「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:美しき自然( 18 )

ハッピー!さつまいも収穫祭!

昨日はみつばちクラブのさつま芋収穫祭!

雨の中あぐり寺地蔵庵の畑でさつま芋掘り~でした!



今日もご訪問ありがとうございます。
声と言葉であなたの本質を引き出す、ロックなハートの
真理のフェイスキーパー及川徳子です。



畑ってすごいな~。
自然ってすごいな~。


私達人間がなんだかんだやってる間に、
土の中ですくすく育ってこんなにも豊かな実りをもたらしてくれるなんて!


お店で購入して食べるのがあたりまえになっているとつい忘れてしまうけれど、
こうして畑の中で育っている野菜たちに触れていると
地球や自然のすばらしさと、神秘に感動してしまいます。


農業をやってらっしゃる方は楽しんでばかりもいられないでしょうけど、
私達はちっちゃなスペースの畑で土に触れて、野菜が育つ姿に感動し、
収穫を喜び、その実りをいただけるという体験をさせてもらえることが本当にありがたいです。


多くの引きこもりの子供達が、畑仕事をすると変化するっていうのもわかるな~。


私達はこの自然の中で生かされていることを感じるし、
日々の中でうだうだちまちましていることとか、
自分で作りあげた色々面倒な制約で縮こまってることが
なんだか些細なことだったのだと感じるんじゃないのかな~。



只今育ってる最中で、誰に教わったわけでもないのに
くるりんとまるまり始めたキャベツや白菜。
かわいい~。


少し首を出し始めた大根。
前に来た時は直径が1.5cm位の細さだったのに、どんどん大きくなってる~。


e0039323_22171034.jpg


e0039323_22172575.jpg


e0039323_22174070.jpg



そして収穫のメインのさつま芋は土の中で見事にでっかく育っていました。


みんなで興奮して、雨の中なのにキャーキャー言いながら
夢中で掘ってました~。

e0039323_2218035.jpg


e0039323_22181482.jpg



収穫の後は、大きな鍋でみんなの持ち寄り具材で芋煮!


そして収穫したさつま芋は無冥さんが作ってくれたコンクリート窯で焼き芋となって、
みんなでバターをつけて、大笑いしながら食べました。

e0039323_22184872.jpg


e0039323_2219317.jpg



何がどうと難しい話をするでもなく
くだらないことを言いながら大笑いしている時間の中で
幸せなエネルギーの交流が起きて、みんなが確実にハッピーになっていくっていうのがいいなー。


食べた後はシンガーソングライターの方がお寺にやってきてギターの弾き語り。
障がいのあるお子さんをサポートしているハッピークローバーのゆきの息子さんのゆうとくんも加わって、歌と演奏を聴きました。


ゆうと君は音楽が大好きで、手足をバタつかせながら
身体中で喜びをあらわしていて、それを見ていて一緒にいるだけで
みんな本当に幸せな気持ちになって、その場がどんどんきれいになっていく。

ゆうと君はやっぱり天使だな~。



いろんな人がそこにいて、ここに在ることを許されている。
存在そのものが祝福されている。

そういうのをまるごと受け入れてくれる場である
無冥さんのあぐり寺地蔵庵は本当に素敵。

今日も無冥さんの瞳はキラキラでした!


そして本当は私達はどこでもこんな場を創っていけるんだよね~。



さて、誰もをあたたかく迎えてくれるあぐり寺地蔵庵で
今度「寺ぷりヨガ」が行われます。

ぷりちゃんのヨガを受けるとみんなハッピーになっちゃうの!

