<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

懐かしい世界と出会い

久々の日記。
短い日記を書いてれば毎日更新するのかもしれないけど
書き始めるとついつい長くなる癖があるので
結局時間がないと更新出来ないまま時間が過ぎてゆく始末。
もう少し軽いノリで書こうかな~。
と思いつつ今日も長くなりそう。


5月に入って色々なことが展開し、毎日慌しい。
オステオパシーに行くと、驚く程毎週違う体になっていると驚かれた。
それもそうだろう。
色んなエネルギーが動いてるし、沢山の人にも会ってるし、
あらゆる面で変化しているから。

追って色々書いていこうと思ってるけど、まずは1週間前のことを。

21日のこと。
ネットで色々調べ物をして辿り着いたのがクリスタルボウルを演奏する
遠藤園子さんという方のブログで、
そこには多賀城の国府跡で被災地に祈りをささげ、
クリスタルボウルも演奏するというイベントのお知らせがあった。
「これに行きたい」と直感し、即決。

で、当日は朝からJRに乗り、一人国府に向ってとことこ歩く。
途中「壺の碑」に寄って、そういえば昔これを研究している方がいて
その俳句を朗読し録音したことがあったなぁ~と縁を感じる。

さて政庁跡では、クリスタルボウルが演奏されている間
風が吹いたり、突如雨が降ったり、陽が射したり、
響きに呼応するかのように空気・天気が変化して
それはやはり神聖なる儀式のようだった。
(後でわかったのだけど、なんと園子さんはエコちゃんのお隣さんだったの!)

政庁跡に孔雀の女神が宿った木があって(!)
今こそ心のままに生きるというようなメッセージを伝えられたり、
私に何かを伝えたかったらしい「トキ」というスピリットが光となって現れたり、
(でもいまだに何を言いたかったのかよくわからない)
参加者みんなで多賀神社にまわってお参りし、
「東北でばらばらにされた神なるものが、今こそ繋がって
本来の力を取り戻す時であり、一人一人が天命を果たすことで
それが繋がっておおいなるパワーとなる」みたいなメッセージを受け取る。
メッセンジャーはアメリカ ニューメキシコ州からいらした 
ヒーラーの後藤王重さん

そして何より面白かったのが、お互い単独参加だったひろみんと出会い、
すっかり友達になってしまったこと!
(瞑想会に誰もいない中二人が到着しての出会い)
初めて会ったのに初めての感じがしなかったのは仲間内では普通だけど、
イベントの後一緒に遅いお昼を食べ、色々話をして
お互いの手を近づけたら、一気に熱がガーッと伝わる!
互いのエネルギーの共鳴度がかなり高いのがはっきりわかった。
これは確実にお互いを知ってるはず。(過去生かな)

で、夜に私はイベントに行くけど一緒にいかない?と誘って、
結局そのまま夜24:00近くまで一緒に過ごすことになったのだった!!!

ひろみん出会えて嬉しかったよ~!


さて、その夜のイベントというのは
超五感cafe&gallery PANGAEA(パンゲア)というところで行われた
ASSEMBLAGE 芸術家集合?イベント。

トップバッターは主催者の千葉博之氏。
(実は偶然ってか必然で私が昨年結婚式の司会をさせていただいた。
奥様は番組リスナーでもあった)
オリジナル楽器?というかジャンクな楽器のようなものを使っての即興演奏。
実験的なノイズの洪水パフォーマンス。
空間がうねって歪んで侵食されてゆく。
ランプを持ってフードに隠れて登場した姿は
ZEPPELINの狂熱のライブに出てきた魔法使いのよう。

それと同時に目の前では即興ライブペインティングが展開されていった。

そしてベリーダンスのパフォーマンス。
狭い空間なので、美しくもセクシーな踊りと肌を
かぶりつきで見てしまうと、刺激的!
目のやり場に困りそうでありながら、実は目が釘付け!
圧倒されつつも踊りってこれだけで人を幸せにするものなのだと実感。

そして前回の日記にも登場のyukkiさんが今回はjaiさんと組んで
実験的即興演奏。
まあるい不思議な楽器はなんていうのだろう。
金属音なんだけど柔らかくて優しい響き。
心地よくて体が空間に溶け出す。
私はその発信源であるyukkiさんに完全ロックオンしている。
その波動に共鳴してすいこまれる。

