<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

月の礼拝(チャンドラ・ナマスカーラ)

私のお腹の中には天使がいる。
と言っても妊娠しているわけではない。念のため。(笑)

昨年と今年と声が出なくなったり 色々なことがあって
ついつい作ってしまったよけいなものがお腹の中にまだ存在している。
で、たまにそれがチクチクするのだ。
心の使い方で歪んでしまった細胞は日々出来たり消えたりしていて
長時間に渡って歪ませてよっぽどギューっと固めない限り大変なこと(例えば癌とか)にはならないから心配はしていないのだけど、未熟な私はまだ一瞬にしてそれを消せない。
ってなわけでまだ私の中に残っているのだ。
以前セルフヒーリングをしたんだけど、自分のお腹に手をあててエネルギーを送ると
どうもその存在をしっかり認めてしまい、力を与えてしまう感じでうまくいかなかった。
(誰か他の人にやってもらうのはいいんだけど。私は結構現象化のエネルギーが高まっているので 自分でやるとそこにフォーカスして現象化を促進してしまう。)
それで閃いた! 私のお腹の中の完全な状態を思おうと。
そういえば私のこのブログのトップページの天使の絵(by大津さん)は
誰かに子宮の絵に見えると言われたことがあったっけ。
ということで、
「私のお腹の中にオレンジピンクに輝くニコニコ笑顔の天使がいる」
と思うことにした。
そして「お腹の中には月もあってその天使は月のリズムで健やかなる呼吸をしている。」と。
これはなかなかいい感じ。これでいこう!

HEARTさんの伝授の後時間が出来たので、一緒にシェルティさんのヨガに行った。
シェルティさんのヨガは本当に久しぶり。
今月のポーズは「月の礼拝(チャンドラ・ナマスカーラ)」
やりながら、「あれこれ前にもやってる」と思う。
そっか、前にシェルティさんのヨガをやった時も9月だったのかと気づく。
そういえば今年の4月にシェルティさんの家でのセミナーの時も満月瞑想をしたな。
めったに参加しないのに月の回に行くというのも呼ばれているのかな。

今回のヨガはエナジーワークみたいで、月の瞑想をしていると
自分自身が月そのものの波動になって 自分が中心となって
ものすごく広がって行くのを感じた。
クンダリーニをイメージした時はムーラダーラチャクラから
螺旋状にエネルギーが昇って行くに従って チャクラが次々に開いていく感じがした。
そしてシャバアーサナの時はくるくる回転しながら大きな光がやってきた感じ。
とても気持ちのよい時間だった。

15日は満月。
満月の波動を感じてみよう。
[PR]
by chandra-k | 2008-09-13 23:40 | Comments(4)

手放す(決断と実行)

自分が本当に何を望んでいるかは 自分の魂がちゃんと知っている。
ただ表面意識が言い訳をしたり 条件を並べて判断を下そうとするから
それに惑わされたり 本当の自分の想いに気づかぬふりをする。
でもちゃんと魂が望んだことを選択すると 心が晴れ晴れと軽くなるし
そうしない時はなんともいえない霞みたいなものが心にかかっている。
(それにもまた気づかないふりをし続けると どんどん辛くなってくる。)

大切だと思い込んできたもの、膨大な時間とお金と労力をかけてきたもの、
沢山のしがらみがあればあるほど、それを手放すと何もかも失ってしまうような恐怖。
今まで自分を想ってくれた人を裏切るような罪悪感・・・・。
頭で考えたら決断を鈍らせるものはいくらでもあるだろう。

でも手放したことで それによって隠されていた本質が顕れてくる。
そして何一つ失ってはいないことに気づく。
それどころか最初から宝物を持っていて それは決して無くならないことがわかる。
美しく光輝く本当の「わたし」と、その個性の顕れである「私」が
くっきりと姿を現す。

後になってわかることだが そうして手放したものさえ
実は学びの協力者としてどれだけ自分を愛してくれたかが明らかになり
その全てが輝きを放ち始める。
無駄なことなど一つもない。
ある段階までは自分の邪魔をしていたものが 自分が成長することによって
生きたツールとなり智慧となる。

だってもともとは自分の成長のために自分で選んでやってきたことだから。


チーム東京のHEARTさんの伝授。
駅まで迎えに行くと もうすでに以前会った時と別人だった。
ここに至るまでに彼女は決断し 沢山のものを手放してきていた。
本当に思いっきり! 潔く!
それを行動に移すことがどれだけ大変だったかは容易に想像がつく。
彼女は勿論 家庭でも大変革が起きたそう。

