「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

栗駒ヴォイスと子供達の感想

1週間前に栗駒でワンディ・ヴァイヴレーションヴォイスセミナーを行った。
実は3月末に予定していたセミナーに若柳、栗駒から
参加申し込みをいただいていたのだけど、震災があって延期。
その後、夏休みに私がそちらに行きますよ~♪ってことで
弘子さんが栗駒でセッティングをしてくれた。

褒めあうところでは、いつもはグループ分けするのだけど
限定8人中弘子さんのご家族が5人参加だったので
(弘子さんとご主人、お嬢さん、弘子さんのお母さん、義理のお姉さん)
全員でやる。

家族同士で普段は面と向って言っていない言葉と想いを交し合うので
そばにいる私達が感動して胸が熱くなる。
やっぱりいいなぁ~。

ヴォイスセミナーは声のセミナーだと思ってる人が多いけど
想い、心のセミナーなの。

弘子さんのお母さんと義理のお姉さんが栗駒までわざわざ来てくれたと
至れり尽くせりで、とーってももてなして下さった。
本当にありがとうございました!



ところでヴォイスセミナーといえば7月はじめに小学校で開催し
約100人の子供とお母さん方が参加して下さったと
以前ブログに書いたが、その後約100人の子供達の感想が届いた。

「言葉のちからはすごいんだと思いました。
言葉づかいが友達や自分や食べ物にこんなにえいきょうしているとは思いませんでした。」
「短い言葉や気持ちだけでも人に伝わるということをはじめて知りました。」
「たとえ声を出さなくても心でつうじあえることを知りました。」
「見えない言葉が相手に伝わるというのは、最初うそだと思いましたが
ホントでした。とても楽しいじゅぎょうでした。」
「言葉は何に、誰に伝えるかによって変わるのがよくわかりました。」
等嬉しいコメントが一杯。

子供達に伝わったようで本当によかった。
それともうひとつ嬉しいことがあった。
そのセミナーの翌日から早速先生の言葉が変化したと知らせてもらった。

先生も感じて下さったのはもちろんのこと
それをすぐ行動に移して下さったことで、それを感じた子供達が
自分もすぐ実行しようって思うようになるはず。
即行動で示すことが出来る先生って本当に素晴らしいと思う。
感動!!!

言葉や想いの力、エネルギーを知ることで行動が変化する。
小さな一歩かもしれないけど、これによって少しずつでも
お互いを思いやり、お互いを輝かせる世界に変化していけば嬉しい。
これからの未来を担ってゆく子供たちならなおさら。




依頼していただければ喜んで学校に伺いますので、
学年委員をやっている皆さん、是非企画してお声掛け下さいね。
[PR]
by chandra-k | 2011-07-31 00:17 | ヴォイスセミナー・ワーク | Comments(0)

EM石鹸とアンパンマン

今日はえこちゃんの家で久々EM石鹸作り!

えこちゃんの家は日本家屋で、庭にはかぼちゃが実っていたり
とうもろこしが実っていたり、えこちゃんの愛がいたるところにある。
えこちゃんがニコニコしながら生活してるのがとーってもよくわかる家。
風も通ってほんとうに気持ちがいい!

台所で6人で石鹸作り。
我が家で使っている石鹸がなくなって来たので、おお張り切り!
のくせに、私は完全に作り方を忘れている。
えこちゃんが説明してくれるのを口ではリピートしてるけど
覚える気がまったくない私~♪
だって私絶対一人で作らないも~ん!
やっぱ石鹸はみんなで作るから楽しいんだもんねーっ。
そしてみんなでやる時はきっとえこちゃんやマキちゃんが仕切ってくれるし~。

石鹸作りながらわいわいおしゃべりするのが楽しいんだよねっ!

えこちゃんが色々試してお勧めの配合でやってくれて
高級ゴマ油も入れたので、なめらかでいい~感じに仕上がった。
あとは固まるのを待つのみ。
えこちゃんありがとう!!!

夕方ご主人がお土産を持ってご帰宅。
なんとアンパンマンの「ジャムおじさんのパン工場のパン」
かわいい~っ!

そういえば、アンパンマンミュージアムがオープンして
その近くを通ったら、子供達がアンパンマン風船やら、
アンパンマンリュックやら、アンパンマンよだれかけやらしていて
アンパンマンだらけ!
みんなみんな幸せな笑顔で歩いているのだった!

