「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

母なる愛の波動

3月29日は8人限定の特別セミナー。
午前がお話 午後がエナジー。このかたちの1日セミナーは初めて。
東京から菜穂ちゃんと祐子さんが、大阪からまきろんが参加。
朝事務所に行くと大津さんの顔が少し変わっていた。
また波動が変わったという。
私も数日前からエネルギーが入って来ていて、ちょっと気持ちが悪くて頭痛が続いて 
すでに準備が始まっていた。
(もう肉体に症状を出さなくていいのにね)

お話が始まる前、大津さんがちょっと本棚によりかかったら
天使のオルゴールが落ちてみごとに翼がとれた!
(普通は落ちないのに!)
この天使のオルゴールは 私の意識が物質化したもので
以前「私を事務所に連れていって下さい。」と呼んでいたもの。
1年以上サポートしてくれたけどこれで終了。ありがとう、天使さん。
(昨年の3月に前世の浄化でゲロゲロだった時は くるくるまわりながら
調べを奏で浄化のお手伝いをしてくれた)
「六次元以上の意識には翼はないからね」と大津さんと珠ちゃん。
その通り 六次元入りした私の成長に合わせるかのように
その壊れっぷりは見事! 本当に綺麗に翼がパッカリと根元から割れて取れた。
(天使のオルゴール 2006年3月3日の日記参照)


午前のお話は いつものようにお話を聞くというより
ハートを開いてエネルギーを浴びる。浴びる。浴びる。
お話の後 珠ちゃんの新しい名前が決ったと発表があった。
朝の段階ではちょと曖昧で決定していなかったのだけど
お話の後 完全決定で出てきた。
今珠ちゃんの家は引越し直後でネットが繫がっていないので
私が代わりに報告しておこう。
その名は「シュリー・ラーマ」!!!
前にも書いたけど 私達は多次元意識なので意識の周波数で色々な名前がある。
その成長度合いによって新たなより大きな個性の名前が出てくる。
ここのところ珠ちゃんは どんどん波動が変わり柔らかな女性的なエネルギーが
出てきていて 以前とは別人になっていた。
今までの「プルシャ・タマ」はかなり力強い感じだったけど
今度の名前は今の珠ちゃんにぴったりで 柔らかく優しく美しい。
新たな珠ちゃん誕生だね。おめでとう!!!

お話の後 いつものように持ち寄りのお昼をやはりいつものように
大爆笑しながらパクパクと美味しく食べる。
私はごくたま~にオニギリを握って持参するのだけど
初めて私のオニギリを食べた祐子さんが驚いて
「え~これ徳子さんが握ったの~美味しい」と涙を浮かべてくれた。
それを聞いて私も涙。
大津さんも珠ちゃんも「入ってる波動が柔らかくなった」と頷いてくれた。
他の人にとったらオニギリなんてさほどのことでもないのだろうけど
私が今まで握ったオニギリはおそらく
「たまに私が握るんだから貴重なんだぞ~」みたいな力ずくの波動が入っていたと思う。
それがこの頃私の波動が変わったことで柔らかいエネルギーがやっと入るようになった。
今までも皆は私のオニギリを美味しいよと言って食べてくれたけど
大津さんは一度もそう言ったことがなかった。
それは私が料理を作る時に喜びの波動が入っていなかったからだと思う。
愛は入れてたつもりだったけど 多分無理矢理入れようとした愛だったと思う。
私は美味しいものを食べるのは好きだけど もしお腹がすかなくて
何も食べなくて生きていけるなら食べない方が楽でいいと思っていた位だから。
これまで普通の男性以上にバリバリ仕事をして男性的な学びをしてきて
家事をやってくれる奥さん(またはもう一人の私)が欲しいと思ってた位だから。
そんな私が今日は何も考えずただ普通にオニギリを握った。
とってもあたりまえに握った。
そこに優しい波動が入るようになったことが嬉しい。
(他のみんなが当たり前に出来る事が私には出来なかったのだ)

午後エナジーワーク。
始まる寸前に私はみんなにお願いした。
「私は今まで自分が愛の喜びをちゃんと感じて味わうことを自分に許してこなかった。
そして愛を表すことも下手だった。
でもこれからはちゃんと愛を感じて表わして生きて行くことを決めたの。
だからみんなに感謝のハグをさせて欲しい。」って。
一人一人にありがとうって言いながらハグさせてもらった。
そうしようってずっと決めていた。
今日ここにいる人は勿論 いない人も一緒に抱きしめた。
本当にありがとう。私がここまで来れたのはみんなのおかげ。
みんなを愛している。全てを愛している。
みんなから愛されている。全てから愛されている。
最初から私は涙。

そのままエナジーワーク。
8人が手を合わせて丸くなり、大津さんが中央に入る。
輪の内側を回りながら誘導の言葉を言い 一人一人の頭に手を置く。
繋いだ手の肉体感覚が消えていき 8人のエネルギーが一つになりながら
プチ伝授状態。

最初から涙は溢れていたのだけど
私は「母なる愛の神は私なんだ」って初めて感じることが出来て
どっと涙が溢れ出た。
今まで私は母性的な愛を自分の中に感じることが出来なかったから。
涙がポタポタと流れ落ち 鼻水も流れる。
両手は久美ちゃんとさっさちゃんと重ねていたので拭う事が出来ず。
私の鼻水が糸を引いてツーっと落ちたのを菜穂ちゃんは目撃したそうだけど
肉体感覚が曖昧になっていたから 風大左ェ門状態になっていたとは気付かず(笑)
ワークの最中に赤ちゃんのように大津さんに鼻をティッシュで拭かれて初めて気付く。

後は黄金の真我の波動や キリスト意識の救いの愛の白の波動や
罪穢れのない純粋な意識や。。。。様々な波動を感じながら何度も涙が流れた。

罪穢れのない純粋な愛の意識である大いなる「わたし」が
まどろむように過去や現在や未来や あらゆる意識活動を創り
夢見て味わっていたのだと感じる。
(波動的に感じたのでうまく言葉に出来ないけど、幾重にも重なりあった霞が
行き交うけど 純粋な意識はそこにあるってかんじ。) 

自分のハートの中心に愛を一人一人しっかり定めてエナジー終了。

エナジー後一人一人感想を言うのだけど 
母なる愛の波動を思い出したら また涙が溢れた。

これからは母なる愛も現して生きて行こう。

あ、それから。。。。。
肉体を活用して愛を表わすことに慣れていなかった私は
何かを覚えたての子供のように 今はやたらハグしたがりになってるので
みなさん そこんとこヨロシク~!