さらにその演奏に乗って即興舞踏が展開。
そのいびつでいながらPUREであやういバランスのいのち。
なんだかとても懐かしい。
それはかつて高校生の私がのめり込んでいた
寺山と宇野氏が作っていた怪しげな少女詩集の世界に通じるような・・・。

そしてラストに登場したのは弾き我鳴リスト・千葉大三氏。
先週の私の番組は「キーワードはPUNK!」だったのだけど
まさにそれを地でゆくそのパフォーマンス。
本当にPUNKの人ってPUREなのだけど、
そのPUREさをそのまま現すことが出来ず、それをやろうとすると
「バカヤロウ!」になってしまう人種。
すんごくわかる。だから叫んでしまうのだ。
正面きって言うなんてとんでもない! 照れちゃうのだ。あーよくわかる。
私もかつてそうだったから。

「このイベント行きたい!」と思って行ってよかった!
予想どおり大変面白かった。
(同行者:珠ちゃん、久美ちゃん、ひろみん、マサキ君みんな同類。笑い)
なんかすごく懐かしくてなじむ。
私がよく知ってる世界。
帰ってきました!って感じだったなぁ。

私もいろんな振り幅で徹底的に色々なことをのめってやってきたけど
これからは、そのあらゆるものを本当の意味で統合する時なのだと思った。
私にしか出来ないブレンドで。融合・統合で。

ひとつのことを探求している時はある程度他のものを見ないようにして
中心を定めないと学べないところがあったけど
ある世界を否定するのではなく、定まったところではじめて
世界は統合され、深い輝きを放つはず。
私はどちらの住人でもあるのだから。
そしてどこからだって、どのやりかただってたどりつくことは出来るのだから。

さてまもなく始まる今日の番組
dateFM「ロックンロール黄金時代」は新作集。
新しい曲には新たなパワーがあるなぁ!
http://fukkou.radiko.jp/
[PR]
by chandra-k | 2011-05-29 23:39 | Comments(0)

キーワードはオーガニック

爽やかな風の中自転車に乗り、新緑をくぐって勾当台公園へ向う。
マイミクのyyukkiさんがやってるCoupieのライブを見るため。
野外音楽堂で行われているのは
NO MUSIC! NO SENDAI! NO MIYAGI!というチャリティイベント。

サウンドチェックをやっているところに到着。

「あっ・・・・音が・・・・・」
音が溶けながら空に昇ってゆく・・・・。
思わず空を見上げた。

ステージが始まってからも
木々に、葉っぱに、空気に、風に、空に
音が光の粒子になって溶けてゆく。広がってゆく。

私は何度も何度も何度も木々を、空を見上げた。
優しく振動している。
すべてが。私が。
ひとつに溶けて。

それ愛しいいのちへ、地球へのよびかけ。
響きあい。

本当に行ってよかった。
yyukkiさんありがとうございます。
e0039323_2310978.jpg





さて本日の私の番組「キーワードはオーガニック」


DREAM / FOREST FOR THE TREES

人はみな森羅万象の一端
想像力にまかせて飛び立とう
あなたは僕を導く この上ない高みへ
そしてこの上ない深遠の果てへ

夢を見ながら 僕は本当に寝ているのか
あるいは目覚めているのか
起き上がったところで 僕は本当に目覚めているのか
あるいはまた 夢見ているのか

夢 夢 夢 人生は夢でしかない
http://www.youtube.com/watch?v=aK4d1etNI7Y
e0039323_23224759.jpg


REVOLUTION / THE DEREK TRUCKS BAND

さあみんなすぐに手が届く夢なんだ
より明るい明日へ歩いていこう
明日になったらきっとうまくいく

いつまでも永遠にひとつとなった世界
魔法の薬のように夜明けは訪れる
愛するもののために生きなきゃだめなんだ
明日になったらきっとうまくいく
http://www.youtube.com/watch?v=O99Bc9Hrwqw
e0039323_23112549.jpg


FLEET FOXES の新作「BATTERY KINZIE 」は
http://www.youtube.com/watch?v=-gA1K-fvHNU
ある朝目を覚ますと僕は突然死の床にあって回復の見込みは無い
という歌詞なのだけれど
サウンドはとても透明感があって軽やかだ。

これはなんなのだろうと考えていた。
現象と状態を考えれば、悲しみや苦しさ、せつなさもあるはず。
でもそういったすべてを超越し
いのちそのもののかけがえのない尊さ、輝きを見つめ
その深遠で豊かなものを讃えているように思えた。

