<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ユートピア

この頃ずっとユートピアについて考えていた。

ユートピアとはどこかにあるのではなく、
今この瞬間にもここにある。
最初からここにある。

全ては最初からここにあって、
ユートピア・天国周波数の意識ですべてを感じていれば
それを感じることが出来る。

愛と感謝と喜びと慈しみの周波数の心の状態。

誰でもそれは可能で、
誰もがそんな意識で生きることが出来れば
ここは地上天国。

笑顔と祝祭の喜びの。


先日の大津先生のエナジーワークは
一人一人のユートピアを感じるという誘導で
みんな笑顔のワークだった。
私はずっと目を開けていてもいいくらいで、実際何度か開けた。

そして一人一人が自分が感じている、想い描いたユートピアを語った。


誰もが天国周波数で生きて、見て、感じて、行動している状態。


それをこの三次元に現象化させるには
より明確に、ありありと想い描くことが必要なのだ。
ぼんやりとした「幸せなエネルギー状態・意識状態」だけではなく。

前回の伝授の日記に書いたように、
ここに現れてくるための作業が必要なのだと思う。


そしてそれはいつの時点での世界を見ているか。


エナジーの時、私は少し先の未来を見ていた。

「所有」の意味が変化し、調和してシェアしている世界。
奪い合いや、憎しみあいはない。
すべてはひとつであることを知っているから
互いを理解し、敬愛するから勿論戦争はない。
生まれてくる子供は地球のみんなの子供であり仲間。
「学ぶための家族」はあるけれど、魂の繋がりによるコミュニティがあって
今のような国の概念は変化している世界。
そしてそのグループは緩やかに、自由自在に喜びの関係で繋がっている
土地等の所有の感覚がなくなって住むのは地下だったり、空中だったり。
お金の概念が変化している。
誰もが喜んでやりたいことをやって、それが調和しながら全体生命に貢献する。
必要なところに必要なものがある。
それは地球連邦・地球家族という感じ。

お互い波動がわかるようになるから
本音と建前がいらなくなって、心の中はオープン。
学びの段階があるだけ。

意識の状態が高くなるので病気の学びも必要なくなる。

言葉を話さなくてもお互いのことがわかるようになるから
今のようなコミュニケーションのための言葉ではなく、
音楽を楽しむような感覚で言葉や声を楽しむことが出来る。


かつて私はありありと想い描くことで
驚くような現象化が次々と起きた体験をした。


そして今、もっともっとすぐそこにある未来を
ありありと設定して原因を創る必要があるのだと、
そしてそれを疑うことなく認めることなのだと思っている。
それを現象化させるための行動が足りなかったと反省しながら。

かつてはじっくり時をかけて煮詰めながら
「この時」という変化のタイミングを待っていたけれど
もはやそんな時ではなかった。
2013年は目前。


いよいよ2010年が終わる。
今年は本当に色々なことがあった。
みんなから大きなサポートをいただき感動の体験が本当に沢山あった。

本当に本当にありがとうございました。
愛と感謝をこめて。

大晦日である今日
沢山反省をしながら、来年2011年に臨むことを誓う。

久美ちゃんがみんなに呼びかけて
心をひとつにしてみんなで光のワークをしている。

そんな仲間が、家族がいることを本当に幸せに思っています。

みんなみんな本当にありがとう。


光に満ちたユートピアを創ってゆきましょう!!!


p.s.1
今年最後の大津先生のセミナーはとっても楽しくて、わかりやすくて、よかったです。
CD希望の方は注文お願いします。

p.s.2
2011年最初の私の番組 Date FM 「ロックンロール黄金時代」は1月2日深夜24:00~
番組スタートしてまる21年。
恒例の新年に聞きたい曲をかけながら波動の話をしています。
2011年より放送時間が1時間早くなり日曜24:00~の放送です。
是非聞いて下さいね。

なお、2011年よりauの新世代携帯でラジオのサイマル放送が始まり
その携帯を使えば全国どこでもDate FMを聞くことが出来るようになるそう。
いつからか詳細はわからないので、決まったらお知らせします。
[PR]
by chandra-k | 2010-12-31 00:56 | Comments(4)

伝授とホワイトクリスマス

ホワイトクリスマス!
純粋な慈しみの。
24日と25日はマリアエネルギーとキリストエネルギーを感じながら過ごした。

このエネルギーはなんだか先日の伝授と繋がってる感じがする。
うまく言えないけど、伝授の感覚が今も続いたまま
清らかで柔らかく優しい聖なるエネルギーに包まれているみたいな・・・・。