追記:あっちゃんが日記に私のオニギリについて書いてくれた。
あっちゃんありがとう~!!! とっても嬉しいよぉ!!!
自然に、穏やかに、にこやかに、あたりまえに 愛が一緒に入るように
いや、いつのまにか愛が溢れ出すようなそんなオニギリが握れるように
愛を現すよ。ありがとう。
[PR]
by chandra-k | 2007-03-30 00:45 | 私について | Comments(12)

より大きなわたしへ。

あれは1月24日の出来事だった。
「じゃぁね~」の別れ際、突然挨拶代わりみたいに
ましゅが珠ちゃんに「珠ちゃんはもっと柔らかくなったほうがいいですね」と言った。
それにカチンと来た珠ちゃんは強烈に反撃
「ましゅは自分で気付かないで核心を突くことをやってしまうでしょ。
核心を突くってことは本当なだけに人を傷つけやすいの。
私も今までそういう失敗をやってきた。
だから発言する時は無自覚じゃだめ。相手のこととタイミングを考えて言いなさい。
これからのましゅの為に言ってるんだからね。気を付けなさい。
徳ちゃんなんか 核心突きたくても突けないんだから!」
(私『ぐさっ』)
ましゅは半ベソ状態になり、私が緩和剤となる。(笑)

この出来事は私達仲間内では「ましゅの珠ちゃんハリセン事件」として有名。

後日二人は 珠ちゃんの家で一緒にお絵かきをしてすっきり。
結局この事件は二人に多くの気付きをもたらした。
珠ちゃんは 「ましゅに言われてカチンとくるということは自分に分離感があるってこと。」
という自分の持つ執着や分離感を明確にして手放し 六次元へのシフトアップへと
繫がって行ったし、ましゅは自分がハリセンを持っていることを知り、
五次元に入った今は 自分の行動に自覚的になろうとしている。

ところで、その日珠ちゃんが反撃の際口走った
「徳ちゃんなんか 核心突きたくても突けないんだから!」という言葉は
まさに核心を突いていて、痛いとこ突かれて「うぐっ」って感じだった。
でも私は珠ちゃんの言葉に傷つくことはないし、私にとっては
珠ちゃんの言葉は突き刺さっても それが自己探求のヒントになるから
いつもありがたいと思っている。

確かに「珠ちゃんのように核心を突けない」というのが
私のコンプレックスの一つだったし、私から見ると珠ちゃんの羨ましいところでもあった。
つまり私の分離感ってこと。

そのあと暫く自分の個性について考えていた。
そして自分で思ったのは「今までは私が自分の役割を果たすためには
核心を突けないことが重要だった」ということ。
今まで私は核心を突けなかったからこそ、
多くの人の入り口になるという役割を果たしてくる事が出来たのだと思う。

私と珠ちゃんは大きく個性が違うし役割も明らかに違うのだ。
珠ちゃんの言葉は 心に深く残りやすい。
ピンポイントで核心を突き、射抜くから大きな変革をもたらし易い。
今までは ある程度成長した人に対してじゃないと諸刃の剣になりやすかった。


さっさちゃんがうまいこと言っていた。
「珠ちゃんの言葉は その時たとえ入らなくても 鋭いから
身体のどこか、例えば腕などに取れずにぶら下がり、
常になんだかひっかかって気になっていて 時期がくると効いてくる。」
そのとおり。

それに対して私の波動は霧みたいな感じ。
鋭い一突きはないかわり まわりから曖昧なまま放射される。
全方向型で噴霧されるから その波動を受けても相手は気付きにくい。
言葉もなんとなくさらりと心地よく通り抜ける。
でも私の波動は知らぬ間に 少しづつ浸透し
浴び続けるといつの間にかけっこう入り込んでしまっているって感じ。
まだ目覚めていない人にも かなり深く眠りこけている人にも
静かに、本人が気付かないうちに降りそそぐ。

私はいつも「よくわからない」と口にしてしまう。
だって表面意識では無自覚に行動していることが多いから。
でも私の行動はいつもタイミングを逃していないらしい。
誰かのサポートをする時もベストタイミングでやるべきことをやってるらしい。
私が「でもわからない」と言うと いつも大津さんや珠ちゃんに
「それだけちゃんとやるべき時に間違わずやってるのは徳ちゃんはわかってるんだよ!」
と、さんざん言われてきた。
これは自分で自分がわかってると認めていないだけなんだな。

六次元に入った珠ちゃんは 愛をもって核心を突いたサポートをしている。
そして私は これからは自分はわかってるとちゃんと自分をしっかり認め
これからはもっと自覚的に確信を持ってサポートをしていくことが必要。
勿論愛をもって。
そしてこれからはもう「今までは私が自分の役割を果たすためには
核心を突けないことが重要だった」とは言ってられないのだ。
珠ちゃんも私もより大きな「わたし」に統合して 
愛に帰結する全知全能に向かうのだから。
そしてみんなもね。

私達は完全。
それをわざわざ分離して どこから学ぶか順番を選んで体験してきた。
欠けていた私を補って統合し どんどん素晴らしい「わたし」になっていくのだ。
[PR]
by chandra-k | 2007-03-25 22:00 | Comments(10)

