「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

まる3年

2005年にスタートしたこの日記も今日でまる3年。
3年前の今日 chandra-krishnaっていう私の役割名が出て来たのだった。
そしてどうしてもその日のうちにブログを立ち上げたくて
初めてのことにPCと格闘(?)しながらどうにか無事スタートしたのだった。
この3年の間にこのブログを通して沢山の人に繋がったなぁ~。
今では深く深く繋がってずーっと前から知ってる感じのする人だって
考えてみれば現世では知り合って3年以内なんだもんなぁ。
あらためて感動する。

ところで今日は特別エナジーだった。
ここのところ大きな変化はなく安定しているのだけど、
今日特に感じたのは・・・・・

「愛そのものが生きて働いている」
「一度たりとて私達は愛から離れたことなどなかった」
「最初から完全な愛だった」ということは体験し実感していたのだけど、
最初から「完全な調和」であり、「完全な豊かさ」であり、「完全な美」
「完全な智慧」であるというようなことを わかっていながらも
どこかで愛とそれぞれを分けて認識していたことがわかった。
愛=調和ってことは感じていたにもかかわらず
どこかで「一度たりとて調和から離れたことはなく、完全な調和しかなかった」と
認めきれていなかったと気づいた。
これはかなり微妙な感覚でうまく説明出来ないけど、
要するに愛と調和と豊かさと美と智慧が完全に私の中でイコールになってなくて
分けて認識していたことがわかったということ。

そして例えば「調和」をとらえた時、
自分の中で都合のいい「調和のかたち」を作って
あてはめようとしていたこともわかった。
本当になんでもありなんだ。
それでいて完全な調和でありえるのだった。
なんだかまた一つ枠がとれた。

それから私の中での最近の「気がする」は
身体の調整の必要なサポートはだいたい受けたので
(自力で無理なところを調整するためのお手伝いはしてもらったので)
これからは「神殿であり、三次元に表現をするための媒体であり、
ずっと色々なことを知っている身体」に貞きながら
身体の喜びの踊りのための体操と、それによる自動調整をしていく段階に
入ったということ。
自らの身体の設計図を作ってゆこう。

ところで夫がついに禁煙に成功した!
今まで何度チャレンジしてもだめだったのだけど、ついに!
1週間位喫煙していない。
これで私も呼吸が楽になる。美味しい空気が吸える。
喉や粘膜への負担も軽くなる。
ついでに煙草代もうく。
めでたい!
[PR]
by chandra-k | 2008-07-31 19:18 | Comments(5)

時空を超えるエネルギー

前回の日記に書いたエナジーでは腰がまわってお腹から宇宙が広がったが
先日のエナジーでは首がぐるぐるまわった。
体操してるみたい。
入ってくるエネルギーに身体を委ねていると手が広がって深呼吸ポーズだの
頭の上にアンテナみたいな形を作りたくなったり
なんだかよくわからないけど面白い。
私の表面意識より身体のほうが色々とわかっているのだろう。
細胞自体が開いて来てるってことなんだろうな。

つづいて私のエンジェルセミナー。
お話の後今回も朗読ワークをやってみた。
まだ試行錯誤ではあるけれど、前回のやり方がちょっと違うと言われたので
今回は少し変えてやってみた。
今回のやり方でOKが出たので これから色々展開させてみよう。
とにかくやりたくなったらすぐ始める。
そしてどんどん変えながらやがてかたちが出来てくる。
やってみないとわからないことは沢山あるから。
今出来ることを今やりながら 今しか学べないことを学んでゆく。
実践ってそういうことだから。

セミナーの後カナダにいるMieちゃんからメールが入って
カナダに着いてまもない菜穂ちゃんと、Mieちゃんと、
事務所にいるみんなとスカイプで繋いで話をした。
とてもカナダと日本にいるとは思えない。
すぐそこにいるみたい。
それは声が聞こえるということ以上にエネルギーが交流しているから。
話していると身体がものすごく熱くなってくる。
たわいもない会話をしているけれど 言葉以上のレベルで
お互いのエネルギーがまわるので何だかとても満たされてしまって
ついまったりと黙ってしまう。
お互い在るということを感じながら、ただ黙る。
それが心地いい。

エネルギーに時空は関係ないことは認識しているが
あらためてそれを体験している感じ。

Mieちゃんと菜穂ちゃんがお目覚めのお手伝いをする山の写真を送ってもらった。
先日事務所でみんなでエネルギーを送った時は
ピリピリと痛いものが出て来ていたけど 大分柔らかくなって
受け入れ態勢が整っているよう。
エネルギーを入れるために山に登るのはもうすぐ。
地球規模のお役目だね。
e0039323_14225089.jpg

[PR]
by chandra-k | 2008-07-20 14:23 | Comments(4)

