「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

進路相談

なぜか私は昔から進路相談を受けることが多い。それは学生時代からずっと・・・・・
その時私は必ず「本当に心からやりたい事は何?」と尋ねる。

その選択が本来のプログラムに沿っている時(その方向でいい時)や 心から(本質が)望むことを選択している時は 驚くほど物事がスムースに進んで行く。

何かトラブルが起きるのは「これを乗り越えなさい」というお試しの時と 「もう方向が違うよ。」のメッセージの時と両方あるけど その違いはその場面に遭遇した時はたいていどちらかわかる(感じる)はず。

トラブルが立て続けに起きる時というのは たいてい 「そこでの学びはもうお終いですよ」のお知らせ。本人の顕在意識がなかなか気付かない場合サポートの方々が一旦サポートを止める。それによりトラブルが畳み掛けて起きて 本人も「あれ? おかしい」と気付くってわけ。

気付いたことによって本来の方向の新たな学びをスタートしようと 決断すると、再びサポートが始まるのでトラブルが解決し始める。
(「全てあなたに問題があってトラブルになってたわけじゃないのよ」と示される)
でも、そこで注意! トラブルが解決したからといって決断をぐらつかせないこと。
決断とは実行がともなって初めて決断という。決断・実行することによって 私達の振動数は明らかに上がる。「今までのままの方がぬくぬくと居心地いいや」と決断をキャンセルしたら また同じことの繰り返し。

私は何かを失った時、又何かと出会うんだ! と喜ぶことにしている。
あらゆるものを循環させずに抱え込むなんて出来ないのだから。。。。
おおらかに手放して より輝ける喜びにわくわくすることに決めている。

次のステップに進むと決断したからには
心から喜びを感じるもの(嬉しいと感じるもの)を選んだほうがいい それは本来の自分が求めているものだから。
現実化は加速するし、サポートがあるし、とんとん拍子に進んでますます楽しくなる。
でも楽しいってのは「楽(らく)をする」ことや「快楽」とは違う。

また、厳しいところに自分を置くのと 苦しい(辛い)ところに自分をおくのは違う。
本当に本来の自分が求めるものなら 厳しいことでも頑張れるし(楽しめるし)乗り越えられるし、疲れない。

選択する時は自分の内側に訊いてみるといい きっと自ずから答えを教えてくれるはず。
といってもハイヤーセルフと言葉で会話するわけじゃない。(勿論言葉でメッセージが来る人もいるけど)
内側との繋がりがはっきりクリアになってくるとシグナルが感じやすくなってくる。
そのメッセージの伝達法は人によって違うけど 私の場合はいくら表面意識が強制しても、否定しても 本来の方向じゃないとなんだかもやもやしたり、すっきりしなかったりする。
本来の方向からずれると 胸の痛みや苦しさ、頭痛となってお知らせがくる人もいる。
(エドガーケイシーの場合は頭痛だったみたい)

これからは 本当に自分が喜びを感じることをやる時代。
(嬉しくないことを我慢してやって 自分を苦しめるのは美徳なんかじゃない。それは過去の誰かが作り上げた枠でしかない)
本来の自分が求めることが 個性を持った自分の役割を果すこと。
そしてそれぞれが喜びをもって役割を果すことでみんなの誰が欠けることもなく完全な全体となる。

でも、例え望まないことを選択してしまっても間違いってことはないんだけど。
それもまた学びの一つだから。
学びという長い目で見れば 正解も不正解もなく
どんなに不完全であっても それは学びとして完全なのだから。

進路相談を受けたとき 私は その人の性格や能力、方向性、置かれた状況、まわりとの関係性などを併せて考えながらも とにかくひたすらその人のことを考えて「本当に心からやりたい事は何?」と尋ねながら私なりの参考意見を言うのだが時には厳しい指摘をしてしまうこともある。

サポートは難しい。
わかってても時期じゃなければ言わないほうがいいこともあるし、
何でも肯定すればいいってもんでもない。
それもまた内側の自分の声に耳をかたむけよう。。。。。
[PR]
by chandra-k | 2006-01-29 23:04 | Comments(2)