やっと6次元入り。

「6次元に入るのに本当にギリギリのところに来ている」と
先日言われていたし、日々気付きもあり 自分としてもいい感じだったので
入る気満々で22日のエナジーワークに行く。

さてエナジーワーク。
最初から「神の想いは我が想い 一つとなりて世を照らす」という言葉が
ぐるぐるまわっていて、すぐ涙。
さらに「罪穢れのない意識なんだ」という想いでまた涙。
。。。。。。
やがて「神と私が一つとなるというより 神が最初から私なんだ」という想い。
自分のハートのフィールドと愛の太陽が繫がる。
今回は「母なる愛の波動」がやっとわかるようになった。

その反面時たま自我が顔を出す。
自分のどこかがブレーキをかけているのかもしれない。
結局この時は6次元に入れず。

喉の調子が相変わらず本来の状態じゃないので昼食の後ヒーリングを受ける。
喉を中心に出てくる出てくる。
明らかに自分で作り出しているのがわかる。
「私って浄化が趣味?」みたいな感じ。
かなり汚れがとれたのに 浄化をしたいがために今この瞬間に
また汚れを作ってるみたい。
なんなんだろ この癖。
過去も未来も連続ではなく 今この瞬間だけで完結であるとわかっていながら
断ち切れない。(断ち切ろうとすること自体違うのだけど)
わかっちゃいるのに~だ。

「喉にピンクの光が足りない」と言われ
家に戻ってからは明想しながらピンクの光で喉をヒーリング。
要するに喉に愛が足りないってことなんだな。
完全なる喉さんに感謝する。

翌朝(23日)目覚めながら
「私の喉はこれから愛の喜びの歌を奏でるためにあるのだ」と想う。

で、起きたら胸のあたりから何かが変なものが飛び出してきて気持ちが悪い。
苦しいし痛い。なんだこれ? ドキドキと動悸もする。
私はまた汚れを作り出した?
なんだか変なので 来週の月曜に個人セッションをお願いしようかと事務所に電話。
そうしたところ今日時間があると言われたので仕事のあと事務所へ。

よく分からない変なものは過去生の汚れだった。
飛び出してきたらしい。具体的には聞かなかったけど。
今作ったものでなくてよかった。
話を聞きながらひとしきり泣く。
大津さんのエネルギーを受けながら短時間のエナジーワーク状態。
また涙。。。。。
ハートのフィールドが精妙になり広がって軽くなった。
調和がとれたのがわかる。

そしてやっと6次元に入った。
これで予定どおり。
(私は今まで、ほぼ生まれる前に決めたプログラムの予定どおり成長していて 
6次元入りも3月の予定だった。
5次元にいつ入ったかよく覚えていないので 今回は覚えておこう。)
これがまた新たなスタート。
今回の人生で7次元まで行くと自分に誓った。
家に帰って鏡をみたら顔が白くなっていた。

大津さん、サポートありがとうございます。
そしてこれからも宜しくお願いします。

珠ちゃん、菜穂ちゃんサポートありがとう。
みんなみんなサポートありがとう。
これからもよろしくね。
一緒に進もうね。どこまでも。
[PR]
by chandra-k | 2007-03-24 01:03 | 私について | Comments(14)

私達が普段やっていること

このブログに よくエナジーワークについて書いているせいか
私達はエナジーワークだけで波動を上げていると勘ちがいしている方がいるようなので 
普段私達がやってることをまとめて書いておこう。

私達はまず定期的にセミナーで大津さんのお話を聞いている。
確かに話を聞いているんだけど 頭で聞くというよりはその波動・エネルギーを浴びて
吸収していると言ってもいいかもしれない。
この世界に生きていて 実際に本当に悟った人、
いわゆる聖者といわれる意識の周波数の人に
実際に三次元で会えるチャンスに恵まれる人は実は数少ない。
だってそのレベルの人がもの凄く少ないから。
幸いにも私達は そんな大津さんの波動を直接受け取ることが出来る。
エネルギーの交流というのは多次元で行われているので
実際会って話を聞くのは大きい。
お話を聞きながら寝てしまうということもしばしば起きるが
それは表面意識では自我が働いてブレーキになってしまう場合に
高次元の自分が表面意識を眠らせて もっと深いところで話を聞いている状態。
自分の高い次元が現れるためには 表面意識でしっかり認めることが大切なので
表面意識の周波数のその段階で必要なお話はちゃんと入って来る。

私達はそれぞれ生きてきた中で 「思い癖」とか「思考のマイナス回路」等を
かなり作り上げてしまっているので お話を聞くことによってそれに気付き
日常生活の中でそれを修正することを始める。
頭の中に新たな愛の回路を作り上げていく作業と言ってもいい。
もともとのマイナス回路が太ければ太いほど 自分の癖に意識的になり
観察しながら修正していく必要があるので 
しっかり愛の回路が出来るまでは努力も必要。
ついつい怠け癖が出たり もとの自分に戻ってしまうので
お話を定期的に聞いて確認作業をしたり 新たに気付いたりしていくことが
とっても大切なので 私達はセミナーに通っている。

セミナーを録音したCDもあるので それを購入して家で聞いたりもする。
そのCDもまた多次元周波数なので 聞くたびにひっかかるところが違う。
自分の意識の周波数の成長度合いによって 入ってくる言葉が違うし
理解度が変化するので面白い。
10回以上聞くと明らかに周波数が変化する。

それに指導者である大津さん自身も日々探究していて
どんどんシフトアップし、目に見えて変化しているので
お話はどんどん進化し その度に私達もまた連動して上がっている。
昨年事務所をオープンしてからは ものすごく加速している。
それに伴い かつては月1回のセミナーだったのに
今は週に2回ペースなので 私達もそれだけ学ぶ時間が増えて
最近はいわゆる天国周波数・五次元意識の仲間が続出。
(いわゆる霊能者は殆ど四次元周波数なので こんなに五次元意識以上の人が
沢山いるっていうのも 珍しいと思う)
大津さんの役割が「多くの人を(5・6・7次元の)悟りに入れる」
「指導者を育てる」なのでそれも当然といえば当然なのだけど。

