「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Trinity(三位一体)

菜穂ちゃん、珠ちゃんとゆっくり話しをする。
三人だけというのは久々だ。

菜穂ちゃんと出会って2年3ヶ月。珠ちゃんとはもうちょっと長いけど
三人でゆっくり話すようになったのは一昨年の4月から。
最初の頃は何故だかわからないけど とにかく三人でいると嬉しかった。
「楽しい」っていうのとはちょっと違う。
とにかく「なんだかわからないけど 嬉しくてたまらない」
そんな感じだった。
今生で生まれる前にどこで出会ったかはわからない。
肉体がない時かもしれない。
でも三人一緒に肉体を持って出会ってるのは今回が初めてらしい。

三人の波動は大体同じ周波数だからとても共鳴していると大津さんから言われた。
同じ位の周波数の人がそばにいて 共に学べることが
どんなに幸せなことか。。。。。。
三人がリンクしていて 誰かに何かが起きると それが刺激になって
共に探求が進み 共鳴し繋がりながら成長出来る。
波動が上がっている時も 下がっているときも
何かにぶちあたっているときも お互いによくわかる。
誰かが自己探求のテーマや進捗状況を語ると それがヒントになって
またそれぞれの自己探求が進む。
共に使う言語の周波数が共鳴するので お互いのテーマや問題点、
成長、変化が見えやすい。
共に語り、共に笑い、共に泣き、共にサポートしあい、共に喜び、共に成長してきた。
二人のおかげで沢山の気づきがあった。
色んなことを確認できた。感じられた。
本当に濃くって幸せだったよ。ありがとう。
勿論これからも繋がっているけどね。

これからのこと、今感じることを話した。
菜穂ちゃんが旅立つ前に ここでいったん「まとめ。」
そして次はもう始まっている。すでに動いている。
[PR]
by chandra-k | 2006-06-30 22:35 | 私のまわりの素敵な人々 | Comments(6)

出会ってくれてありがとう

特別セミナーで事務所は満杯。
(ナオキ君は滋賀から来てくれた)
皆のエネルギーと幸せな笑いで溢れた。

セミナー中は目を閉じて ずっと自分の中の波動を味わっていた。
自分の内側が、翼の付け根のあたりがとても熱い。
「自分が愛そのものだと思ってごらん」
その言葉を合図に皆でそれぞれ感じてみる。
自分の中が熱くて柔らかくて振動が細かくなっていく。。。。

ここのところ毎日身体がまた熱い。
細胞が燃えて振動している。。。。。

みんな ひとりひとり 役割が違って
そこにいること そのものが うれしい。
みんなの 存在そのものが うれしい。
ありがとう。

生まれてくれてありがとう。
出会ってくれてありがとう。
繋がってくれてありがとう。

もちろん ここにいない みんなも。
[PR]
by chandra-k | 2006-06-29 23:38 | 私のまわりの素敵な人々 | Comments(4)

本末転倒にご用心

ブライさんが姫路から仙台まで私達に会いにやって来た。
3日間の仙台滞在の初日の5時間弱をご一緒して話したけど
時間が経つのはあっという間。

それにしても先月はcosmさんにfeb2さん、ぷちまっくさん、
そして今月はhirokoさんにブライさんと 立て続けに関西から
わざわざ仙台に来てくれているなんてスゴイ!
しかもみんなネットのブログで知り合い、ぷちまっくさん以外は
知り合って約1ヶ月!!!
この展開の早さはなんなんだろう。
勿論必然なんだけど。

ブライさんの場合はブログを始めたばかりで 
ネット上の野球ゲームのチーム名が「愛一元」だったため
(それにしてもこんな名つける?)
そのワードで検索して いきなり大津さんのブログに行っちゃい
コメントして そこからこんな展開になってるってのが驚く。
私なんてずーっと、「こんな人に出会いたい」と思っていて
やっと大津さんに出会ったのに・・・・・