肉体の衣を脱ぎ捨てて。。。。。

仲間が三次元の肉体の衣を脱ぎ捨てた。
彼女の死の知らせを夜中に受け取り 翌日は菜穂ちゃんの家で香りのセルフの会に参加した。
皆で目を閉じ香りで呼吸しながら 私は彼女を思っていた。
胸のチャクラが暖かくなり 拡がって行く。。。。。
彼女をヒーリングした時のことを思い出す。
彼女のハートのチャクラは 他のチャクラに比べ突出して熱かった。
他は冷えていたり ぴりぴりしたりするのに ハートのチャクラのところに大きなヒーターを抱えてるみたいに物凄く暖かい熱を発していた。
そこだけが大きく開かれ、開かれすぎるほどオープンに全開していたハートのチャクラ。
その熱さが私と繋がったかんじ。。。。

彼女が私達の前に姿を現した時間は短かったけど これには大きな意味があったに違いない。

私達は三次元の肉体の衣を脱ぎ捨てると まず四次元で学ぶ。
そこは「周波数が同じ意識体」が集まるので 学びが進んで周波数を上げるのに時間がかかるものも沢山いる。
自分が肉体を失ったことにいつまでも気付かないまま何百年も過してしまうものもいる。
だから三次元で肉体を持っているうちに 「肉体の死は 形が変化するだけで いのちは死なないこと」や私達の本来の姿、意識についてすでに学んでいると 四次元での学びは早く 周波数を上げて五次元以上のライトボディに早く進むことが出来る。

もう一つ言えば、三次元にいる間に学びが進み五次元意識になっていると 肉体を持ちながらライトボディが出来るので 肉体の衣を脱ぎ捨てたらすぐ 五次元以上に周波数を上げていくことが出来る。
五次元以上の意識とは天国意識のことで、
天国はここではない別の所にあるのではなく、
今この瞬間にここに在る。
今、多次元宇宙のここに最初から在る。
だから肉体を持ちながら 誰でも周波数さえ上げれば天国にいられるのだ。

そういえば以前大津さんの前に 亡くなる準備をするためにやって来た人がいたという。
本人の顕在意識は気付いていなかったけれど、その人の高次元がサポートして大津さんの話を聞きにやって来た。(肉体を脱ぎ捨ててから早く学びを進めるため)
大津さんはその人に会ったとき あと二週間で亡くなり、その準備のためにやって来たことがわかったという。
そしてやはり二週間後、その人は亡くなった。それは高次元が承知してのこと。
その方はもう転生したのかな?

私達の仲間である彼女が、肉体から離れる前に 短い時間でも「意識の学び、いのちの学び、愛の学び」をしたことはとっても意味があること。
この地球が波動を上げているアセンションの変革時に 早く学びを進め 急いでもう一度三次元に現われる準備をしているかもしれない。
私達の学びが進んで 意識の振動数が上がったら今度会ったらお互いきっとわかるね。
また会おうね。
[PR]
by chandra-k | 2006-01-27 21:22 | 波動の法則 | Comments(4)

転倒。

昨夜、何年ぶりかで転んだ。
私は真冬だろうといつも平気で自転車に乗っている。
昨夜は自宅マンションのかなり急な傾斜の5m位あるスロープを いつものように自転車を引きながら降りようとしたのだが、完全に凍っていて スニーカーの私は自転車と共にスロープ上で見事にひっくり返った!
肘と腰を打ち、頭にショックを感じたが、起き上がってみたら・・・・あれ? けっこう平気。
そして自分の見事な転びっぷりに笑ってしまった。
肘はちょっと痛かったが 「私はヒーリング出来るし!」とやってたら痛みはほぼおさまり、他はどこも痛くもないし おかしい感じもしない。
こんな風に転んでも平気なのだと また笑ってしまった。

夫に話したら、「自分は階段を降りながら 自転車はスロープ上を引く」ということをしないのかと呆れられたが、その時初めてそうか!と思い至る。
スロープと階段は並んでいたが、私は歩く時は階段、自転車を引くときは自転車も自分もスロープを通るということ意外の選択肢を持っていなかったのだ! なんと!!