そうして私達は 日々の生活の小さな出来事や
些細な心の動き 私達のまわりのあらゆるものから学び 気付き 成長している。
自分の枠や自我は本人が一番わかりにくく、巧妙に隠れているので
仲間と互いに話したりして指摘しあったり 刺激しあったりしながら
励ましあい サポートし合い、思い合い、喜び合い、共に学び共に変化している。
一人一人周波数も違うし個性も違うので それぞれの成長段階や抱えているテーマや
その時の状況に応じてその人に必要なぴったりの人がサポートしている。
沢山の仲間がいるからそれが出来る。
素晴らしいチームワークの連携プレイ。
まさに私達は緩やかな魂のネットワークで繋がったチームって感じ。

こうした生活の中で私達は学んで成長しながら意識の振動数を上げる努力をしている。
振動数が上がると明らかに見える風景が変化し 喜びがどんどん増えていく。
振動数を上げるには はっきりと決断し実行することが大切。
決断とは必ず実行が伴う事。
それはどこかに行くとかいった目に見えることだけではなく
「常に愛のみを思う」とか「この執着を捨てる」とか「善悪で見ない」とか
心の使い方をしっかり決めることも決断。
そのような決断は必ず実行が伴うから 結局は目に見える行動の変化となって
現れるけど。
決断をすると魂の原子核が増えて 意識の振動数が増え
意識はより軽くなって拡大する。

初期のころは波動が不安定だし、多くの人が 自分が作り出したマイナスで
エネルギーフィールドがボロボロだったりするし、
低い周波数に共鳴して敏感だったりすると 別の意識体をくっつけている人もいる。
最初は安定するまでヒーリングを受けるとエネルギー状態が安定してくる。
高い周波数のエネルギーが入るので マイナスが押し出されて浄化が起き
フィールドが修正されてくる。
たとえ光を忘れていた別の意識体がくっ付いていても
本来の光となって帰るべき所に帰ってゆく。

ところでエナジーワークは伝授を受けた人が対象。
伝授というのは まずエネルギーフィールドを修正し、チャクラを整え
本来私達がもっているのに眠っている能力を目覚めさせると言ったらいいかな。
ただ意識の周波数がそれを受け入れることが出来る状態になっていないと
肉体にギャップが出るので まずはお話を聞いたりして意識の周波数を高めるのが必要。
(50Wのキャパシティに500Wの電流を流したらショートしちゃうようなもの)
伝授を受けることでヒーリング能力も目覚めるし 遠隔ヒーリングも出来るようになる。
自分に対しても家族などに対してもヒーリングが出来るので
たいていの体調不良は自分で治せてしまう。
でもこのヒーリングはおまけみたいなもので ヒーリングをすることによって
私達が実際には時空を越えて繋がっている事、さらに進んで
私達は本来一つであることを実際に体感出来るようになってくる。
頭で理解するのと実体験をするのでは学びとしては全く違う。
「伝授によって能力を目覚めさせるなんて!」と、他力本願的な感じがして
拒絶してしまう人も中にはいると思う。
全てを自分の力だけでやり遂げるのも それはそれで素晴らしいとは思うが
それにはかなりの時間がかかるわけで、やっとそこまで到達したのに
肉体の寿命が来てしまうよりは せっかく1億3000万年ぶりの地球のシフトアップの
時期を選んで生まれて来たのだから サポートによって進めるところは進んで
自分の役割を出来るだけ早く実行し、多くの人のサポートをしたほうがいいと
私は思う。
(例えば究極の料理を全部自分の力でやり遂げたいから 米作りから始めないと
気がすまないならやればいいけど、米や材料は買ってきて作るのは自分でやるのと同じ。でも考えてみれば全てを自分で出来るわけがない。
太陽の光も水もその世界から与えられているのだから。)
いずれにせよ自己のプログラムを果たすには、魂の成長のためには
自分でしか出来ないものがあるのだから サポートが必要なところは受けたほうがいいと
私は思う。

で、伝授を受けるとエナジーワークも受けられる。
伝授を受けるなどして ある程度のエネルギーの許容能力があって始めて
エネルギー体験のワークが出来る。
これはワーク参加者のエネルギーが交流し、一体となりながら 大津さんの誘導と
サポートで高い周波数の波動を体験するというもの。
自分ひとりの瞑想などでは到達出来ない周波数まで上げていく。
大津さんのエネルギーに包まれながら体験させてもらうっていうとわかりやすいかな。
実際に高い波動を味わうということは その周波数を自分の意識や肉体が
記憶するということなので その周波数を再現しやすい状態になる。
だから早く意識を上げやすくなる。

こんなことを私達は日々行っている。
そして誰かの成長が自分の喜びとなり
毎日毎日喜びが増えている。

楽しいよ! 
しあわせだよ!
いつでもウエルカム!
[PR]
by chandra-k | 2007-03-22 00:35 | 大津さん | Comments(15)

出る出るぅ~!

夕べはいつものように午前3時頃寝たのになぜか興奮状態で5時に目が覚める。
変革&浄化はあいかわらず進行中。
喉はかなり良くなったけどまだ声帯が本来の振動をしないので
調子にのって喋ると振動が緩慢になってかすれる。
昨日は何度も指先がピリピリして汚れが出て行ってるのがわかる。

さて、今日はクリシュナセミナー(大津さんのお話)の日
ハートにどんと大きな噴出口が開いたので それを意識しながらお話を聞く。
確かに声も言葉も聞こえるが脳の回路を通さず、そのままハートでその波動を
受け止める感じかな。
最近の大津さんのお話はより波動の伝わり具合がパワーアップしているので
みんな口々にエナジーワーク状態だと言っている。
そういえば今朝も大津さんはまた波動が変化したと言っていたっけ。

