<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

スピリットちゃん

「真我ちゃん」になった前日、その予兆だったのか時計が壊れた。
たまに突然止まることがあり、時計屋さんに持っていくと
電池はまだあるし、異常はないと何度か言われたので
とりあえず動くしぃ~と使っていた。
そうしたら歩行中、突然手からはずれてポーンとジャンプ!
コンクリートに落ちたら 見事にガラスにピシーッとヒビが入って
針がその時間で止まった。
(まるで2時間ドラマの犯行時間みたいな感じ)

その時 かつてはじけて飛んだ携帯ストラップの水晶を思い出した。
あの時もシフトアップに際して 歩行中突如水晶が弾けて散ったのだった。
パンッ! 3つか4つ付いていた水晶がすべて飛び散って
いくらさがしても見つからなかった。
(ああ~5000円! とつい思った私が悲しい)
私の波動が上がってくっついていられなくなったのだと大津さんに言われたっけ。

今回の時計もそんな感じ。。。。
年中身につけてるからねぇ。。。。
で、真我ちゃんにもなったし!と 時計を買いに行く。
(無いと仕事に支障があるからね)

大津さんが物を買う場合は「この店で時計が私を呼んでいる!」と
はっきり分かって まっしぐらに目的の物と出会えるけど
私はまだそこまで成長していないので とりあえず時計屋を5件まわった。
で、私が気になったのは縁がゴールドでシンプルな楕円の時計。
「SPIRIT」と名前が付いていた。
候補は3つあって その中からこのコだなとは思ったけど
念のため店員さんに気付かれないようにリーディング。
やっぱりこれだ! 間違いない。「スピリットちゃん!」

お金を払ったら店員さんが
「今時計をご購入の方に誕生月のプレートをプレゼントしています。
誕生日は?」と訊かれた。
「10月1日です。」
「おめでとうございます」といただいたプレートを見たら
月見草のプレートだった。
おお! 月! チャンドラだからね。
そういえば真我ちゃんのエナジーワークの日、久美ちゃんは
天使のオラクルカードを持って来ていて
大津さんに私のカードをひいて下さいと頼んだら
これも月のカードだったな。(勿論大津さんは見ないで選んでる)

月とスピリットの出会いの誕生プレゼントに
今日も幸せな私!

と、書いているうちにパソコンのルータの調子が悪くて
自分のブログにアクセス出来なくなる。
mixiのメッセージの返事のページも開かない。。。。うう。。。
ここんとこ調子悪いとは思ってたけどもうだめらしい。
「ルーターちゃんも私の周波数の変化について来られなくなっちゃったの?」
リーディングで尋ねたら そうだという。
ああ、お疲れ様。
(パソコンは買いなおしたけど、ルーターはそのまんま使っていたからね)

。。。。。。。。。

ってなわけで、この日記もアップ出来ず
ルーターを初期設定に戻してみたり サポートセンターに電話したり
ネットで原因調べていろいろ試したり・・・・
AM3:00まで悪戦苦闘の結果・・・
やはりリーディング通りこのルーターちゃんの学びはお終い。
で、新品のルーターちゃんを またリーディングで選び購入。
設定完了!!
うーん快適だぁ!

明日は又スタートだわ。


追記:やったー!快適~!と喜んだのもつかの間
今度はメールが送れない。不明なエラーと表示される。
色々試したけどラチがあかないので サポートセンターに電話、
さらに色々試すが不思議な現象ばかり起きる。
担当の男性も「こんなことは初めて」と言う。
例えばすでに見ているから受信するはずないメールが1500通届く。
しかも同じメールが2通づつのものと1通のものがある。
(なぜか迷惑メールは1通) その他色々。。。。
勿論ルーターのせいではない。
さんざんやってるうちに(多分1時間半くらい) 突然何事もなかったように正常に戻る。
とーってもPCに詳しい担当の男性と私と
「わけわかんなーい なんですかこれ!」を何度口にしたことか。。。。。
ま、最終的に普通に戻ったからいいけどぉ。
大津さんがパソコンを触ってると パソコンの常識では考えられない現象が起きるけど
ついに私もぉ????  えー、これだけは普通でいいなぁ。
[PR]
by chandra-k | 2006-09-30 16:09 | 私について | Comments(15)

真我を三次元に。

久々のエナジーワーク。
メンバーは珠ちゃん、久美ちゃんと私。
今日も予定通りのメンバーらしく 誰が来るのか分からないのに
クッションはメンバー分だけ出されていた。

