<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

わたしの一部と協力し合って働く

29日は祝日なのに珍しく仕事が入らなかったので楽天戦の前売りを買った。
先発はまーくんで、4試合連続の完投勝利。
しかも野村監督の記念すべき1500勝のオマケ付き。
帰る時は勝利の記念ボールを手にした野村監督とも遭遇。
さすが私は美味しい所は逃さない。

夜にまーくんインタビューを見ていたら投球の進化の秘密を話していた。
それはWBCの時のダルビッシュからのアドバイス。
今まではボールを握る手全部(とくに掌)に力が入っていたのだけれど
指先の神経までを意識してボールを握り、放すということだった。
それによってまーくんはボールが自分の指先から離れる瞬間まで
そこに意識を通わせて投げるようになり、結果ストレートに威力が増した。

私はイチローのことも思い出していた。
彼は自分のバットやグローブをめったに人に触らせないし
他の人の道具も触らないという。
それは感触が変わるから。(つまり波動が変わるってことだろう)
そして勿論道具はとてもとても大切に慈しむ。
打席に立つ時はバットが完全に自分の一部となり、
バットの先まで神経を通わせた状態で打つ。

ボールにしろバットにしろ 三次元で何かを顕わそうとした時に
ツールとして使っているわけだけど
そのツールである道具も愛の粒子がかたちとなって存在しているもので
「わたし」の一部であり側面だ。
その一部に協力してもらい 意識を共鳴させて共に働くということか。

私達の肉体にしても(脳にしても)自分のフィールドの中で
常に一体化している「わたし」の一部に協力してもらっているということ。

道具の場合は「常に一体化はしていないけれど」
必要に応じて合意のもとに協力体制を組んで共に働く「わたしの一部」と言い換えてもいい。

そんなことを想いながら自転車をこいで今日の特別エナジーに向う。
そっか、自転車と一体化してみよう。
そう思うと足とペダルが繋がり 自転車と私が一つになって軽やかに走る。
ペダルも軽くなった。
そういえばタイヤの空気が抜け気味だったな。
それでもこんなに軽い。
空気を入れてあげなくちゃ。

さて今日のエナジー。
以前宇宙の摂理を感じた時の感覚にちょっと似ていて(でも正確には違う)
創造の渦の中心に私がいた。
そして「ブトラー意識」という言葉を聞いた瞬間に
自分が泡沫となりシュワシュワと軽やかに分散してゆく。
創造による分離?
今は説明出来ない。

私は三次元で物事を展開するのは得意で、以前はその展開と真我が離れていた。
でも今は真我を三次元の中に顕わすことが出来るようになってきた。
どれだけその行為に、想いに高い意識をこめてゆけるかということを
やりながら学んでいる。
一方で高次元意識や、宇宙意識、地球意識等もだんだん認識出来るようになってきた。
でもそれと三次元がまだ分離している。
完全に分離はしていないのだけど 途中スカスカな部分や抜けているところがある。
それをどう繋げてゆくかが今のテーマだ。
繋げるという言葉は適切じゃないかな。
最初から繋がっているし、ひとつで、ずっとここにあるものだから。
言葉を変えれば そのまだ体験体感していない抜けている部分を体験し
味わい、それを言葉に変換して人に伝えることがまだ出来ていない。
伝えるためにもっとしっかり自分で愛の段階を体験しておきたい
(仕組みまで解説出来るくらいに)というのが
私の今のテーマであり やりたいことなのだと感じる。

地球的温もりの愛の意識。銀河の愛の意識。宇宙愛の意識。
その波動の違いと、関係と、成り立ちと、顕れの違いについて。。。。

セミナーの後 さやかさんの妹さんのゆうさんが事務所に来てくれた。
ゆうさんの前で久々見つめて輝かすをやる。
大津さんが私を見ていたらハートがじわーんと温かくなった。
ああ、今まではこの「ハートの温かさ」ってさっぱりわからなかったよなぁ。
やっと私も愛の温もりがわかってきたようだ。
[PR]
by chandra-k | 2009-04-30 23:06 | Comments(0)

菩薩誕生と今日の伝授

Mieちゃんの幼なじみのゆきこさんの伝授の立会いに行く。
前日は秋田のコロンさんのマスター伝授だったので
大津さんにどうだったか尋ねたら、7-6だよって。素晴らしい!

