「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お嫁入り

6月25日は我家の箱入り娘(?)のお嫁入り。
そう我家の幸福の木・ドラセナマッサンちゃんが杜の家に嫁いだ。
今年の最初の日記に書いたように、最初は25cm位だったのに
今では2m50cm位まで立派に成長して天井につきそうになったもの。
縁談がまとまり今日は晴れてお嫁入り。

前日葉っぱを一枚一枚拭いておめかしさせる。
大きく伸びて私とダンスを踊った葉っぱ達を拭きながら
自分が嫁いだ日のことを思い出した。
私の披露宴は全部自分で企画演出したイベント結婚式だった。
会費制で立食式のパーティで、会場の手配から料理の調達、音響・照明、
仕切り、スチール・ビデオカメラ、バンド演奏、衣装、看板、印刷物、引き出物・・・・・
イベントホールで普通の披露宴とニ次会とコンサートを合体させたようなパーティ。
しかも何もかも私が仕切っていたため連日打ち合わせや準備で忙しく
前日も遅く帰宅して、「明日早いから寝るね」って寝てしまい、
当日も「じゃあね」って家を出た。
弟は「このままこの家には帰らないのか?」って呆れていたらしい。(苦笑)
照れくさくて感謝の挨拶も出来なかったってのが一番だったけど
私はまるで仕事に出るように、いつものように家を出て来てしまったなぁ。
(結婚がお別れとか、特別なことって感覚が無かったからなんだけど。)
当日は笑いと涙と感動のライブとイベントで思い出に残ったけど
今になって家族の気持ちを想うと 私って本当に呆れかえる行動ばかりとってきたと思う。

タカシさんがトラックでお迎えに来てくれた。
トラックの荷台に乗ってくくりつける作業をしていると妙に興奮。
私、高い所とかトラックの荷台とか大好きなの! ワクワクしちゃう。
以前荷物と一緒にトラックに乗って運ばれた時は嬉しくてドキドキワクワクした。
(何か過去生と関係あるのかな。笑)

そして杜の家に到着!
早速暖炉の前に置いたのだが、さすが杜の家!
吹き抜けなので余裕! 我家では頭がつかえていたのに小さく見える。
これならこれからいくら伸びても大丈夫!
CDプレイヤーの前だから音楽も楽しめるし。(我家ではいつも音楽を聴いてたので)
e0039323_0411895.jpg


「久美ちゃんが外に出してみましょうか!」と言うので
杜の家一家皆がペイントしたベランダに出すと すぐ前が森なので
ドラセナマッサンちゃんはさわさわと風に吹かれ、森と会話しているようで
とっても気持ち良さそうだった。
e0039323_0414759.jpg


ただ後で気づいたのだが、トラックに裸で乗せて風を切って走って来たので
箱入り娘で外に初めて出たマッサンちゃんに強い風は過酷だったらしく
沢山の葉っぱがザキザキと裂けていた!
(我家では一枚も裂けてなかったのに。再生はしない・・・よなぁ)
うぇ~ん、ごめんなさい。私の配慮が足りなかった・・・・・。

お嫁入りの日ははかったように友引。
そのせいか、久美ちゃんが「今日杜の家に来ない?」って
当日朝急に声をかけたにもかかわらず9人も集合してしまった!
すごいな~。
皆来てくれてありがとう!って、皆はお嫁入りのことは知らず集まったんだけどね。

ドラセナマッサンちゃんはこれからこうして杜の家で楽しい仲間に囲まれ、
幸せな笑いに溢れた空間で育つことが出来るんだね。
私も時々会いに来れるし!
「今まで大変な学びでした~。」としみじみ言ってるよと大津さん。
我家のハードな時期をずっと共に過ごして来た幸福の木は
私や夫の激しく上下する波動の影響を受けて 確かに大変だったと思う。
これからは杜の家の暖かで楽しい空気の中で幸せに育ってね。
タカシさん、久美ちゃん、迎え入れてくれてありがとう。どうぞ宜しくお願いします。