よく大津さんが「意識には限界がない。想像出来ることは何でも出来る。ただし、考えたり想像することすらないことは出来ない」と言っているが そういうことだ。
何事も思い込みを取っ払って 限界のない発想が大切。
でも私達って 知らず知らず「自分にとってのあたりまえの枠」を作ってそれ以外見えないことって多いんだよなーと 転んだことで考え、また笑っちゃった!

そう! 思い描けることは何でも実現可能。
空を飛びたい、飛ぼうと思わなきゃ飛行機は出来ない。
(私達の身の回りにあるものは 全て誰かがまず思い描いたから存在している。)
こんなものがあったらなー、こんなこと出来たらなーと最初は何でも 考えること・イメージすることからスタートする。
いくら荒唐無稽に感じられても 色々突拍子のないことをイメージすると意識が広がる。
[PR]
by chandra-k | 2006-01-23 23:32 | Comments(7)

波動実験・・・・その後

波動に興味のある人なら よく知っていると思われる
「水からの伝言」(江本勝著/波動教育社)
ヨーコ・オノのHPにも取り上げられていた。

私はこの本を2000年に書店で発見し 即購入。
当時 波動によって水が変わることは認識していたけれど 水の結晶という目に見えるかたちで伝えてもらえて感動したものだった。
その土地の波動により、意識により水の結晶は異なるかたちとなり 聞かせる音楽や 見せた字によっても波動が、結晶が変わる・・・それはとても興味深い写真だった。

そしてその本の中に「ごはんに毎日声をかけた」実験結果が載っていて 実験好きの私は 当時、即実行したのだった。
本のとおり普通に炊いたご飯をビンに入れる。
本では毎日「ありがとう」と声をかけるのと、「ばかやろう」と声をかける実験が紹介されていたが私はそれに加え黙ってエネルギーを送ったものと 何もしないものの4パターンでやってみた。

結果は・・・「ありがとう」と声を掛けたものと エネルギーを送ったものはとても似ていて どちらも沢山の水滴が付いて、色が変わってとにかく「活発に生きてる!」って感じになった。
「ばかやろう」と声を掛けたものは 黒くからからに干からびた。
そして何もしなかったものは ちょっとカビがはえた。

さらにその後、私の能力が少々アップしてから豆腐で実験をした。
ビンのなかに水と豆腐を入れたものを三つ用意。一つは何もせず、二つ目は波動が高く思念が入りやすい石の粉を微量いれた水をシュッシュッと3回スプレー、もう一つは、二つ目と同じ水をさらに私が「腐らない水になぁ~れ」と波動を変え3回スプレーで吹きかけた。

それを1週間位観察していたら 何もしないほうの水はどんどん濁り 二つ目は色が変化。そして私が波動を変えたほうは全く変化なし。
さらに1年後も変化がなかった。(ビンの口を閉めているせいもあるだろうけど)

それからその豆腐のビンを冷蔵庫にいれっぱなしにしていた私・・・・
あれから3年ぐらい経っただろうか・・・・(いい加減ずぼら)
今日見たら 何もしなかった豆腐は形が崩壊して浮いていた。
波動の高い石の水をスプレーした豆腐は 形がなくなり変色して解けて「違うもの」に変化していた。(ご飯同様 発酵したような感じ?)
そして 私が腐らないエネルギーを入れたものは 豆腐の形も変わらず 水も透明のまま・・・・・

でもさすがに食べる気にはならない・・・・(笑)はてさて この実験いつまで続けよう・・・・・

それはともかく 水は波動、意識によってとても変化しやすい。
私達の身体の60%以上は水で出来ている。
意識で身体が変化するのは当然のことで、とくに血液に影響が出やすい。
マイナスの思いで暮らしていたら 血液も細胞も歪んでしまう。
喜びと感謝の意識で生活したら 血液も細胞も調和のとれたものになる。
そして自分のまわりの全ても!
(空気も水分を含んでるし、植物だって、なんだって・・・!)