家に戻るとコロンさんからメッセージが届いていた。
「明らかに全身の細胞が軽く明るく感じられ、柔らかいエネルギーに満たされ、
それが惜しげもなく流れ出て、まるで温泉みたいで、
心と体このままで宇宙真我、愛そのものが生きて働き給う」って感じたそう。

マスター名はラザール。
キリスト教ならラザロ、ユダヤ教ならアレアザール
“神に救われた者”という意味なんだって!
すてき! ぴったり!

おめでとうございます!!!
こうして秋田にも菩薩が誕生した。
これからコロンさんを中心に秋田の光がどんどん強くなってゆくね!

光のネットワークが繋がってゆく。。。。。
そしてそのネットワークがあらゆる方向へ広がって
やがて地球は眩いばかりの光が溢れる本来の愛の星になるのだねぇ。

さて、ゆきこさんには初めてお会いしたのだけど一目見て
Mieちゃんの幼なじみっていうのが「まさに!」って感じ。
Mieちゃんとゆきこさんが可愛い少女で、
手を取り合って野山を駆け回り、植物さんに話かけ、虫さんと戯れ、
自然の温かな眼差しの元でキャッキャと笑い合いながら過ごしていた様子が
目に浮かぶようだった。

伝授の後、エネルギーを確認したりヒーリングをしたりする時も
「あっ!」「おおっ!」っていうリアクションも可愛くて
すぐに少女時代の二人に繋がってしまう。
伝授が終ってすぐ ゆきこさんはMieちゃんに電話をして
二人してゲラゲラ笑いあってうけている!
こうして大人になっても楽しく共に学べるって素敵だねぇ。

ところで伝授中に私が感じたのは「プチプチ太陽」(何だそりゃ!)
私しかわからないけど、以前Kスタで見た満月のまわりをプチプチの光が取り巻いていて
それの太陽バージョン。(やっぱりわかりにくい)
なんか光がぷちぷちしてるの。
で、エネルギーを入れ終わった後、一気にオレンジゴールドの光がバーっと広がった。

ゆきこさんの愛読書は大津さんの「幸福の実証」で
可愛いパッチワークのブックカバーをつけていつも持ち歩き
通勤時に電車の中で読んでいるんだって!
読んでるととっても気持ちがいいので寝てしまうそう。
「ここにあるこの言葉が・・・」ってすぐ出てくるの。素晴らしい!

そしてゆきこさんは直感で言ったとおり6-3になった。
おめでとう!!!
チーム東京の加速もすごいね!

全然伝授とは関係ないけど、Mieちゃんとゆきこさんはご近所で
千葉マリンスタジアムの近くに住んでいるのだけど、Mieちゃんはライオンズファンで
ゆきこさんはロッテファンなんだって!(笑)
私はKスタに行く時いつもビジターの外野指定で見てるので 
すっかりロッテの応援を覚えてしまってる。
ロッテの選手応援歌ってかなりセンスがいいので気に入ってるの。
それで今週ロッテ戦に行った時、竹原の歌を一緒に歌ってたら
なんと竹原は5打数4安打! 長谷部君ごめんなさい!
(ちなみに歌わなかったら打たなかった。)
[PR]
by chandra-k | 2009-04-25 22:00 | Comments(10)

ピュアなエネルギー

寝る寸前に頭の左斜め前の脳が うにょうにょと動いてるのを感じた。
見えてるわけではないけど「鱈の白子がぐにょぐにゅ動いてる」といった感じ。
何かが動き始めてる!
そして翌朝目覚めると同じ所にちょっと刺激を感じる。
なんだろう。エナジーワークの時に聞いてみよ!

そして出掛けたエナジーワークは。。。。。。
色とりどりに咲いた蓮の花の中から私はホワイトゴールドの蓮を選び
その蓮に乗り、さらにイルカさんと共に龍宮へ向う。
(といっても見たというよりあくまで「そんな感じ」だけど)

七次元に入るとだんだん温かさを感じることが出来るようになり
乙姫様と融合すると ひらひらと喜びがはためく。
そしてそのまま黄金の光がすーっと頭上に伸びて八次元へ。

今までも八次元の波動は何度も感じたと思うが
今日はそれがとてもリアルだった。
つまり自分とは離れた世界を垣間見るといった感じから
自分の波動として感じるといった感覚。