そしてその通り、お話を聞いていると浄化が進む進む。汚れが出る出る。
自分の指先が痛いほど。しかも冷たい。
話を聞きながら自分でヒーリングして流す。指を撫でて指から抜く感じをやるけど
追いつかないほど出る。
指先はどんどん冷えて痛いし、きりがないので 手をだらんと垂らして
それを地球の中心に繋いで汚れを流し(流し素麺状態)地球の中心で浄化してもらう
イメージにする。それでも止まらないので、今度は頭の上からブルーの光を入れて
ピストンでどんどん押していき、流した後の部分は透明にキレイになったイメージ。
最後に指先から抜ける寸前はとっても痛かった。
少し楽になる。で、今度はピンクの光で満たす。。。。。
ってなことをやっていた。

その最中、私のハートの噴出口はどんどんますます大きくなって
前のチャクラと後ろのチャクラがガーっと開いて前後から合体して
完全に球体になった。
私は完全な光の珠となる。
先日感じたとてつもない大きさの無限の愛の太陽である私自身の中心が
私のハートの球体の光の珠となる。

六次元は寸前。最後に今四次元の汚れを、周波数の低い汚れを出しまくり
自分の意識をお掃除してるって感じ。

それにしても汚れが出る出る。
お話が終わっても出ていて指先があまりに冷たいのでましゅにヘルプ。
ましゅが肩からエネルギーを流し マイナスを押し出してくれ
あっちゃんが指先から出たものをどんどん流してくれて やっと暖かさが戻ってきた。
(実はこれを書いてる今もまた出ていて 手が痛い)
ましゅは何度も手を振って払い 冷たい痛いと言っていた。
ましゅ、あっちゃんありがとう!

実は出まくっていたのは私だけではない。今はみんな連動して浄化中で変革期。
あきちゃんは泣いていたし、(あっちゃんの家でも私が泣いてる時に泣いてた)
お話の最中タカシさんは顔が真っ黒になって オニギリマンならぬハンバーグマン。
しかも海苔巻きつけたやつ!(ましゅ談 笑)
とにかく汚れが顔の表面に浮き出てきてどす黒く変化していた。
あまりの黒さに私もお話を聞きながらギョッとしたほど。(失礼!)
そういえばタカシさんも久美ちゃんもセミナーに来たばかりの頃はこんな色だったな。

で、あっちゃんが「タカシさん!ヒーリングさせて!」と始める。
それにましゅとあきちゃんが加勢。
あっちゃんが肩。両手をましゅとあきちゃん。
それはまるで女性をはべらせたハーレム状態!!!
さぁ! マイハニー久美ちゃんどうする!(笑)
嫉妬せずに直視出来るかな?
タカシさんが「くーちゃんは 全てがひとつだって自分(タカシさん)が気づいたら
どうしようって恐れてたのに自分(タカシさん)は気づいてしまった」と言って笑ってた。
その時に抱き合って喜べた久美ちゃんはもう大丈夫だろうけど。
(久美ちゃんの今日の日記参照)

ヒーリングを受け始めたとたん タカシさんの顔はみるみる白くなっていく。
どんどん汚れが落ちていつものタカシさんの皮膚の色になる。
紫色に変色していた手ももとに戻る。
こんなにわかりやすいのって面白い。
使用前使用後で写真を撮っておけばよかった。
ついでにハーレムの写真も!

すごいねぇタカシさん! 汚れをどんどん皮膚の表面に浮き上がらせて
それを取ればOKなんて、素敵な個性。
心の汚れも白い涙で取っちゃうなんて これもまた個性。
いやぁ面白くって感動的な浄化を見せていただきました!
タカシさんも五次元へまっしぐらだね。

もうちょっと。お互い頑張ろうね。
[PR]
by chandra-k | 2007-03-19 20:36 | 波動体験 | Comments(15)

怒涛の浄化

16日千葉から美穂子さんが仙台に来た。
他の方と一緒に来る予定が、二転三転四転五転して
結局全てはベストタイミングの状態におさまった。
さっすが!全知全能!ってのを今回も感じた。

午前中事務所でお話して 午後は美穂子さんの個人セッション
夜はあっちゃんの家で 香りの会のために前日入りする菜穂ちゃんと合流。
いつのまにかメンバーが増えていた。

変革・浄化真っ只中の私を珠ちゃんと菜穂ちゃんが一緒にヒーリングしてくれる。
三人でこうするのは本当に久しぶり。
菜穂ちゃんが仙台にいた時は 何度も三人で話したり 
ヒーリングしたりして色んなことを経験し共に成長して来たよね。
「私にとって今のタイミング」って分かった二人がヒーリングしようと言い出してくれた。
ヒーリングを受けていると指先が痛い位 次々汚れが飛び出してくる。
「みんな徳ちゃんに感謝してるのに 徳ちゃんは自分自身に対して感謝が足りない。
自分にお謝り!」と二人から言われ、私は泣きながらヒーリングを受けた。
そう、そうなんだ。
私はまわりのあらゆるものに感謝してるけど 
自分自身ををちゃんと認めて、自分に感謝して、
自分を褒めてあげる気持ちが足りなかった。忘れていた。
自分をいつも後回しにして 自分に自信がなくて 自分を愛するのが足りなかった。
そして皆に対しても沢山の愛があるのに それをどう表現していいか分からなかった。
だから愛の喜びをちゃんと味わうことが出来なかったんだ。
それが私の分離感。自分も全体の一部なのに。
かなり一杯汚れを出して 最後はガーッと熱くなり
「このあとは自分だね」と二人に言われてヒーリング終了。

私がヒーリングを受けて泣いて浄化中は 他の皆もそれぞれ浄化が起きて
泣いたり吐いたり。。。。(笑)