ところでお嫁入りと言えば、さんちゃんときちゃんのお祝いパーティ日時を
その場にいる皆で一気に決めてしまったよ!
8月の東京での披露宴とは別に仲間主催のパーティ!
9月22日(月)18:30~ 仙台のレストランで。
当日は平日だけど、翌日は祝日なので遠方の皆さんも是非!
みんな予定を空けておいてね!
そして企画プロジェクトを立ち上げるので、やりたいことを考えておいてね。
企画、演出、出し物、提供物大歓迎!
(みあちゃんは仮装パーティやる気満々です! 笑)
注:主旨はあくまでさんちゃんときちゃんの結婚披露パーティです!
お好み演芸大会ではありません。笑
(私の披露宴の後 皆から「楽しいライブだったね!」と言われたので。笑)
[PR]
by chandra-k | 2008-06-26 00:42 | Comments(4)

言霊ワーク

私のセミナーがスタートしたのが一昨年の9月。
お話をしないさいと高次元からメッセージが来ていると大津さんから伝えられたのが
ちょうど2年前の6月だった。
「やりなさいと言われているならやる必要があるのだろうから
断る理由もないし、やります。」とスタート。
あれから自分なりのやり方を試行錯誤しながら月1回お話をしてきた。

お話を始めた頃は、話しなさいとメッセージが来てるのだから
何も考えないで座れば大津さんみたいにお話は勝手に出てくるだろうと思っていた。
でもとんでもない。出てこない。
しかも話始めると職業柄、脳が構成と話の展開を考えながら話してしまう。
ハートに従って話すはずが脳が自分の話のチェックを開始する。
これはいけない。

次は皆に伝えたいメッセージが入っている物語を朗読して
そこに関わるお話をした。
朗読の時とお話の時で声が変化する! あたた。
朗読になると自分がそこに入り込むから自我が働かなくなるのに
お話になったとたんに脳が盛んに働き始めてしまう。

しかも当時は自分の周波数も上がったり下がったりして不安定な時もあったし
もやもやを抱えていた時は それでいっぱいいっぱいで
人前で話をするというのが苦痛でしかたがない時もあった。
自分のセミナーなのに行きたくなくなる。
でも来てくれる人がいるから行かなくてはいけない。
そして実際話している最中に自分でわけがわからなくなり混乱してきて
かなり自己嫌悪に陥りそうになった時もあった。
にもかかわらず、お話の最中泣いている人が何人もいたり
「いいお話をありがとう」と言ってもらうと こんな状態でもよかったのかな・・・って
ますます自分の中で複雑な気持ちになったこともあった。
でもそれを大津さんに伝えたら
「徳ちゃんがそういう状態の波動だからこそ伝わった人もいるんだよ」
「今それが必要な人もいるんだからいいんだよ」と言われて
そうか、私がどんな状態でもお役目は出来てるのかってちょっと安心した。

さらに大津さんと私は個性が違うのだからやり方が違っていいと言われ
お話の真っ最中に構成や展開に余計な脳の回路を使わなくてもいいよう、
さらに自分の話す言葉自体を味わいながらお話出来るようにと
話す内容をある程度決めてメモし、それを朗読する感覚でお話するということを
やってみた。
それを繰り返しているうちにどんどん構成メモは短く、少なくなってきた。
朗読も毎回入れるようになり、以前大津さんに教えてもらったお祈りを入れたり、
そうしているうちに大津さんの本が出来たのでその言葉を朗読するようになり、
次第に私のセミナーのかたちが出来てきた。