お腹から宇宙が広がる

最近は以前のペースで日記を書いていないが、
書かないでいると次々体験を忘れるので少しは書いておこう。
(この日記は私の変化の記録でもあるのでね。)

ということで今週のエナジー。
今回面白かったのはお腹から宇宙が広がったこと。
今までエナジーの最中に喉から宇宙が広がったことがあった。
ハートから無限に宇宙が広がるのはしょっちゅう体験していたけど
お腹から広がるのは初めてだった。
つまり仙骨のチャクラ(スヴァディシュターナチャクラ)から宇宙が広がった。
腰を軸に身体がぐるぐると右回り、左まわり、八の字に回転して 
私はまるでベリーダンスでも踊っているよう。
特に八の字(インフィニティ)のかたちが一番多くてかなり腰が回った。
今までも私はエネルギーの変化(次元の上昇)に伴って
身体が回転することが多かったのだけど、最近は以前ほど激しく回らなくなっていたのに
今回は久々に派手に回転。
さらには頭頂が前に引っ張られ そのままつんのめりそうだった。

これは何だったのだろう。
仙骨のチャクラ(スヴァディシュターナチャクラ)が開いたってことなのかな。
そういえば私は以前から第一第二チャクラってあんまり興味がなかったと
思い至った。
確かにあまり開いてなかったかもしれない。
かつてあまりにも自分を厳しく律し、罪悪感を持ち
人生の喜びとか芳香とかいう類のものをどう味わったらいいのか
よくわからなかったのだから・・・・。

で、このエナジーの後 どうも私のお腹の中で物理的にお掃除が始まった気がする。
と言ってももはや「あ、浄化だ!」っていう感覚ではない。
さんざん浄化マニアをやってきた私は 飽きるほどやったせいで
どうも気がつくと浄化の感覚を超えてしまったみたい。

少しづつ波動が変化してきたせいで、「罪穢れのない我を感じた!」といった
劇的な気づきの瞬間は味わっていないけれど 気がつくとそれはなくなっていた。
あんなに必死に浄化にはまって溺れていたのに、
今は「汚れってなに? そんなの最初から無いし!」って感じになった。
汚れを無くそうと躍起になることもない。
ただ「ああ、今はお掃除してるって現象ね」とただ観察するだけ。

それから最近は私と真我の分離の感覚もなくなったので
エナジーの最中に普通に思考してしまっても気にならなくなった。

日常をとても平穏で穏やかな心の状態で過ごせるようになった。
昔と比べたら驚くばかりだ。
確実に進んでいる。
今まだ超えていないのは豊かさの部分。
これだな。
そしていかに豊かに開花して芳香を放ち喜びを味わうかってことなのだろう。

ところで グレン・グールドが亡くなる少し前に演奏していた時の映像を見ていたのだが、
彼は「演奏する」「表現する」という分離を超えて 
奏でる音楽そのものになっていたのだと思った。
そしてその演奏からは甘美な喜びの芳香が溢れていた。
[PR]
by chandra-k | 2008-07-11 01:26 | Comments(0)

菩薩宣言

今週はとても濃い~時間を送っている。

まず6/30月曜は特別エナジー。
プチ伝授的な要素もある。
エナジーの時はいつも誘導に従って高次元のエネルギーの波動を
垣間見たり体験したり・・・・と
どこかに誘われる感覚があるのだけど、今回は違っていた。
最初から最後まで「私」をはっきりと自覚し、愛が中心に定まった状態でそこに在った。
いつもは高次元の波動の中で私の輪郭が全体に溶けて、
(一滴の雫の「私」が大海の大いなる「わたし」に溶け)
無限なる「わたし」の精妙で静謐な波動を体験するのだけれど
今回はずっと「私」のままだった。
もはや真我のわたしとの間に分離はなく、
ただただ「わたし」である「私」という感じだった。

そして自覚的な「私」のまま そのフィールドが広がっている。
ハートから果てしなくフィールドがひろがっている。。。。。。

ここ3週間ずっと胸が痛かったのだけど それって肉体が変化してたのかな。
今まで作り出した重層的な身体の歪みを整えるために週1回オステオパシーに通っているが背骨が整うに従って ここのところ胸のあちこちが痛かった。
毎日身体が変化していて そのプロセスでかなり痛かったりしていた。
実は私がものすごく右半身と胸が苦しかった時、
夫が同じ期間同じところが痛いと言っていた。
ヒーリングした時「あ、これ私のだ」って思った。
私が変化して来たことで夫もだんだんエネルギーに敏感になってきたようだ。
(以前は全くそんなことはなかったのだけど)

さて、エナジーでひろがっている「私」を感じながら
私はこの三次元でこのまま「わたし」を顕わしていくのだと思っていた。
私という個性の色あいが開花して芳香を放つように。。。。
本質の「わたし」が生きて働いて「私」を表現する。。。。
ひろがっている私の中で、ハートがリアルにひろがっている中で、
私のハートが高らかに宣言していた。
「菩薩として生きて行きます。」と。
涙が幾筋も頬をつたう。法雨。

