「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

東京バラセミナーと大日如来

京成バラ園で行われた第1回東京バラセミナー。
「満開のバラの波動を浴びながらエナジーワークをして真理の話を聞きたい」
と菜穂ちゃんとMieちゃんからの提案で企画された。
バラに会いたかった私は二つ返事で参加決定!

屋外でのセミナーなのだけど、大津さんが動く時は絶対晴れるので
全く心配していなかったが、予定通り見事に快晴!
バラ園に到着するとあたり一面色とりどりの薔薇薔薇薔薇!
900種あるという世界中の薔薇の殆どが満開でうっとり~!

セミナーを行った場所は一番奥にある庭園のメタセコイヤの樹の下。
下見でそこがいいって選んだのはジュンちゃんだったそうだが
その木はまるでローズガーデンを見つめて守ってるみたいな樹で
1本だけひときわ背が高い。

エナジーワークはそのメタセコイヤの樹をぐるりと囲んで行った。
その樹の協力が必要だったという。
自然の中で行うエナジーワークはとても気持ちがいい。
大津さんの誘導が始まった途端 池のカエルが大合唱を始める。

今回のエナジーワークでは何度も何度も曼荼羅のようなものが見えた。
正確には見えたというより感じられた。
それは様々な幾何学模様が変化し、曼荼羅を形づくり、また変化し
今度はPCのWINDOWSメディアプレイヤーで音楽を再生した時の画面のような
エネルギーが拡散したり収縮したりしながら また曼荼羅になる。
さらには曼荼羅を顕わすものが音符だったり本だったり・・・・
やがて曼荼羅の中心が光って仏像のようなものとなり
「あ、これは大日如来だ」って思った。
そして最後に紫の光が一瞬まばゆく光ってワークは終了。

ワークの後感想を言ったら さっさちゃんも大日如来を感じたと言っていた。
気づくと側の池の睡蓮の花がいつのまにか沢山開いていた。

午後はお話。
お話が始まるとまたカエルが賑やかになる。(笑)わかるんだろうなぁ。
セミナーの中で私の話題が登場し、「徳ちゃんに出会った頃天使のサポートは
20人位だったけど今では150人位」と言われる。
そんなにいつもサポートして下さっているとは!
ありがたいなぁ。

セミナー終了後は閉演まで薔薇の中を歩いてとっても幸せな気持ち。
薔薇の波動と香りに包まれて本当に楽しかった。
いいなぁ~バラセミナー! これは毎年恒例にしたいなぁ~!
バラのソフトクリームも美味しかったし!
また是非やろうね!

帰りの新幹線の中で「あれは大日如来だったんですか?」と訊くと
「今日はサポートに来てたよ」と大津さん。そうか、やっぱり。
「大日如来は大きなクリシュナ意識の一部だよ。」
さらに「前から時々事務所にサポートに来てたよ。事務所を作ってから
来るようになった。」「え、そうなんだ!」
今まで天照大神の波動を感じたことはあったけど 
私が大日如来を感じられなかっただけか・・・・。

そして今日はバガヴァーンセミナーがあったのだが
今日は「存在そのものが喜びそのもの」という言葉と
「全てに開く」という言葉に反応していた。
そして「九次元宇宙を顕わす光の心光の身体」という言葉を味わっていると
鮮やかで大きな黄金の光のエネルギーを感じ
それとやがて一体となり、全知全能感を感じながら目を開いた。
かなりぼんやりした感覚だけど初めて全知全能感なるものを感じた。
今まで目を開く時は「ハートの中心が定まった状態」だったけど
その感覚が「肉体の私にフォーカスしつつ同時に無限を感じる」感覚だとすれば
全知全能感は 「無限にフォーカスしつつ同時に私を感じる感覚」
と言ったらいいかな。
ものすごく大きな私がじわーんと振動していた。
まだその感覚はうすぼんやりしているけど きっとこれからくっきりと
リアルになっていくのだろう。
ところで、鮮やかな金色の光のエネルギーは大日如来か?クリシュナか?
って思ったのだけど それは大日如来だったそうだ。
珠ちゃんも仏像感のあるエネルギー・大日如来の波動を感じたという。

