<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

RESONANCE WORKS ワクワク準備室

「RESONANCE WORKS ワクワク準備室」
なるブログ
を立ち上げてみました!
アドレスはこちら→http://plaza.rakuten.co.jp/resonancesendai/

レゾナンスワークス仙台の現在をどんどんライブリポート!してゆきます。

会社が出来てゆく過程や成長してゆく姿をシェアして下さい!
皆さんはどんな風に会社(新しい子供)が出来てゆくのか興味ありますよね!

起業の三次元的具体的手続きも書いていく予定です。
誰かが続いて会社を作る時の参考になると思うので。
是非ライブで楽しみながら喜びをシェアして下さいね。
(子育てと同じ感覚で)

そして勿論新しい会社で
「こーんなことしたい!」「こんなことやって欲しい!」
というアイディアは常に募集中です。

「これは!」と思ったものは記事にして皆さんに呼びかけます。

コメントに、BBSに是非書き込みお願いします。
お知らせ用にも気軽に使って下さい。

自由で楽しいスペースにしていきますので ヨロシクお願いします。
あ、リンクも是非ヨロシク!です。

今後はこの波動日記とは別に更新してゆきます。
[PR]
by chandra-k | 2010-01-28 02:07 | Comments(4)

決意表明

先日今年初めての私のセミナーで決意表明した。
(あっちゃんも日記に書いてくれた。ありがとう!)
今年「レゾナンス・ワークス仙台」という会社を設立すると。
どんな想いで作るかと。

会社と聞いた時、真理と会社が結びつかない人もいるかもしれない。
ましてや今までの会社の利潤追求とか組織とか主従関係みたいなイメージで
拒絶反応を起こす人もいるかもしれない。

でも今の私が思う会社は「新しい子供」をこの世界に送り出す感覚。
会社っていうのは つまり「法人」であり、独立した人格を持つもの。
言いかえれば 誕生する時は会社としての新たなる魂が宿るもの。
それをどんな風に育ててゆくかは私達次第。

日常そのものが真理であるように、会社もまた真理であるから
宇宙真我・真理そのものを顕す意識の高い会社がこれからどんどん増えてゆくだろう。

私が子供の頃から望んでいたのは みんながあたりまえに笑顔でいられる
すべての人が幸せで生きている 争いのないみんなが仲良しの世界だった。
すべての人が誰のことも自分のことのように感じて想い合う世界。
国境も人種も宗教も政治もあらゆる枠を超えて繋がり合う
みんなが地球の家族として生活する世界。
それはずーっとずーっと想い続けてきたことだった。

そして2010年になり新しい時代の幕が開け、いよいよ大きな変革の時代が到来した今
その新しい時代に新しいいのちを持った会社を生み出すことに決めた。
バラバラに一人一人が活動するよりも 同じ理念の元でひとつになることによって
それは大きな波を起こすことが出来る自在で有機的なものとなる。
そして勿論それは大きく成長発展することが出来るし、
そこから新たな子供(法人)を生み出し、各々が個性を顕しながら
繋がり合うことが出来る。
まさに緩やかな魂のネットワーク・光のネットワークで結ばれ世界に広がってゆく。
それは人間だけに限らず 地球のいのち全てとも関わり合いながら。

昨年大津さんが東京に拠点を移すと宣言した後 かなり色々考え自答した。
自分は心から何をやりたいのかと。
もし、どこかの会場を借りて時々セミナーをやるだけだったとしたら・・・?
それを想ったら未来が暗くて見えなかった。
仲間で集まって自主サークルみたいに行動したとしたら・・・?
それはかなり無責任で 広がりがなく、やっぱり未来が見えなかった。
もはや自分の選択肢はひとつしかなかった。
本気で会社を作ること。
いつもそう。私が何かをやる時は選択肢はひとつしかない。

自分の心を検証している過程で 自動的に過去のデータが勝手に立ち上がって来た。
過去に会社やショップ等都合6つを仲間と立ち上げた時の記憶。
初めは大変だったけど、それでもとっても楽しかった。
毎日夜中2時位までミーティングしてもあまり疲れを感じなかったし
はりきっていて、わくわくした日々を経験した。
でも結局様々なトラブルがあって分裂した。
とんでもなく働いた。徹夜でテレビの編集して翌朝カメラの前でリポートしてたり、
とにかく休みなんて一日もなかった。
ここには書けないようなことが山ほどあった。

そんな過去の記憶と共に当時の波動までよみがえる。
この粗い波動がかなり不快で、なんとなく気分がすぐれない。
これはあくまで脳の中にある本能的な危険回避プログラムが働いて
過去のデータを立ち上がらせて「このデータ使います?」
と言ってるだけだということは重々承知しているので
さすがにそれに翻弄され、ひっぱられることはないけれど かなりヤな感じ!
そっかー当時の私の波動ってこんなに粗かったのかぁ~!
でもせっかくだから(笑)それを味わう。
当時と今の波動の違いをあからさまに体験体感してみた。

それを体験しながら衝撃を受けた。
過去でやってきた会社等は全て夫の学びで、私はそれをサポートして来たと思っていたけど
実は私の学びだった! そう完全に気づいてしまった!
過去の起業の経験は全てここに繋がっていたとは! ガーン!