ま、すべてが意識で出来てるんだけど。

最後に。
「水からの伝言」では水にヘヴィ・メタルを聞かせた結果、水の結晶が歪んでいた。勿論 歪みまくりそうな曲は多い。
でもすべてのメタルが 波動が荒い音楽である訳ではない。(「水からの伝言」にもヘヴィメタルが悪いというわけではなく、歌詞に問題があったと考えられますが、あくまでも一つの例です。と書いてある)
メタルアーティストの中には スピリチュアルで意識が高い人も沢山いるし それを作品の中に表現している人達もいることを ここで記しておきたい。
さらに水は 「観察者の意識からも影響を受ける」ので「これは波動が低く、荒いに違いない!」と決めつけて観察すると 予想したとおり(期待したとおり)の結果が出る。ということもある。

誰に接する時も、何に接する時もエゴによる決めつけをしないよう気をつけよう。
決め付けた瞬間に自分の周波数は下がる。
と自分を戒めた私だった。。。。。
[PR]
by chandra-k | 2006-01-20 23:01 | 波動体験 | Comments(10)

変化したマグダラのマリアの絵

2005年11月4日の日記に書いたが
私は昨年とてもお祈りのCDが作りたくなり、CDを2枚作った。
クリシュナによってインスピレーションが与えられ、私は本人の顕在意識が分らないところでそれを感じて行動し、実際作ってしまった。
そしてこのCDにはクリシュナのサポートの波動が入っているという。
2枚のうち1枚は キリスト意識のお祈りをおさめ、ジャケットは私が描いた絵にした。
その絵は 一昨年私がやたら絵が描きたくてしょうがない時期があって、その時2分位で描いた女性の絵なのだが、大津さんに見せたら「これはマグダラのマリアだ」と言われた。
描いた本人が「へぇ~」と思った位全く意識しないで描いたもの。
そのCDのマザーを大津さんにプレゼントしたのだが、今日大津さんが聞いていたそのCDを見てびっくり!
私の描いたマグダラのマリアのまわりにオーラのような 丸いピンクの光が出現し、その絵が変化していた!!!!
その絵はもともとシルバーとブラウンで描いたシンプルな絵で、ピンクなど使っていない。大津さんに聞いたら「なんだか変化してきたよ」だって。
私の手元にある絵は変化していないのに。。。。。。。大津さんが持ってるだけでこんなになるとは。。。。。。驚きつつも、そんなこともあるよね、と思った私だった。

追記:菜穂ちゃんにプレゼントしたCDは オレンジ色の輪が出現しているって! 面白いねー!大津さんのCDも見た日によって色が違うの! これがマグダラのマリアのエネルギー?

追記2:珠ちゃんのCDには黄色とピンクの極薄の輪が現れたそう! マグダラのマリアはみんなのところに現れてるねー。
[PR]
by chandra-k | 2006-01-18 22:47 | 波動体験 | Comments(4)

私の今生のプログラム

私達は生まれる前にどんな学びをするか選択してやって来ると何度も書いているが、
その選択の時はサポートして下さってる方が 候補となる人生についておおまかに示し、
本人がそれを見て自分で選択する。

その候補というのは今までの沢山の過去生で学んで来たことを検証した上で
最もふさわしいと思われる人生を あらかじめサポートの方がしぼって選んでおき 
それを本人に見せて決めさせる。

今回は大きく二つの候補があって
一つは「イギリスに生まれ 売れない歌手をやる」
歌手はすでに3回やっているのだが その人生で学び残した事をやる人生。
そしてもう一つは「日本に生まれ 真理を探究する」というまさに今の学び。

私は候補のヴィジョンを見て、「真理探求のほうが色々な経験が出来てワクワクする」
と選択したらしい。

そしてほぼ予定通り進んでいる。
この人生を選択してよかった!
おかげで皆にこうして会えたよ。
嬉しい!
[PR]
by chandra-k | 2006-01-14 00:52 | 波動の法則 | Comments(3)