そうか、バラセミナーで感じた大日如来は曼荼羅として感じて
私と距離があった。
それが今日のエナジーでは自分と一体化したから感覚が違ったのか。
なるほどね。
今度はそのものと感じてみよう!
そうするときっと全知全能感がくっきりする気がする。

追記:さらに6/2のエナジーでは 何度も何度も大日如来の黄金のエネルギーを感じる。
キリスト意識の誘導があってもひたすら黄金だった。
そしてそのエネルギーは前回より近くなった感覚で さらには降り注ぎ浸透する。
(まだ一体化はしてないけど)
そして目を開ける誘導のまえにパッチリと勝手に目が開いてしまった。
すでに「私」という肉体感覚が変化している感じ。
振動のフィールドが広くなってるのだが 感覚としてはやはり無限にフォーカスしながら肉体の私を感じるって感覚だ。
明らかに「私」が拡がっている。

そして今日は6入りしたシェルティさんに会った。
目がとっても優しく柔らかい。普通にしているのに潤んでいてとろけそうだった。
おめでとうございます!

e0039323_22521444.jpg
e0039323_22524678.jpg
e0039323_22532189.jpg
e0039323_22535818.jpg

e0039323_22552292.jpg
e0039323_22554980.jpg
e0039323_22564456.jpg
e0039323_2257031.jpg
e0039323_22572662.jpg

[PR]
by chandra-k | 2008-05-29 22:49 | Comments(6)

香りと。再会と。

今回の東京行きは「調和がテーマで、今自分の身体と環境を整えている私が
植物さんのサポートを受ける」というのが一番の目的。
初日が菜穂ちゃんの家で二日目がバラセミナー。

菜穂ちゃんの家に着くなり菜穂ちゃんの香りのトリートメントを受けた。
昨年からお願いしていたのになかなかタイミングが合わず
今年の1月は菜穂ちゃんの家に行く約束もしていたのに
私の声が出なくなりキャンセルした。
要するに今やっと私の中でそれを受ける準備が整ったってことだと思う。
ということでフルボディのトリートメントをお願いした。

以前はただ黙って味わい、とろけそうになりながら(ヨダレが実際垂れた!笑)
受けていたけれど 今回は二人になるのは久し振りだったので
お話しながらトリートメント&ヒーリング&エネルギーの交流って感じ。

週1回オステオパシーの高橋先生の治療を受けているので
私の身体に高橋先生の波動を感じるという菜穂ちゃん。
私を通して菜穂ちゃんから高橋先生にもエネルギーが自動的に流れて行き、
私をヒーリングしているのに私と一緒に高橋先生もヒーリングする状態。(笑)

高橋先生は私の身体を整えてくれているけど
「高橋先生が届かない部分の女性性のところを今やってる感じがする」と菜穂ちゃん。
オステオパシーで三次元の肉体の部分を整えてもらった上で
それとはまた違う次元に香りのエネルギーが届く。

「徳ちゃんの身体の中に高橋先生へのお手紙を入れておくね」
さーてどんな風に届くだろうか。

「徳ちゃんのトリートメントをすると、他の人と違って、
もはや何かが出るとか変化するとかじゃなく
何だか違う部分に入れていくって感じで発見がある」という。
私にはよくわからないけど大津さんからも何度か言われた。
「徳ちゃんに入るエネルギーは他の人とかなり違う」と。
多分私自身が媒体そのものとしての役割を持っているからなんだろうけど。

とにかくたっぷりと幸せな時間だった。
私の身体に香りがしっかりたっぷり入った。

トリートメントが終るとすぐ 今度は先日の日記にも書いた
オステオパシーの田中先生の弟子で東京で治療師をやっている
アナウンサーの後輩が登場。7年ぶり位の再会になるのかなぁ。
実は彼女が東京に住むきっかけは以前アトピーが悪化して
東京の専門の病院に入院したことで、その病院が菜穂ちゃんの家の近くでもあった。

彼女と一番一緒にいた時期は 私が結婚した頃で
しょっちゅう私の家でご飯を食べていたため その頃の私のことを
私よりずっと覚えている。
当時私が言った台詞が彼女によって今再現されるのを聞くのはかなり
こっぱずかしいものだ。
しかも私はかなり家庭的だったらしい。
見事に忘れている。
今だからこそ当時の私に出会わせてもらっているのか?