大津さんからは「徳子さんは常に頭の中に会社のことがあったでしょ」
と言われた。
へ? そうだったの?私。
「いつも自分ならこうするって想いがあったでしょ」
あー そう言われるとそうだったかも。
確かに会社がトラブルに見舞われ分裂した時など、
私がやっていたらきっとこうはなっていないという想いがあった。

そしてその通り私がやっていたとしたら、今頃56位の事業を立ち上げてたよと
大津さん。
もしそうだったら・・・・私は今本気で真理に向ってはいなかっただろう。
みんなとも会ってないかも。

ああ、またしても!
私は夫をサポートしてきたつもりが全身全霊でサポート受けていたとは・・・。
感謝の想いで一杯になる。

他にも様々なサポートを得て 今私はここにいる。
しかも過去と状況はまったく違う。
何より今は心から信頼出来る仲間がいる。
自分をさらけだして何でもわかち合える仲間がいる。
私達は宇宙真我としてひとつだとちゃんと知っていて、
共にお互いの素晴らしさを認め合い、それを喜び合える仲間がいる。
共に泣いたり笑ったりしながら成長してきた大好きな仲間がいる。

決断をした。
会社を作ることが目的ではない。ゴールではない。
私がやりたいのは誰もがひとつであることを実感し
幸せな地球家族として生きてゆける世界。
そのため生きたツールとして会社があり、会社は宇宙細胞として私達と共に働く。
成長発展しながら。

私達は大津さんのもとでこれまで学んできた。
じっくりと、徹底的に色んなことを体験し検証しながら。
そしてこれからはそれを実証し、伝えてゆく段階。
それをしなかったら学んで来た意味がない。
だってこのアセンションの時期を選んで 自分から志願して生まれたのだから。

どんなにスピードがゆっくりでも、どんな現象を表していようと
すべては大いなる宇宙真我であり、誰もが完全なるいのちそのもの。
愛そのもの。
誰もが本当の自分を思い出すだけ。
だからそのお手伝いをしてゆく。
そしてまた、そんな指導者を育ててゆく。
子供から大人まで あらゆる人が楽しく学ぶことが出来る場を作ってゆく。
みんなでわくわくしながら。笑い合いながら。喜び合いながら。

もう準備は始まっている。

是非一緒に幸せを広げてゆきましょう。
[PR]
by chandra-k | 2010-01-25 02:34 | Comments(4)

地球家族にありがとう

久美ちゃんのお父さんが肉体の衣を脱いだ日。
その日は久美ちゃんのラ・ミュートセミナーの日だった。
セミナーの中で久美ちゃんはお父さんとの学びの話をした。
本当に本当に命をかけて久美ちゃんを導いて下さったお父さん。
その時お父さんは久美ちゃんのお話を、想いを、魂の響きを聞いて
安心して肉体の衣を脱ぎ 笑顔で 
今度は肉体のない愛そのもの 光そのものの世界に還っていったんだね。
みんなを抱きしめ、抱きしめられながら。

久美ちゃんからメールが来た時、
久美ちゃんのお父さんへの感謝の気持ちで一杯になって涙が止まらなかった。
その日のセミナーで一緒にいたマキちゃんから電話が来て
二人でまた泣いていた。

何でこんなに涙が出るんだろう。
久美ちゃんやお父さんのことを想うと あの日から毎日涙が溢れる。
こうして書いている今も。
久美ちゃんやご家族は沢山泣いていたと思うけど
私も家族みたいなの。
久美ちゃんのお父さんとお会いしたことはなかったけど
でもずっと知っていたし、繋がっていたという感覚。

久美ちゃんの学びを、そしてお母さんの学びを側で見てきて
その想いを深く感じるからだけじゃない。



私の祖母が他界してもうすぐ3年になる。
私の家は戸籍が複雑で 私には二人母がいるような環境で育ち
その一人の母が祖母だった。(戸籍上は祖母 血縁では伯母)
祖母の存在によって私は沢山の学びをすることが出来た。
祖母がいなかったら私の自己探求癖はなかったかもしれない。
祖母が亡くなった時は感謝の気持ちが溢れて毎日泣いていた。