エナジーの後 この感想を言うと珠ちゃんが
「そうそう、ぼさっちーだった瞬間があったよね。」と共感する。
菩薩的=ぼさっちー! (笑)
珠ちゃんと私はちょうど意識の周波数が同じ位なので 同じところを感じているみたい。
ただ珠ちゃんは「肉体感覚がなくて自分が無限大」の方が基本なので、
私が肉体感覚から拡張して感じるのに対し、珠ちゃんの場合は逆で、
しぼった感覚で感じるらしい。
菩薩ってつまり肉体を使いながら真我をいかに顕わして生き 全体に貢献するかだからね。
「ぼさっちーって!」皆が笑ってたけど、二人にはリアルな感じで、
私にはとっても慈しみの、優しくて柔らかい感じがする。

如来は「にょらっちー」かと笑ったけど、如来はまだリアリティがないので
こっちは言葉としてちょっと変な感じ。


7月に入り2日はメタトロンの会。
以前はよく集まるメンバーによって会に名前をつけて面白がっていたっけ。
菜穂ちゃん珠ちゃんと3人はトリニティで、
それに大津さんが加わるとメタトロンの会。
(1回しか開催しなかった「笑う巨人の会」ってのもあったなぁ!)
このメタトロンの会は前回から2年以上が経っている。
菜穂ちゃんが東京に行ってからは初めてで、4人だけで話すのは本当に久々。
今までもそうだったのだけど こうして4人で話す時は
何かが必要で起きてるって感じ。
だから私のスケジュール移動等サポートも入った。

事務所で今後のことを中心に話す。
やはり実際にあって意思確認するってのは重要だ。
交わされる言葉以上のレベルで互いのヴィジョンが一致すると
何か大きなものが動き出す。

お話の後でエナジー。
それぞれ感じたものは違うけど 光の十字となってエネルギーが交流し
みんなで何かを創り上げていたみたい。
残留していた古いエネルギーの残りかすを皆で出したらしい。
私がその時感じたのは、紫のエネルギー。
いつもは黄金がメインなのだけど 今回は最初から最後までメインが紫だった。
しかもずーっと身体が右や左まわりに回転しっぱなし。
始まるやいなや私を中心に銀河のような楕円の紫の渦が現れて
私と一緒に回転していた。
やがて紫のエネルギーの本体が登場し、迫って来て
それが降り注ぎ 私に浸透し 融合した。
エナジーが終ってからもしばらく振動と回転は続いていた。

紫は高貴な精神性と新たな秩序を顕わすと大津さん。
ずいぶん前から紫のエネルギーが来ていて
パッと見ると目の端に紫の光がたびたび見えていた。
それがついに姿を現したみたい。
「リーゼントの前のところが出来るんだね。」(珠ちゃん語)
大津さんが見つめて輝かすをやった時、そのようなエネルギーが私に
入っていったと珠ちゃんは言っていた。
以前日記に書いたけど、道が出来るってことなんだろう。
珠ちゃんに言わせると
「徳ちゃん自体はでっかいエネルギーで 誰でもどっからでもアクセス出来るけど
道があると早いんだよね。」って。
以前は「大きな町があって小さな道も沢山あるけど
大きな道がこれから出来るんだね」って言ってたのだった。
それが出来始まっているってことなんだろうな。
つまりそれが新たな精神的秩序ってことなのかもしれない。

とても実のあるメタトロンの会だった。
それぞれの個性と役割を顕わしながら 共に新たな創造を行う
大きな流れが始まった。

翌3日はバガヴァーンセミナー。
今回は菜穂ちゃんとみあちゃん。
二人が夫婦の学びについて話し、またしても泣き笑い。
実はこの二人は私達より早く出会っている。
菜穂ちゃんが仙台に転勤で来たばかりの時に出会って、
それから何年も会っていなくて 互いに学び
ここで再会っていうのも何か意味があるのだね。

セミナーの後 もうすぐMieちゃんと菜穂ちゃんが
エネルギーを入れに行って目覚めさせるカナダの山の写真をWEBに表示し
大津さんが準備のエネルギーを送る。
さらにそれをサポートしてMieちゃん、菜穂ちゃん、珠ちゃん、私、
さらにやすりんさんも加わって大津さんを介してエネルギーを送った。
山から痛いものが沢山出てきた。
やがて山の波動が変化。柔らかく神々しい波動になる。
Mieちゃんの家のすぐ近くの山。とってもきれい。
準備は整った。
地球さんの変化のためにも自然と仲良しのMieちゃんと菜穂ちゃんが
お役目を持ってカナダに飛ぶ。
[PR]
by chandra-k | 2008-07-04 00:58 | Comments(0)