みんな内なる自分が求めているからこそ出会えるし
そのタイミングがあるんだよね。その展開には感動ちゃうな。
だって全智全能だもん。

ブライさんの話を聞いたら 自分が真理に目覚めて探究を始めると
仕事で求められる考え方とのギャップが大変なのだという。
確かに・・・・
でも全ては学びだから何を選択するのも自由なんだよね。
そのギャップある環境のなかにあえて身を置き そこで自分を鍛えて
そんな中でもどれだけブレないでいられるかっていう選択も学びだし、
明らかに周波数が違って来ているなら それに逆らわず
内側の自分が求めるままに シフトしていくか・・・・
そのためには傍から見て安定している環境からを勇気をもって飛び出せるか・・・
(勿論タイミングと状況を見ること、準備期間は必要だけど)

私の場合はいつも「今だ」と思うと 何の保証・確証がなくても
どんなに反対されてもジャンプしてたからなぁ。
他の人が不安に思ったり心配していることや、障害と言われることを
私は何とも思わなかったし、
一般的にみたら大変なことも色々経験したけど 
本人が大変と思わないと大変じゃないし、
全てが絡み合って今に繫がっている。
お金なんかどうにかなると思っていたら いつも必要な時はどうにかなった。

何のために今ここにいるのか。なぜ生きて肉体を持っているのか。。。。

お金のために仕事をするという人がいる。
じゃあそのお金は何のために? と訊くと
「将来何かがあった時のために」と言う。
将来何かがあると思うから その心配が何かを引き寄せるのに・・・・
嬉しいことに使って また嬉しいことを考えていると
その嬉しいことのために必要なものって現れてくるんだけどな。

手段だったものが いつのまにか目的にすりかわり
本末転倒になっちゃう人が多いよね。

私は知っている。
私は何のためにここに来たか。何が嬉しいか。どこに向かっているか。
だからためらわずに 勇気を持って進む。
そして同じように進む人へのサポートすることは 私の喜びでもある。

でも学びはひとりひとり違うから強制はしない。
すべて本人の自由選択。
その選んだ道に判断は下さない。

誰もが 自分の本質を表わして生きることを 私は嬉しく思うだけ。

ブライさんは進もうと決断したと言う。
素晴らしい!
大津さんとの個人セッション後 お会いしてないから
「使用前使用後」が見られなかったのは残念だけど
その楽しみは 今度お会いする時にとっておこう。

また、会いましょう!
[PR]
by chandra-k | 2006-06-27 00:54 | Comments(6)

瞬間瞬間をいつくしんで。。。。。。

菜穂ちゃんのダーリンの転勤で菜穂ちゃんの東京への引越しが決った。

転勤族の菜穂ちゃんが仙台を離れる時がいつかは訪れるとは思っていたけど
私はまだ先のことだと思っていた。。。。そんな気がしていた。
委ねて生きる事に決めたとはいいながら 受け入れたくないことだったので
「まだ菜穂ちゃんは私達の側にいる。」「まだそんな時期じゃない」と
私は思おうとしていた。エゴが出ると直感が鈍るね。。。。。

菜穂ちゃん自身は 今年に入ってうすうす気付いていたようで
今のうちにここで出来る事をしておこうと思っていたと言っていた。

2年前の3月に菜穂ちゃんに出会ってからの2年3ヶ月は
どんなに濃密な時間を過ごせたことか。
過去生のどこで出会っていたかは思い出せないけど
この魂をずーっと私は知っていた そんな深くて嬉しい時間だった。
出会ってからの時間や 共に過ごした時間の長さよりも
共に学び、感じ、語り合い、気付きあい、成長してきたその深い繋がりに
胸の奥がじわーんと熱くなってくる。

電話で菜穂ちゃんと話しながらある人のことを思い出した。
仙台にある141というファッションビルが出来る時 
その立ち上げのためにやって来た支配人は 
本当に短期間に広くて深いネットワークを作り
次々と街に新たな風をもたらして行った。
その繋がりも、行ったことも、彼が地元の人間じゃないからこそ出来たんだと
私は当時思った。
やる気になれば出来る事かもしれないけど
地元の人間はいつでも出来ると思ってのんびりして なかなかやらないから。
「今やれることを今やる。」
「時間が限られているからこそ その時間を目一杯大切に使う。」
彼を見て 私はそのことを教わった。

ジャズ好きで、昔ジャズボーカルもやっていた彼は
定禅寺ストリートジャズフェスティバルを一番最初に立ち上げた一人でもある。
1987年小さなライブから始まったこのイベントは
今では毎年600を越すバンドがストリートで演奏し
街中に音楽が溢れる仙台を代表する音楽の祭典になり
県外や海外からも出演者がやって来る。