そして今、祖母と肉体で会うことは出来ない淋しさはあるけれど
喪失感はまったくない。
だって「いなくなった」という感じが全然しないから。
いつだって想えば「いる」感じがするから。

清志郎さんが亡くなった時も 淋しかったけど喪失感はなかった。
いつだって彼のことを感じることが出来る。

先日香りの会に福島からYUKOさんが真理ちゃんを連れて参加してくれた。
その時真理ちゃんを見ていても 「誰かの子供」という感覚がない。
さんちゃんときちゃん夫婦の息子創ちゃんに会った時もそうだった。
(1歳だね! おめでとう!)
みんな私達地球家族の子供達。


そして今日かよちゃんの日記を見たら 
かよちゃんのお母さんのような存在の叔母さまが亡くなったと書いてあった。
久美ちゃんのお父さんにも かよちゃんの叔母さまにもお会いしたことはなかったけど
その存在の尊さに そのいのちの崇高さに、輝きに 
私達に与えてくれた愛に感謝が溢れる。

私達は本当にひとつなんだね。
私達のあらゆる側面が様々にいのちの輝きを響かせ合いながら
ここでいのちの賛歌を謳っている。
ありがとう。ありがとう。
愛しています。愛しています。って。

人間となって地球に生まれ 互いに関わり合いながら学び
愛そのものである私達の本質を思い出し、深め、豊かにして還ってゆく。
みんなひとりひとり地球家族。
肉体の衣を着ていてもいなくても。

側にいなくても繋がっている。ひとつであることを感じる。
そしてその想いもちゃんと通じている。

でもね、でもね、肉体を持っている時はやっぱり瞳を合わせたい。
肉体を持っているから抱きしめたい。
触れながら感謝の想いを伝えたい。
肉体でのお別れはやっぱり淋しい。
それで久美ちゃんとお母さん、そしてお父さんに会いに行った。

久美ちゃんのお父さんは、
それはそれはきれいで安らかな顔だった。
とっても満たされて幸せな顔で微笑んでいた。
神々しくて美しい顔をしていた。
お母さん惚れ直しちゃったね。
お会い出来て本当によかった。



久美ちゃんのお父さん
そしてかよちゃんの叔母さまのご冥福をお祈りします。
ありがとうございます。
[PR]
by chandra-k | 2010-01-17 23:45 | Comments(4)

定点ワーク。レゾナンス・ワークス。

やすりんさんが人間化し、大津さんに手足が生えてきたので、
(知らない人が聞いたら怪しすぎる~笑)
今日のエナジーワークは絶対いつもと違うという期待を持って参加!

そしてその通り、いつもと全然違うエナジーだった。
いつもはどんどん次元・波動を上げていって宇宙まで広がるといった感じで
その時によって 肉体の輪郭が消えたりとか、
三次元の肉体の輪郭をはっきり感じたまま宇宙そのものになるとか、
色々なバリエーションがあった。
前回のやすりんさんのエナジーは前々回の日記に書いたように
「宇宙真我の黄金の波動になったらそのままそれが三次元の身体だった」
というもの。
いわば意識の次元を上下しながら意識を高め、深めてゆく縦ベクトルエナジー。

それに対して今日のは自分がずっとそこにいて
まわりとの関係性が変化していくうような ある意味横ベクトルエナジー?
言葉だと難しいな。
例えれば よく星の運行の写真を撮るとき
定点カメラでシャッターを開放したまま撮ると
ビルの周りに星の動きが沢山の弧を描いているようになるけど
そんな感じ。
ビルがつまり私。

私のまわりでエネルギーが動きながら その関係性を感じて深めるといった感じ。

宇宙の黄金の粒子が集まってきて 私の細胞を形づくる。
もともと自分の身体は粒子が集まって出来ている感覚はあったけど
今までの漠然とした粒子が、今日は明らかに振動数の高い、 
クオリティの高い、とびっきり上質の黄金の粒子が
私の肉体を創るために集合した感覚があった。
「そうか、こうやって黄金のライトボディ 菩薩ボディを創ればいいのか!」
ってな感じ。さらには、
「肉体だけでなく あらゆる現象、物質を同様に黄金粒子を集めて創ればいいのか!」
という感覚がわかった。

その感想を話したら 大津さんが今日のエナジーは
より行動するための、現象化が早くなるためのエナジーだと言った。
なるほど。やっぱりまさに!