八次元に入った時、自分はとても大きな光の球で
その光が中心から拡散しながら広がっているのだけど、
その境目あたりが光の裾野って感じで、とても大きく円を描いていた。
そしてその円に沿って沢山の八次元の方々が喜んで私を迎えてくれた。
(といっても人間のかたちではなくおそらく沢山の光というか意識って感じ)
そしてそれを感じたとたん涙がダーッと溢れる。
それは迎えてもらったことに対する喜びや感動とか、感情の高ぶりというものではなく
ただただその状況に涙が止まらない。
しかも目を閉じているけど きっと号泣の顔。
そして天照大神と融合し、宇宙太陽と融合するととてつもなく大きな宇宙太陽を感じるのだけど それは自分の外にある無限なるものといった感覚はなく あくまで自分なのだ。
そしてそのままの感覚で目覚めた。

その感想を話した後で 前夜に感じた脳の動きのことを大津さんに聞くと
それは前頭葉の創造する部分が活性化しているのだと教えてくれた。
今まで蓄えた知識ではなく まったく新たなものを創り生み出す部分が
やっと活動を開始したらしい。
先日右脳が変化していたことがここに繋がっていたもよう。
面白いなぁ。
身体・脳の使ってない部分が働き始めるのだね。

ところでこの日のエナジーはさやかさんの初エナジーだった。
レゾナンスセラピーには私の日記がきっかけで繋がり
東京セミナーに参加することになったという。
そして前日は彼女の伝授だった。
何といったら言いのだろう。清らかで清潔な透明感。
伝授の時、他の人とはかなり違うエネルギーが入ったと大津さんは言っていた。
万華鏡のきらめきみたいな光だって。
遠隔ヒーリングの練習の時は そのエネルギーを感じた久美ちゃんが
透明なんだけど全ての色を含んでいて生命力に溢れた感じと言ってた。

そのさやかさんの初エナジーの感想が素晴らしく感動的だった。
(私が初めてエナジーに参加した時は何も感じなかったんだけどね)
蓮の花に乗るところではどれにしようかと思ってたら
白い蓮に虹色の蓮があったから その白の上に虹色が重なった状態で乗ったと嬉しそうに言う。
そして高次元に行った時は「宇宙は全てのものに幸せしか与えていなかった」と感じたそう。
そこにある星々やあらゆるもの、そして自分も幸せそのものであり、全てが愛しいと。
誰かの喜びを自分の喜びとして感じられる幸せを感じたという。

エナジーワークの感想を真っ直ぐな澄んだ瞳で語るさやかさんと それを嬉しそうに聞いている大津さんを見ているだけでものすごく幸せな気持ちになってしまった。
そこには透明でピュアな澄んだ空間があった。
「いやーいいもの見たね」と珠ちゃんと頷きあう。
幸せでいつまでもその光景を鑑賞していたい気分。
今回のエナジーに参加してよかった~。

とっても純粋でピュアなエネルギーなんだね。
余計な汚れを作ってないっていうか。
だから初めての伝授で6・5まで行っちゃうんだ!
存在してるだけでまわりがキレイになっちゃうって素晴らしい。

まあ、私や珠ちゃんは(一緒にしてごめん)一杯汚れを作って学んだからね。
それも好きでやってたことだけど。
だからなおさらさやかさんのエネルギーに触れて得した気分。
さやかさん ありがとう。そしておめでとう。
[PR]
by chandra-k | 2009-04-24 00:30 | Comments(8)

自己探求

久々の日記。
私の場合 インプット期が続くと熟成期がやってきて活動停止し、
その後突如アウトプット欲求が高まり、それが落ち着くとまたインプット
という周期を自動的に繰り返す習性がある。

私の肉体はかなり賢くて表面意識より色んなことを知っていて
色々変化して教えてくれるのだが 七に入って暫くさほど変化がないかなと思っていたら
2週間程前3日間ちょうど仕事が終る頃を見計らって頭痛と激しい眠気に襲われ
どうしようもなく布団に潜り込んだ。
特に頭の右側が痛い。そして身体の左側の肌荒れと歪みが出ていた。
エネルギーの調整が行われているのは明らかで オステオパシーに行っても
この2週間激しく身体の状態が変化していた。
エネルギーで頭骸骨が動き、身体の骨も筋肉も変化している。
すごいなぁ~身体って。
そんでやっと今は変化が落ち着いてきた感じ。