ワークが始まるやいなや(大津さんが「スーッ」と一つ息をした途端、多分2秒位で)
もう私の身体は円を描き始める。
(目を閉じているから見えないけどいつもながら怪しい。しかも早っ!)
ぐるぐるぐるぐる廻る廻る。。。。。
大津さんの言葉をガイドに次元上昇。。。。。。
いつものように今度は 横揺れ。
そして逆まわり。
またしてもぐるぐるぐるぐる廻る廻る。。。。。
さらなる次元上昇。。。。。
また横揺れ。そして、逆まわり。
そのあと急に回転が小さく速くなり渦の中へ。。。。。。
「真我」という言葉を聞いた瞬間に身体の回転がはたと止まり
あたりは精妙な波動に満たされる。
「融合します。融合して下さい。」の言葉と共に
あまりの精妙さに 静止しているかに感じるほどの金色の波動。。。
どこまでもどこまでも拡がる宇宙。。。。。
これが真我の感覚?
。。。。。。。。。。
その感覚をしばらく味わった後
私の身体は勝手に又廻り始め 次元を下降し始める。。。。
右廻り、左廻り、横揺れ、また廻る。。。。
「真我を降ろし 肉体意識の周波数を上げて中間で一体化します。」
その瞬間にパン!っと 一瞬にしてまた金色の波動に包まれる。
あ、さっきと同じ感覚。。。。
そしてさらに次元下降。。。。。
揺れて廻って廻って。。。。。。
肉体の振動が荒くなり 少し重くなってくる。
「また真我と肉体意識を一体化します。」
その瞬間またパン!と あの真我の金色の精妙な波動に満たされる。
肉体感覚はない。それでいてここに肉体はある。
真我の波動を保った感覚のまま目を開ける。

それはまさに真我の精妙な波動を肉体意識、顕在意識に感じながらの覚醒。
初めてだった。こんな感覚。
初めて真我をこの三次元に降ろし感じている感覚。
高次元の感覚のまま目覚めた。。。。そんな感じ。

9/6のレゾナンスセラピストマスターの再伝授で ほんの微かに
細~い糸で12次元と繫がったと言われたが
今日のエナジーワークで その細~い細~い糸が
内側と外側から通路が作られ ほんの少し広がったそうだ。
「真我とやっと繫がったね。ここからが本当の意味で始まりだよ」
と大津さんに言われる。
そうか、これが始まりなのか。。。。。
やっと本当の私が始まるんだ。。。。。

珠ちゃんから「真我ちゃん」と呼ばれる。
そう、今日から私は「真我ちゃん」!!!
高校2年の時「私は本当の私になるために生きている」と確信し
ずーっと求め続けて やっと、ついに「本当の私」が始まる。
[PR]
by chandra-k | 2006-09-28 23:56 | 波動体験 | Comments(8)

変化させる人、変化する人

私はこの日記に私の変化(成長)の過程を書いているが
その変化は 大津さんと出会ってから激しく加速している。

私は大津さんほど人を変化させることが出来る人を知らない。
「人はそう簡単に変われない」という人が多いけど
現に私をはじめ皆がとんでもなく変化している。

私はこの日記にも記しているように完全に別人になった。
珠ちゃんの言葉を借りれば もう顔のまわりに黒い雲を漂わせることもない。
中心が定まり 心が安定し 穏やかな喜びに満たされ
まわりのみんながどんどん変化して 輝いて行くのを見ているのが
心から嬉しくてたまらない。

珠ちゃんはもともとかなりの千里眼をもつサイキッカーだけど
コントロール不能状態から 今はポイントをついて別の視点から気付きを
与えられるスペシャルな役割を果たしている。
しかもその目線がとても暖かく ひらめきを与える。
菜穂ちゃんはもともと日々の生活を輝かせる才能をもっていたけど
素敵な母・女性ってかんじから それに加え今はヴィーナスの美しい輝きを放ち
しっかり地に足をつけて生きていくためのパワーを与え 後押ししてくれる。
とにかく三人とも別人になった。

エネルギーを受け、意識が変わると細胞がクォークのレベルから振動し
皆内側から光を放ってキラキラ輝く。
くすんだフィルターがとれて 驚くほど色が白くなったり
浄化されて軽くなったり 視界が明るくくっきりしてきたり
心が安定して 嬉しい時間がどんどん増えてくる。
病気があってもどんどんよくなっている。
みんながそんな風に変化している。
そんな様子を今まで沢山目撃して来た。