香りの中で会話をしているうちに彼女の肌がどんどん白くなり
しっとりしてきた。
顔が白くなったのに首から下がちょっと滞っているので
菜穂ちゃんと二人でヒーリングをする。
彼女も色々感じる人なので感想を聞きながら。

菜穂ちゃんの家に到着した時と肌が全く違ってキメ細やかになり
つやつやしてきた。明らかに若返る。
黄金色の肌が出現し それが頬から額、口の周りと移動していくのも
面白かった。

彼女の人生の変革期にいつも関わる私。
さあ、これからどんな風になっていくのだろう。

そして夜はまきろんも大阪から到着。
植物といえば菜穂ちゃん、Mieちゃん、まきろんだもんね。
まきろんはますます輪郭くっきりし おしゃべりと食事とで夜はふけていく。

睡眠が足りないはずなのに布団に入っても眠れない。
トリートメントで全細胞が活性化してまだ興奮してる感じだった。

東京バラセミナーは次回の日記で。
[PR]
by chandra-k | 2008-05-28 23:59 | Comments(0)

ちょっと面白かったこと

先日セミナーが終ってすぐCMの収録があった。
その時録音された自分の声を聞いていつもと違うと思っていた。

すると代理店の人から
「今日は声がとってもつやっつやしてますけど どうして?」と訊かれた。
さらにオペレーターの人も「私もそう思ってました。このキラキラ感!」と。

「私もいつもと違うって思ってましたけどこれって機材じゃないんですか?」
と、私。
「機材も設定もいつもと全く変わってないですよ。」とオペレーター。
「あ、そうなんですか!」

ってことはやっぱり私か。
ほぼ毎週レギュラーで読んでいるCMだし、
ヘッドホンで録音した音を聞きなれているので
自分の声の変化はものすごくわかる。
確かにその日の自分の声は艶やかでキラッキラしていたのだった。

それは波動としか言いようがない。
セミナー後にCM収録することはあっても 今まではだいたい
皆でお昼を食べて雑談して セミナーから2時間以上経ってからの録音だった。
それが今回はセミナー後すぐの録音。
おそらく周波数が高くなっていたのだろう。

さらに毎週オステオパシーで治療していて 先週先生が
「やっと普通の人の身体に近づいてきましたね。」と言っていたのだった。
やっと頚椎や胸椎が緩んで動き始めていた。
いいかんじ。

環境と身体と意識が全て調和して
つやっつやで行こう!
[PR]
by chandra-k | 2008-05-22 19:06 | Comments(2)

カルマも浄化もいらない!(最近気づいたこと)

最近気づいたことがある。
いつのまにかカルマの感覚と浄化の感覚がすっかり無くなっているってこと。

私のこの人生での大きなテーマは
「カルマの学びをきれいさっぱり終え 肉体の学びを最後にすること」だったため、
かなりカルマに執着し、ひっかかり、徹底的に浄化マニアをやった。
そしてその学びの一番のパートナーとして夫に全面協力をしてもらう約束のもと
三次元に生まれた。

これまでそのテーマに基づき、さんざんハードな学びをやってきたけど
今になって気づいたら あんなにこだわっていたもの(状態)から抜け出ていた。

2年前のカルマと浄化の学びの真っ最中は いくら忘れようとしても気になり、
頭では「カルマなんてない」とわかっていながらも
「あとどのぐらい浄化すればキレイになるのか、カルマはいくつ残ってるのか」
なんて想いが心のどっかにあって 否定しても否定してもひっかかっていた。

やがてこの2年の間に私が成長したことで 
今、気づいたらカルマも浄化もどうでもよいことになっていた。

いや、それどころか そもそもカルマなんて最初からなかったし
浄化も必要なかったということに気づいた!(実感出来た)

学びが浅かった頃は「カルマという考え方が横の時間軸で動くもの」という認識だった。
つまり過去生で作ったカルマを解消するために転生し、
また今生で新たに作ればまたそれを解消するために転生するというもの。
まさに因果応報の考え方。
でもそんなことしてたらいつまでたってもカルマは解消出来ない。エンドレス!

