「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:セッション・ヒーリング( 9 )

いのちのヒーリングと伝授


ヒーリングの話をしたり、記事を書いたりしていると
「それって何系のヒーリングですか?」とよく訊かれます。


実は何系でもありません。
一言でいうと「いのちのヒーリング」「愛のヒーリング」「光のヒーリング」でしょうか。





今日もご訪問ありがとうございます。
声と言葉であなたの本質を引き出す、ロックなハートの
真理のフェイスキーパー及川徳子です。





今日は真理のプログレス講座で、ヒーリングやエネルギー、伝授、様々な次元の話をしました。



世の中にはたくさんのヒーリングがあり、伝授があります。




光はすべての色彩が統合されて透明な光となっていて、
それをプリズムなどに通すと、周波数によって様々な色合いに分かれます。


よくあるヒーリングや伝授はそのどれかの色彩や、ある周波数帯を抽出し、そのエネルギーをそのままコピーして伝え、使っているものが多いようです。


ですので、誰が使ってもそのある種の色合いがそのままコピーして入っている感じでしょうか。
ただ、伝授者の意識の状態によって、コピーの精度が粗くなったりするということは起きています。




それに対しで私や仲間が行うヒーリングは統合された光を伝えるヒーリングです。
別の言葉を使うと、いのちの輝きを見続ける「祈り」のようなヒーリングです。



自分が完全なものであるという、いのちの輝きを認めることで自分のいのちが輝き、
それに対応して、あなたのいのちの輝きが立ち上るというもの。



あなたのいのちを敬愛し、その輝きを想うことで、
本来のいのちの輝きが立ち上るというものです。



そのエネルギーはすべてに偏在する、宇宙そのものである愛のエネルギーであり
私達をかたちづくっている光からなるものです。



そのエネルギーにより、不調和が調和に向かい、結果浄化が起きたり
本来の健やかなる状態になっていくというものです。



それは宇宙に遍満する愛のエネルギーが循環するだけなので
ヒーリングで疲れることはありません。




そして伝授では、本来持っている統合された、すべてを含んだ光が、
その人の個性に応じた光となって立ち上がります。


ですから、同じ色彩や周波数帯がコピーのように伝わるものとはかなり違います。





ただヒーリングの深さというのは、使う人によって違いがあって、
その人のいのちの輝きをどれだけ認めているか、
そして、人間がどんな存在であり、それをどれだけ敬愛しているかによって
その伝わる深さ、精妙さが変化します。



それは感じる感じない、見える見えないは一切関係ないのです。


そもそも本当に高い波動のものは見えないですし、
感じるとか見えるというのは、その人の翻訳機をどう通しているかという個性だからです。



見える見えない、感じる感じないに関わらず必要なエネルギーが必要なだけ流れます。


見えたり感じたりは、その人の意識の状態によってアクセスするところが変化します。



本当に高い周波数を感じていれば、「感じるちから」はとても便利で、人を導くための素晴らしいツールとなりますが、
感じること見えることに心奪われると、「エネルギーのお遊び」に終始してしまい、本質を見失うことになりかねません。



つまり四次元とか幽体は、現象界に近くて、「当たる当たらない」の面白さがあるために
そのお遊びの楽しさに夢中になって、大切なことを忘れてしまう落とし穴があるのです。


そうなってしまうと、いくらどんなに素晴らしい光であっても届く深さは幽体レベルどまりになってしまいます。




ですから、どんな時でも自分が常に輝き、相手の輝きをゆらぐことなく想うことが大切です。
自分の輝きと相手の輝きが共鳴して、美しい響きが起きるのが本来のヒーリングです。




私や仲間が行うヒーリングは、私達が世界と少しも離れていなくて、ただひとつのものであることを感じ、
一人一人を敬愛し、世界の美しさを感じるためのものであり、
そんな状態でやっていると結果的に病や痛みなどが消えていくようなことが起きるだけです。


つまり病を癒すのが目的なのではなく、おまけとして癒しや浄化が起きるというだけのこと。




伝授によってヒーリングが出来るからといって、ヒーラーになる必要はありません。
なぜなら、そのエネルギーはその人が存在するだけで、まわりに伝わるからです。




自分が使うツールの中で、そのエネルギーは立ち上り、伝わっていくからです。
どんなツールのなかにもそれが入っているというのは、真理と同じです。


そして魂が成長すればするほど、その働きかける力が大きくなっていくのです。



photo by Monden
e0039323_23194228.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-09-27 23:19 | セッション・ヒーリング | Comments(0)

驚異のヒーリング


実は約10日ほど前の話ですが、胸があちこち痛いと思ったら
なんとなんと!肋骨にヒビが入っていました!


それも驚きでしたが、整形外科の先生はヒーラー仲間で、
ヒーリングであっという間に治しました!
すげーっ! 