ぷりちゃんと無冥さんに会いに行ってみてね~。


寺ぷりヨガのためにお寺もますます心地よい空間に
無冥さんが調えてくれてますよ~。

詳しくはぷりちゃんのブログで
http://ameblo.jp/prthvii-yoga/entry-12090298624.html

[PR]
by chandra-k | 2015-11-03 22:15 | 美しき自然 | Comments(0)

皆既月食

世界中の人がみんな空を見上げていることを考えただけで
とっても幸せな気持ちになる。

太陽 地球 月が一直線に並ぶんだものね。

もちろんエネルギーだって違うはず。
当然今日の月の見え方は皆既月食の現象だけじゃなくいつもと違う。

月食が始まる前の月を見たら月が曼陀羅になっていた。
月の中に沢山の梵字が隠れてるみたいなの。

それで携帯で写真を撮ったら、
例のよく映りこむ別の光もいつもと色も光り方も違う。
やっぱり特別なエネルギーなのかもしれないなぁ。

一応アップしてみるけど、残念ながら曼陀羅は写らなかった。


さて本日の皆既月食。
司会をした後、FMで番組を収録していたので
その帰宅途中に眺めていた。

さらにその後は自宅の窓から身を乗り出して!
首が痛い!(笑)

月がどんどん欠けて行き、最後にその光が消え行く時は
太陽系の営みの中、摂理の中で生きているんだなぁ~って
あらためて感じる。

肉眼で赤い月はよく見えなかったのでUSTREAMの中継を見た。

見える見えないより、この時をみんなで共有するのが嬉しいね。
e0039323_0382050.jpg

e0039323_0384819.jpg

[PR]
by chandra-k | 2011-12-11 00:38 | 美しき自然 | Comments(2)

幽玄な紅葉の夜

松島・円通院の紅葉ライトアップに「チームかもし」メンバーで行った。
yukkiがそこでライブをするというので行ったのだけど
気づいたら8月に石巻にEM発酵液と石鹸を届けに行ったメンバーと
完全に同じだった。(笑・子供達も含めて)
ま、今回もyukkiに石鹸を届けたのだけどねっ!

山門を入ると瑞巌寺まで蝋燭の灯火が連なり
その参道を幻想的に照らし出している。
あちらから帰って来る人、こちらから行く人
すれ違う人の顔はほとんど見えない。
ぼんやり浮かんだ人影だけが交差して、
まるで肉体が存在してないみたいな感じ。
瑞巌寺の門の前にあるかがり火が遠くで揺れていて
そこに向って歩いてゆく。
ちょとドキドキわくわく。

そして円通院。
もう!その紅葉の美しいこと!
例年は今頃だと終わりかけらしいけど、今年はまさに見ごろ。
(フラッシュをたかないで撮影するとうまく撮れないっ・・・
e0039323_20141124.jpg


奥に歩いてゆくと夜の木立の間で
yukkiとmarinちゃんのライブが始まっていた。
優しい音と光がそこから発せられて、まわりに浸透してゆく。
それは木霊みたいだった。木霊が発光してる。
森に響きながら揺れながら伝わってゆく波紋。
くりんくりんと円を描きながら立ち上ってゆく声。
音に反応する小さな光たちは「夜の蛍」
まるで夜の森そのものが歌ってるみたい。
e0039323_20153049.jpg


ライブを見て進むと紅葉が池の中に映し出され
二つの世界があらわれていた。
映し鏡になったその世界はこの世のものとは思えないほどで
それを見ているだけで、別の世界に吸い込まれてしまいそう。
まさに幽玄なその世界に息をのむ。
それは映ってるということよりも
この瞬間にだけその世界への入り口が出現してしまったような・・・
いやきっと開いているんだね。
この世界には沢山の入り口がある。
e0039323_2016597.jpg

e0039323_20164486.jpg


すんごく楽しかった!大満足!
この紅葉のライトアップは毎年やってるんだって。
幻想の宵の彩りは本当にすてき!
11/23まで開催。
[PR]
by chandra-k | 2011-11-20 20:17 | 美しき自然 | Comments(3)

2011.11.11満月

本日の満月は特別だった。

その日によって満月って違うんだよね。
花びらのように開いていたり、脈動してたり・・・・
ちなみにこれは花びらの光の月
http://chandra.exblog.jp/7127981/今夜は曇り空の中、みごとに雲が切れて
大きくなったり小さくなったりしながら虹色の光を放っていた。
内側がピンクになったりオレンジになったり、ブルーになったり変化するの。