それが出来るのは大津さんが悟った人であるから。
いわゆる聖人と言われる意識に到達し さらに今も変化・成長し続けているから。
そして私達はその波動を直接浴びることが出来る。
(悟りの初期段階は5次元。聖人のレベルは最低6次元上段以上。
悟りの段階にはもっともっと上がある)
悟った人の波動が私達のフィールドに入ってくるというのは貴重だ。
見えないところでエネルギーが交流するから。
(悟っていない人が悟りの話をいくらしても その波動は出ない。
悟ったつもりの人は沢山いるけど その波動はそれなり。
波動はごまかしがきかないからね)
本当に悟った人がそばにいるチャンスに恵まれることはなんという幸せなんだろう。
昔ならありえなかったはずだが 今地球は1億3000万年ぶりの大きなシフトアップの
時期で 同時に沢山の人が5次元に入れるまたとないチャンスだからこそ
大津さんをはじめ 悟った人が多く出現していて 私達は会うことが出来るのだ。

大津さんの役割は一人でも多く悟りに入らせること。
指導者(マスター)を育てること。
自己を、神理を探究し、この三次元に現し続ける大津さんは 
私達に道を示し その早くたどり着ける方法を教えてくれる。
だからこそ私達はこうして驚くほど日々変化している。
私なんて毎日生まれ続けている感じだ。

22日はトキちゃんと、のりちゃんと、そして神戸から来たhirokoさんの伝授だった。
マキちゃんは再伝授。
みんな明らかにキラッキラに変化している。
もともと太陽みたいに輝いていたhirokoさんはこれからどんな風に変わっていくのだろう。
姫路から4ヶ月連続でやって来ているブライさんは どんどん変化し11月は伝授だ。
来週は大阪から霧瑠子さんがやってくる。彼女もとても変化し自分に出会っているところ。
大津さんに会うことや 伝授をはっきり決断すると(あくまでもはっきり)
その時から繋がり変化が始まる。(「あいたいなぁ」では決断とは言えない)
それを見ているだけで毎日嬉しくて楽しい日々。。。。。

今はまだ沢山の人が眠っている。
でもその種がどんなに地中深くにあっても 何千年もの眠りの中にあっても
刺激を受けて 目覚め 花を咲かすことが出来る。
種の中には最初から究極の完全なる意識が最初からあるのだから。

私はたとえどんなに深い眠りのなかにあっても
少しづつ少しづつ 月の光のような柔らかい光を浸透させ
種をほんの少しづつ揺り動かし 目覚めるのをお手伝いする役割だと思っている。
まだ光として見えないほどの ほんの小さなかすかな光でも
私はいつも感じて来た気がする。

目覚めよう。花を咲かせよう。  
[PR]
by chandra-k | 2006-09-25 01:34 | 大津さん | Comments(10)

チャンドラ・クリシュナ

今日は私の初セミナーの日。
「お話をしなさい」と高次元からメッセージがきていると
大津さんから伝えられたのは約3ヶ月前。
そしてその時 「それが私の役目なら断る理由は何一つない。
私がやると決断さえすれば 必ず準備(サポート)が始まる。
すべて委ねよう。たとえ今はまだ準備が整っていなくても
3ヶ月もあるのだから。私は十分変化出来る。」そう思った。
決断さえすれば 確実に「始まる」ことを私はこの3年半で
何度も体験して来たのだから。。。。。

レゾナンスセラピストマスターの伝授を受けたのが今年1/12。
そして自分の波動状態がイスマエルだと感じ、
「どうしようもなくイスマエル」の日記を書いたのは2/18。
そして怒涛の前世浄化。
私の波動は激しく上下し、ハードな学びの日々を送る。
沢山の学びと気付きがあった。
そしてレゾナンスセラピストマスターの再伝授が9/6。

その間いつからだろう、私の波動が変化して
「イスマエルって感じとちょっと違ってきたなぁ」と思うようになった。
自分でコメントにイスマエルと書くと ちょっと違和感を感じ始める。(はやっ)

ここ1週間は毎日夜になると額のチャクラにガンガンエネルギーが入り
その激しさにクラクラになっていた。
昨日の夜 気付くと胃の部分がぽっこり出ている。
食べすぎで胃が膨れたかなとも思ったけど
そんなに食べていないし 太陽神経叢のチャクラのあたりが
ものすごく硬くてパンパンに張っている。(チャクラ妊娠状態)
太陽神経叢って宇宙エネルギーを蓄えるところなので
そこにエネルギーが蓄積されたのかなと思って大津さんに訊いたら
やっぱりそうだって。(今まで私はなかなかその場所にエネルギーをキープ出来なかった)