今日もご訪問ありがとうございます。
声と言葉であなたの本質を引き出す、ロックなハートの
真理のフェイスキーパー及川徳子です。




いやはや、まさか骨にヒビが入ってるとは夢にも思いませんでした。(笑)

いったいいつやっちゃったんだろう。


まさか夢見ている間にどこかに行ってたとか?(笑)



ともかく、突然胸が痛くなって、肋間神経痛かな~とか思いながら(たまーにあるので)
セミナーやってて、インナーマッスル目いっぱい使ってたら
バックを肩にかけても痛いし、ちょっと重いもの持っても痛いし、深く呼吸しても痛いし、
くしゃみしても、鼻をかんでも痛いし、包丁で野菜を切っても痛いので、なんなんだろうと思い、
内科と整形外科どっちに行こうかな~って迷いつつ、とりあえず整形外科に行ってみました。



整形外科の先生はヒーラー仲間で、実はいつも黙って患者にヒーリングしています。(笑)



久々に会って状況を伝えると、私の肋骨の一番痛い場所にちょっと触れてエネルギーを感じて
「あーこれ、ヒビ入ってますよ~」


で、レントゲンをとったらその通りでした。



私は何年も前に前世の浄化で咳をしすぎて肋骨を二本骨折したことがあるんだけど(笑)
その時の痛みに比べたらずーっとずーっと楽なので、骨にヒビが入っているとは思いませんでした。
まさかね。



そんで、手首を曲げて力が入るかなどチェックをしたら、右手が見事に力が入らなかったのだけど、
先生が一瞬ヒーリングして、「はい。これでもう大丈夫です。」


そうしたらあっという間に力が入るようになっちゃいました。


「え?」って感じ。



「あの、月末ダンスがあるんですけど・・・・・」
「あー、大丈夫大丈夫。」


「でも2週間位は痛いですから」
とのことでしたが、日に日に痛みは和らぎ、
治療から一週間で畑仕事してまったく平気だったもんね~。笑



先生は以前も、夫の半月板がめくれてたのを一瞬で治したのでした!


ヒーリングの腕が確実に上がってる!



ヒーリング自体のエネルギーももちろん素晴らしいのだけど、
やっぱり専門分野がある人がヒーリング使えるとピンポイントで出来ちゃうんだな~。



毎日何百人の患者さんを診ているわけなので、
その状態のエネルギーの微妙な違いを感じるのだろうし、
それに合わせたエネルギーと絶妙なポイントを習得しているのでしょう。



私が夫の骨折でヒーリングした時もかなり効いたけれど
整形外科医が骨にアプローチするのでは、その精度が違う。



どんな専門分野でもいいけど、自分のツールをいくらでも深く出来るのがヒーリングなのだね~。
あらためてヒーリングに感動してしまいました。




私はまたこんなことを体験したくてやっちゃったの?笑




ところで、胸が痛かった時に珠ちゃんに「どんな感じ?」ってメールして
「病気じゃなくて、全体的に神経が痛いのが広がってる」って言われてたんだけど、
翌日整形外科に行って治ったのを報告したら
「実は今日徳ちゃんがどんな感じかリサーチしたら
波動が昨日とまったく違ってたので驚いたんだよ~」と言ってて、
二人して先生のヒーリングに感動していたのでした。



ヒーリングはどんなツールもジャンルも深められるから
みんなやれるといいのにな~などと思ったのでした。



ところで何でヒビが入ったかは、いろんな要因が複合しているのだろうな~。

2年前大病により骨からタンパク質溶け出した可能性があるので、
骨がまだ完全に復活していなかったのかも。
調子にのらず、ちゃんとタンパク質摂らないとね~


あとは、胸の肉が薄いってこともあるし、
骨が細いわりに、私の腹筋背筋はかなり強いので、アンバランスで負担がかかるのかも。



少し気をつけよう~。

それにしても驚異のヒーリングだわ。

photo by Monden
e0039323_2243785.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-09-16 22:44 | セッション・ヒーリング | Comments(0)

ヒーリングすげーっ!

ヒーリングの素晴らしさは何度も体験してるけど
今回もまた驚き!


実は夫が突然膝の痛みで歩くのが大変になり、
特に階段の上り下りや、屈伸するのにかなりの痛みを伴うって状態になってしまった。


急にそうなったので状態を知るために夫は知人の整形外科へ。


そこの先生はヒーラー仲間なので、診察時にヒーリングもしてくれる。


以前夫が剥離骨折した時も、ギブスを使わず、ヒーリングしてくれて
「あとは徳子さんヒーリングしておいてくださいね」
で、あっという間に治った。


さて、今回はなんと!半月板がめくれていたらしい。

半月板損傷ってプロ野球選手がよくなるよね?

めくれるって?


夫はびびって「手術ですか?」と訊いたらしいのだけど
先生がヒーリングしてくれて、
「はい。治りました。」


「え?」


「もう大丈夫です。念のため機械かけておきます。」


そんな感じであっという間に治って、
痛みもとれ、普通に歩けるようになった。

すごいなー。



毎日何百人と診察・治療しているから
骨折にはこのヒーリング、半月板にはこのヒーリングってコツがあるのかもしれない。

さすがに専門医のヒーリングはピンポイントで効くのだなぁ~と感動!