あっちゃんの家から帰る時は お別れに皆とハグして涙ボロボロ状態で夜の街を歩く。
家についてからも涙が止まらず ずーと泣いていた。

翌朝、目覚めた瞬間に皆の顔が一人一人はっきり浮かんできた。
皆一人一人が口々に「徳ちゃん!徳子さん!」と笑顔で呼びかけてくれる。
それは「たったひとつのわたし」が分離して現れた側面としての
あらゆる「わたし」の代表として 一人一人が呼びかけてくれた。
私はすべてに愛されている。
また涙が止まらない。
今まで私は「私があなたで、あなたが私で 全てがひとつ」と思ってきたけど
そこにはどこか強制があった。
だからわかっているのに誰かと比べてしまったり 嬉しくなかったりしていた。
これが私が手放せなかった分離感。
でもこの瞬間に皆と自分の境目がなくなって溶けた。
全体に還った。

その時 私の胸のチャクラに大きな愛の噴出し口が開いているのに気づいた。
先日のエナジーワークで とてつもなく大きな愛の太陽である自分自身を感じたものの
その中心をどんな風に定めていいかわからなかったので
とにかくハートチャクラの中心に水道の蛇口みたいなのをイメージしたら
そこから全体である太陽の愛が放射されて ピンクの花びらみたいなのが舞ってる感じが
あったのだけど、今度はそれが蛇口じゃなくて胸の幅にドカーンと噴出し口が開いて
愛があふれ出した。
やっとやっと開いたよ。
私の扉を揺さぶってくれて 珠ちゃん菜穂ちゃん本当にありがとう。
肝心な時はいつも二人がサポートしてくれる。

またしても泣きながら香りの会に向かう。
誰に会っても抱きつきたい衝動にかられる。
なんだか抱きついて号泣したい気持ち。
でも慣れてないからまだうまく現せない。
涙目のままセルフがスタートしたけど 香りで呼吸を始め
一息毎に愛を呼吸しているのを思ったら流れる涙が止められない。

菜穂ちゃんが語る香りのお話の中に愛と真理が入っていて
とても穏やかで優しい包み込まれる空間だった。

途中シェルティさんが太陽礼拝(スーリァナマスカーラ)のヨーガを入れてくれて
香りのマッサージとヨーガで自分の身体に、全てに感謝する。
(美穂子さんはもともと仙台で個人セッションと香りの会と
シェルティさんのヨーガを受けたいと言っていたのだけど 
今回の仙台でみんな実現したことになる。さすが!
しかもこの2日間で仙台メンバーのほとんどの人とご対面してしまった!)

実はセルフの最中 一瞬私の自我が顔を出した
その瞬間 指から痛いピリピリが飛び出して来た。
そしてそれと同時に自分の周波数が下がったのがはっきり分かった。
見える景色がその瞬間に変化し 急に分離が生まれ胸が苦しくなる。
「ああ、私は今、この瞬間に汚れを作り出した。」とはっきり自覚した。
そして自分の波動や見える風景が瞬時にして変化したのも体験した。
意識状態によって波動はこんなにも瞬間に変化するのだ。
大津さんが「この瞬間に意識を変えると変化出来る」と何度も語っていたのは
このことだったのだ。
今私の意識の周波数の幅は四次元から六次元までに渡っている。
(全体の51%以上が六次元に入れば基本が六次元周波数)
日々その中で揺れていた。
どこを選んで生きるかによってこんなにも世界は違うのだ。
私はその時あきらかに六次元の幸せ状態からドンと四次元に行き
その波動の違いを体験した。

瞬間にもとの状態戻そうと思ったのに戻らない。あせる。。。。
でも瞬間に落ちるということは 瞬間に上がるということ。
瞬間に汚れを作り出すということは 瞬間に無くすことも出来るということ。

トイレの中で「私は二度とこの分離の周波数には戻らない!」と強く思う。
強く強く思う。その瞬間また涙が溢れて喜びの周波数になった。
とたんにまたいつでも号泣出来る状態になる。

そんな状態でお昼を食べて 皆で笑いあい、おしゃべり。。。。が続く。

やがて大津さんがやってきてあっちゃんの家のツボにエネルギーを入れる。
床から振動して身体が熱くなる。
私の身体がぐるぐる右回り左回り前後左右8の字に揺れてエナジーワーク状態。
その後 阿部さんの家がその2階上なので皆で大移動して
阿部さんの家にもエネルギーを入れる。
部屋によってツボが違うのが面白い。
あっちゃんの家にすでにエネルギー入ってるせいで入りやすい。
やっぱりぐるんぐるんと身体が動く。
みんなも身体が動いたと言っていた。
又あっちゃんの家に戻り ちょっとまだ足りないと
今度は家の真ん中の壁の部分にエネルギー注入。
大津さんが手をあてている壁の裏に回ると 反対の壁の手をあてている部分と
そうでないところではあきらかに温度差がある。
部屋の周波数が上がり ツボのところは
ヴォルテックスみたいなエネルギースポットになった。

最近伝授を受け神様化したましゅはヒーラーの素質が目覚め
それを磨くべく 皆のヒーリングをしまくる。
ましゅがヒーリングを始めるとあたりの空気が神社にいる時みたいな
神聖なすがすがしい空気に変化する。
さすが観音様のサポートがあるましゅだ。
みんなの口数が自然に少なくなる。

そうしているうちに私の号泣欲求は止められなくなり
隣にいた美穂子さんに抱きついて嗚咽しながら号泣してしまった。
美穂子さん 抱きつかせてくれてありがとう。
抱きついてる時双子みたいだと言われたけど 自分もそんな感じがした。
姉妹だったのかな。
美穂子さんに抱きついて大泣きしながら 私は全てのものを抱き抱かれていた。
またしても皆も同時に浄化が起きていた。
号泣したらかなりすっきり。
久美ちゃんからも「徳子さん すっきりした顔してますねぇ。
やっぱり泣くって浄化なんですね」と言われた。
その通り。
私はこの3年ぐらいの間何度号泣したことか。