さて、自己探求!
私は昔から自己探求が趣味でいつもやってるところがあるので
自己探求とはなんぞやみたいなことをあえて考えたり、体系的に言葉にしたり
その仕組みを解き明かそうと思ったことがなかった。

でも最近みんなの意識の周波数がどんどん上がってて
大津さんが「あとは自分で詰めていくこと」と言ってるけど
「詰めること」「自己探求」を言葉にするとどうなるのかな?って考え始めた。

それを簡単に言うと
自己探求とは自我を探求することではなく
かといって遠く離れた真我を求めることでもなく
真我が自分にどう顕れているか、その関係性を解き明かし
真我の素晴らしさに気づいてゆく過程。

「詰めてゆく」ということは体験することがてっとり早いが
全てを体験することは不可能であるから 自分のテーマ(総じてひっかかることが多いもの)に関して 愛に転換するまで考察を進めることで 表面意識が認識し、三次元で活用が可能になる。

意識の周波数が低い間は自分で作った汚れにひっぱられるので
へたにフォーカスせず問題を棚上げしていいが(実はその方が意識は上げやすい)
振動数が上がったら見て見ぬふりは不可能になるのでそのテーマとちゃんと向き合う必要がある。
全てのものはあらゆる次元を含むので、そのテーマについて考察し
高次元の愛の状態に転換する作業こそ自己探求である。
つまり汚れを浄化して追い出すということではなく 汚れそのものを愛に転換すること。
だってそれはもともと同じもので出来ているのだから。

例えば「許す」という言葉が 「怒ってたけど許す」という次元から
「全てが流れ入るの許す」という次元に昇華され 
「愛する、受け入れる、融合する」と全く同じ愛の次元に転換されるように。

自己探求をすべて独力でやらなくてはいけないと思っている人が多いが
依存でなければ誰かに相談してもかまわない。
それどころかテーマはオープンにした方が学びがはかどる。
共に学んでいる意味はそこにある。
ただ振動数が変化する「気づき」は自分レベルで起きるので
そういう意味では自己探求は自分でやる作業。
(人から何をアドバイスされようと、自分で腑に落ちないと気づきは起きないから)

あらゆることが可能な、全知全能なる素材(愛・いのち・光・神)を使って
好きなように自分とその学びを構築しているわけだから その仕組みがわかると
それを活用することが出来る。
自分がひっかかったりする仕組みがわかることで それを表面意識でコントロールし
さらに今まで蓄積してきた知識やデータを活用することが出来る。

さらにそれを知った上で 三次元で個性を顕わして生きることの楽しさ・面白さを
味わうことが出来、さらにそれを伝えることが喜びとなる。

幸せを伝えること、サポートするという事は
常に相手の最高の真我の素晴らしさを認め、見つめ続けること。
相手の中に「もともとの全体である愛そのもの」を認め 刺激し続けること。
認め続けることで相手の本来の高次元がそれに共鳴しより多く顕れてくるようになる。
それこそが高次元共鳴による真我顕現のメソッド「レゾナンスセラピー」だと
私は思う。


自己探求について丁寧に説明してここに書くとものすごく長くなるので
とりあえず自分の覚書のように簡単に箇条書きしてみた。
(先日の私のセミナーでこれをわかりやすく話したら1時間半以上かかったので)
[PR]
by chandra-k | 2009-04-19 00:04 | Comments(0)

愛のメッセージ

4月になり菩薩セミナーがスタートした。
菩薩が続々誕生したので 七次元入りしたメンバーが交代で毎月担当することに。
その第1回は先日の特別エナジーで7-6になった久美ちゃん。

参加者の一人一人が最近あった幸せなことを簡単に話すことからスタート。
人数が多かったので1回しかまわさなかったけど本当は3回まわすんだって!
私達は幸せや嬉しいことにフォーカスしてるからすぐ思い浮かぶけど
そうでない人はなかなか出てこない。
しかも一つは思い浮かんでも三つとなると難しくなってくるって。確かに。
これを久美ちゃんは家族でやってるんだって。素敵だね!