RESONANCE THERAPIST

1月12日伝授を受ける。
今回はプロのヒーラーとしてのもの。

いつものように決断した時から準備のための変化は始まっていた。
ここ最近は波動が安定しなくて 上がったり下がったり・・・
三次元的な形にこだわってしまう分離感が(近頃は姿を潜めていたのに)次々飛び出してきてみたり、額にエネルギーがカーッと入り込んだり 身体が熱くなったり、ほぼ完治したはずのアレルギー性鼻炎の鼻づまりが起きたり・・・・とにかくなんだか不安定だったのだ。
時々鮮やかで透明感のある美しいピンクの光が見えていたのだが 一昨日は目を閉じて開けるたびに ものすごくはっきりと鮮やかなピンクの光が円になって目の前で輝いていた。

そしていよいよ伝授。
今回は3回に分けて少し時間をおきながらエネルギーを入れる。

伝授第1部。
椅子に腰を下ろした瞬間から頭がくらくら・・・・・
エネルギーが入ったチャクラから順に すっきりクリアな感じに軽くなっていく。
エネルギーが螺旋状に身体の回りを覆い そのまま頭上から天に向かって登っていく。 
それはまるで光のエネルギーのパイプが私から天上へと繋がってるかんじ・・・
そう光の道が通った。。。。。

大津さんには私の足に金色の紐の靴(ギリシャ時代の人たちが履いていた紐の靴)がはっきり見えたそう。
そしてその靴には翼がついていて 私は自分が望めばこれからいつでもその靴で光のラインを通って天上に登って行ける。。。。

そういえば伝授の途中 炎と、光の神殿のようなものを感じた。

伝授第2部。
過去生を通して作ってしまったカルマ(拘りのようなもの)が オレンジ色の光の糸となって鼻から何本も出てきたらしい。時に1本、時に2本鼻からヒュルヒュルッと次々出てきては消えていく・・・・・・
実は昨日からずっと久々の鼻づまりだったのだがこのあと鼻が通った。
この人生で20年苦しんできたアレルギー性鼻炎の症状はこの時に繋がっていたんだ。。。。

大きな水晶・光の玉が見えるそう。
それは下からかかえている手と一緒に見えたり 葉で編んだようなものの上に乗っていたりもする。
私が以前描いたマリエルがもっているもの。あの絵はやはり私自身そっくりだという。

アメリカのヘミ・シンクを開発した科学者・医者をサポートした方々が私をサポートをしに来てくれた。
(ヘミ・シンクとはアメリカのモンロー研究所で開発されたもので 特定の音の周波数を組み合わせることにより、人の意識状態のコントロールを可能にする音響技術。音によって人間の霊的能力を目覚めさせたりするもの。既に科学的に証明され、米国において特許も取得。最近では一般的にもヘミ・シンクのCDが入手出来る。)

伝授第3部。
紫の光のエレベーターのようなもので地球の中心部に降りて行く。
中心に着くと左前方から眩い強い光が差し込んできた。
その後は上昇し、どんどん次元を上がって行き天上界の意志を聞く。
でも三次元の自分の名を呼ばれるまでは殆ど瞑想状態で 次元が変わる度 身体がゆっくりとインフィニティのかたち(8の字)に回ったり、右まわりになったり、左まわりになったりしながら揺れていた。
殆ど時間の感覚がなかったけど、この第3部だけで1時間半位。気づいたらこんなに経っていた・・・という感じ。

これで伝授は完了ではなく、日を改めメッセージがあるようだが それは今日の段階では明かされなかった。
今も額にエネルギーが入り続けている。
そして身体が熱い。細胞の振動数が上がって精妙に燃えている感じ。

私はあまりビジョンが見えないので 感じたのはこの位だけど 大津さんには今まで見た事の無い感じのものすごく沢山の色の光が見えていたそうだ。

こうして私はレゾナンス・セラピストとなった。
今年又ニューバージョンになった私。
[PR]
by chandra-k | 2006-01-13 00:40 | 波動体験 | Comments(5)