そして今日。私の初セミナー。
話している自分のことは相変わらずよくわからなかったけど
いつもと違う角度からみた皆の顔がキラキラしていて綺麗で嬉しくなった。
来て下さったみなさんありがとう!
斉藤さんが贈って下さったお花も芳しくサポートしてくれた。ありがとう!
そしてその場に肉体はなくても繫がっていてサポートして下さったみんな
ありがとう!(ちゃんとそこにいてくれたね)
今日も私が生まれた。
生まれ続けている、私。。。。。

2005年7月31日はチャンドラ・クリシュナ(私の役割の名)の名前が出てきた日。
<チャンドラ・クリシュナ>それは精神的な支柱となる月の神という意味。
この名でブログを始めたけど 当時は自分がチャンドラだとまだ感じることが
出来なかった。
今、イスマエルという感じがどんどん希薄になっていくけど
もっと高次元の私であるイスラフェルを名乗るにはまだ感覚的に遠い。
今一番近くなっているのはチャンドラかもしれないな。
ということで今日 やっとチャンドラ・クリシュナと名乗る準備が整った、気がする。 
[PR]
by chandra-k | 2006-09-21 23:21 | 私について | Comments(8)

宇宙図書館の司書見習い

前に珠ちゃんに「徳ちゃんは何をして行きたいの?」と訊かれ
「真理を伝えることかな」と答えたけど
よーく考えるとちょっとニュアンスが違ってたことに気付いた。
私はひたすら知りたいだけなんだ。
子供の頃からそうだった。
何故自分がここにいるのか。私やこの世界はどうなっているのか。
見えるものも見えないものも あらゆるものの成り立ちや関係の秘密を
とにかく知りたくて知りたくてしょうがなかった。
そしてそれは真理そのもの。
で、ある程度自分の中で納得がいったり その一端を知りえると
それを伝えたくなってしまうのだ。
と、いうより伝えずにいられない。
自分だけ知って満足するってことが出来ない。
結局伝える事が必然になるんだけど、「伝えたい」がメインにあるんじゃなくて 
あくまで「知りたい」という果てしない欲求が 結果として伝えることに
繫がっていっているだけなんだな。

この世界のあらゆる知識が記録されているアカシックレコードってのは確かにあって
それは場所じゃなくて あらゆるところに偏在しているものではあるけれど
そういう情報をたくわえる役割をもった意識が集中して集まっているところがあるそうだ。
そして私はその意識グループの役割をもっているんだと大津さんから教えられた。
「媒体としての私」という役割について8/5の日記に書いたが
それを言葉を変えて表現すると 図書係りみたいなものらしい。
情報を集めて蓄え 整理・ファイルして 必要な時にそれを提示する役割。

確かにそういわれてみれば納得出来ることがある。
知識欲が強いので 時々ものすごく本が読みたくなって止まらなくなり
ガーッと読んでしまう。で、突然パタっと止まり 自分のなかで消化する感じ。
それでいて読んだはずなのにさっぱり覚えていない。
でも表面意識でよくわからないところで体系的なシナプスみたいなものが
繫がっていってるようで ある時「そういうことか!」と認識することはある。

番組の作り方もそうだ。
それが顕著だったのはフランク・ザッパの時だが
35枚位のCDをただひたすら聞き、同時に彼のバイオグラフィ等の本を読む。
あるところまでインプットすると 今度は自分の内側から 突然伝えたい欲求が湧き始め、
(それはもう伝えたくて伝えたくてたまらないと思うほど心が熱くなる)
自然に自分の中で特集番組の構成が生まれてくる。(驚く程時間もぴったり)
そして放送が終わってアウトプットが終了すると
内容をキレイさっぱり忘れてしまうのだ。
後で番組を聞いて「けっこういい番組だなぁ。いいこと言ってるな。」
なんて他人事みたいに思っていることが多い。

私ってよっぽど記憶力がなくて頭が悪いと思っていたけど
これは私の資質だったんだろうか。。。。。。

珠ちゃんによると私のエネルギーの見え方は他の人と違うそうで
「空(くう)」に見えるという。
菜穂ちゃんはマスターフィールドが作られた時 自分がとても頑丈になったと
感じたと言っていたけど 私は全くそんな感じがない。
大津さんに聞いたら 菜穂ちゃんをはじめ多くのマスターとなる人は
しっかりした光の柱が立つ感じだそうだが
私の場合は 役割的に全方向拡散型のフィールドがつくられていくらしい。
只今フィールド制作中。