その後久美ちゃんはお母さんがポン(癌)になったことを通して
想いがが現象化し、そこからどれだけのことを学んだかという
お母さんが全てを愛と感謝の学びに変えていった過程、
最近感じていることをお話してくれた。
その過程を私達はつぶさに見てきたり、久美ちゃんの日記を通して知っているけれど
久美ちゃんの口から愛の波動に乗って語られるその話は感動的で、
久美ちゃんがまた面白いので みんなで泣き笑いしながらその話を聞いた。

そしてその素晴らしい学びを体現して見せて下さったお母さんもその場にいて
久美ちゃんの話を聞きながら溢れる涙を何度も拭いていた。
手術をして1年。久々にお会いするお母さんは本当に元気で
瞳がパッチリとキラキラ輝いて 少女のようにも見えた。
久美ちゃんはセミナーの最後にお母さんへの感謝の言葉を述べ
お母さんもまた久美ちゃんに「私から生まれてきてくれてありがとう」
涙を浮かべながら久美ちゃんに感謝を伝えていた。
親子でお互いに対してちゃんと面と向き合って感謝の言葉を伝え合えるって
なんて素晴らしいのだろう! 
その光景を見ている私にも感動の涙が溢れる。

セミナーの中で久美ちゃんが大津さんの「幸福の実証」という本の中にある
「愛のメッセージ」を語った。
それは朗読というより、久美ちゃんが大好きで暗記しているそのメッセージを
参加者一人一人の目を順番に見ながら語りかけてくれた。
久美ちゃんと目を合わせながらその愛の言葉を聞いていると涙が止まらない。
その全部をずっとお互いに目を合わせながら伝えられたら号泣してしまいそうだった。



「愛のメッセージ」

あなたは野に咲く花のようにありのままが美しいのです。
鳥が空を舞うようにあるがままが、嬉しいのです。
生きるものすべてに優しくありなさい。
すべての生命は貴方の兄弟であり姉妹であり友人であり先生であり
また親でもあるからだ。
心を開いて下さい。
貴方は天使達のサポートを感じるでしょう。
貴方の使命を感じるでしょう。
本当に望むことをしましょう。
宇宙の意志を現しましょう。
人生の変化を楽しみ、味わい、学び、成長発展しましょう。
愛を与え続けましょう。天使達のようにね。
主よ 愛と導きに感謝致します。


久美ちゃんも日記に書いていたけど 大津さんの言葉は広がる。そして深い。
私も自分のセミナーで瞑想朗読みたいなことをやろうとして
自分で言葉を考えたことがあったのだけど
大津さんの言葉を朗読する時と広がり方、深さが全く違って驚いたことがある。
これは自分が声に出してみるとよくわかるのだ。
これは言葉そのものに高く深く豊かな波動が入っているからなんだろうな。
そんな言葉を自分でも紡げるように成長しよう。

菩薩に入ったメンバーは現在9人。
菩薩セミナーは毎月一人誰かが担当する。
5月はやすりんさん、6月は珠ちゃん、7月はあっちゃん。。。。続く。
皆違った個性でそれぞれ素晴らしいから どんなセミナーになるかとっても楽しみ。
エネルギーの個性も違うので入り方も違うし 気づきの起き方も違う。
私は自分の月1回のセミナーがあるのでローテーションには入らないけど。
こうして久美ちゃんがお話するのを見ていて思ったのは
お話するってことは自分の学びの整理になるしそれを伝えることによって
さらに成長出来る。
こういう機会を与えてもらえるということは何て幸せなのだろう。
かつて自分がもやもやぐちゃぐちゃの真っ最中はお話することが苦痛だったこともあった。
声が出なくなった時もあった。
泣きながら話をしていたことも多かった。
それでも毎月お話をすることがどれだけ自分の成長に繋がったことか。
そしてそんな私のセミナーを多くの人が聞きに来てくれた。
あらためて感謝の気持ちで一杯になった。
大津さんセミナーを担当させて下さってありがとうございます。
そして参加して下さったみなさん ありがとうございます。

久美ちゃんの菩薩セミナーは本当に素晴らしかった。
でも残念ながら途中でレコーダーが勝手に停止してしまいCDになることはない。
これもまた必然なのだろうね。
その時その場に居た人が共有出来たエネルギー。
そこにいられて本当によかった。
久美ちゃんありがとう!
[PR]
by chandra-k | 2009-04-03 18:36 | Comments(6)