今回の仙台での時間の中で菜穂ちゃんは 私達の中に沢山の幸せの種を蒔いてくれた。
そして私達は受けとめたものを一緒に育てて行こう。

永遠のいのちの流れの中で、
私達は毎回その時の人生という芝居をそれぞれのキャスティングで演じている。
芝居の出演者として涙を流すように これは幻想であると理解しながらも 
今までのようにその波動をすぐ側でいつも味わえないと思うと やっぱり涙が溢れる。
このごろ毎日泣いているなぁ。。。。

今日皆でタカシさんが建てた マキちゃんとジュリアンさんの素敵な家におじゃました。
そこにいるだけで幸せで安らいだ気持ちになれる家。
そこでみんなでこれからについて語りあった。
時期はまだだと思い込もうとしていたけど もう時が来ているんだね。
それが本質の望む事なら委ねて受け入れる。
新たなステージの始まりのとき。
菜穂ちゃんのサポートを必要としている沢山の人達が東京にいる。
役割がある。菜穂ちゃんが行ったら東京の波動が変わるね。
そしてもちろん私達も東京に行くし!

私達はみんなして同じ時間と空間を共有しながら お互いが出会ってからの
それぞれの濃い時間を感じていた。
出会っからの時間はそれぞれ違うけど 皆してこの出会いの必然と感動を
じーんと味わっていた。また涙がこみあげる。
「私達本当に出会えてよかったね。」「出会えて嬉しいね。」
「肉体を持って出会うって素晴らしいね。」「魂のつながりは感動的だね。」
みんなありがとう。菜穂ちゃんありがとう。

マキちゃんとジュリアンさんの家は愛と光に包まれた集いの空間になるだろう。
これから出来るタカシさんと久美ちゃんの家も。
そして菜穂ちゃんの東京の家も。。。。。。
幸せと喜びの空間がどんどん増えて行くんだね。
そしてわかっていることだけど どこにいても私達は繋がっている。

私達は限りある今生だからこそ 今という瞬間瞬間をいつくしむように
味わい生きて行きたいね。
[PR]
by chandra-k | 2006-06-22 00:54 | 私のまわりの素敵な人々 | Comments(10)

号泣

今朝「招待」の詩を想いながら目覚めた時 私は泣いていた。
鏡を見ると目が真っ赤。
どうも私は眠りながら泣いていたらしい。。。。

「招待」の詩というのは 5/29hirokoさんがブログで紹介していた詩。
それはこれ。

美の詩 「招待」

あなたが生活のために何をしているかは、どうでもいいことです。
私は、あなたが何に憧れ、どんな夢に挑戦するのかを
知りたいと思います。
あなたが
何歳かということも関係のないことです。
あなたが、愛や夢や冒険のためにどれだけ
自分を賭けることができるか知りたいのです。
あなたがどの星座の生まれかということも
どうでもいいことです。
あなたが本当に深い悲しみを知っているか、
人生の裏切りにさらされたことがあるか、
それによって傷付くのが怖いばかりに
心を閉ざしてしまっていないかを知りたいのです。
あなたが、自分のものであれ、人のものであれ、
痛みを無視したり、簡単に片付けたりせずに、
それを自分のものとして受け止めているかどうかを
知りたいのです。
また、喜びの時は、それが私のものであれ、
あなたのものであれ、心から喜び、夢中になって踊り、
恍惚感に全身をゆだねることができるかを
知りたいのです。
気をつけろとか、現実的になれとか、
たいしたことはないさなどと言わずに。
私は、あなたの話すことが本当かどうかには
関心がありません。
私は、あなたが自分自身に正直であるためには、
他人を失望させることでさえあえてすることが
できるかどうかを知りたいのです。
たとえ裏切りだと責められても、
自分自身の魂を裏切るよりはその非難に耐える方を
選ぶことができるかどうかを。
たとえ不実だと言われても、
そんな時にあなたがどうするかによって、
あなたという人が信頼に値するかどうかを
知りたいのです。
私は、あなたが本当の美がわかるかを知りたいのです。
それが見た目に美しく見えない時でも、
毎日そこから本当に美しいものを人生に
汲み上げることができるかどうかを。
私は、あなたがたとえ失敗しても、それを受け止めて
ともに生きることができるかどうか、
それでも湖の縁に立ち、銀色に輝く満月に向かって
イエスと叫ぶことができるかどうかを
知りたいのです。
あなたがどこに住んでいるか、
どれだけお金があるかはどうでもいいことです。
それよりも、あなたが悲しみと絶望に打ちひしがれ
どんなに疲れ果てていても、
また朝が来れば起き上がり、子供達を食べさせるために
しなければならないことをするかどうかを
知りたいのです。
あなたが誰を知っているか、
あなたがどうしてここに来たかは関係ありません。
私とともに決してひるまずに炎の只中に立つことが
できるかどうかが知りたいのです。
あなたがどこで、何を、誰と勉強したかは
どうでもいいことです。
私が知りたいのは、皆が見捨ててたった一人になった時、
あなたの内側からあなたを支えるものは何かということです。
私はあなたが自分自身としっかり向き合い、
その何もない時間の中にいる自分を
心から愛しているのかどうかを
知りたいと思っているのです。
                  