そして私の知識欲をみたすべくレゾナンスセラピストセミナーを受ける。
実は珠ちゃんと私とで大津さんに頼んでセミナーをやってもらった。
(レゾナンスセラピストは菜穂ちゃんを含め3人しかいないので
二人の予定に合わせ強引に企画、お願いしたのだ。)
知識欲が強い珠ちゃんと私はやる気満々で参加。
メモをとりまくり 今までなんとなく分かっていても曖昧な認識だった事など
質問しながら教えてもらったのだが たまらなく楽しい。
魂と肉体 高次元との関係。素粒子との関連等。。。。。
高次元の何がどうなって三次元に現れているのか 謎解きみたいで楽しい。
うーん、私ってこういうことが大好きなのだとあらためて思う。
セミナーとしてしっかり2時間集中して高次元の話を学ぶのは
楽しい学校って感じだ。
(学びたい事を学ぶってわくわくして嬉しいわ)

てなわけで、あいかわらず顕在意識での自覚がほとんどないけど
今私はせっせと宇宙図書館の司書見習いで ファイルを整理する。
早く見習いから昇格しよう。 
[PR]
by chandra-k | 2006-09-17 18:57 | 私について | Comments(10)

約束

最近本当によく思ってることがある。

私は今回生まれる前に
イギリスの売れない歌手か、日本で真理を学ぶかの選択で、
楽しそうでワクワクするからと後者を選び 
自分の生まれる日時や環境、状況を設定し、おおまかなプログラムをして
ここにやって来た。
そしてその時 自分が予定通りの課題を学べるように
沢山の魂に役割をお願いした。
なかでも一番大変な役割を買って出てくれたのは家族となった魂だ。
私の学びのために 「やってあげるね」って約束してくれたのだ。

ここには詳しく書けないような 大変なことが沢山あった。
そしてそれを乗り越え、状況を変えるため、なんとか助けたくて
私はどんどん真理に向かい ここまでやって来た。
今だからこそ本当によくわかるのだけど、家族は
私がちゃんと学べるように いろんな過酷な状況に身を置く役割を果たしてくれた。
(本人は表面意識で全く気付いていないけど)
おかげで私は かなりのことが起きても大丈夫なほど鍛えられた。

「真理を学ぶ」とはっきり決めてやってきた私のサポートは大変だよね。
よっぽどの状況に陥らないと もはや私は動じないんだから。。。。
そんな私に刺激を与え 気付きを与えるために
大変な状況を作り出して その渦の中に身を投じてくれた。
自分の学びを後回しにしてまで 役割を果たしてくれている。
いつだって大変だったのは、私よりサポートしてくれた「あなた」

本当にありがとう。
感謝の気持ちで胸が熱くなり、涙がこみあげる。

そして 私は今思う。
まず、私が予定通りちゃんと成長すること。
いや、一刻も早く成長すること。
その時初めて 本当の意味で役割を果たし終えて 家族は変わり始める。

ありがとう。
ほんとうにありがとう。
[PR]
by chandra-k | 2006-09-14 23:55 | 私について | Comments(11)

ライラックの家

昨日皆でタカシさんと久美ちゃんの新居に行った。
街中からほんのちょっと入っただけなのに
そこは 川のせせらぎが聞こえ、鳥の鳴き声、窓枠一杯に木々が揺れて
あまりにも心地よい空間だった。
幼い頃憧れたような2階の屋根裏部屋を思わせるスペースで
木のぬくもりを感じながら 8人でホケーッとする。
横長に切り取られた絵みたいに緑が見える。

久美ちゃんが塗ったという緑の窓枠。
つい最近付いたばかりの階段は未完成で 手すりのペンキはこれからだって。
少しづつ 自分たちが家をかたちにして行くっていいね。
その過程に想いが入って 一緒に生まれていくって感じ。

とっても開放的で 外の自然の中にある空気がそのまんま入って来て
家の中の空気と一緒に響きあうのが心地いい感じ。
建築家&バンドマンのタカシさんと女優久美ちゃんの
オープンですがすがしくて &クリエイティヴな家。

「家を建てるって本当に大きいことで、1年前だったら多分ちっちゃいことで
喧嘩して 出来なかったかもしれない」という久美ちゃんの言葉が印象的だった。
そうだよね。
今のタカシさんと久美ちゃんだから おおらかに 何かあっても笑いとばして
乗り越えていけるもんね。
出会って1年足らずだけど 本当に別人になったよね。

