<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

終わりと始まり

年末。新年の番組の収録も終えたのでひたすら掃除をしている。
着ない服等を古着屋に売りに行き(でっかい袋で8つ)、
夫は自分のCDを中古CDショップに250枚位売り、
さらに来年早々に300枚位を売る予定。
私は私で年末恒例の山積みになっていた仕事用CD整理。
CDは場所をとるのでソフトケースに入れかえて分類。
ちょっと加速しているのでもっともっと服もCDも本も整理しよう。

今年で終わって来年から始まることが沢山ある。
身体を動かして部屋の中を整理しながら
自分の心の中もあらためて見つめなおして整理する作業をしていた。

部屋を片付けるために、しまっていたものを一旦床に出すと
一時的に部屋一杯に散らかるみたいに
来年からの展開を考えていたら 自分の心の中でも 色んな過去の記憶が出てきて
どわーっとなって 久々不安定な波動になり、それも味わってみた。
そして色々検証し、整理して、転換してゆく。
自分のテーマではないと思っていたことが 実は自分のテーマであったということに
驚いたり、やっと今見えて来た向き合うべきものにも気づいた。
終わって、始める時なのだ。


ところで、今年本にしようと書いていた原稿を今月中旬に一旦書き上げた。
WORDのA4で140頁目一杯あるので 普通の本にしたら300頁以上のボリューム。
(ようこちゃん沢山コピーしてくれてありがとう! 感謝!)
でも結局それを全てしきりなおして 来年最初から新たに書くことにした。
今のところ全く白紙。ゼロ。
何をどうするかはまだ見えていない。

今月原稿が書きあがった段階で私はなんだかとてもスッキリした。
書いたものは私が今まで学んだことの総まとめだった。
このブログの「波動日記」は時間軸に沿った私の成長の記録だけど
書いた原稿はそれをテーマ・項目毎にまとめたもの。
きっと自分の中でそれをする必要があったということなのだろう。
それは傍から見ると とっても手間がかかって遠回りなのかもしれないけど
何でも徹底的にやりたがる私は 結局それをしたかったということなのだと思う。
「本を書く」という動機があったからこそそれが出来たのだと思う。

一週間前の21日に大津さんから
「カルマの解消がやっと完全に終わったと感じた。
罪滅ぼしの意識が完全に無くなった。それは3日前位に感じた。」
と言われて驚いた。
どっしゃーっって感じ!
とっくにカルマの解消なんてバカなことは止めたと思っていたから。

私はいつも自分の学びを「体験して、探求して、自分の中で整理して、愛に転換し
書くor話すことで終結させ そこから新たなステージに進む」って作業をしてきたけど
その総まとめをこの一年やってたのかもしれないなぁ。

そういえば前々回の日記に右の胸が痛いと書いたけど
実はその症状というのは あの怒涛の浄化による肋骨骨折の後
オステオパシーの治療を受けていた際 痛い箇所が移動していた時に似ていた。
しかもここ3週間ばかり オステオパシーの治療の時
先生から「2年前ここに来たばかりの頃の身体みたいだ」と言われていたのだった。

そしてさらには大津さんから3日前と言われた ちょうどその頃
胸の痛みがやっと消えた。
これって残っていた最後の何かが完全に消えたってことだったのだろうか。

その後オステオパシーに行ったら
「身体が軽くなりましたね。ここ3週間と全く違う。」と言われたし。

ま、何でもいいんだけどね。
今の私には終わったことという感じがするので。
いずれにせよ、今回生まれる前に設定してきた課題の一つを
予定通りちゃんとやり終えたということか。

この日記を読んでいる人にはそんな課題は必要がないし、
どんどん世界は加速して変化しているので
もはやこのことを書く必要もないのかもしれないけど
個人的には この日記に「おしまい」を記しておくことで 区切りをつけて次に進もうと思う。


さて、私が本を書くにあたり 珠ちゃんの絵を使いたいと言ってたので
珠ちゃんが私の絵を描いてくれた。
私の原稿は完全に仕切りなおしにしたため 
珠ちゃんの絵を公開するのが先になりそうだし、
今度原稿が書きあがった頃 また私が変化していると思われるので
珠ちゃんの許可を得て ここで公開させてもらうことにした。

珠ちゃんが感じる今の私なんだって。

珠ちゃんによると・・・
まず一枚目の地球を抱えた天使の絵。
以前はほとんど無かった(笑)ピンクが今の私にはあらわれてきているということ。
それは自分でもわかる。
髪のハネてる感じが「ロック」で、それが私。
ハネてないと私じゃないらしい。
そして足の向きの感じも私なんだそう。

二枚目の方が実は「珠ちゃんが感じる私のエネルギー」だという。
(普通の人には伝わらないだろうけどって。)
エネルギーが入って来て、それが細かい粒子になって伝わっていく感じなんだって。
そしてまわりにいる白いのが天使達。

珠ちゃん 素敵な絵をありがとう!!! 嬉しかった!
やっぱり私は珠ちゃんの絵が大好きっ!
私はここからまた進んで行くね。
e0039323_2283686.jpg

e0039323_229480.jpg

[PR]
by chandra-k | 2009-12-28 22:10 | Comments(4)

曼荼羅出現!