そして今日もこの状態は変わらず、いつでも泣ける状態だ。
私の変革・浄化に連動して夫も浄化中で
身体のあちこちが重くて苦しいと言っている。
毎日ヒーリングしているが、溜め込んだものが出てくる出てくる。
今日は夫をヒーリングしていたら夫が眠ってしまい
そのままヒーリングを続けていたら また感謝の気持ちと
「存在そのものが愛そのもの」を感じて涙が溢れた。
三日間泣きっぱなしだ。

声も大分復活した。
私の喉さん、いつもいつもありがとう。
呼吸をさせてくれて。美味しい食べものを通してくれて。
私の声帯さん、いつもいつもありがとう。
声で愛を伝え、表す役割を果たしてくれて。
今 私の喉も声帯も変革中で細胞の振動数が変化している。

昨日歩きながら思った。
私は、たとえば
「太陽が輝き、空が澄み渡り、雲が流れ、鳥が歌い
花が微笑み、星が瞬き、月は照らし、私達は在る。。。。」
みたいなとってもシンプルな言葉を語っても、
いや そればかりかどんな悲惨な言葉を語っても
そこに世界の広がりと深遠さと豊かさ喜びと愛を感じられ
そこから愛の波動が浸透しどんどん拡がっていくような
そんな声を表す語り手になって行こうと。

怒涛の浄化だった。
みんなみんなありがとう。
みんなみんな愛してる。
そして最後に、2日間場所を提供し暖かな空間をつくってくれた
あっちゃん、ありがとう。
[PR]
by chandra-k | 2007-03-18 17:47 | 私について | Comments(22)

またやっちゃった

東京セミナーの帰りの新幹線の中から急に声がかすれはじめた。
あれから2週間以上声帯の振動が本来の状態じゃない。
かなり激しく咳き込んだり 沢山痰が出たり
司会の最中突然声が出なくなったりしたけど どうにかごまかして乗り切り
できるだけ声をセーブしながら今日まで生活して来た。
夜中も仕事が毎日のようにあって喋ったあとは声がかなりかすれた。
それでも浄化と変革だから大丈夫だろうと思って過ごしているうち2週間。
何度も大津さんのヒーリングを受けたがその度に痛いものが次々出てくる出てくる。

咳は止まったが声帯に痰がからんで振動を阻害していているのがはっきりわかる。
ちょとだけ休み休み喋るぶんには どうにかなだめながら乗り切れたが
この状態で長く喋ったらかなり危険な状態だというのが分かる。
以前声帯に痰が絡んだまま乾燥し声帯が振動しなくなって
声が全く出なくなり、息しか出ない状態になったことが3回ある。
仕事が出来ず、みんなに迷惑をかけ とんでもなく大変な状況になった。

昨夜も仕事が終わると声がかなりかすれていた。ここのところ毎日だ。
家で必死でセルフヒーリングして 朝また少し復活の繰り返し。

そして今日は私のセミナーの日。私が話す日だ。
大津さんに助けを求め お話を代わっていただいた。
いつも頑張りすぎてしまう私だけど 今日ばかりは頼ってしまうことに。
今日の大津さんのお話を聞いていると
私が今日話そうと思っていたことばかりだった。
しかもそれを大津さんの波動でお話するわけだからもっともっと素晴らしい。
皆 「今日はエナジーワークみたいな状態ですごかった。
すごく入った。シフトアップした」と口々に。
せっかく来ていただいた沢山の方には私は申し訳なかったけど
でも大津さんのお話が聞けてかえってよかったと思う。
さすが全知全能!
大津さん、みなさん すみませんでした。
そして大津さん、みなさん ありがとうございました。

セミナーの前、早めに行ってヒーリングしてもらったのだが
沢山痛いのが出た。
喉は浄化のチャクラでもあるし、私の場合は一番デリケートな場所だから
集中して負担もかかりやすい。
それに加えて過去生の喉の傷も出て来ていた。
そして何より声で仕事をしているため 声が出なくなった過去の記憶が蘇る。
大丈夫と思っていながらも 声帯がちゃんと振動していない現象に対し
不安を今、作り出してしまう。
過去は関係ないし、今この瞬間に作り出しているとわかっているのに。。。。。
おまけに「喉に対して感謝が足りない」とメッセージ。
ああ。。。。ごめんなさい。そして、ありがとう。
喉に手を当てながら感謝を伝える。
ああ。。。。確かに私は全てに感謝しているといいながら
自分の肉体に対する感謝が足りなかった。。。。。
私の愛を表すための表現体なのに。。。。
この肉体があってこんなに学びが出来るのに。。。。。
ごめんなさい。そして、ありがとう。

久しぶりに耳鼻科に行く。
アレルギー性鼻炎が治ってからはずっと行ってない。3年ぶり。
痰を溶かすための蛋白質融解の薬を処方してもらう。
三次元の物理的なものを除去するには薬のサポートも必要だったか。
パイプユニッシュとかで排水溝の蛋白質を溶かすのと同じだな。
もっと早くサポート求めてもよかったのにね。
またしてもいらないと思い込んでいた。
(だって前の浄化の時アレルギーの薬を飲んでも効かなかったから)
もっと早く行ってもよかったのにね。
またやっちゃった。
でもおかげで感謝が足りないと学ぶ事が出来た。
ありがとう。
[PR]
by chandra-k | 2007-03-15 23:07 | 私について | Comments(8)

虹色ワーク

今日のエナジーワークは虹色の光で身体を満たすことからスタート。
その後 まず母なるピンクの愛の光を感じ
次に キリスト意識の救いの白光を感じ
続いて 銀河の調和の光 シルバーを
さらに 宇宙真我の黄金の光を感じる。
それぞれの波動の違いを今日ははっきりと感じたが
私にとって一番ぼんやり曖昧なのがピンクの光。
感じることは感じるのだけど その暖かさや柔らかさ穏やかさが
どうも中途半端。

珠ちゃんと私は「光チーム」だからね。
(対するのは菜穂ちゃんや、シェルティさんやましゅの「愛チーム」)
今までの学びの指向性が愛より光だったってこと。
光の指向性は闇を作り出し 善悪を作りやすい。
私もやっと闇の学びは終了したけど「愛・ど真ん中」の学びが足りなかった。
珠ちゃんはピンクの光と融合し 深い愛へとシフトし
六次元へと入って行った。