このアンパンマンミュージアムの計画を聞いた時は
「仙台に必然性ないんじゃないの?」とか
「鉄砲町や二十人町は昭和の面影が残ってるのだから、
それを生かす街づくりをしたほうがいいんじゃない?」
なんて思っていたのだけど、
大震災があり、ラジオからアンパンマンの曲が流れたり、
子供ばかりか大人もアンパンマンに勇気づけられたりして、
さらにこうして笑顔の子供達を見ると
愛の復興の象徴になってくれるのかもしれないなぁ~
なんて思ったのだった。

ちなみにパンはとっても美味しかった!!!
ごちそうさまでした!
e0039323_2351681.jpg

[PR]
by chandra-k | 2011-07-30 02:34 | Comments(2)

Free Dance + More

超五感カフェ&ギャラリー PANGAEA(パンゲア)で
昨日フリーダンスを開催した。

ご参加下さったみなさん!ありがとうございました!

楽しかったねぇ~
やっぱり音楽を大音量でかけながら心のままに踊るのはいい!
PAはマサキ君がひきうけてくれた。
ありがとう!

今回はダンスの前後にロックの詞の朗読もした。
やっぱり私は音楽(ロック)に乗って詞を読むのが好き。
番組では詞だけを紹介した後でその曲をオンエアしているけど
私は曲に乗って詞を読み、曲を感じながら、曲を味わいながら、
その中に溶け込むのが好きなのだとあらためて思った。
そして、マイクが友達。
私はマイクを通して話すのが好きなのだわ。


さて、次回のフリーダンスは
大きな会場で、照明さんも入れてやります!
勿論大音量で!
みなさま是非是非ご参加下さい。



Free Dance + More
心と体と魂を解放して踊る。
無制限・無制約・全感覚解放系・完全参加型 Free Dance
 

日時 8月24日(水)19:00~(OPEN 18:30)
9月 7日(水)11:00~ (OPEN 10:30)

場所  仙台市市民活動サポートセンター地下 市民活動シアター(元ビーブベースメントシアター)
      022-212-3010
      (仙台市青葉区一番町4丁目1-3 地下鉄西5番出口そば
       東二番丁通・広瀬通角 docomoショップ隣のビル)
料金  大人1500円 子供500円 (被災地の支援に使用)

主催  NPO LOVE LIVE LIFE JAPAN (らぶ☆りぶ☆らいふ☆じゃぱん)
     http://ameblo.jp/lovelivelifejapan/

問合せ 代表 及川
  rock-stars@nifty.com
    http://ameblo.jp/golden-universe/

ナビゲート 及川徳子
  (date fm ロックンロール黄金時代パーソナリティ
  アナウンサー、ディレクター、セラピスト、ヴァイヴレーションヴォイスインストラクター)
 
  
☆フリーダンスにプラスして、及川が番組で行っているように詞を朗読する予定です。



<フリーダンスとは・・・・・・>

「フリーダンス」・・・音楽に身をまかせ、心のままに自由に踊る参加型ダンス。
従来あるダンスのようなステップや型などの決まりは一切ありません。

何の制約もないため心の中の動きに従うことが出来、抑制してきた気持ちを解放するなど
ストレスの解放や癒しにつながります。

踊ったことがない方は「恥ずかしい」という気持ちを持つかもしれませんが、
無理して踊る必要はありません。音楽を聞いて体を揺すっているだけでもOK!

最初と最後に及川がめい想の誘導を入れますので、
自然なかたちで音楽に入ってゆくことが出来ますし、
ダンスの後はめい想でクールダウンします。

及川徳子選曲による音楽(ロックが中心)に合わせて踊りますが、
流れを考えて選曲していますのでロックを知らなくても問題ありませんし、
激しい曲ばかりではありませんのでご安心下さい。

今までの開催では、子供からお年寄りまで幅広い年齢の方が参加。
最初「踊れない」とか「恥ずかしい」と言っていた方が次第に自分を解放し楽しんで、
最後には参加者みんなが「すっきりした」「かるくなった」「楽しかった」「気持ちよかった」
等と感想を語っています。

また一人で踊るのではなく、共に同じ空間をシェアして踊ることで楽しさが増し、
予想以上に自分を解放出来ます。踊りながら笑っている方や、泣いている方、
ハグしている方、手を繋いで踊る方、様々な楽しみ方をしています。

大震災の後誰もが心の中に沢山の気持ちを抑圧して過ごして来ています。
(被災が少ない方でも、何も出来ない苛立ちや罪悪感をかかえている方も沢山います。)

このダンスはフリースタイルであるゆえに、心と体のケアに有効です。
多くの方にご参加いただき、少しでも心と体が軽く、楽になっていただければ幸いです。

なお、参加費は被災地支援に使用します。
e0039323_2349137.jpg

[PR]
by chandra-k | 2011-07-28 23:51 | ダンス | Comments(0)

お願い! かもしてくださ~い!