セミナーを始めたばかりの頃はどこかに気負いがあって、
なんとか少しでも皆の為になることを伝えなくてはいけない気がしていた。
考えてみると当時の私は必死で情報を伝えて解説しようとしていたかもしれない。
やがてバガヴァーンセミナーが始まり 仲間が二人づつセミナーの中でお話をするのを聞いて毎回涙を流しながら私は思った。
仲間のお話は共に歩んでいるから その成長もよくわかるだけに感動するし
何よりその波動というのはすんなりと自分に入ってくる。
私のお話を聞いて面白いのかなとか、ちゃんと皆の役に立ててるのかなって思ってたけど
私がこうして仲間の話を聞くことで自分の学びになるように
私の話も皆の学びに役立っているんだなって思えて嬉しかった。

バガヴァーンでお話をすることに決まると その人は決まって自分の課題と向き合い
自分を見つめなおし探求し整理して学びが確実に進んだ。
それを見ていて、私は毎月話すことによっていつも自分と向き合う作業をし
それが自分の成長にもなってきたのだと知ることも出来た。
こうして継続してお話をさせていただけていることに感謝!
そして私のお話を聞きに来て下さっている皆さんに感謝!

そして今までは自分に何かが起き、それをクリアする過程や
その学びの中で気づいたこと、そこから導き出された意識の状態など
とにかくお話する日の時点で私がわかったことを伝えてきた。
推測では伝えられないので、自分が実体験し、探求して感じた、わかったことまでを
出来るだけわかりやすく伝えようと心がけてきた。
最近のセミナーはいわば私の体験発表の場みたいな感じでもあった。

ここに来て私は大分成長し心が安定し本当におだやかになった。
勿論まだ課題があることも自分で知っている。
でも、不幸な体験や劇的な体験から学ぶ時期はもう終った。
自分の激しい現象を題材にして学び取るのはもうおしまい。
これからはそんなことは起きないだろう。
だからこれからはその穏やかな心の状態で学んだことをどう伝えるか。

そんなことを思っていたらなんだか新しいことがやりたくなった。
以前から瞑想朗読みたいなことはいずれやりたいと思っていたけど
具体的には浮かばなかったのでそのままにしていたのだが
今回は短い言葉を皆で回す「言霊ワーク」みたいなことをやろうと
先月突然思ったのだった。

最近のセミナーで私は毎回大津さんの言葉(本・日記)を朗読している。
それは大津さんが書いてはいるけれど、多次元のあらゆる「わたし」のサポートで
書かれたものだ。
そこにはおおいなるあらゆる「わたし」がいる。
大津さんの本の言葉を黙読すると、どうも「わたし」が大津さん個人に感じてしまう場合がある。
そうなると私と「わたし」が完全に分離してしまう。
でも声を出して読むことで「私」は「わたし」になる。
それを私は自分のセミナーでいつも体験している。
それをみんなにも味わって欲しいと思ったのだった。
自分の家ではなかなか声に出して読みにくいかもしれない。
それに読んでいたとしても、それを皆と共有することで感じ方が変わる気がした。
「あなたであるわたし」「わたしであるあなた」を共に感じ
光である自分が広がって、皆で一つになる響きを感じてみたかった。
それで私が簡単な言葉を発し、それをいるメンバーで回すというのをやってみた。
自分が言葉を発する時にその宇宙を感じながら発声してもらった。

やっていると身体が熱くなった。
終った後でこのやり方ではないと天上界が言ってると大津さんが言っていたので
今後やり方を変えて、試行錯誤になるだろうけど
色々なやり方でやって行きたいなって思っている。
久美ちゃんは「自分で実際言ってみて、言いやすい言葉とそうでない言葉があるのが
わかった。自分の中で理解が深まっていないと言いにくいみたい。」と
感想を言ってくれた。
そして皆自分で言葉を発することでそれぞれ感じてくれて
その感想を伝えてもらった。
参加して下さった皆さん、私の新たなワークにお付き合いありがとうございました!
[PR]
by chandra-k | 2008-06-20 23:52 | Comments(2)