オライア・マウンテン・ドリーマー(ネイティブ・アメリカンの長老)



そしてこれを読んだ私は hirokoさんに直接お礼を言いたくて
こんなメールを6/1に送った。

<弘子さんが書いてくださった 美の詩「招待」があまりにハートに来るので 
何度も毎日読んでました。
私のテーマの一つが「自信」なので、この詩を読むと
「どんなことがあっても 私は光の源へ進んで行くんだ」という
自分の想いを確認できます。
ほんとうに素敵な言霊をありがとうございました。

弘子さんにお会い出来る日を楽しみにしています。>


そしてこの私からのメールを見た瞬間にhirokoさんの中でスイッチが入り、
直感で仙台に行こうと思ったのだとhirokoさんから昨日伝えられた。


昨夜寝る前に私は改めてこの詩を読んでみた。
私はこの詩のようにありたい。こうあろう。と思っていて。。。。。
まさに出会ったhirokoさんは こんな人なのだと感じていた。
そして私が6/1にhirokoさんに出したお礼のメールは 
私からhirokoさんへの招待状だったんだと 今朝わかった。

昨日の日記を見るとhirokoさんからのコメント
<「愛しい妹よ・・・。
始まりも終わりもなくずっと、ずっと貴女の幸せが大切だよ。
いつもありがとう」。>
また涙。。。。。
だからだ。hirokoさんといると 今生では私のほうが一回り年上なのに
なんだか自分が年下のような気がする。


そして今日10:44 hirokoさんからのメール。
<私は徳子さんの目の前で徳子さんをかばって命を絶ったのかもしれませんね。
徳子さんは、いつもぴったり私のそばに寄り添って見守ってくれていた気がします。
羊飼い楽しかったね。
愛を感じます!
そして、はっきりと無条件にビンゴの意味に確信が持てました(笑)>


。。。。。。。号泣。。。。。。。


そうか。。。。。だからだったんだ。。。。。
hirokoさんに会った時から涙が出ていたのは。。。。。
表面意識ではよくわからないのに 私の魂と身体は激しく反応していた。
あのユダヤの少年の前世の時みたいだったもん。。。。。

過去生で作った心の汚れを3ヶ月以上かかってやっと浄化出来たから
私はhirokoさんと会うことが出来た気がする。
だって私は 自分のせいで兄が亡くなったことで 自分を責めつづけ
魂の記憶に罪悪感を刻み込んでいたんだ・・・・・・
そしてやっと兄を殺した人を赦し 自分を赦すことが出来て
今生でhirokoさんに会える準備が整ったんだ。。。。。

こうして書きながら また号泣。嗚咽。。。。。
今日は突然仕事がキャンセルになったんだけど
確かにこの顔では仕事に行けない・・・・・

魂の繋がりはなんて深いのだろう。。。。。。
見えないところで起きていることは なんとドラマチックなのだろう。。。。

でも、だからこそ、
私たちは学ぶためにわざわざ三次元に
周波数を下げて肉体を持ってやってきたのだから
今生きているこの人生を思いっきり体験して学ぶことが大切なんだと思う。
[PR]
by chandra-k | 2006-06-17 16:18 | 波動体験 | Comments(14)