それが私の学びが進むことにより 
「カルマは時間軸ではなく全体性に回帰するための学び」という認識に変わった。
つまり私達は完全なる「わたし」になるため(戻るため)に様々な学びをしていて
転生は自分の学びの足りない部分を学ぶため(体験するため)に行うもので
過去生で作った汚れを解消するのが主たる目的ではない。
(自分が成長することで過去に作った汚れも結果的に浄化することにはなるけれど)
そしてその人生でのテーマに沿った学びをするためには協力者が必要で
その協力者が相手の学びに協力するために わざわざ汚れを作ってくれることも多い。
(本人が表面意識で気づいていなくても 高次元では約束としてわかっている)
ということは、一見相手が今生で作った「カルマと言われるような汚れ」であっても
それは相手に協力するための行動の結果であり その「カルマと呼ばれるもの」すら
愛がかたちを変えたものであったという認識。

それが今、さらに私が成長することで 
「カルマなんてもともとなくて ただ最初から完全なだけだった。」
「最初から完全で調和がとれて美しく健やかで喜びに満ちていて豊かなのだから
浄化なんて全くする必要がなかった。」
ということに気づいてしまった!

カルマがあると思ってたし、汚れがあると思ってたから
解消しようと思ってただけで 本当は最初からなかった。
それを認めるだけでよっかったのだ! 完全性を!
本当は実在じゃないのに 「自分でそれを実在と思う学び」を選択して
喜んで体験しようとしたから そんな状態を創り出していただけだった。

そもそも「カルマってインドでは日常生活をそう言うんだよ」と
大津さんが教えてくれた。
因果応報がカルマの概念ではなかったのだ!
つまり私達がカルマって呼んでたのは ただ単に「三次元で体験する学び」
についた名称のシンプルな言葉だっただけなのだ!

私は今生のテーマに「カルマについて学ぶ」と選んだから 
必要以上にそれに囚われこんなことをしてきただけなのだ。
でもおかげでやっとわかった。
段階を踏む必要も 浄化する必要もないということが。
完全である「わたし」と私を認めるだけで カルマも汚れも一切が消えてなくなる。

でも、ま、私の場合は段階を踏んで体験したかったし
それを伝えたかったからこんなハードなことをやってきたんだけどね。
今だから言える。
「カルマや浄化の学びを段階を踏んでやると肉体的にしんどいということを、
私がみんなの代表で体験したから 皆はもう一切やらなくていいよー!」って。

今地球はどんどん波動を上げている。
世界はどんどん進んでいる。
昨日の教えがもう今では古くなっている。
昨日の常識はもう今日の常識ではない。

かつて私は「周波数が上がると肉体にギャップが出る」とか
「波動が上がると今までのマイナスが飛び出して浄化が始まる」
なんて言ってきたし、この日記にも書いて来たけど
それももう古い教えとなってきているのだ。

以前から学んで来た私達はみんな 浄化や肉体のギャップなるものを
多かれ少なかれ体験してきた。それが当たり前だと思ってきた。
でももうそれも必要がなくなってきているのだ。

私のこの日記は私の成長記録であり 過去の日記に共鳴する人は
過去の私の周波数に共鳴しているといえるし
最近の私の日記の周波数に共鳴している人は 過去の私の周波数より高いと言える。
だから最近私の日記を読んでやってくる人は ある程度意識が高く
ヒーリングを受けても あまりマイナスが飛び出さなくなってきているし
伝授を受けても浄化も起きなくなって来ている。

そのうち「ヒーリングや伝授を受けて浄化するなんて古いよ。
波動が上がって肉体にギャップが出るなんて オールドファッションだね。」
なんてことを言い合うようになるかもしれないな。
これからはシンプルで簡単にす~いすいと楽しく喜びをもって成長出来る時代なのだ。

それからもう一つ気づいたこと。
それは以前は相手の苦しさに共鳴してしまう場合 それは相手に自分を映していて
自分がそういう波動を持っているから私も苦しいのだと思っていた。
確かにそれはそうなのだけど 私の中に共鳴するものがなくなって来たら
私が苦しくなくなっただけでなく 相手の苦しさ自体も減っていることに気づいた。
それは私の学びにもう協力する必要がなくなったというのもあるけれど
それと同時に 「あなたである私」が成長し、私の中から低い波動が消えたことで
「私であるあなた」の中にあった低い波動も消えてきたということがわかった。
それは今まで私が「あなたの中に私の汚れを見ていたために 
あなたの中に汚れを作り出し 力を与え続けていた」ということでもある。