3度目のCDの海

現在のマンションに引っ越してから3度目の大きな地震。
我家は10階なので揺れが激しく しかも壁一面CDだらけなので、
他の家がグラスが倒れて壊れた位の状況でも 毎回CDの海になる。

今回は朝早い地震だったけど私はすでに仕事場にいた。
状況を知りたくて夫に電話するもやはり繋がらない・・・・
メールを打っても返信は来ない・・・・
その仕事の後、次の仕事まで時間が少しあったので急いで家に戻った。

予想通りエレベーターは止まっているので階段を昇る。
まさに毎回同じことをしてるなぁ~。
玄関のドアを開けるとジミー・ペイジのフィギュアがダブルネックギターと共に
足元に落ちていた。(今回はジミーか!)

中に入るとこれまた予想通りCD&DVD&本の海!
今回もまたパソコンがひっくり返っていた!(パソコンって飛びやすいのかな?)
今回夫は真っ先にイチローのフィギュアを救助し、その後楽天選手と、
ビートルズのフィギュアを救出した模様!(笑)
そういえば以前はメタリカだったな!(笑)
で、私はまずパソコン周りを片付けて取れたコードなどを繋ぎなおし
ちゃんと動作するかを確認。大丈夫だった!
転がってたデジカメも動作OK!
次の仕事までの間にあちこちに散乱しているものを淡々と片付けた。
天使の置物が一つ壊れてたけど、サポートが終ってるのを感じてたので
これも自然なことって気がする。

さすがに3回目なので慣れたってこともあるし、
前回前々回と一番被害を拡大させた突っ張りCD棚は倒壊して廃棄して
今は低めのものに変更したので今回は前に比べたらずーっと楽。
それになにより私も夫も心が穏やかだ。
我家のCDは埃よけとケースの保護のため1枚づつビニールの袋に入れてあるので
落下してもケースもあまり破損しないし中身が飛び出ることもないので
片付けも比較的簡単だ。

その間にも沢山の人からメールが入る。
みんなお気遣いありがとう! 

そして再び仕事へ。
披露宴の司会だったのだけど地震のために欠席者も何人か出た。
そんな中お披良喜で新郎新婦が退場のため会場をひと周りしている時に
やっと新婦のおじさんご家族が到着。
退場の途中で一緒に写真を撮って貰い、マイクを持って行って一言頂いた。
「ここまでたどり着くのがやっとでした。」と涙。
新幹線に閉じ込められていたのだろう。
新郎新婦も涙。
新婦のお祖父さんも「本当によく来た! こんな中よく来てくれた!」
「本当に間に合ってよかった。一目見られてよかった!」と涙ながらに感激している。
ああ、魂の学びのグループがこうして喜びあい、祝福しあっているんだなぁ~と
私も感激した。

今回の地震で東京で足止めをくらったMieちゃんも
新幹線が復旧してアンジェリー・アシュラム・セミナー終了後にたどり着き
Mieちゃんのために特別エナジーも行われたし、
震源に近い弘子さんやのりちゃんはじめ若柳のメンバーも
被害はあったもののセミナーに参加出来たというし、
本当によかった!
みんな大丈夫!って思ってるから心配はしてないけどよかった。

地球さんは確実に波動を上げていて、ブルブルってしてるんだね。
亡くなった方のご家族は辛いだろうけど 命は永遠なので
新たな学びへと旅立った魂が早く成長して本来の光となりますように。

さて我家に戻り片付け再開。
CD&本の収納部屋の一つは天井まで壁一面CD&本なので
当然散乱していたのだけど、中でもスピリチュアル系の本が大量に落下していた。
実は私の大量の本のうち、皆の役にたちそうなものは事務所に持って行って
貸し出しをしているのだけど、他にもかなり前に購入して読んだ本が沢山あるので
それを整理し処分しようと思っていたのだった。
とは言えまだ手をつけていなかったのだが、まさにその本がどさどさと落下していたので
必然的に整理を余儀なくされる。さっすが全知全能!
これからもチェックしそうな本やまだ読んでいないものを数十冊残し、
処分してもいいと思えるスピリチュアル系の本をよけてみたら60冊位になった。
うわぁ!けっこうあるなぁ~!
これもさっぱり処分しよう! 