NO FRONTIERS

e0039323_19231777.jpg

(MARY BLACK/BEST SONGSより)KICP280


NO FRONTIERS


IF LIFE IS A RIVER AND YOUR HEART IS BOAT
AND JUST LIKE A WATER BABY,BABY BORN TO FLOAT
AND IF LIFE IS A WILD WIND THAT BLOWS WAY ON HIGH
AND YOUR HEART IS AMELIA DYING TO FLY
HEAVEN KNOWS NO FRONTIERS
AND Ⅰ'VE SEEN HEAVEN IN YOUR EYES

AND IF LIFE IS A BAR ROOM IN WHITCH WE MUST WAIT
ROUND THE MAN WITH HIS FINGERS ON THE IVORY GATES
WHERE WE SING UNTIL DOWN OF OUR FEARS AND OUR FATES
AND WE STACK ALL THE DEADMEN IN SELF ADDRESSED CRATES
IN YOUR EYES FAINT AS HE SINGING OF A LARK
THAT SOMEHOW THIS BLACK NIGHT
FEELS WARMER FOR THE SPEAK
TO HOLD US 'TIL THE DAY
WHEN FEAR WILL LOSE IT'S GRIP
AND HEAVEN HAS ITS WAY
HEAVEN KNOWS NO FRONTIERS
AND Ⅰ'VE SEEN HEAVEN IN YOUR EYES,

IF YOUR LIFE IS A ROUGH BED OF BRAMBLES AND NAILS
AND YOUR SPIRIT'S A SLAVE TO MAN'S WHIPS AND MAN'S JAILS
WHERE YOU THIRST AND YOU HUNGER FOR JUSTICE AND RIGHT
AND YOUR HEART IS A PURE FLAME OF MAN'S CONSTANT NIGHT
IN YOUR EYES FAINT AS THE SINGING OF A LARK
THAT SOMEWHERE THIS BLACK NIGHT
FEELS WARMER FOR THE SPARK
TO HOLD US 'TIL THE DAY
WHEN FEAR WILL LOSE IT'S GRIP
AND HEAVEN HAS ITS WAY
AND HEAVEN HAS ITS WAY
WHEN ALL WILL HARMONISE
AND KNOW WHAT'S IN OUR HEARTS
THE DREAM WILL REALIZE

HEAVEN KNOWS NO FRONTIERS
AND Ⅰ'VE SEEN HEAVEN IN YOUR EYES
HEAVEN KNOWS NO FRONTIERS
AND Ⅰ'VE SEEN HEAVEN IN YOUR EYES


もしも人生が河だとしたら、心は小舟
水の中から、浮かぶために生まれた赤ん坊
そして人生が高みに吹き荒れる風だとしたら
心は空に焦がれる、片輪のアメリア
天はどこまでも果てしなく
そして私はあなたの瞳の中に、天国をかいま見た

もしも人生が待ち時間をすごすバーだとしたら
ピアノ弾きの回りを囲んで
人の恐れや宿命を歌い明かす、そんなバー
そして自分宛の荷物の中に、死者たちを詰め込むの
あなたの瞳の中にいると、かすかに雲雀の歌が聞こえて来るように
なぜかしら
この闇の夜が瞬く火花に暖められて 暖められて
恐怖が力を失うその日まで、立っていられる気がするの
そう、天の意のままに
天はどこまでも果てしなく
そして私はあなたの瞳の中に、天国をかいま見た

もしも人生が棘と釘のベッドなら
そして精神が、鞭と鎖に怯える奴隷なら
正義と権利に飢え渇き
心は、変わらぬ夜にさざめく炎
あなたの瞳の中にいると、かすかに雲雀の歌が聞こえて来るように
なぜかしら
この闇の夜が瞬く火花に暖められて 暖められて
恐怖が力を失うその日まで、立っていられる気がするの
そう、天の意のままに 天の意のままに
あらゆるものが調和して
本当の望みを知るその時に
夢は叶えられる
天はどこまでも果てしなく
そして私はあなたの瞳の中に、天国をかいま見た
天はどこまでも果てしなく
そして私はあなたの瞳の中に、天国をかいま見た
[PR]
by chandra-k | 2006-01-11 19:21 | 音楽 | Comments(0)

RESONANCE(共鳴・共振)THERAPY

2006年・今年から 今まで波動・真理を学んできた私達の拠点・スペース「RESONANCE THERAPY」が出来た。大津さんが昨年末で今までの仕事を辞め 真理探究に集中することになったため。私達は年末からずっとその準備で 大忙し&大騒ぎ!