先日はEMセミナーに沢山ご参加いただきました。
ありがとうございます。

前に少しブログに書きましたが、
被災地にEM発酵液やEM石鹸を届けるプロジェクトの件です。

微生物さんの力を借りて、少しでも重被災地の環境浄化に貢献出来るよう
みんなが心を込めて作った発酵液を8月5日石巻に届けます。

みなさんご存知のように微生物さんは生き物であり
作り手の意識によって出来上がりの状態や、働きが変わってきます。
私達が心をこめて育てたEM菌によって、少しでも悪臭が改善され、汚れが浄化され
調和した環境になりますように。

ということで、EM発酵液を作れる方は早速作っていただけますか?
そして8月5日より前にえこちゃんや、まきちゃん、久美ちゃん、珠ちゃん、私に
ご連絡下さい。
事前に集めて、それを届けます。

私達の作ったEM発酵液に重被災地で沢山働いてもらいましょう!


私もあっちゃんから精米したてのイキイキ米ぬかをもらい
早速かもし始めました~!
あっちゃんありがとう!

みなさんもよろしくお願いしま~す!
e0039323_21491177.jpg

[PR]
by chandra-k | 2011-07-21 21:50 | Comments(2)

クリスタルボウルとディジュリドゥとフィンドフォーン

毎日楽しいことが目白押し。
毎日色々な人と出会っている。

さて本日は遠藤園子さんのクリスタルボウル
YUKKIさんのディジュリドゥのコンサート。
倍音好きの私にはたまらないっ!

とくにディジュは映像では見たり聞いたりしていたけど
前から生で聞きたかったし、ましてやYUKKIさんが演奏するならと
即決で申し込んだ。

おひるねコンサートと銘うっていたので
「好きな場所で好きな体制で楽しんで下さい。」と案内があり、
後半はみんな畳に横になったりしてリラックスして楽しんでいた。
(完全に熟睡してる人も)

クリスタルボウルの響きは螺旋状に回転し、拡散しながら立ち上ってゆくので
立って聞いていると、その渦に一緒に溶けてゆくのでとても心地よい。

ディジュリドゥはオーストラリアのアボリジニに伝わる楽器で
シロアリに食われて筒状になったユーカリの木から作られる。
演奏ばかりでなく、部族の長老やメディスンマンがその音を聞かせることで
病人を癒したりもしていたそう。

映像で見たディジュは低音が倍音と共に響くといった印象だったけど、
実際に聞いたディジュの口からは、沢山の生き物達が後から後から出てきて
地面(畳の上)を飛び跳ねながら歌い踊ってるみたいな感じがした。
思わずきょろきょろしてしまう!

後でYUKKIさんが「亀の話」を語っていたと教えてくれた。
物語が語られたり、歌われ、音霊言霊として届くことが
とてもリアルに感じられた。

そしてクリスタルボウルとディジュリドゥを一緒に演奏すると
その倍音が絡まりあい、響きあって部屋中、いやそこから世界へ広がってゆく。
なんて気持ちいいんだろう。

そしてあたりまえなんだけど、園子さんとYUKKIさんだからこそ
このうっとりする空間を創りだせるたのだと思う。
だって音楽はその人そのものだから。
しあわせ!
e0039323_23571593.jpg


さてさて、今日のイベントはこれで終わらないっ!

その後はフィンドフォーンの集い。
フィンドフォーンとは日常に根ざしたスピリチュアリティ、
自然との調和・共生を大切にしているスコットランドにあるコミュニティで、
全ての人・物に存在する「聖なるもの」を大切にし、
内なるものに繋がる道を受容しているところ。

創設者のアイリーン・キャディの本を持っているけれど、
はたしてどんなことをするのかさっぱりわからないまま
面白そうだから参加してみたら、これがとーっても面白かった!