ということでこれからも整理&処分をかねて片付けは暫く続くだろう。
以前の地震の日記を読んだら そこにも「CDを整理しろってことだな」
なんて書いてあった。
ほんと! もう強引に「さっさとやりなさい!」と言われてるみたい。

北海道に行ってた珠ちゃんから「大丈夫?」ってメールが来た時に
状況を簡単に返信したら「徳ちゃん、成長したね」って返ってきたけど
それはそのメールに不安や不満の波動が入ってなかったってことかな?
確かに以前の地震の時はいきなり波動を落としたもんなぁ。(笑)
確かにあれからずいぶんと成長したよ!
[PR]
by chandra-k | 2008-06-16 02:04 | Comments(6)

再会エナジー

イギリスからラージエル・カリオカさんがやって来てくれた。
麗しい!
しかも今回はイギリス人のダーリンと一緒!
駅までやすりんさん、あっちゃん、珠ちゃんとお迎えに行く。
今回で3回目だけどやっぱりずーっと昔から知ってる感覚。
再会は嬉しいねぇ。

一緒に事務所に行ってちょっとおしゃべり。
カリオカさんのダーリンはROCK好きだったので私はかなり嬉しい!
地元でライブを見ている話はうらやましい限り。
彼はすでに五次元意識になっているそうで、ちゃんと自分で意識を学んでいるという。
さすが素晴らしいなぁ!
個人セッションとヒーリングの予約時間になったので
私達お迎え組が失礼しようかと思った時に大津さんから
「セッションよりエナジーワークの方がいい感じがする」と突然の提案があって
急遽そこにいたメンバーでエナジーワークをすることになる。
私達は願ってもない嬉しい展開で超ラッキー!

そしてそのエナジーはまた素晴らしいものになった。
いつものようにどんどん次元を上げていくのだけど
今回は八次元の中でも天照大神の波動と大日如来の波動の違いというか、
広がりの違いがはっきりわかった。
どちらも太陽の黄金の波動なのだけれど 大日如来の方が格段に広がりがあって
自分の肉体感覚というかフィールドがそのまま大きくなる。
それは全知全能感の違いみたいなものかもしれない。
そしてさらに今度はバガヴァーンの黄金の波動を感じた。
おそらく私は初めて認識出来た気がする。
今までもその波動はそこにあったのだろうけど、今まで私は認識出来ていなかった。
それは最初ものすごくダイナミックでパワフルで巨大なエネルギーって
感じだったのだけど それはあくまである側面という感じで 
次の瞬間にはその燦然と輝く力強いエネルギーが
そのまま限りなく細かい粒子となって降り注ぎ浸透を始める。
それはそれは純粋で透明でものすごく精妙で軽やかで・・・・
うーんなんと言葉で表現していいかわからない。
今まで感じた静寂に近い精妙な黄金とはかなり違っていた。
とにかく今まで感じたことのない精妙さにただ驚いて 味わっていた。
そしてそれを感じたまま覚醒する。
やはり感じた波動は説明出来ない。

珠ちゃんは日記に書くだろうけど、
カリオカさんのダーリンとは前世で6回?出会っていたそうで
ただでさえ人間転生経験が少ない珠ちゃんがそんなに一緒にいる人に出会うとは
かなり貴重だろう。
ずいぶん前から懐かしい感じがすると言っていたけど やっぱり深い繋がりなんだろうね。
だからこそこうして遥か彼方に住む同士が巡り会えるのだろう。
珠ちゃんはエナジーワーク中にダーリンと七次元意識で出会い、
ワーク中に神様に会うのは多いけど初めて人と出会ったと言っていた。