伝授のエネルギーを入れている間はHEARTさんも珠ちゃんも私も泣いていた。
大いなる喜びがもたらされ 美しく清らかなるものに洗い流されて行くかんじ・・・。
手を広げて天を仰いでいる姿が聖徒みたいに私には見えた。
伝授の最中大津さんはずっと語り続けていて エナジーワークみたいだった。
(その人に必要なエネルギーが入るから 必要なことが起こる)

伝授が終わると五次元意識に入っていた。(5-5)
遠隔の練習の時 私がHEARTさんにエネルギーを送ったら
(送るというよりは自分の中に一体となったHEARTさんを感じたら)
幸せな喜びが溢れてまたどっと涙が流れた。

おめでとう。
そして素晴らしい学びを見せてくれてありがとう。


<追記>
伝授の翌日の今日 セミナー終了後の事務所に行くと
HEARTさんの透明度が明らかに増して昨日より綺麗になっていた。
お話を聞いて5-8になったんだって! 素晴らしい!
彼女の誕生日のプログラムは私と似ていて タイミングはのがさない。
ここぞというタイミングで行動が出来る。
私も大津さんに出会った日はプログラムしてきた「まさにその日」だったけど
彼女もまた「予定通りの日と一日も違わず」出会ったという。
これも個性であり得意分野! バッチリ。
[PR]
by chandra-k | 2008-09-11 02:39 | Comments(4)

新たな地平

今日もエナジーに行く。
8/27の「豊かさ」の日記の追記にも書いたが
「愛=豊かさ」であることを実感してから感じる深さが変化した。
そしてこの深さを知って初めて 今まで私が感じていた宇宙が
まだまだ平面的で浅かったことがあらためてわかる。
本当に体感して波動が変化しないとわからないんだなぁ。

今までのレベルでも無限なる宇宙はずいぶん感じられたけど
深さが加わるとそれは今までの比ではない。
わかったつもりで満足するとそこで止まってしまうが、
成長することは 突然新たな地平が開けるみたいな感覚なんだなぁ。

私の生活観まですでに変化してきている。
例えば今までは仕事の合間に何も考えず食材を買って配達してもらって
冷蔵庫の中は常に一杯にして いつでも何か食べられるようにしていた。
で、忙しいと買ったものも忘れ、食べ切れなくて賞味期限切れで捨てたり
ということをよくやっていた。
それが今は冷蔵庫の中はスカスカ。
あるものを使い切って 必要なものだけを買う。
食材に限らずあらゆるものの役割をちゃんと果たしていただく。
それがポテンシャルをちゃんと表現出来るように、
それが一番喜び、顕わせるように使ってあげる。
ひとつひとつとちゃんと向き合い、共に喜び合ってゆく。
その豊かさを、深さを味わい尽くす。
世界の感じ方が大きく変化した。

それから今日のエナジーは「全知全能の生命体」という誘導の度に
沢山のエネルギーを感じた。
おそらく8次元エネルギーの色々な側面を感じていたように思う。
何かが見えるというものでもないが 現われが少しづつ違ってる感じ。
それは圧倒的な存在感で感じられた。
そして自分の中心を感じた時、それはとても大きいものだった。

「全てが中心であり 自分でどこにフォーカスするかでどこでも中心になりえる」
今まではそんな感覚の認識だったけれど、
今日感じたのは「中心は一点ではなくでっかい」というもの。
今までの認識から一歩進んだ感覚。
「全てが中心であり 中心が全てである」
ただ完全にそれが一体化したらもはや8次元、いや9次元感覚かもしれない。
私が感じたのはその途中の過程。
中心は一点でもあったけど 実はものすごく大きいものであった。
そしてそれが私自身であると感じる。

体感による認識の変化ってすごいな。
しかも体験すると否定しようがない。
知識だけでわかった気になっていた昔の私がいかに遠くなったか。

これからどれだけの新たな地平に立てるのだろう。
胸の中が穏やかにじんわりと熱くなる。

私達はどんどん加速している。
どんどん変化している。喜びのあらたな地平へ。
るうちゃんが9/5の伝授で五次元意識に入った。
その前にあっちゃんも えりちゃんも六次元。
それぞれがそれぞれのベストな学びのタイミングと速度で成長している。
みんなおめでとう。そして喜びをありがとう。
[PR]
by chandra-k | 2008-09-08 22:30 | Comments(0)