昨年その話が具体化してきた時 拠点の候補地は中心部から離れたところで しかもネーミングが今と違っていたのだが 私としては「来年からそのスペースで 自分もますます真理を探究して より周波数をアップする!」と決断していたにもかかわらず、内側から湧き上がる「わくわくする何か」を感じられなくて 実感が伴わなくて、どうしてなんだろう・・・・・と思っていたのだった。

それが年末に珠ちゃんが「探偵物語に出てきそうな 素敵なビルを見つけたよー!」ということで珠ちゃん、菜穂ちゃんと三人でそのビルの部屋の下見に行ったところから急展開! 
そのビルは仙台の緑美しき通り・定禅寺通りから少し入ったところにあるビルで、珠ちゃん、菜穂ちゃんがデッサン・モデルをやっているモデル紹介所の事務所が入っている。
宮城県沖地震をラクラク乗り越えてきた しっかりした造りの築30年だか40年の古~いビルで、その古さがまたイカしている。
そのビルの部屋に足を踏み入れた時から いきなり私のスイッチがON! となった。ワクワクと興奮が始まる。

早速デジカメで写真を撮り大津さんに送ると 大津さんは、その部屋が「長い間お待ちしておりました」と言っていると言う。「長い間ってどの位?」と尋ねると6ヶ月だって。実際そのとおり6ヶ月空き部屋だった。

そのビルの入居者(事務所・お店)は全体的に女性的な印象があり ビルそのものも女性的なものを感じると私が言い、私達のスペースの名前は以前の候補ではなく、横文字って感じがする・・・・と大津さんに伝えると実は大津さんもそう感じていたらしく「RESONANCE THERAPY」という名前が出てきていると言う。
RESONANCE 共鳴・共振。。。。。それだ! ここで完全に私のスイッチが入った。
私の場合、何事も内側で「GO!」が出ると止まらなくなる。走り始める。加速する。(逆に言えば「GO!」が出ないと なんかすっきりしないので行動しない習性がある)

それからは明らかに「サポートが来ている」状況の連続!
まず、今はまだ一般的に「波動を学ぶ」なんて言ったら新興宗教か?と怪しまれ部屋を借りるのは大変なのだが モデル事務所の代表(私達のヨガ仲間)みほさんの紹介ということですんなり。不動産屋さんのおじさんは大津さんに初めて会った時から二人の間に何か通じるものがあり、違和感のない空気に包まれていたし、契約の時は「固いイメージ」の大家さんに対して おじさんが私達を積極的に大プッシュしてくれた! 「何かあったら私が責任持ちますから・・・」とまで発言。おじさん、そんなことまで言っていいの?と私の方がびっくり!

そのビルは古いので「綺麗になる分にはどんな風に改装してもOK!」と素晴らしいお許しを頂き、珠ちゃんがペンキ塗りリーダーに、菜穂ちゃんがインテリアリーダーに就任(?)。私は契約・交渉担当。(一応今まで4つ会社を作り過酷な状況を乗り越えてきた経験もあるってことで)

部屋の間取り・寸法をチェックに行った時は タカシさんが建築の仕事をしているので、すらすらと間取り・寸法等平面図を書いて平米数を出してくれて感激!さらにビル入り口のネームプレートも引き受けてくれた。
いよいよペンキを購入となったら りかさんが塗料屋さんってことが分りペンキの色を選んで、適量を届けてくれて またまた感激!
年末の忙しい時にもかかわらず 子供達も含め総勢23名が入れ替わり立ち代りペンキ塗り・掃除をして大騒ぎだった。カッパを着てマスクしてビニール手袋はめて ペンキにまみれながら部屋中を塗っていく作業は楽しくって まるで文化祭を前に泊り込みでみんなでワイワイと何かを作り上げていくクラブ活動のよう。こんな感覚久しぶりー!!
誰もが義務やしがらみじゃなく やりたい時にやって来て、やりたいように楽しんでやる!
それぞれが出来ること、得意なことを 喜びをもってやる!
これこそまさに「ボトル洗いの精神」だわ!