特別の誕生日

「hiroko(マヂィ)さんが私達に会いに神戸から来るよー!
しかもその日はhirokoさんのBIRTHDAYだよ!!!!」と皆に知らせたら
なんと! 14人が集合! すっごい!
しかも当初の予定は14日だったのに飛行機のチケットがとれず
16日の誕生日当日になった。
しかもこの日はもともと珠ちゃんの家にみんなが行くことになっていたから
そのメンバーがそのままスライド。お誕生会となる。
この日になったのは必然としかいいようがない。

朝10:00に事務所に集合して hirokoさんの個人セッションの13:00まで
宴会のようにみんなが持ち寄りの御飯を食べながらおしゃべり。
今日はとくにスゴイ量で食べきれないほど。
hirokoさんはずーっと前からメンバーだったみたいに 自然にそこにいる。

実は昨日hirokoさんに会っている時も 今朝ホテルから事務所に歩いてくる道のりも
なぜか私は何度も目がうるんでいた。
hirokoさんが嬉しそうにしていると私も嬉しくて何度も涙が上がってくる。
そういえば昨夜飛行機が離陸した頃、着陸した頃 身体がカーッと熱くなった。
空港に着いた時「お待ちしてましたぁ!」とメールしたら
その声が機内で聞こえていたというhirokoさん。。。。。。

hirokoさんといるとなぜか久々に涙腺がゆるい・・・・
きっと私はhirokoさんと関係がある・・・・
そう思っていたら 大津さんから過去生で兄妹だったねと聞かされる。
その瞬間あやうく号泣しそうになった。
hirokoさんが自分の生い立ちを話す度に涙が溢れる。。。。
こんな感じはユダヤの少年の前世が分かったあの時以来だ。

私とhirokoさんは今から1310年位前、中央アジア 現在のタジキスタンで
hirokoさんが兄、私が妹だった。
イスラム教ではない独自の宗教を信仰していて 羊を飼っていたという。
きっと仲のよい兄妹だったんだろうな。
初めて会ったのに初めてって気がしない訳がわかった。
今 こうしてPCに向かって書いていても涙が止まらない。身体が熱い。
どうしてなんだろ。私達に何があったんだろ。
いつかきっと分かるね。。。。。

私は珍しく今日仕事が何も入らなかった。仕事の電話も来ない。
やっぱり今日は特別な日だったんだ。
ちなみにお誕生会に出席の斉藤さんは過去生でhirokoさんのいとこだったそう。
ヨーロッパらしい。
斉藤さんもまた通常あるはずのスケジュールが突然空いたそう。

魂の繋がりは感動的だなぁ。。。。。
愛に来てくれてありがとう! また会いましょう!

追記:個人セッションとヒーリングを受けたhirokoさんは もともとキラキラだったけど その光がとっても柔らかくより優しくなった。
hirokoさんの誕生日に贈られたばかりのブレスレットの1つの石が男性人格で「ここに来たかったのだ~」と言ったと大津さん。
そしてhirokoさんがしていたブルーの十字架に大津さんが「あなたはイエスですか?」とふざけて話かけたら 「イエース!」とジョークで応酬したという。彼は自分がイエスじゃないと知っていて冗談言ってたよ!だって。
[PR]
by chandra-k | 2006-06-16 20:50 | 波動体験 | Comments(4)

やっと

パソコンのソフトやドライバのインストールを終了し
これで晴れて通常のパソコンライフに戻ったぁ!

そしてやっと衣替えを完了し、すっきり!
前世の浄化&骨折の後 肉体の復活に時間がかかっていたんだけど
やっと、手を伸ばしてもほぼ痛みがなくなり 物を移動する作業をしても 息が切れなくなった。
少し前までは押入れの荷物をちょっと移動しただけで 3時間呼吸困難だったので・・・
それで念願の自宅の浄化(整理整頓、片づけ、衣替え)に着手。
冬物のカーテンもやっと掛け替えて満足!
実はエナジーワークがある日だったけど 今回ばかりは部屋の浄化を優先させたい気がした。
今まで仕事がない日は全てのセミナーに出席していたので お休みは私としてはかなり珍しいけど でも今住んでる空間の波動を整える必要がある気がする。。。。。。
そうやって私が動いていたら 休みだった夫がDVDと本と自分のCDの整理も始めた!