私が作ったお祈りのCDをかけるとすごくいいんだよ、と実際に聞かせてくれた。
たしかに。この家で聞くと、私のお祈りの言葉とクワイアが
教会の中みたいに響いて波動が家の中に広がる。
(私の声って波形で見ると普通の人より余韻がものすごく長い特徴があるので
共鳴しやすい所で聞くと その響き方が倍増するんだろうな。
自分で言うのもなんだが 実は私の声って広い反響するところで聞くと
けっこう気持いい特質があるのだ。)

私がこのお祈りのCDを作ったのは一昨年のこと。
録音したときはクリシュナのサポートが入っていたので
実際の三次元の私より高い波動の声で語っている。
1年前はCDの声と三次元の私がまだまだかなりのギャップがあったのだけど
「今の徳ちゃんってこのCDの波動に近づいているんだね」と珠ちゃんに言われ
嬉しかった。
そうだよねー。私もどんどん変化して別人だもん。

みーんな別人!
そしてみんなでお互いの成長を喜びあえるってことが嬉しい。

タカシさんと久美ちゃんがこの家を建てる前
土地を写真に撮って大津さんに見せた時 光が射してるねと言われた。
そして大津さんが土地に写真を通してエネルギーを入れたら
光が強くなり 私が見ても光が射しているのがわかった。
「木を植えるといいね。この家を守るシンボルツリーになるから。
どんな木がいいかは 二人がちゃんとその時わかるはずだから」
と、当時大津さんは言っていた。
久美ちゃんに木のことを訊いたら ライラックを植えることにしたそうだ。
いいね! ライラックの家!
ライラックはタカシさんの天使名。ライラック王子だもんね。
[PR]
by chandra-k | 2006-09-09 23:43 | Comments(10)

痛いCD

夫がCDをプレイヤーでかけたらエラーを起こし早送り状態で飛びまくる。
新品で買ったばかりのCDだし、プレイヤーもピックアップを交換してまもないので
「不良品か?」とけげんな顔の夫。

「ちょっと待って」とCDをプレイヤーから出してヒーリング。
CDのヒーリングを始めたら もの凄く痛い波動が手に突き刺さってきた。
かなり鋭い痛み。「イテテっ!」
とにかく その痛みをとってもう一度プレイヤーへ。
。。。。。はい!なおった!

驚く夫。
「CDもなおるのか?」
「そーだよー。人間もCDも原子や電子とか粒子のレベルでみたら変わらないでしょ。
ヒーリングで病気がなおるのとおんなじだよ。」
「へー。」

「そういえばプレイヤーのピックアップ交換してから
エネルギー入れてなかったね。入れとこ!」
。。。。。お!音が大きくなったよ。


で、夫はCDが気になるので 一度CDを取り出し
また音飛びした1曲目を再生。するとまたエラー。
私がまたCDを取り出してヒーリング。またなおる。
確認のため 夫がCDを取り出して改めて再生。
またエラー!!!!
私がヒーリング。またなおる。
夫が・・・またエラー!
私がヒーリング・・・正常!
これを延々20回位繰り返した!!!!!

よく見ると盤面が少しマーブル状になっている。
プレスの段階で油か何かがのってしまうと盤がそうなり
エラーを起こしやすいと、以前聞いたことがあったので
結局メーカーに連絡をとってCDを交換してもらった。
勿論、「エラーを起こすのでプレスミスではないか」って理由。
「CDをヒーリングすれば正常にかかるんですけどね・・・・」
なんて言ったら 頭がおかしいと思われるよね。。。。。

ちなみに交換で送られて来たCDは大丈夫だった。
最初のCDはなんだったんだろ。
何かがくっついたのかな。敏感なCDちゃんだなぁ。。。。
(引き寄せやすいとも言える。
取っても取っても引き寄せる・・・・
ヒーリングしてもヒーリングしても引き寄せる・・・・
マイナスくっ付ける人間みたい。)
こういう物理的な現象って目の前で起きるから否定しようがなくて面白い。