あれから8ヶ月。優しい光が降り注ぐ。


PC上だとわかるかなぁ~
凝視しながらスクリーンに近づいたり離れたりするとわかるかも。
e0039323_0532870.jpg
e0039323_0535343.jpg

[PR]
by chandra-k | 2011-11-12 00:53 | 美しき自然 | Comments(0)

新緑と香りの会

銀杏の木の生まれたての赤ちゃん葉っぱが
毎日少しづつ成長し 街のライムグリーンが日に日に増えて行く。
私の一番好きな新緑の季節がやってきた。
これからますます緑が眩しく光が強くなってゆく。

e0039323_235457.jpg

e0039323_23543420.jpg

e0039323_23544477.jpg


植物さんたちとますます仲良くなれるこんな季節に
菜穂ちゃんの香りの会が開かれた。
私はちょっと遅れて参加したけど。

今回思ったのは前回と同じエッセンスを香っているのに
かなり印象が違ったこと。
それは私が変化したことが一番大きいのだろう。
惹かれる香りが変化している。

今回は「熟成したワインの樽の香りのような香り」にとても惹かれる。
古代からの時と空間と智慧が織り合わさったような香り。
今の私は何に共鳴しているのだろう。

それからもう一つの発見は
私が持っている香りを持参したのだけど 菜穂ちゃんが持ってきてくれた香りと
あっちゃんが持っている香りとでは 同じエッセンスでも違ってるってこと。
持ち主によってすっかり変化してしまっている。

「徳ちゃんが持ってるとエッジが潰れて 底辺が広がるね」と珠ちゃん。
確かに尖った部分が無くなって柔らかく拡がってる。
実は前回購入した面白いエッセンスがあって
それは最初に香った瞬間癖が強くてちょっと「うっ!」と拒絶したくなるのに
しばらく香り続けると自分の内側でどんどん変化して浸透してゆく香りで
香れば香るほど深く入り込む香りという印象だった。
それで購入した。
その同じ香りを今回味わって気づいたが 私が持っているそのエッセンスは
いつのまにか柔らかくなり、「うっ!」という部分がかなり緩和されていた。
実はこの香りは前回珠ちゃんとあっちゃんが「別に。普通。」
と感想を述べていた香りだったのだけど 珠ちゃんは私がしばらく持っていたエッセンスを
「ハートまでくる香りだね」と言っていた。
私と一緒にその香りは変化したのかもしれないな。
驚くほど香りは変化するし サポートもしてくれる。

今回購入したのは植物というより鉱物が入ったものだったのだけど
美しい青色で肌の上でキラキラ、サラサラと硬質の粒子が輝く感じ。
ちょっと新しい感覚。
新しいサポートが起きそうで楽しみ!
[PR]
by chandra-k | 2008-04-21 23:55 | 美しき自然 | Comments(5)

花を愛でる

e0039323_2342989.jpg

e0039323_18311752.jpg

仙台は今 桜が満開。
お花見宴会には興味がない私はほとんど参加しないし
桜の名所に行くこともなかなかないけれど
例えば仕事に行く途中や、買い物の途中などに立ち止まって花を見ることが多い。

沢山の車が行き交う街中に並んで咲いている白木蓮。
街路樹の下で可憐に咲いているタンポポやぺんぺんぐさ。
生垣の椿。
学校の塀に沿って植えられたパンジー。
少しづつ満開の時期が違う公園の桜たち。

そして今日はほんの少し新緑が顔を出し始めた。

花は、植物は、そこにあるだけで美しい愛をあらわしていて
私はただただ黙ってそこで見ている。

特に桜の時期はしばらくただ眺めているのだけど
本当にそれだけでとても幸せで満たされる。

何年か前の選挙の時は小学校の校庭に在る樹齢380年以上のエドヒガン桜が
それはそれは見事に満開で
あまりの美しさに 私はずーっと見とれていた。
(他の人は選挙を終えるとさっさと帰ってしまったけど)