エナジーの後 ラージエル・カリオカさんは五次元意識に入っていた。
ワークの前に「心を開いて受け入れれば入りそうだね」と言われていたが
そのとおり!
おめでとう! 次回の来日でセラピストだね!
ダーリンもさらに意識が上がっていたし、夫婦で共に学び共に成長出来るって
素晴らしい!
ヒーリングも受けてさらにリラックスしたダーリンは、私が言うのもなんだけど
とってもキュートに見えた。

世界はもう私達の庭だね。
[PR]
by chandra-k | 2008-06-12 00:34 | Comments(4)

すべては最初から与えられている。

先日横断歩道で信号待ちをしていたら 優しい笑顔の警察官に声を掛けられた。
「鍵が壊れてますよね。」
「あ、はい。先日も別の警察官の方に声を掛けられましたぁ。(笑)」
「鍵は100円ショップでも売ってますから 付けて下さいね。」
「は~い! わかりました!」
私の自転車は10年以上乗っていて カゴは歪んでいるし、ハンドルはねじれてるし、
スタンドは傾いてるし、鍵も壊れてかからなくなっていたのだ。
撤去された時はそのまま取りにいかず廃車にしようと新車を買ったものの
とっても気になり(呼ばれて)結局迎えに行って今も現役で乗ってるもの。
ボロボロだけど乗り心地もいい愛車。

家を片付けていたら、なんと自転車の鍵が出てきた!
勿論自転車に取り付けて使う新しい鍵のセット。
どうも何年も前に私が購入したようだけど記憶がない。
しかもなぜ購入したのかも見当がつかない。(笑)
でも必要なものがあったので早速自転車に取り付けた。

それまで鍵があること自体気付かなかった。
在っても気付かないなら(認識してないなら)無いことに等しい。
自分の家にずっとあったのに気付かず、忘れていたら活用出来ない。
在る事を顕在意識で認めないとそれは働かない。
真理と同じだなぁ~。
私達はあらゆるものを最初から持っていて(というより、在って)
豊かさに満ちているのに それを認めていないと使えない。
認めれば、必要なものは必要な時に必要なかたちで現れる。

又、先日スカートを購入したのだが 家ではいてみると生地が薄くて透ける。
気に入ったけどこのままでは着られない。
これは裏地を購入して縫わないと・・・・。
生地を買いに行ったけど どうもピンとこなくて購入をやめた。
また家を片付けていたら20年以上使っていないスカーフを発見。
生地の肌触りも大きさもちょうどいい。
さらに何年も前に購入して使用していない平ゴムまで出てきた。
早速即席ペチコートにした。透けないしバッチリ!

発想を変えると活用出来るなぁ!

このところ我家は宝物が一杯。
手印の話をしていたら 以前購入して読んでいなかった密教の手印の本があったし、
「ドライヤーが欲しい」と聞けば貰い物で未使用のドライヤーがあったり。
そういえば前に突然絵が描きたくなった時も 引き出しの中から
昔購入して使っていなかった水彩色鉛筆が出てきたっけ。
何年も着ていない服や使っていない物は どんどん必要な人の所へ送り出している。

必要なものは必要な時に必要とするところへ。
すべてはエネルギーで、めぐるめぐる。
すべてはひとつだから すべては最初から与えられている。
そしてもともと世界は豊かさに満ち溢れている。
そしてそれをどんな風に深めて広めて味わい喜び楽しむか、なんだよね。

深めるといえば 先日のバガヴァーンセミナーの加奈ちゃんとMieちゃんのお話も
感動的だった。
成長の日々を見て来ているだけけに それまでの日々がよみがえり涙が溢れる。
そして現象だけを見るのではなく そこから深く掘り下げて学びと感謝として昇華し、
愛の光となって輝くのを見るのは 本当に感動する。
ありがとう!
[PR]
by chandra-k | 2008-06-09 00:05 | Comments(2)