10/31 11/1 宮城ヨーガ連盟大会が行われ、
その両日特別講師として大津さんが講演を行った。
私は仕事の関係で初日のみの参加。

2日目の講演のテーマは「悟り」
それは素晴らしい講演だったと皆口々に言っていた。
それについては珠ちゃんの日記をどーぞ。

さて まさにその講演の写真が以下。
プリントアウトしてしばらくしたら曼荼羅が出現したそうだ。
オーブといわれる光の珠はよく見かけるけど、
こんなに大きくてはっきり曼荼羅模様っていうのは珍しい。
(ちなみに小さい光の珠も曼荼羅になってるよ!)
しかも集合写真でも大津さんの右肩に曼荼羅の光の珠が現れていた。

そういえば さんちゃんときちゃんの結婚お祝いの会の時も
大津さんが祝福の言葉を述べていた時の写真は マイクのまわりに大きな光の珠が現れ
祝福する掌がとっても大きく伸びていた。

見えないところで起きてることが こうやって三次元的に見えると面白いね。
e0039323_2326206.jpg

[PR]
by chandra-k | 2009-12-11 23:29 | Comments(8)

夢で伝授?

ここ10日ばかり右胸が痛い。
しかも痛い箇所が少し移っている。
胸にはチャクラが3つあるので 右のチャクラの動きが変わって
それで身体が変化しているのかな?
病気ではないので ま、いいか。

ところで今朝の話。
目が覚めたけど、なんとなくそのまま布団の中にいたらまた眠ってしまった。
その時に見た夢があまりにリアル。
人が集まって輪になっていて 大津さんが一人一人の額に指を当てて
エネルギーを入れていた。(特別エナジーみたい)
私の順番になったら、指ではなく大津さんの額から私の額に
ものすごいエネルギーが流れてくる。
明らかに光が筒状になって入ってきて その感覚がとにかくリアル。

まわりには沢山の仲間がいた。
イギリスのさとりちゃんもいた。

その途中で目が覚めたのだけど、エネルギーは入り続けていて
私は目を閉じたまま その感覚を味わっていた。
私の手は胸のところでクロスし、足首もクロスしていて
完全に身体が真っ直ぐになって固まっている。

それは夢なのかもしれないけど、覚醒もしていて、
見えない世界で行われている感じだった。
自分で意識的に手と足を解いた瞬間にそれは終了した。

すごく不思議な感じ。
でも夢ではないって感じがする。
表面意識で把握出来なくても 高次元のわたしは常に働いているから。
私がわたしとして働くために必要なエネルギーが融合するのだろう。
サポートも増えてるし。
準備は着々。
[PR]
by chandra-k | 2009-12-09 20:11 | Comments(0)

骨折&ヒーリング

4日前 夫が近所の銀行の段差を踏み外して足をひねった。
激痛に夫は倒れこみ、体中がカーッと熱くなり、あぶら汗。
10分程銀行で休ませてもらったけど まともに歩くことが出来ず、
私の肩につかまりながらどうにか家にたどり着き、
具合が悪いし、今度は寒気がするというので早速足をヒーリングした。

しばらくヒーリングしてたら落ち着き なんとか歩けるというので、
捻挫かと思ったけど、念のため整形外科に一緒に行ってレントゲンを撮ったら、
なんと剥離骨折!

実はその整形外科の先生も大津さんのところで学んでいる方で、
夫の足に手を当ててヒーリングをしながら言った。
「骨折は折ってから2~3時間が勝負なんですよ。(炎症をいかにとるか)
ヒーリングが効いてて 骨折後3時間の割には腫れもかなり少ないし、
普通はこれだとかなり痛くて歩けません。人によっては気絶する人もいるし。」
「普通は二週間は痛みがあって、さらに二週間は重苦しい感じが続きますけど、
徳子さんがヒーリングすれば一週間で大丈夫だと思いますよ。」
「あっちゃんの例もあるし。」
(あっちゃんも今年螺旋骨折して靭帯を伸ばし、人によっては一生治らない状態のケガを
ヒーリングで1週間で治した。)

珠ちゃんも今年は骨折。これも大津さんのヒーリングで小指が物理的に再構成された。

そうそう、夫と整形外科に行った時、あきちゃんと息子さんとも遭遇!
息子さんは先生から「お母さん何かした?(ヒーリングの意味)」と訊かれ
「え?」と面食らったらしい。(笑)
ヒーリングがあたりまえに受け入れられる病院っていいなぁ!


「靭帯も伸びてるし、普通はギプスをして固定しますけど 
ギプスの上からヒーリングするより直にやったほうが早いからギプスはやめますね。」
とのこと。
家に戻ってからも、夫の足に感謝を伝えながらヒーリング。

翌日になると夫は痛みも腫れもとれたと普通に歩いていた。
おまけに「ほらっ!」と骨折した足で片足立ちまでして確認するので
「いくらよくなっても まだ骨はくっついてないのだから調子に乗らないように! 
安静にして歩かないのが一番って言われたでしょ!」
と私が叱らなければいけない程の回復ぶり。

昨日の朝 仕事前に整形外科へ。
「どれくらいの時間ヒーリングしてました? かなりいいですね。」
「あとヒーリングしてればもう来なくていいですよ。」
「あ、ただ状態はよくても 物理的に骨はまだくっついていないので一週間は安静に。」
と先生。

骨折の証拠となる紫色の出血の痕跡はあるけど
今日なんて骨折を忘れてスタスタ早足で歩いてるし! おいっ! 安静だっつうの!

夫はあらためて「ヒーリングってすごいんだなぁ!」と感心していた。
今頃わかったかぁ!
[PR]
by chandra-k | 2009-12-06 18:17 | Comments(9)