昼の桜はとても柔らかくて優しく拡がって行くよう。
夜の桜はとても深く幽玄に内側に響くよう。
新緑もそう。

下の写真は昨年祖母の告別式の日 お寺で開き始めたばかりの桜。
桜や、新緑や、薔薇などをその時その時の気持ちで
携帯の待ち受けにして そこでも花を愛で
花から幸せのエネルギーをいただいている。
e0039323_2343151.jpg

[PR]
by chandra-k | 2008-04-11 23:44 | 美しき自然 | Comments(3)

花びらの月の光

私の番組は生放送ではないのでいつもは火曜の夜に番組を収録している。
収録が終わるのがだいたい1:00am前後で、後は家に戻ってから
キューシート(曲目やアーティスト名、時間の経過)をPCで打ち込む。

FMへの行き帰りは必ず空を見上げながら歩く。
特に冬の夜は空気が澄んでピンと張っているので深呼吸が気持ちよく
月も星も一層輝きを増して見えるので 空を見上げながらゆっくりゆっくり歩く。

昨日の月も美しかったし、今日の月も。

番組収録中にましゅとタカシさんからメール。(遠隔ありがとう!)
ましゅは月の写真をメールしてくれた。きれい。光のラインが見えた。
そういえば昨日はひーこちゃんが月の写真を日記に載せてたな。
それもきれいだった。

私が月を見るといつも光が花びらのように見える。
私も撮ってみよう。

と、さっきFMの帰り道に携帯で<私の目で>撮った1:00am少し前の月。
やっぱり私の目には花びらに見える。
その花びらがどんどん開いていくの。
自分で撮った写真を見てもそう見えるし 脈動してるように見える。

みんなはどう見えてるんだろ。

e0039323_15432100.jpg

[PR]
by chandra-k | 2008-01-23 01:55 | 美しき自然 | Comments(6)

私の家族を紹介します。

新しい年を迎えました。
毎年思うことですが元旦の太陽の輝きってパワーがありますよねぇ。
皆さん 今年もどうぞ宜しくお願いします。
今年が一層愛の輝きに満ち溢れた年になりますように。


新しい年のはじまりに、私の大切な家族を紹介します。


e0039323_16151170.jpg

これは私の家族ドラセナマッサンちゃん(幸福の木)
約16年前、夫がROCKのCOLLECTORS SHOPをオープンした時に、
夫が経営していたSTUDIOの常連だったPUNK BANDの連中が
開店祝いに贈ってくれたもの。
当時は25cm位の大きさだったけど 今ではこんなに大きく成長したの。

あれから今までの我が家のあらゆることを見守ってきてくれた。
ああ、本当に色んなことがあったねぇ。

幸福の木が花を咲かせるのは珍しいらしいけど 我が家では2回も咲かせてくれた。
(以前どっかの家で咲いたのが新聞に載ってたくらいだからね)
突然コブのようなものが出現し、その後ニョキニョキと一晩で何cmも茎が伸び
沢山の蕾が付いていて、夜に花開き部屋中に強い芳香がたちこめた。
e0039323_16154978.jpg

e0039323_16161741.jpg


実は花を咲かせる時は植物としては生存の危機的状況で
どうにかして最期に子孫を残そうとしているってことだったらしいのだけど。
ごめんね苦労かけて。2回も花を咲かせちゃったね。

私と同じくらいの身長の時はよく一緒にダンスを踊ったね。
(ジルバ。私がステップ踏んで 勝手に回転してた。笑)
最近は花を咲かせることもなく すくすく元気に育って
今では私の身長を遥かに追い越し、一番上の葉はあと5cm程で天井に届きそう。
(CD棚の上から4段目のちょうど真ん中あたりが私の身長)
毎日つやつやと元気な姿を見て嬉しいのだけど、
このまま伸びて天井につかえちゃったらつらくなっちゃうね。