園子さんがフィンドフォーンで覚えた歌や踊りをみんなに教えて下さり
みんなで歌ったり、踊ったり。
その歌が、踊りがとっても素敵!
これは体験するしかないのだけど、それぞれの存在を慈しみ、喜び、楽しむ
そんな各国の歌であり踊り。
素敵な意味があってそれも教えてもらった。
みんなで共有してゆく愉しみ。
アチューメントしたり、目をあわせて笑いあったり、手を繋いでみんなで踊る。
いつしかみんな笑顔がはじけている。

最後にエンジェルカードをひいて、シェアして、共にした時に感謝する。

今回はイネイトを学んでいる方が関西から多数ご参加で
美味しい天然酵母のパンまでいただいた! 
左の小指は発酵を促進する指なんだと教えてもらった。
(早速お米のとぎ汁発酵液でやってみよう!)
そのエネルギーで発酵が素晴らしく進んだというパン。
とーってもうまかったぁ!

今日も充実しまくり、とっても楽しい一日だった!
[PR]
by chandra-k | 2011-07-18 23:58 | Comments(2)

PLAY KENJI 「人や銀河や修羅や海胆は」

祭りは祈りなのだとあらためて思う。

多くの人が想いと祈りをよせる東北六魂祭の今日
その会場とほど近い錦町公園で劇団OCT/PASSによる
PLAY KENJI「人や銀河や修羅や海胆は」が行われた。
仙台の初日。
もちろん久美ちゃんが出演。

本当に感動した。素晴らしかった。
言葉を並べ立てるより、この言葉の中に含まれているその世界を
感じて下さいと言いたくなる。

言葉はあまりに情報量が少なすぎるなぁ。


公園が世界だった。

明滅するいのち。
私達はこの世界で明滅するいのち。

緑の陰に消えて行っても、そこにいないのではない。


めいめいが「ほんとう」と「さいわい」を生き
そのいのちを輝かせながら、紡ぎあい響きあって明滅する。

たまらなく愛おしく、すべてがかけがえがない。

それは祈りであり、喜びであり、慈しみであり、
賛歌であり、祝祭。

そこに世界を見ながら、
その深さと愛おしさに心が震えた。

久美ちゃんが語る台詞はすべてを集約し、
瞳が潤んで光っていた久美ちゃん同様私も涙。

私達はみな賢治。

さあ、あらゆることに瞳を輝かせ、感情を味わい、
笑って、歌って、踊ろう。

この地球に生まれてきてよかった。


明日17日も明後日18日も錦町公園で上演。
みんな見てね。
いいよー。さいこー。

胸のあるお父さんの久美ちゃんも
ヒゲあるお母さんも
ケンジも
フォンジューン(タイの舞踊と武道が合体)の土屋さんも
(本当に体の動きが美しい!)
みんなみんな必見。

今回は無料公演で、投げ銭公演だったけど
是非シアターなどでも再演してほしい。
[PR]
by chandra-k | 2011-07-17 00:25 | Comments(2)

ヒーリングドクター・セラピスト養成講座 基礎編(全5回)  

ヒーリングドクター・セラピスト養成講座 基礎編(全5回) 8月からスタートします。

以前お知らせしていましたが、詳細が決まりました。 

これはこれからヒーリングドクターやセラピストになりたい方のための講座。

また、すでに伝授を受けて意識の周波数が高くなっていても、真理を顕在意識で深く理解していないために、現象に影響され心がぐらつきやすい方や、学んだことを誰かに伝えたくても言葉でどう伝えてよいかわからない方のための講座です。

「実際感じること、体感すること」「心の使い方と真理の基礎を顕在意識で認めて理解すること」「自分を開いてシェアして共に成長すること」これがセットになることで、智慧を使い高いエネルギーをコントロールして三次元で有効に機能することが出来ます。

今まで私が学んで来たことをかみくだいてお伝えします。是非ご参加下さい。



①8月 1日(月) 原因と結果の法則、魂の統合、魂の約束、学びのしくみ 他 (研修室5)
②8月9日(火) 次元、周波数、見える真実の違い、エネルギー 他 (研修室1)
③8月22日(月) 真我と自我、肉体を持つということ、調和、幸せそのもの 他 (研修室1)
④8月29日(月) 自己探求、執着と自由、中心を定める、脳のシステム 他(研修室4)
⑤9月 5日(月) 自己信頼、行動と役割、創造、学びの段階、存在と慈愛 他(研修室5)