お金はかけられないので 必要なものを呼びかけると誰かが持っている。いままで自宅で出番がなくて眠っていた物たちが「やっと役割が果せる!」とばかりにやって来た。
菜穂ちゃんのステンドグラス風デザインの照明は「行きたい」と言ってたらしい。ともちゃんのチェスト、テーブル、カーテン、ヒーターetcや  我が家のヒーター、食器etc・・・・色んなものが出番がやってきて喜んでいる。掃除機はちえこさんにもらったし、あっちゃんからは使ってない電話使用権をもらった。守屋先生からポット、田村さんからカップ&トレイ!
今後もぞくぞくと必要なものがちゃんとやって来るはず。。。。。。
買ったのはパソコン関連・電話機・クッション位。カーペットも激安で購入。機材購入の時も大津さんに共鳴するものが ちゃんと「購入してね」と知らせてくれる。

珠ちゃんが「テリー伊藤みたいに帽子をかぶって眼鏡をかけてる人がサポートに来てくれる」ビジョンを見たと言ってたら、それはまさに ともちゃんの旦那さまで、パソコンの初期設定をやってくれた!

すべてにサポートが来ているのを感じる。素晴らしい!
みんなみんなありがとう!
これから自分の役割と感じることを 喜びをもって楽しんでやっていこうね。
[PR]
by chandra-k | 2006-01-09 20:04 | Comments(6)

ARISE

e0039323_19502357.jpg

(MERCURY REV/THE SECRET MIGRATIONより)Ⅴ2 Ⅴ2CP185


ARISE

SHE HAS A WAY THAT IS BEAUTIFUL TO BEHOLD
MOVEMENTS OF SILENCE AND CALM
A UNIVERSE OF LIFE FOLDED UP INSIDE HER
A SYMPHONY OF STRANGENESS AND CHARM

AN' SHE KNOWS

EVERY NOW AND THEN THERE'S AN OCEAN OF SILVER
CONCEALING HERSELF AS A STREAM
THE SCARS IN HER LIFE SHE ONCE TRIED TO HIDE
HEALING THEMSELVES AS SHE BREATHES

AN SHE KNOWS
WHAT SHE KNOWS

FEEL YOURSELF ARISE
FEEL YOURSELF ARISE
Y' LET YOURSELF GO
AN' TELL YOURSELF YOU'll KNOW WHEN YOU KNOW

SHE HAS A WAY THAT IS BEAUTIFUL TO BEHOLD
AN' EVERY NOW AND THEN YOU CAN SEE
A UNIVERSE OF LIGHT SPLASHED IN HER EYES
REVEALING THE ONLY LIGHT SHE NEEDS

AND SHE KNOWS
WHAT SHE KNOWS


彼女の仕草はとても美しくて
静かに穏やかに動いてみせる
彼女の中には生命の宇宙が畳み込まれている
それは不思議さと魅力のシンフォニー

彼女は知っているんだ

そこにはしばしば銀色の海原が広がっていて
彼女自身は小川となって身を潜める
かつて彼女が隠そうとした人生の傷跡は
彼女が息をするたびに自ら癒されていく

彼女は知っているんだ
彼女が知っていることをね

彼自身が眠りから覚めるのを感じてごらん
彼自身が眠りから覚めるのを感じてごらん
自分を解放するんだ
そして自分に語りかけてみよう
時が来れば君はちゃんと知ることになると

彼女の仕草はとても美しくて
時々君は目にすることになる
彼女の瞳の中で水しぶきを上げる光の宇宙が
彼女が求める唯一の光を明らかにする場面を

彼女は知っているんだ
彼女が知っていることをね
[PR]
by chandra-k | 2006-01-05 19:48 | 音楽 | Comments(0)