かくして 珠ちゃんまでも人間化!(笑)
珠ちゃんは寝起きの子供のようになって 
「もっと夢の中にいたかったよぉ~。あーんついに三次元の人間になっちゃったぁ~。
本当は人間になりたくなかったのに~。」
みたいな感じでちょっとだだをこねていた。
ってか 自分で去年は人間化計画実行してたのに!
(爆笑。詳しくは珠ちゃんが書くでしょう。)

やすりんさん、大津さん、珠ちゃんと
宇宙エネルギー三人組(笑)が密度が濃くなって人間化。
それによって三人の三次元的現象化が進み、
よって私の高次エネルギーもよりリアルに現象化が進むはず。
お互い逆方向から変化して、それが結果繋がると相当強力になりそうだわ!
すごくこれから楽しみ!

てなわけで 今年のこれからの現象化・三次元展開の話を一緒にしていた。
仙台も9月から本格的に新しい展開が始まる。
2010年を始まりとして これからは癒しの時代から
完全に真我のままに 喜びのまま自らを構築し現象化させてゆく時代。
共に響き合い 愛と調和のもとに様々な幸せをかたちにしてゆく時代。
そんな愛の共鳴によって沢山の豊かさを創り出してゆこう。

これからの新しい名前にもGO!が出た。
「レゾナンス・ワークス・仙台」
自分が嬉しくて、輝くことをやりながら、その喜びを共にわかちあい
どんどん拡がって、繋がって、地球家族となる。

これからの展開を只今たーくさん考え中。
皆もわくわくすること、やりたいことを考えてね。
それを皆で集めて 楽しくどんどん現象化させて行こうっ!
なんたって私達は創り主なのだから!
[PR]
by chandra-k | 2010-01-11 21:52 | Comments(8)

スイッチ オン!

2010年以降のこれからのことを年末に決断したのだけど
自分の中で整理がついていないことがいくつかあり
年末から年始にかけてなんともスッキリしていなかった。
(日記の波動にも表れていたと思うけど。お察しのように。笑)

でもついにスッキリ!
整理がついた。
で、スイッチが入った!
スイッチが入ると 私はどうなるか?
例:こうなります(笑)!



てなわけで
自分も含めてみんなのしあわせを~!
招くというよりは顕在化させる!
ハートから飛び出す感じ。
e0039323_18314158.jpg

[PR]
by chandra-k | 2010-01-05 18:39 | Comments(4)

エナジーはじめ

今年の最初のエナジーはやすりんさんが担当。
昨年から是非とも行こうと決めていた。
やすりんさんのエナジーを受けるのは久々~。

で、早速感じたのはやすりんさんと自分の変化。

二人とも変わったからだと思うのだけど
最初の限りなく透き通った状態の誘導の時から
私は柔らかな薄いピンクの波動を感じていた。
しかも以前だったら ひたすらサラサラで軽やかだったものに
質感を感じる。リアルさと言ったらいいのか。

そして面白かったのは地球と融合した時
以前なら地球の中心と自分のハートの中心を重ねて
地球意識と漠然と一体化する感じだったけど
(動物も植物も森も海もごっちゃに溶け合う感覚)
今日は違っていた。
そうだなー テレビのCMなどで映像を早回ししたみたいな感じで
花が蕾からパーッと開いて そこから粒子となった細胞が空気に溶けて
雲となり、雨となって土に浸み込み、樹木となって、その樹皮にある緑の苔となり、
さらにぐんぐん伸びて 今度は果実になって、さらに私の細胞になって花開き、
今度は私の細胞の中から一斉にまた粒子となって飛び出してゆく・・・
そんな「いのちの循環」を短時間でリアルに体験していた。

すべてが循環し、かたちを変えながら生まれ続け 旅をしている。
ひとつでありながら様々な体験を楽しみ、巡り続ける・・・・。

そしてそのまま意識を銀河に拡大すると
私はまるごと地球を抱きしめていた。

それからマザーテレサと融合した時は 謙虚で崇高な白いエネルギーを感じ
アッシジの聖フランシスコとの融合では 黄金の喜びのエネルギーを感じる
さらにキリスト意識、クリシュナ意識へ・・・・
誘導の前にその波動の変化を私の身体は感知し その度に回転が変わっていた。

どんどん振動数が上がって行ったはずなのだけど
黄金のクリシュナ意識になった時に 三次元の自分の状態と一体化していた。
つまり周波数を上げていったら三次元の自分にたどり着くということ。
すべてはここにあって 私達は最初から完全なる宇宙意識であり
肉体を持ったままで宇宙真我そのものであるということ。
かつては高次元は分離して遠くにある感覚だったけど
本当にこのままで完全に生きられることを再確認した感じだった。
もういつでも目を開けられる状態。