私はレゾナンスセラピーの中では伝授を受けた回数が一番多く
伝授に立ち会って来た回数もおそらく一番多い。
(表面意識で気づいてなくても、多様なエネルギーを獲得して来たはず。)
私はずいぶん前から伝授をすることが出来たけど、
伝授をする気にまったくなれなかった。

私には自分時間があって(まあ誰でもあるだろうけど)
自分の中で「大切なその時」が明確にわかる。
「その時」が来ないと、いくらまわりから言われてもやめられないことも多い。
(納得するまでやりきるので、やり過ぎに見えるきらいがあるけど
やりきってしまうとキレイさっぱり執着が残らない。)

さて、それで自分の中で「伝授やる!」スイッチが入って
12月17日遠藤さんに伝授をさせていただいた。

伝授を始めたとたんに体が宙に浮く。
(といっても三次元的には浮いてないけど)
完全に浮いている。
足を着いて立ってる感覚が皆無。
初めての感じ。

後で遠藤さんに訊いたら遠藤さんも浮いていたという。
やっちゃんは、二人がボワボワになって見えなくなったと言い、
珠ちゃんの言葉を借りると「肉体から外れていた」


先日セミナーの後、大津先生にこのことについて訊いたら
二人のエネルギーが一体になって上がって、
その状態で受けられるエネルギーがあったという。
そしてこれは誰にでも起こりうることではなく
私と遠藤さんだったからだそうだ。

遠藤さんは20年来の友人で、初めは私の番組のリスナーとして知り合った。
NHK-FMの公開生放送にはよく遊びに来てくれたし、
DATE-FMのロックンロール黄金時代が一旦終了した時
沢山のリスナーが番組再開を求めて2回にわたる署名活動をし、
嘆願書をFMに提出してくれたのだけど、その活動の中心になってくれたのも彼女だった。

私が相当体調を崩し、何かを求めていた時
見えない世界の現象を物理学的医学的に説明してくれる先生を紹介してくれたのも
彼女だったし、(私が知りたかったことをその先生から色々学んだ)
以前通っていたヨガの教室も彼女の紹介だった。
(そこから珠ちゃんやあっちゃん、陽子ちゃん、そして菜穂ちゃんにも出会った)
他にも色々あって、私は「ソウルメイトなんだな」って思ってた。

「私の節目となる時に関わっている人なんです。だからですか?」
と大津先生に尋ねると
「私から言わせれば過去生で夫婦だからね。」
なんと! びーっくり!
遠藤さんが夫で私が妻だって!
言われてみればなるほど。だからかー。OH!ダーリン!

遠藤さんにはこれまで本当に沢山のサポートをしていただいた。
感謝の気持ちでいっぱい。
これまでも、そしてこれからもずっとありがとうございます!

伝授中遠藤さんは様々な光が見えていたという。
私のところには3週間位前から透明感のあるブルーパープルの光が来ていた。

伝授後、珠ちゃんが「最後の15分はいらなかった」と言っていたけど、
その15分に何をしていたかというと、
全てきれいにした後、高次元と本質の自分と完全に繋がり
それが表にあらわれてくるためのことをしていた。
そしてハートの中心からすべての方向に遠藤さんの豊かな愛の光が広がった。

やっちゃんが、「見えなくなってた二人が最後に輪郭をもってはまって
ピカッと光った」と言っていたし、
最後の15分がなかったら私達二人はどこかの次元に行きっぱなしだったかも。(笑)

要するにエネルギー的には終了15分前には入り切っていたけれど
(珠ちゃんが把握するエネルギーの世界だけならOKだけど)
それを三次元に顕在化させるためには必要な作業であったということだ。

だってエネルギーって早いから。
エネルギーは本人が自覚してなくても、その萌芽はそこにすでにある。
ただ本人が自覚しないと(認めないと)三次元に顕れて来ない。
使えないことにはね。

だから最後の15分の誘導で「それを感じた」と遠藤さんが言ってたように
顕在化の作業はやはり必要なのだ。
面白いなぁ。

遠藤さんはもともと母なるエネルギーを持っていたけど
それがいっそう深く豊かに溢れ出ている。

そして私の中で伝授の後もずっと何かが続いている感じがする。
清らかで豊かな何か・・・。

クリスマスイヴの夜中、久々に透明なピンクの光が目の前で輝いた。
[PR]
by chandra-k | 2010-12-26 00:28 | Comments(3)