前に我が家のホンコンちゃんがどんどんあまりにも伸びて
天井で直角に曲がって そのまま天井を這うように育ったことがあった。
限界が来て途中で切ってしまったら その後ホンコンちゃんそのものが
全く元気がなくなり、新しい葉が生まれてはハラハラとすぐ散って行った。
沢山の葉っぱが茶色くなって落ちた・・・・。
とっても悲しかった。
そのホンコンちゃんは6年ぐらい元気がなかったけど、
去年あたりからやっと復活し 今は新しい葉がちゃんと育って緑に繁って
かなり元気になってきた。

ドラセナマッサンちゃんにはそんな想いはさせたくない。
もう少し大きくなって 我が家に居られなくなったら
どこかにお嫁入りさせて幸せにのびのび育ってもらいたいなぁ。
天井が高くて 居心地がよく 愛と喜びに満ち溢れて生活出来るところ。
そして私もたまにはご対面出来て その成長を喜べるところ。
さらに我が家ではずっとROCKを聞いて生活してきたので ROCKが好きな人のところ。
。。。。。。こう考えると、私は「あそこ」しか思い浮かばない。
杜の家。



と、突然ですが!
タカシさん、久美ちゃん、我が家のドラセナマッセンちゃんを
近い将来嫁にもらってもらえませんかぁ?
タカシさん 時々ROCKを聞かせてやってもらえませんか?
そして久美ちゃん 時々一緒にダンスを踊ってもらえませんか?
ご迷惑でなければ、よろしくお願いします。
(ほとんど公開お見合い状態ですが・・・・)

もしも無理な時は遠慮なく言って下さい。
その時は新たな縁談を探します。


ということで 今年も大切な家族と喜びの生活を送ろう!っと。
[PR]
by chandra-k | 2008-01-01 16:17 | 美しき自然 | Comments(4)

いのちの営み

毎年4月の中旬から5月下旬に仙台の街を歩くのがとっても好き。
それは イチョウの新緑が毎日毎日すこーしづつ育って行く姿を見ることができるから。
イチョウの木の枝ぶりも1本1本違ってそれぞれに美しく
その硬い枝や幹から 最初はほんの数ミリの緑が顔を覗かせる。
そしてその緑がちっちゃいながら ちゃんとイチョウの葉の形をした「赤ちゃん葉っぱ」になり日に日に目に見えて大きくなってくる。
まだ緑が少ないために 気がうっすらと緑のベールをかけているようにも見えたりする木もある。
緑がまだ姿を現していない木もあるけど そのなかで
いのちが流れ 光が満ち 芽吹くのを待っているんだね。
その喜びとエネルギーを想うと嬉しくなっちゃう。もうすぐ、もうすぐ。。。。

「ドングリの中に眠っている檞の大木も、殻を破って大きくなる前に
先ずドングリ全体が目覚めなければならない」(「ヒマラヤ聖者の生活探求」)

三次元に物質化する前から完全なるいのちはあり そしてそのいのちを
その時その時で変化しながら現し輝き続ける。。。。。
植物も私達も。

最近私は りんごを見ては「こんな実がなるなんて素晴らしい!」
我が家の観葉植物を見ては「こんなに艶々と美しい!」と
いちいち感激している。
[PR]
by chandra-k | 2006-04-24 20:35 | 美しき自然 | Comments(3)

妖精の住む蓮沼(内沼)

e0039323_20412192.jpg

8月4日に続き、またハス祭りに行ってきた。
今回は大津さん、菜穂ちゃん、その娘・りほちゃんと。私以外の三人は 植物や物に意識を合わせると声が聞こえる人達なので 私としてはワクワク!
行く前から大津さんは「内沼が呼んでいる」と言ってたので、7:30に仙台を立ち9:00前にまずは内沼に到着。