つまり本来 あなたも私も同じ「わたし」であるから
私の成長が 直接あなたの成長にも繋がっていたし
私の汚れがなくなることで あなたの汚れまでも消していたということでもある。
それはとんでもない素晴らしいことだった。

今まで私は自分が変わることで それが波紋のように広がって伝播することで
世界は変わると思っていたが
私が変わることは、一体化している「わたし」そのものが変わることであり
つまり世界は大きく変わるのだ!
それを実感した。
私の変化・成長・発展は、世界そのものが変わる大きな役割であり
ちっとも小さなものではなかった!
今この瞬間、ここから世界は変わる!

そしてさらにもう一つ。
私は夫を通して いろんな条件を取っ払うことで無償の愛を学んでいたと思ってたけど
実は夫が「無償の愛そのもの」であり
「存在そのものが 無償の愛そのもの」であったということが
わかってしまったぁああああ!
感服。
[PR]
by chandra-k | 2008-05-19 00:20 | Comments(10)

思い出したこと

現在東京で治療師をやっている元アナウンサーの後輩と何年かぶりに電話で話した。
彼女と出会ったのは彼女が大学生の時でかなり前になるが
彼女の人生の転機にはいつもなぜか私が関わる(再会する)という不思議な関係。
アナウンサーになった時も、それをやめて歌って踊れて喋れる治療師(笑)になった時も
私が関わっていた。
彼女は以前この日記に書いたオステオパシーの田中先生の弟子の一人で
今東京にいることは知っていたが 何年も連絡をとっていなかった。
それが私がオステオパシーに関する日記を書いたことで
東京の治療師を紹介して欲しいと皆から言われ、彼女のことを思い出し、
久々に連絡をとったところ また見事に彼女の転換期だったというわけ。

何年ぶりかで話したのに全く久し振りという感じがしない。
あっという間に今までの空白が埋まる。

彼女は電話で昔私の家で食べた酢の物(確か菊花大根?)が美味しかったとか、
「あの頃夕飯のメニューの御品書きがあった」とか懐かしがっていた。
そう言われてすっかり忘れていたことを思い出した。

そういえば結婚当時我家には毎日のように後輩達やバンドの連中が来ていて
私は皆の夕飯を作ったり そのまま酒盛りになり、肴を作っていた。
皆でお喋りをしたり、いろんなROCKバンドのレコードを聴きビデオを見ているうちに
あっという間に夜中、いや夜があけてしまうという生活。
皆口々に「この家にいると楽しくて居心地がよくて時間を忘れる」と言ってたっけ。

当時私は可愛い和食器が好きで集めていて、ランチョンマットを敷いて
色んなおかずを小鉢に入れてお店のように沢山並べるのが好きだった。
そして、その日のメニューを筆で半紙に書いて「御品書き」まで作った。
また飲み物も同様にワインとか カルーアミルクとか 中国風ミルクティーとか
お店のように御品書きを作っていた。
そうやってお店ごっこをして楽しむのが好きだったのだ。

やがて夫と共に会社をいくつも作り毎日夜中2時3時まで仕事をし、徹夜も多くなり
ご飯は当然外食となり、食事を作る時間があるなら寝る!という怒涛の生活に突入し
私は家で食事を楽しむことをすっかを忘れてしまった。

そういえば昔お料理教室に通って、砥石で包丁を研いだり
魚をおろしたりしたこともあったよなぁ~
やり方などすっかり忘れてしまった。
あと、お料理じゃないけど、大学を卒業してフリーになったものの
仕事がなくて暇だった頃は 自分で型紙を作って洋服を作って着たこともあった!
さらに和服も好きで 着付けを習って自分で着てたこともあったなぁ~
うわぁ~ 何もかもキレイさっぱり忘れて何も出来なくなっちゃった!

最近の私は仲間内では「お料理不得意。事務所にもめったに持参しない。」
ってことで通ってるけど、実は私、料理の才能があったのに忘れてたのだわ!