料金:受講料 1回 3.000円 (期間限定の開講価格)
場所:仙台市市民活動サポートセンター(サポセン) 研修室
     (仙台市青葉区一番町4丁目1-3 地下鉄西5番出口そば
       東二番丁通・広瀬通角 docomoショップ隣のビル)
時間:13:15~15:15 (受付 13:00)
     (15:15~16:45はシェアリングを行ったりします。
希望者にはヒーリングも行います。 3.000円)
   
☆この講座に伝授は含みません。(伝授は別に受けていただきます。)
☆テーマの内容はすべてが関わりあっているため、伝授希望の方はすべての講座を受けていただくようになりますが、日程の都合上無理な場合は、次回開講の講座を受講して補って下さい。(テーマは若干変更になる場合があります。)
☆すでに伝授を受けている方は、単発の受講が可能です。
☆全講座を終了した方には終了証をお渡しいたします。
☆次回開講は夜を予定しています。 

申し込み・お問合せ 
   tokuko-chandra-krishna☆docomo.ne.jp
   rock-stars☆nifty.com
    *☆を@に変えてお送り下さい。
[PR]
by chandra-k | 2011-07-11 23:15 | セミナー | Comments(1)

電気もガスも使わないしあわせレシピ

イギリス在住のマイミク・おせっちゃんのお友達いっちゃんが
とっても素敵なお料理の本を出版した。
いっちゃんってたしかさとりちゃんのお友達でもあったはず。
ブログでお名前は見かけていたので。

本日発売ってことだったので、アマゾンで買ってもよかったけど
近所の丸善で購入!
沢山あったよ!

「電気もガスも使わないしあわせレシピ」

そこにはいっちゃんことエリオットゆかりさんのあたたかな想いが
沢山入っていた。

「日本のために私ができること」

彼女が今回の震災を遠く離れたイギリスでどう受け止めて
日本にどんな風に心をよせてくれたかが伝わってくる。
それは直接いっちゃんのブログで。

この本の印税はすべて義援金にするそう。

電気やガスが使えない時でも作ることが出来る簡単お料理。
しかもみんなとってもおしゃれ。

私と珠ちゃんの場合(珠ちゃん仲間にしてごめん)
難しいレシピを聞いていると、途中で脳の回路がブチっと切れて
私なんてそこにいなくなってしまうで
混ぜるだけ、盛るだけのレシピは超~嬉しい。

しかも私だと、白いご飯のとなりに缶詰を缶のまま置いて
食べそうな勢いがあるので、
アレンジでこんなにゴージャスで美しくおしゃれな料理になるなんて
魔法のよう!

(けっこう缶詰やアルファ米のアレンジも出てくるの♪)

そういえば昔「青春の食卓」とかいうB級レシピ本あったなぁ。
それの缶詰使いとは雲泥の差。(笑)

同じものをいかに慈しんで楽しんでいただくかって
豊かさだよな~と思いながらも実践出来ない自分の食生活を反省。
そんな私へ「おいおい!もっと食べること楽しもうよ」って
いつも側で言ってくれそうな本だわ~。
しまわずに手元に置こう!
e0039323_20345550.jpg

[PR]
by chandra-k | 2011-07-08 20:35 | Comments(0)

祈りの祭り

今日は七夕。

サポセンに行ったら、市民グループの人が七夕を飾っていて
折り鶴がついた短冊を沢山テーブルに置き
「ぜひ願い事を書いて下さいね」と笑顔で声をかけて下さった。
早速書いて笹に下げて来た。

今日の河北新報には宮城県民230万人と全国の想いをつなぐ七夕のため
折り紙と短冊が印刷されていた。

今年の七夕は「復興」と「鎮魂」

みんなが想いをこめて鶴を折り、短冊にしるす。
それを送ってまとめられ、ひとつの大きな七夕飾りとして駅に飾られる。
みんなの想いがひとつのかたちとなる。


いままであたりまえに七夕祭りを見てきたけど、
七夕って祈りの祭りだったんだ・・・。

今年は復興を願って、
「東北六魂祭」が今月仙台で開催され、
8月の本祭りにさきがけて六県の祭りが結集する。

他の県の「動の祭り」に比べ
仙台の七夕は「静の祭り」なので
子供の頃から地味だなぁ~なんて思ってたけど
七夕ってとっても深い祈りの祭りだったんだなぁとしみじみ思う。