朝の沼は清々しい。小さなボートの4人の貸切状態で沼の中へと進んだ。
ハスは植物の中で一番意識が高いと 先日のブログで書いたが
内沼には 七次元意識のハスが三つ居て、そのうち一番意識が高いのが七次元三段目だと大津さんが言い、「あのハスが七次元だよ」などと教えてくれた。
(殆どは五次元意識らしい)
内沼のハスは皆喜びを表していて「見てくれてありがとう!」と言っているらしい。
さらに内沼には10体の妖精が住んでいると大津さんは言う。

中央で船頭さんが船を止め、サービスのつもりでハスの花をつかんで りほちゃんに見せようとしたらハスが「やめて!」と言う。さらに船頭さんが「お嬢ちゃんのために抜いてあげよう」と言うので、皆で 「いいです!」とお断りした。

いつか誰かがハスに郷ヒロミの「アチチ~」の歌を聞かせたのを ハスたちは覚えているらしく、その替え歌で「ハーシーシ、ハシ、見てくれてありがとう~」と歌ってるよーと大津さんは笑ってた。

内沼のハスは長沼のハスとはちょっと雰囲気の違うハスたちで、葉っぱも開いてそのまま水に浮いているのが多いんだけど、古いお爺さん葉っぱは「水に浮くのがわしの役目じゃあ~」と言っている。岸に向かうとき、大津さんが「さようなら」と挨拶したら「いつも見送るのが私の役目!」と言っているハスが居たそう。
個性的で素敵な内沼のハスたち・・・・
そして白鷺がハスの間に降り立って美しい立ち姿を見せていたり、自由にゆうるりとハスの上を飛んでいたし、沢山のトンボたちがハスのつぼみで羽を休め会話をしているようだった。岸ではカモたちが賑やかに戯れていた。
内沼の住人たちはみんなのびのび自由に生を楽しんでいる!!!

その後今度は伊豆沼へ・・・ここのハスは・・・
「俺たちの住みかを荒らしやがって!」と文句を言っていた。
なんか しら~っとした感じ。ここでは船に乗るのをやめて すぐ沼を後に。。。。

そして長沼へ。先日来たばかりの長沼だけど先日は猛暑の正午に着き、今回は午前中だったため沼の雰囲気が全然違う。すっきりして爽やかで透明感があるとでも言おうか。
ハスは時間をプログラムしていて きっちり朝に咲くそうだけど、咲いたばかりのみずみずしい花があたり一面で、朝の清々しい空気を呼吸しているようだった。

長沼のハスも五次元意識が多いけど、一番高いのは七次元の五段目だと大津さん。
そしてここのハスたちは「助けてくれてありがとう!」とお礼を言っているそうだ。
水害で水没したのを 人間が努力して、復活をサポートしたのを感謝しているのかな。
ここのハスは内沼より丈が高く、葉っぱが青々と元気だ。嬉しそうにダンスを踊ってるとりほちゃんが言ってたし、菜穂ちゃんは「るるる~」って歌ってるよって。風が吹いて揺れているので「飛ばされるぅ~」と言ってると大津さん。
大津さんがハスの茎を持ちハスに話しかけると つぼみはふっくら柔らかくふくらみ、内側から光を放った。


三つの沼のハスたちは皆違っていた。
内沼は小さいのであまり人が来ないのだろう。だからのびのび個性的。
伊豆沼は白鳥で有名だから ハスの時期ばかりじゃなく、年中人間がやってきて荒らされてるんだね。
そして長沼は観光客に対応しつつ 無難にすごしている。
こんなに近くの沼のハスたちなのに こんなにも意識が違うんだぁ~。
と 面白いハス祭りでした!!!

そうそう前回のハス祭りで買ってきた我が家のハスは残念ながら開かなかった・・・
炭酸水がなくて 同じ炭酸入りでもメロン味を買ってしまった私なので、ハスが「メロン味はやめてくれ~」と言ってたかも。私にハスの言葉を聞く能力がなくてゴメンね~。
[PR]
by chandra-k | 2005-08-12 21:48 | 美しき自然 | Comments(0)