ちなみに飛びまくってた曲は
「DOER OF THE WORLD」  
DOERか。。。。行為者。実行者。


追記:実はメーカーから送られて来たCDは CDの盤のみで、
「エラーを起こすCDはそちらで処分して下さい」とのことだった。
でも こんな現象を起こすCDは珍しいから 私はとっておこうと思い
確認の意味で また夫にそのCDをかけてもらった。
すると! なんと今度はまったくエラーを起こさない! どういうこと?
! そこで気づいた。このCDはマイナス波動を吸い取っていたのではないかと。。。
マイナスを吸い取ってはエラーを起こす。
で、私がヒーリングして浄化する。。。。また吸い取る。。。。。浄化。。。。
これを繰り返しているうちに 吸い取り終了したのでは?
実はこのCD 輸入盤に日本語解説をつけたものなので 歌詞が書かれていなくて
私の英語力では意味がわからない。
でもタイトルを見ると「HOLY SPIRIT」とか「THANK YOU LORD」とか
「POWER & GLORY」とかなので
明らかにスピリチュアルなことを歌っているに違いない。
このアーティストはヒーリングみたいなエネルギーを曲に入れているのかも。
うーん、面白い。

追記2:大津さんに訊いたら このCDに入ってたエネルギーは 遥か昔夫が他の星にいたときの持ち物に入っていたエネルギーで それが以前も共鳴・サポートしていたのだけど、今回そのエネルギーが入ったCDが共鳴して夫のもとにやってきて マイナスエネルギーを吸い取っていたらしい。うーん面白い。
[PR]
by chandra-k | 2006-09-08 18:34 | 波動体験 | Comments(15)

RESONANCE THERAPIST MASTER

9月6日RESONANCE THERAPIST MASTERの再伝授を受ける。


私はすでに今年の1月12日RESONANCE THERAPIST MASTERの
伝授を受けていた。(詳しくは1/13の日記)
その時は3回エネルギーが入った。
そのあと「本当はお話があるのだけど今は出てこない」と大津さんから言われ、
何かの準備がまだ出来てないんだなってことだけは分かった。

そしてそのあと約4ヶ月にわたる怒涛の前世浄化・・・・骨折。
その体験の中で 内側から光が放射し闇が消えて行くこと、
「光そのもの」ということを実体験を通して知ることが出来た。
そうして初めて「お話」を伝えてもらった。

今振り返っても本当にハードな体験の日々だったけど
沢山のことを身をもって学んだ。

そしてここ2ヶ月は ひたすら自己探求のなか
今まで全く気付かなかった枠が白日のもとにさらされ
様々な認識の転換があり 多くのテーマが明確になった。
浄化も進んだ。

そしてここ半月はずっとお腹の調子が悪いは吐き気はするは
沈殿していた泥を攪拌して出すみたいに隠れていた感情のマイナスが飛び出し
胸や喉が苦しくなるし・・・・(8/30の日記 久々の大共鳴)
とにかく再伝授の準備が着々と進んでいたのだ。
(あれから8ヶ月弱で 私はかなり変化し、成長した)

そして今回、再伝授。
というより1月の段階における私の意識の状態では
受け入れることが出来なかったエネルギーが入ったことになるので
やっと今日、マスターの伝授完了と言えるかも。

今回の伝授も3回。
準備段階ですでに身体が変化し、浄化が始まっていたため
さほど変化は感じなかったけど、覚えていることを記録のために書いておこう。

大津さんが言うには
今回の伝授では今までと明らかに違ったエネルギーや様々な色の光が入ったそうだ。
(本人に不足しているエネルギーが補われる)
そして百合の花が見えたと言う。

1回目は紫の光の中に金色の光が見え、
2回目は頭の中にめくるめくように様々な形態をとったエネルギーが入ってきた。
3回目は頭の上から金色の光が降りそそぎ 
一瞬瞑想状態になり ハッとした時
正面に巨大な金色の光の球があって そこから限りなく金色の細かい粒子が
自分に向かって来て そのまんま浸透していき、
そのあと 全てが金色で自分の肉体が無くなった感覚になる。

大津さんによると8次元と少しだけパイプが繋がり
9次元の情報は一瞬閃きのように入ってきて
12次元とは ものすごーく細い糸で結ばれたらしい。
(ほそーいけど、それでも一応繫がった)

そして最期にクリシュナからのメッセージ。
「愛の道、光の道しかありません。
現象にとらわれず、まっすぐに進みなさい。」
[PR]
by chandra-k | 2006-09-07 00:09 | 波動体験 | Comments(13)

周波数のズレ

<夫婦で同じ周波数を感じるのは、訓練されるものじゃないですよね?
同じ周波数を感じるもの同士が結ばれるのですか?
それとも結ばれたことで感じられるようになるのですか?
時々周波数がずれることを直したい自分は非常に興味があります。>