宇宙真我の黄金の光を感じている時
「愛の太陽が光を放つ」の誘導と共に、
突然 宇宙真我の愛の太陽がとてつもない大きさになった。
(大きさという言葉は正確じゃないけど)
いつもは「ハートの中心から愛の太陽があらゆる方向に光を放つ」イメージなのだけど
今日は突如バーンと愛の太陽そのものが無限大に広がり
光を放射するとかいうものではなく、すべてが愛の太陽で
それが全部わたしなんだって感じた。
すべてが愛に満たされていて それがわたし自身なんだって。
涙が溢れる。

私は今も変革中で やっと後頭部の変形がおさまったけど
昨日一昨日はずっと頭痛だった。
喉は2週間調子が悪くて声がかすれていた。
で、ヒーリングをお願いする。
ヒーリングを受けながら また涙。
私は少し前に「存在そのもの、愛そのもの」がわかったし、
あらゆるものが愛であり、あらゆるものから愛されていることがわかっていたけど
それを心で、身体で、感情でちゃんと感じていなかったってわかった。
愛と喜びをちゃんとしっかり感じて味わうということを自分で許していなかったのだ。

今、5の9の9
豊かなる愛の感情を解放して
六次元に入るよ。珠ちゃん、待っててね。
[PR]
by chandra-k | 2007-03-13 01:29 | 私について | Comments(9)

大きな流れ

ちょっとここのところボーっとしている。
(仕事は忙しくちゃんとやってるけど)

大きくエネルギーの流れが変わる時がやってきた。
それはそれは久々の大きな変化なのだと思う。

先日セミナーで東京に行ってた日が20周年の結婚記念日だった。
19才の時 夫と大学で出会って、付き合い、やがて結婚して・・・・
今までに実質4回会社を立ち上げ 店舗を2つオープンして
精神的肉体的経済的にとにかく色んなことがあった。
翻弄されながらも沢山の経験をした。
引越しも6回した。

そして今、また新たな局面がやってきた。
これはエネルギーの大転換時期なんだな。
ある意味ある所でバランスをとって続けて来たものを手放し
新たな出発と新たなエネルギーの入れかえをやり
大きく変化する時がやって来たようだ。

もう決断して動き始めたけれど 
三次元的な執着が色々あったのを発見したし(そんなにないと思ってたのに)
色々な思いを注いで来たものを手放すというのは 
実際にそれに臨むとけっこう喪失感があるものだと感じる。
苦しくはないし、もう決めたことだからいいのだけれど
なんだかある意味気が抜けてボーっとしているのだ。

これは新たなるエネルギーが入って来るための準備。
それはわかっているんだけど ちょっとやっぱりボーっ。。。。。
たまに心が揺らぎつつも 穏やかで軽いんだけど なんとなくボーっ。
そんで私の頭の中は作り変えが起きてるようで
後頭部がまだちょっと物理的に変形していて 盛り上がり
おできみたいなのが出来て痛痒い。

ボーっとしながらも立て込んでいた仕事が少しかたずいて 
なんだかとっても今日は事務所に行きたい気分だったのでちょっとだけ顔を出す。
ちょうど、ましゅの個人セッションが終わったところ。
なんとなんと! ましゅは本人の宣言どおり「する~りと五次元に入っていた!」
スゴイよましゅ! 伝授を受ける前に五次元に入った人を初めて見た!!!

さすがましゅ! みんな初めてづくし!
去年の3月突然予約なしに事務所にやって来たのも初めてなら
(あの時も私が事務所にいた。前世の浄化でゲロゲロで大津さんにヒーリングを
お願いして私がふらふらの時 「今すぐそばにいます」って 突然やって来たね。笑)
伝授のOKが出るのに1年もかかったのも初めて。
でも! その伝授前に五次元に入っちゃうのも初めて!
さすがやっぱりましゅはタダモノじゃない。
最初の頃はしょっちゅう泣いてばかりいたよね。
それでも頑張って、多分一番ことあるごとに事務所に通って
自分に、真理に向かい続けてたもんね。
本当に ましゅおめでとう。
私が今日事務所に行きたかったのは ましゅの記念日に立ち会うためだったみたい。
私もとっても嬉しいよ。
よかったね。

私もましゅから沢山学んでる。
ありがとう。ましゅ。
[PR]
by chandra-k | 2007-03-09 23:34 | Comments(8)

料理番組

4月から始まる料理番組のディレクターの仕事をやることになった。
(自分が出演してるのはROCK番組だが ディレクターに関しては
民謡番組などいろいろやっている。)
仲間内では料理がダントツ1位で苦手な私が料理番組ぃ~!と
最初は驚いたが ご指名だったので謹んでお受けした。

料理が苦手な私でさえ「か~んた~ん! これなら私でも作れるぅ!」と
思えるところが一番のポイント。
私が作れれば誰でも出来る! だから私か。

先週木曜と今日と2日に渡り、番組に先がけ番組HP用のお料理の撮影が行われ
私は料理を作る先生の側で 料理のポイントを取材した。
目の前で簡単で美味しい料理が次々出来上がり あっという間に1日15品。
まるで魔法のようだ。
新鮮な食材を使って 美味しくて簡単な料理のコツを直に教えてもらう。
料理本を見てるだけとはまったく違う!
そして番組台本構成のために次々試食! うまい!すごくうまい!
かんたんレシピも手に入り、これから役立つ情報が満載!
ありがたい仕事だわ~。

なかなか家庭生活が手抜きになりがちな私に
「ちゃんとご飯つくりなさいね」とばかりに与えられたお仕事。
さっすが全知全能! に感謝。

これで終わらせないで 作らないとねっ!
[PR]
by chandra-k | 2007-03-05 21:55 | 私について | Comments(6)