私達もいのちの循環・大いなる流れの中にいるということを
この音は含んでいるからなのだろう。
e0039323_23115535.jpg



Date FM ロックンロール黄金時代
5/15(日) 24:00~25:00 まもなくスタート
キーワードはオーガニック

さんちゃんがつぶやいてくれましたが
復興支援で全国で宮城の番組をPCで聞くことが出来ます。
http://fukkou.radiko.jp/ さんちゃんありがとう!
[PR]
by chandra-k | 2011-05-15 23:12 | 音楽 | Comments(0)

GO DO

GO DO

さあ 大きすぎる声で歌うんだ
君の声がわれるまで
思い切り歌うんだ

さあ 叫び声を上げるんだ
怒鳴って大地をゆさぶるんだ

常に心得ているべきなんだ
僕らには何でも実現可能だってこと

さあ ドラムを叩くんだ 誇らしげに
君の手が痛くなるまで
思い切り叩くんだ

さあ 人ごみのなかを行進するんだ
君の太陽を昇らせよう

さあ やるんだ
雲に紐をくくりつけて
君だけの湖をつくってそれを広げるんだ
さあ やるんだ
行進するドラム隊

常に心得ているべきなんだ
僕らにはすべて実現可能だってことを

http://www.youtube.com/watch?v=Y5VgLOs0LwQ

GO DO/JONSI
e0039323_2331588.jpg

DATE FM ロックンロール黄金時代
5月15日(日)24:00~25:00
キーワードはオーガニック
[PR]
by chandra-k | 2011-05-12 23:09 | 音楽 | Comments(0)

新たな構築

久々の日記。
GW中は予定どおりひたすらCD整理の日々だった。

沢山の人が「手伝うよ!」とあたたかい言葉をかけてくれたけど、
整理する時は私の頭の中で自動的にジャンル分けしながら棚に入れるから
手伝いようがない。夫ですら手伝えない。

私が管理するCD部屋(一番被害があった部屋)の場合
有名アーティスト別、シンガーソングライター、60年代ブリティッシュ、
パンク、NW、最近のUK、ブリットポップ、プログレ、プログレハード、ゴシック、
ブルース、ブルースロック、オルタナ、オルタナカントリー、最近のアメリカもの、
ヘヴィロック、デジタル・インダストリアル、ミクスチャー、バッドボーイズ系、
NWOBHM、ジャーマンロック、北欧ロック、スラッシュ・デス、
アイルランド、産業ロック、ソフトロック、チャリティ・オムニバス、
ブリティッシュフォーク、女性ヴォーカル、トリビュートもの、
韓国中国ロック、日本のロック等など・・・・・
さらに今回はリクエストに対応するためキープしていたけど
10年以上オンエアしていないCDを処分することにしたので
それも同時に仕分けしていた。

最後に残った部屋のCD整理の前に,崩壊した棚を組み立てなおすため、
CDを一旦ダンボールや袋に入れ別の部屋に移動し、
全部の棚を一度バラすところからの作業は始まった。
取り掛かって驚いたのは、斜めになった棚をよけてみると
壁の下に付いてる巾木のゴムパッキンが、棚によって激しくめくれていた。
つまり縦揺れのため棚が5cm以上ジャンプして、巾木の上に乗ってずれたという訳。
これじゃあ棚が斜めになって崩壊したのもよくわかる。

実は3月11日の段階でも一部でこの状態は起きていたのだろうけど、
歪んだ状態のまま無理やりCDを棚に収めていたので、
4月7日の余震の激しい揺れで耐え切れない状態になってしまったのだ。

最初の地震の後は対処しただけで、根本の問題を直していなかったということが
よくわかった。
基礎土台からしっかりと作り直す作業が必要だったということなのだ。

すべてがそういうことなのだと思う。
もはや一時しのぎの対処では、これからはだめだということだ。
最初から本当に必要で本質的なものを見極めて構築することが大切だということ。

復旧ではない復興。
新しいものを構築すること。

過去を捨てることではない。
あらゆるものを統合し、その上で新たなものを創造すること。

部屋を片付けていたら1990年前後頃の自分のコラージュが出てきた。
笑っちゃう!

過去の自分を捨てたわけではない。
過去の自分も含め統合して新たな自分を創り上げるというのが必要。
そのためにも過去の自分からパワーをもらう。
e0039323_23595084.jpg

ちなみにギターもキーボードもドラムも金髪もなんちゃって!です。(笑)
[PR]
by chandra-k | 2011-05-12 00:01 | Comments(0)