そう、「才能があると認めると才能は出てくる」ってことで
今私達仲間はみんな「才能がある!」と念仏のように唱え(笑)
才能を引き出す作業をしているけど、私もまさに才能はあったのだ!(笑)
いやいや、本当に忘れていたよ。

それに私は「お腹が全く空かないで 何も食べないで生きて行けたら楽だなぁ」
って本気で思ってたし。
勿論お腹が空く以上 美味しいものを食べるのは好きだし、幸せ感じるけど。

身体を整え、環境を整えることを私は今やってるけど
それと同時に「料理に才能があって 料理も食事も楽しんでいる」というのも
付け加えておこう。

ところで 冒頭に書いた後輩とは東京バラセミナーの前日に再会することになった。
お互いどんなエネルギーの交流があるのか楽しみ!
お互い必要だから会えるのだろうし!
[PR]
by chandra-k | 2008-05-16 23:01 | 私について | Comments(4)

新たな秩序と法

眠い。ここ4日間とても眠い。こうして書いてる今も眠い。
実は眠いのは私だけではない。
今は沢山のエネルギーが来ているからだそうだ。
6日は9次元からのエネルギーが来ていたそうで、大津さんは只今変革中。
そして繋がってる私達もまた一緒に変化している。当然、眠い。
6日は楽天のデーゲームを球場で見ている最中とても眠いので
これはぽかぽか陽気で満腹だからかと思っていたが そうではなかったらしい。

私の場合、エネルギーが来ている時は額に激しく圧がかかったり
頭が痛くなったり、眠くなったりっていうのがよくあるけど
今回は眠い。眠いときは変化の最中ってことが多いね。 

変化と言えば 私はまさに今大きな変化の波の只中にあるのを感じている。
先日私が描いた絵について改めて大津さんに訊いてみた。
「今私が感じるエネルギーの流れを描いたんですけど・・・・」と言うと
「変化だね。現れる前の状態。」と言われた。
「今 やたら紫と黄色が気になるんですよね~」という私に
「新たな秩序と法を表している。あの絵の色からもそう。
それが現れるまえの変化。まさに今の状態。」
だって。
納得だなぁ。だって私もそう感じるもの。

ようするに私は今 新たな状態、ステージに移ろうとしている。
そしてそれに向けての変化が進行中。
そしてその変化が完了した時、私の中に新たな秩序と法が出来ているのだろう。

先日もセミナーの後「見つめて輝かす」があった。(最近は恒例化してる?)
相手によって入るエネルギーが自動的に変わるのだが
私に入るエネルギーは他の人とはかなり違うらしい。
(図書館であり 媒体としての役割が特殊だからなんだろうけど)

珠ちゃんは波動の記憶能力が格段に高まっているので
大津さんの「見つめて輝かす」のそれぞれのエネルギーが入るところを
じっくり見ながら(?)記憶している。
そして私に入ったエネルギーを珠ちゃんの感覚で言葉に置き換えると
「リーゼントの先っぽみたいなエネルギー」
つまり「曲はあるけどサビがないので そのサビのエネルギーが入って行った。」
「もうすでに都市は出来てて道もあるけど 主要な幹線道路がまだないので
それを作るエネルギーって感じ。」と言ってた。
なんとなく感覚的にはわかる。

それがつまり 大津さんの言葉にすると秩序であり法なのだろう。

私はいつも自分のタイミングだけはわかる。
何かをする時期。岐路にたって決断する時期。
そしてインプットの時期。消化の時期。アウトプットの時期。

そして今は準備の時期。
そのために今の最優先事項は自分の身体と環境を整えること。
より大きく深く力強く顕わすためにその媒体を整えること。
そんな感じがしている。
そしてプライオリティを間違わないように。
それはちゃんと自分が教えてくれるから。。。。。


ところでその間にも出会いは色々あり
一昨日、昨日は私のこの日記で繋がったるうさんが東京からやってきてくれた。
個人セッションを受けてピンクに頬が輝いて可愛かったるうさん。
なんと ホテルで「一組様宿泊&朝食サービス」に当選してしまった!
素晴らしいことがどんどん起きている! よかったねぇ!
愛に来てくれてありがとう!
[PR]
by chandra-k | 2008-05-09 22:10 | Comments(2)