にビジネスのためのローンを提供したり
インドとバングラデシュで人身売買の犠牲者だった女の子達に
アート関係のリーダーシップトレーニングを提供したりと
様々なプログラムや仕組みを立ち上げて行った。

このチームが支えてきた女の子達は3万人を超え、
それによって実際会社を設立した女の子も沢山いる。

例えばナイジェリアに住む19歳の女性は、12歳の時に
未成年の強制結婚という国の慣習を拒絶し、二万人の女の子を引き込んで
この慣習をやめさせることに成功した。

セジャルは言う。
「私は若者が世界を変えることが出来ることを信じているし、
その実例をこの目で見てきました。
私達みんなが団結して力を合わせれば、必ず出来るのです。
自分以外の人にリーチアウトすることによってお互いの力を引き出し、
夢や希望が湧いてくる。そしてそれらを一緒に磨き上げ、
膨らませていくことが出来ると経験が私に教えてくれました。
何かを変えるということは自分自身を変えること、
自分自身の心と気持ちから始まるということ、
そして人との関わりや何かを一緒にすることによって花開いてゆくということです。
そして花開いたものを長持ちさせるのに必要なのは、粘り強さ、信念、
導いてくれる仲間、そして失敗から何度でも立ち上がる強さです。」

彼女は大学で生物学を学びながら、その活動を現在も続けている。
どちらも彼女にとってとても大切なものだから。

まさに想いと行動が世界を変えてきたという実証例だ。
「こうだったらいいのに」ということを思う人は沢山いるけれど
実際世界に働きかけないと世界は変わらない。
でも行動すれば確実に世界は動くのだ!
彼女の内側から湧き起こった情熱にとっても共鳴して感動した!


セジャルさんの後は日本の若者からもプレゼンがあった。
PAWの西川さんと林さんというとっても可愛い大学生と高校生。
動物が大好きな彼女達は、ペット達が年間24万頭も殺処分されていることに
心を痛め、ペットが単なる商品として扱われたり安易に捨てられている状況を
改善するための方法の一つとして、学校の授業で現状を知ってもらったり
するなど認知を広げてゆく活動をしている。

こんな風に身近なところに沢山の「なぜ?」や
「ここがこうなったら」等の気づきがころがっているんだね。
彼女達の素直な感性が共感を呼ぶ。


さて当日最後はアニメーション脚本家の佐藤大さんがファシリテーターとなり
「東北の未来のために何が出来るか」のワークショップが行われた。
その熱さがとってもワクワクした~。

自分や仲間という「内側」からチョイス・チャレンジ・チェンジしたものを
社会や世界という「外側」にコミット・コミュニケート・コミュニティと
してゆく。
その流れを阻害するのがいつの間にか出来てしまった「世間」という壁。
「世間が・・・」というが世間っていったい何!?
そんなものは実在するのではなく、自分が勝手につくりあげ、
自分でフィルタリングしてしまっているだけ。
そのフィルタによって可能性の保留を起こさないためにどうしたらいいのか。

人から何を言われても好きと言う!
世間を変える気持ちで自分を変える。
「好き!」って言うと世界は一歩自分に近づき、
「嫌い」というと遠ざかる。
嫌いって言うのは簡単。
でも好きなものはどうして好きなのか伝え続ける。
そして共感が生まれ、シェアして、パワーとなる。

大さんのワークショップは自分の可能性を信じる力を目覚めさせる。
まるでアニメの主人公のように自分にパワーが与えられる感じ。
思わず「そうだ!世間がなんだ!」と拳を上げたくなる。(笑)
とても刺激されてエモーショナル!
若者達は勇気が湧いてきたのではないかな。


さてこのキックオフフォーラムが終わって、これからは県内で
説明会やワークショップが開かれる。
交流を深めながら何をやっていくのかを考える機会となるので
若者の皆さんは是非お友達と参加してね。
大人の皆さんも、ぜひ支援者のひとりとして参加を!

さしあたって
2月11日(土) 9:00~12:00
 場所:FiveBridge会議室(仙台市青葉区北目町4-7HSGビル)

2月15日(水)19:00~22:00
 場所:仙台市市民活動サポートセンター(青葉区一番町四丁目1-3)

参加を希望される方は、TOHOKUYV@gmail.com までメールを!

なおアショカのユースベンチャープログラムはこちら
 
[PR]
by chandra-k | 2012-02-09 23:39 | Comments(0)

エアロスミスで英語を学ぼう!

毎回大好評の「ROCKで英語を学ぼう!」シリーズ
今回はエアロスミスです。
みんなで楽しんでやってるのでそれが伝わるのでしょう。

いつものように出演は英会話スクールSTAGE LINEの
スウェーデン出身のアクセル先生と日本人のコータ先生。
アクセル先生はメタル、ヘヴィロック好き。
マニアックな情報もさりげなく紹介。
ハイテンションのコータ先生はとってもわかりやすく解説。

放送は本日2月5日(日)24:00~
Date FM「ロックンロール黄金時代」

リクエスト曲&特集リクエストは rrg@datefm.co.jp までどうぞ。

只今全国からPCで聞くことが可能です
     →http://fukkou.radiko.jp/ 

e0039323_0434698.jpg
 
[PR]
by chandra-k | 2012-02-05 00:49 | 音楽 | Comments(0)