私の家には仕事柄毎日CDが届き整理しないと あっという間に NYの高層ビル街のように あちこちにCDがうず高く重なる。CDはおそらく2万枚位あるかな。
土曜日の仕事がキャンセルになったので やっとCD整理が出来る!

これで私の家の波動が上がって軽くなるわぁ~!

かなりすっきりした気分&状態で 夜22:30神戸から飛行機でひとっ飛びして 仙台到着したてのhirokoさんに会う。
嬉しいなぁ~ 楽しくて時間はあっという間に12時をまわり hirokoさんのBIRTHDAY当日に!
一番におめでとうを言えて自慢げな私!

あと7時間後には又会って 今度は事務所へ。。。。。。続く。。。
[PR]
by chandra-k | 2006-06-16 01:53 | Comments(2)

踊り場でぐるぐる

一人一人個性があるように成長のしかたもそれぞれ。
でもその成長グラフはまっすぐひたすら右肩上がりの人はほとんどいない。
シフトアップの前は大抵 どよーんとしたり、マイナスが一気に出て
ガガーン、ゲロゲロとなったりするし
シフトアップでヤッター! 爽快となってしばらくすると又グルグルしたり・・・
(今日は擬音が多いな)

自分のことを考えると「イタリアの鐘楼を登ってる気分だわ」とよく思う。
ハァハァ言いながら螺旋階段を登り 踊り場に出ると
突然視界が開けて 清々しい空気を吸い込み
「ああ、ここまで来れたんだぁぁぁぁぁあああ!」と達成感!
ものすごく気持ちよい。

でもまたしばらくすると、「あれれ。。。。ここでいいのかな」となり、
しばらく踊り場でぐるぐる。。。。ぐるぐる。。。。
ある時「あ、この柱の影にまだ階段があるじゃない!」と気付いて
また頑張って螺旋階段を登り始める。そしてまた、踊り場へ。。。。
その繰り返し。

今の私は 嬉しさが殆どの毎日でありつつも
「かなり分離感がなくなったけど でもまだこんな分離感・枠があったかぁー」
と発見し 未熟な自分を観察しているところ。

以前は 自分が立とうと決めている場所だけは漠然と分かるものの
足元がおぼつかなくて 常にぐらぐら揺れて不安定だった。
やっと最近中心が定まって しっかり足を付けた感じを体感して
確かにこの道を行くのだと自分の意思も確認出来た。
自分の足の感触を感じながら前に踏み出すことを始めた。
そこまでは来たけれど ここにきて次の段階の分離感を発見する。
「自分の足で立つのはいいとして、誰かのサポートをしている時
的確にアドバイス出来ているのか・・・」と未熟さを感じたり・・・
「判断や比較はやめましょう!」と言っておきながら
どこかで比べてしまう自分を反省したり・・・・
また私お得意の(私の今生のテーマの一つ)自信の無さが頭をもたげたり・・・・
一方で「でも、私だからこそできる役割がある!」と自分に確認したり。
またしても新たな踊り場でのぐるぐるだぁああああ!!!!
(自分でわかっちゃあいるんだけど)

とは言っても 到達した踊り場の位置は確実に高くなっているので
その見える風景や視界や清々しさ、幸せ感、喜びは以前の比ではなく
生きるのがどんどん楽になり満ち足りた気持ちが溢れてるんだけどね。

さーて、そろそろまた登りますかっ!
[PR]
by chandra-k | 2006-06-10 17:38 | 波動体験 | Comments(7)

気がする星人

仙台にCOSMさんが来てくれた時にこの話になった。
私とCOSMさんの共通点は「気がする星人」

私の場合 今のところはっきりとした波動の違いがわからなかったり
映像として見えたり 言葉が聞こえたりってことがないけれど
それでも自分が何かをするべき時期や 人生における重要な選択だけは
はっきり分かる。
他の選択肢が考えられないので 分かるとしか言いようがない。
そしてそれに順ずることに関しては「気がする」ことが多い。

「今これをするべきっていう気がする」
「この人に会いに行かなきゃって気がする」
「この人とこの人を会わせたい気がする」
「今が時期じゃないって気がする」
「なんだか行く気がする」
。。。。。。。。。
色んなことに対して「気がする星人」