という質問をいただいたので ちょっとそれについて触れてみます。

私達は多次元周波数の存在です。
つまり色々な周波数が今という時間やフィールドに重なりあって存在しています。
簡単に言うと振動数が低いものは物質として
もう少し振動数が高いものは半物質として
もっともっと振動数が高いものは非物質として・・・・
勿論振動数が高ければ高いほど肉眼では見えません。
見えないものを否定する人がいますが 空気だって見えないし
素粒子だってみえないし、私たちの感情や意識も当然見えません。
(あ、透視能力者はレベルによって感情も見えますけど)
見えなくてもそれはエネルギーであり、実際存在するわけで、
私達の肉体と感情が同時に同じところに存在しているように
沢山の周波数のフィールドが重なりあい 私たちになっています。

そのフィールドが共鳴しなければ出会うこともありません。
当然出会ったり、関わりが深かったり、まして夫婦になっている人は
共鳴する周波数を持っています。
ただ、まるっきり同じ周波数の集合体では 別の人間をして存在する意味はないし、
かなり似た意識を共に持ち 同じ目的に向かうことが出来る夫婦は以外に少なく
多くの夫婦は、自分が学ぼうと思ったテーマをよりくっきりとわからせてくれるように 
意図的に違った周波数の部分を持って生まれ 出会っていると思います。
逆に言えば 自分がやたらひっかかったり相手に腹が立ったりするということは
それがテーマで それを示すためにわざわざ相手が
それを映してくれているとも言えます。

多次元ということは 当然沢山の周波数が同時に存在しているわけですから
どの周波数にフォーカスするかによって 感じ方・見え方はまちまちです。
周波数のずれを直すためには 
フォーカスするポイントを変えればいいということになります。

色に例えてみましょう。
私が黄緑のフィールドを持ち 相手が青緑のフィールドを持っていたとします。
お互いが黄色と青にのみフォーカスすると 
お互いの違いばかりが強調されてしまいます。
「私の黄色に合わせてよ!」と無理やり言ったら
「おまえこそ 青に合わせろよ!」と言われるかもしれません。
これは「自分の判断基準は黄色だ!」という一つの枠とも言えます。
多くの人は 自分の枠と相手の枠の違いに気づかず 
自分の枠の大きさだけで相手を判断したり 相手に合わせて欲しいと望んで
それが叶わず腹が立ったり 苦しくなったりしているわけです。

でも、フォーカスする位置を変えて(枠を大きくして)「私は青」
というところにポイントを置いた上で
自分も相手も青でありながら 共に個性的に輝き素晴らしいと思うと
小さな枠や、ずれを感じなくなってしまうってことが起こります。
もとの枠で主張している限り ずれはずれのままです。
なんと簡単。今この瞬間に意識を変えるだけで状況は激変するのです。
(そうやってどんどんどんどん枠がなくなると 
私達の究極は一つになっちゃうんですけどね。)

出張で外食が続いたから家でゆっくり奥様の手料理食べたい旦那さま・・・
久しぶりに会った娘の旦那さまに
外食で美味しいお料理をご馳走したい奥さまのご両親・・・
そんなご両親に感謝しない旦那さまに文句を言いたくなる奥さま・・・・
一人一人の立場に立てば それぞれの気持はよーくわかる。。。。。

。。。。。。こういうことって日常沢山起きているんですよね。
そして家族の場合、その気持のズレは 大抵愛情から起きています。
本当はお互いを想っているだけなのに。。。。
子供に対する愛情で あらゆる危険から遠ざけようと子供を縛ったりってことも
ありますね。 子供にとってはそれが耐えられなかったり・・・・

自分が作っている枠や 自分が設定しているプログラム(自分の癖)に
まずは自分が自覚的になって ちょっとだけフォーカスするポイントを変えると
自分が少し変化します。
そうすると 必ずまわりは変化を始めます。
だって繋がっているんですから。
相手を変えようとするより 自分がまず変わった方が変化は早いです。
相手は強制で変わるものではないし。
自分が気づき、変化するための触媒の役割を相手がやってくれてる場合はなおさら
自分が変わるまで 相手はこれでもかこれでもかとやり続けてくれますから。
自分がクリアしたとたん 驚くほど相手は変化したりするんですよねー。

ま、どちらもいつまでもこのままでいることが満足だったら 
それはそれでしょうがないですけど。
なんだって自由選択ですから。
アーティストの場合は 怒りをエネルギーにして作品を生み出す人も多いですが
そういう人は そういう選択をしているのでしょう。
私は「怒りの季節」はもう終えました。
それにアーティストじゃないし。。。。
[PR]
by chandra-k | 2006-09-04 23:13 | 波動体験 | Comments(7)