宮城県のあちこちで、まだまだライフラインも整わないところで、
避難所で、学校で、みんなが祈りながら鶴を折る。
まるでいたるところで、ぽっぽっと灯りがともるように
そしてその祈りが大きな輝きとなって世界を照らす。

みんなの折った鶴と短冊がひとつ集まっている七夕飾りを想ったら
胸が熱くなってきた。

折り紙はここからダウンロードも出来ます。

e0039323_2275690.jpg

e0039323_2282966.jpg
e0039323_229691.jpg

[PR]
by chandra-k | 2011-07-07 22:09 | Comments(0)

大津先生のお話について

珠ちゃんが描く絵も詩も文章も私は大好き!
それは珠ちゃんのブログやmixiを見てもらうこととして、
今回大津先生のお話について書いた日記の表現が
まさにまさに!という感じなのでここに転載させてもらうことにした。

とは言っても私にはよーくわかるけど
わからない人にはさっぱりか、ますますわからないかも。
それでもとても的確なので、コピペするね。

私の日記には大津先生の話が今までも、そしてこれからも登場するので
大津先生のことを知るガイドラインになるので。
(ホントになるのか? 笑)

わからない人には、さらに珠ちゃんの文を翻訳します。(笑)
では以下に。

**************

大津先生のお話について

よくここにセミナーの感想を書いているが、エナジーの感想ばかりで、お話の感想がない。

それは、お話の内容が、聞きなれたものか、もしくはまったく新しいもので、
耳にしても聞いているこちら側の経験値が貯まらないと、体に入ってこない
(聞こえていても、頭の中で意味をなさないというか)という性質があるために、

感想の書きようがないからである。

それって、いいことなのかどうかわからない。
宣伝上はあんまりよくないのかな。

それこそ、先生の話の内容が斬新で革新的だという証明でもあって、いかんともしがたい部分なのである。

どんな人の話でも、しようと思えば要約はできるはずなのに、腑に落ちないと説明できないし使えない。実に不思議だ。

だってそうじゃないですか?

わたしたちは、愛そのもの。

と先生はよく言うが、これは言霊であって、説明ではない。

愛ってなに?

男と女の愛?

親子愛?

国家への愛?それとも宇宙愛?

先生がいうのはそうではなくて、自己増殖する知恵の総合体としての愛でもあるし、人類単体としての一つの意識のあらわす、生命のダイナミズム、のようなものでもある。

って書くと、ほうらわけがわからない!

でも、それでいいのだ。

大津先生が「愛」といったら、↑を含むもっと超でかいものであり、それは大津先生ならぬ聞いている私たちが、成長することによって、はじめて自ら意味を獲得することができる。ようなものなのだ。そして獲得したからには、速やかにそれが使えちゃうのだ!

びっくり!

だから、そのお話のどんな説明も、説明にならないのである。
(もうこれからは説明されてわかったような気になるとか、説得される、ような時代じゃないのだそうだ。体感体得して、実行する時代なのだそうだ。だから直接かかわりあうー口伝で伝わってゆく秘儀のように・笑。ー必要があるようだ。)

100人の人がいれば、100通りの段階があり、100通りの受け取り方がある。

100の道を通って植えられた種は、その人が成長するちょうどいい頃合いをもって発芽し、美しい花を咲かせる。

なんでもない瞬間に、材料がすべて整って、「あ!」っと必要な場所にはまり、世界が新しい意味を帯びてそこに成立しているのを我々は知ることになる。

だからまかり間違ってこれを読んでしまったあなたも、いつか、チャンスがあれば、そのお話を聞いてみることをお勧めします。

なにをいってるかまったくわからない。

もしくは、当たり前すぎて、びっくりか。

いずれにせよそこでやめないで、繰り返し聞いているうちに、なぜか突然、あなたは新しい自分に出逢っていることに気づくでしょう。

そしてそのひとを、きっと、あなたは好きになる。

なんでか知らないけど(笑)

そういう仕組みになってるらしいです。
[PR]
by chandra-k | 2011-07-07 00:45 | 大津さん | Comments(0)