勿論 その「気がする」の源は自分の内側、本質なんだけどね。
そして私は「気がする」想いに委ねて そのままに行動している。
最近はほとんどそんな風。
毎日そんな感じで生活しているので すっかり「気がする星人」
[PR]
by chandra-k | 2006-06-09 00:32 | 私について | Comments(10)

スピーカーが消える

パソコントラブルのサポートに来てもらった武山さんと久々にオーディオの周波数を変えて遊ぶ。武山さんは昨年まで同じマンションに住んでいたので よくオーディオ(音)と波動の話をして盛り上がり 今まで色々な実験をして遊んだ。

以前も日記に書いたが ヒーラーが治療目的で作ったCDをかけると そのトラック(治療箇所に対応した音・周波数)のによって音が変化するので そのCDを使ってオーディオの音を変えてみたり、レンタルで周波数が下がっってしまっているCDにエネルギーを入れて 本来の状態に戻して 驚くほど音が変化するのを確認したり、オーディオにエネルギーを送り最大のポテンシャルを出してみたり・・・・そんな事を今まで何度もやって遊んでいた。

音の変化の仕方も 何をどう変えるかという意識の使い方でかなり違う。
まずCDの波動を変えただけで 音は物凄く変わる。
楽器の音はひとつひとつがくっきりしながらも ちゃんと調和して聞こえるし コーラスだったら、一人一人の声が際立ちながらも融合している・・・といった感じ。
次にCDプレイヤー、アンプ、シールド、スピーカーの波動を変えると 音はさらにもっと変化する。
それまではいかにも 「オーディオという音源が音楽を再生していた感じ」から、演奏・楽器の音などが生々しく聞こえてくる。
続いて部屋の中の空気と、部屋の中にある全てのものの波動を変えると 部屋全体が振動して鳴っている感じになり 部屋の空気がとても細やかに精妙に変化して 音は部屋全体で響いて拡がった感じに聞こえる。
音がどんどん変化し 体感する感覚が変わっていくのを味わうのはとても楽しい。
それから 「ギターの音をもう少し前面に」とか「低音を強調した音に」等と意図したように変化するのも面白い。

ところでCDはアナログと違って 人間の耳では聞こえない周波数帯がかなりカットされている。(音も多次元だから たとえ肉体の耳で聞こえなくても 私たちは感じているんだけどね)
DVDオーディオやSACDといわれる方式は CDと比べて収録出来るデータ量が格段に大きいので それで音を再生すると 「CDとは全く別のメディア」と言い切れる程 音の幅、深さ、表現力などリアリティがCDとは全然違う。
DVDオーディオやSACD対応のプレイヤーを購入し、同じアーティストの同じアルバムでCDとDVDオーディオやSACDで聞き比べをして その音の違いにびっくりしていたのだけど、今度はさらに 人間の耳では聞こえない周波数まで再現する、幅広い周波数再生可のDVDオーディオやSACD対応のスピーカーを購入したら 音がまた驚くほど素晴らしくなった。
で、そのスピーカーを購入後初めて武山さんが我が家に来たので DVDオーディオでROXY MUSICのAVALONを聞きながら その音にうっとり。。。。

そこで、このスピーカーには購入してからエネルギーを入れていないことに気づき 武山さんがエネルギーを入れ最大のポテンシャルを引き出すってのをやる。
誰にも得意不得意(個性)があるが、武山さんの場合オーディオに詳しいだけあってオーディオの周波数を変えるのが得意。(実際ものすごい数をやっているので 独自のコツがあるんだろう。私も出来るけど 武山さんほどの変化は出ない)
スピーカーのもつポテンシャルの99%を引き出し 同じ音源を再生する。
音は艶やかで深みと拡がりが出たのに加え スピーカーが消える!
つまり それまでは「そこにスピーカーがあって、そこから音がしていたという認識」から スピーカーの輪郭が消えた感じの音になり 音楽は部屋全体から聞こえてくる感じになった。
部屋全部が振動し 部屋全部が音楽になった感覚。。。。。

音はまさに波動の世界をわかりやすく現してくれる。
あまりにわかりやすいから「気のせい」でかたずけられない。
光も音も意識もみんな同じもの。ああ、なんて面白い!
[PR]
by chandra-k | 2006-06-08 00:51 | 波動体験 | Comments(2)