あっちゃんも同様の感想を持っていた。

宇宙的な波動の方がリアルだったやすりんさんが
三次元の肉体の自分をはっきり感じられるようになって
宇宙から肉体に繋がったことによって、
そして私は私で学びが深まったことによって、
感じられるものがよりリアルに鮮やかになった。

そして大津さんも脳の組織が変化して より三次元対応の肉体になったと
喜んでいた。

一人一人の成長が繋がっている。
共にいる喜び。
共に学び共に成長してゆく喜び。
おおいなる私の側面であるみんながこうやって別れて学びながら
ひとつとなってより成長し、発展してゆく。
共に学ぶって幸せだね。
ありがとう。
[PR]
by chandra-k | 2010-01-04 23:06 | Comments(4)

仕事はじめ

昨日2日にPCでインタビューの編集作業をして
本日3日は番組収録(1/10オンエア)のためにFMのスタジオへ。

締め切りに間に合わせるには昨日か今日しかスタジオが空いてないから。
年末のうちに録音して、正月はのんびりしてもよかったのだけど
なんとなく新年の新たな気持ちで収録にのぞみたかった。

スタジオに行くと誰もいなくて真っ暗。
照明をつけて一人でこもる。
いつもは夜中に収録しているので 帰る頃は一人きりになることもあるけど
最初から一人ってのは初めて。

始まってしまえばいつもと同じでミキサー卓の前に座り
一人でマイクに向かい CDプレーヤーやコンピューターを操作しながら
番組を収録してゆく。
その場で自分が生理的に気持ちのいい順番で曲をかけ、喋りを乗せていくのだけど
ヘッドホンから流れてくるロックと自分の声の響きを聞きながら
私はやっぱりマイクを通して話すのが好きなのだとあらためて思った。

小学1年の時に「アナウンサーになる!」と決め、
中学1年の時に深夜放送を初めて聴いて「私はこれをやる!」と決めて
それ以外の選択肢を持たないままここまで来た。
やっぱりこうして伝えたいことがあった。
そして今思うのは それはもはや内容とか言葉の意味ではなく
声とともに伝わってゆく波動・振動波・響き・宇宙なのだと感じている。
私だから出来ることが確かにあるのだと。

正月の誰もいないスタジオでの作業は清々しい感じ。
気持ちよい仕事はじめだ。

ちなみに本日収録の10日オンエア分はリクエスト特集。
すでに年末に収録した番組は
本日3日深夜25:00(正確には4日午前1:00)オンエアで
「新年に聞きたいこんな曲」
私の気分で選曲し、久々波動に関する話もしている。
夜中に思い出したら聞いてみてね。
[PR]
by chandra-k | 2010-01-03 19:46 | Comments(4)

あたらしい年の幕開け

新しい年、新しい時代の幕開け。2010年。
いよいよ始まった。

0:00には外に出て丁度真上にあった月を見上げた。
冷たくクリアな空気の中で澄んだ輝きを放っていた。

新年の日の出(6:52)の少し前から、満月の入り(7:7)の後まで
太陽ブラスターヨガをしながら瞑想をしていた。
ちょうど月と太陽が重なる時 その大きなエネルギーに
身体がぐるぐると回る。
目を閉じていても最初から全てが明るく照らされている。
かつて月の役割を果たそうとしていた私だったけれど
すでに太陽であり月であるということを確認する。
もはや相対するものはなく すべてが統合されている。

これからのために様々なことが用意されていたと今ならわかる。
全てが自分の学びであったと。
(かつて会社やら店やら6つも立ち上げたのも
ここに至るための自分の学びだったとは気づかなかった!)
今まで歩んで来たあらゆる道に置きざりにして来たものたちに
命が吹き込まれ芽吹き始めた。
やっとその時が来たと私が告げている。

初詣で大日如来にご挨拶して来て
家でロックを聴いている。
(ちなみに朝はクリーム。その後ジャズ。さらにメタリカ。笑)

拳を握りしめて力強くリズムを刻んでいたのも私。
情熱のままに突っ走って行動していたのも私。
穏やかにあらゆるものを受容していたのも私。

あらゆる私が統合してひとつとなり動き始めた。
調和と秩序のもとに。
何のためにここにいて何をするのか完全にわかってしまったので!
なぜ生まれて来たのか知っているので!



というわけで今年から本格始動です。
幸せ地球家族のために。
そして今年は沢山デートの申し込みをすると思います。
どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by chandra-k | 2010-01-01 23:45 | Comments(10)