日本酒やワインもヒーリングで味を変えることが出来るけど、
興味がない人が変えるとアバウトな感じで変わる。
でも、ものすごくお酒の味がわかっている人が変えると
微妙なニュアンスに変化させることが出来る。


それと同様に、リアルにその状態がわかる人だと
ピンポイントで効くのだろうなー。



施術に関わる人やお医者さんがみんなヒーリング出来たらいいのに。
具体的イメージがあればなおさら治療の効果が上がると思うから。



かと言って肉体の具体的イメージがなくても、
いのちの輝きを思えば、その人のいのちのエネルギーが立ち上るから、
そのヒーラーによって個性があって、それぞれが素晴らしいのだと思う。

血液を思えば血液が、細胞を思えば細胞が活性化する。


自分で時々やってる胃上げヒーリングも、

あっという間に胃がむくむく移動するしな~。


意識、エネルギーは制限がなく自在だからねぇ~。

ヒーリングは面白い。
[PR]
by chandra-k | 2015-03-13 23:57 | セッション・ヒーリング | Comments(0)

ヒーリングの効果

私は胃下垂なので、最近自分で胃上げヒーリングをしている。
内臓が下垂していると冷えるので。

前にも書いたけど、胃上げヒーリングをすると
胃がぐぐぐぐっと波打ちながら上がっていく。

最近夜布団の中でやってるんだけど
最初はけっこう下がっているのに驚くほど上がる。
翌朝もいい感じに上がったまんまなんだけど
夜までにまた下垂しちゃうんだよね~。

ずっと上がった状態を保っていられないってのは筋肉が弱っているせいなんだろうか。

ってことで気が付いた時に胃上げをやっていたら(5回位やったかな)
だんだん安定してきたもよう。

昨日オステオパシーの治療に行った時に
以前より胃が上がっているので驚かれた。

この調子で続けたらいい感じに内臓の位置が定まりそうだわ。


あと、つい先日面白かったのが高熱が出た珠ちゃんのヒーリング。
37度位なら、身体が頑張って浄化しているのでほっとくのだけど、
今回は二日間39度の熱が下がらないっていうので
それはちょっとキビシイからと遠隔ヒーリングした。

高熱に効くヴェルヴェッドブラックでヒーリング。
(高熱のヒーリングを今までしたことがなかったから実は一度も使ったことがなかった)

これがまたすごく効いたらしい。

珠ちゃんが言うには、熱で荒れた波動にヴェルヴェッドブラックはピッタッピタッと寄り添い
その荒れた状態を鎮静化してくんだって。
へーぇ。そうなんだ。
詳しくはこちら http://artandlove.exblog.jp/23462345/

確かにヒーリングした日の夜中にチェックしたらかなりいい感じになってて
翌朝もエネルギーが安定していたのでメールしたら平熱になっていた。

ヴェルヴェッドブラックの威力恐るべし!



それからここ何日か夫が胸が苦しいとか言ってヒたけど、ヒーリングしたら少しの時間で快復している。


ヒーリングってやっぱり効果があるわぁ。
私は実感があまりないけど、結果で実証させてもらってる。

一家に一人ヒーラーがいたらほんとにいいと思う。

Photo by Monden
e0039323_1831355.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-02-14 18:32 | セッション・ヒーリング | Comments(0)

胃上げヒーリングでウエストダウン&冷え解消

先日久しぶりに胃上げヒーリングをした。
ヒーラー・セラピスト仲間でやりっこする。

みんな6cm~8cm胃が上がり、
ウエストも2~4cm細くなる。

胃下垂になってるとお腹が出ちゃうもんね~。
それに胃下垂になると内臓が下がって循環が悪くなるので
老廃物も溜まりやすく冷えの原因にもなる。

胃上げヒーリング中は、私の場合胃がうねうねしながら上昇。
胃が波打っちゃってた。
生きてるみたい~。って、生きてるけどね。


人によってはお腹がぎゅるぎゅる音をたてながら上がっていく。
面白すぎ!

なんて胃は素直なんだろう~。

さらに老廃物をとるヒーリングですっきり!


普通のヒーリングは精妙なエネルギーなので、敏感じゃないとさっぱり実感がないけど
胃上げヒーリングは実際に胃が動くのが認識出来るからわかりやすいかもね。


でも、生活習慣でまた下がる可能性があるので、
自己ヒーリングしたら、昨夜は若干また下がってたみたいで
ぐいぐい胃が動いて上がったのがわかった。


さて、今日は夫の胃上げ実験。笑
本人は動いた実感がなかったようだけど、ウエスト4cmダウン!
さらに老廃物をとったら「軽くなってすっきりした気がする」との感想。

しばらくやってなかったけど胃上げヒーリングいいかもね。


そういえば今日体温を測ったら36.8に上がっていた。
いいかも~。


冷え解消と言えば、最近のお気に入りは「足湯たんぽ」
ウェットスーツの生地で作られたブーツに熱湯を入れて温める。
ソックスのまま履いて動けるし、3時間以上は温かい。

これを履いていると身体がほかほか。

「ぐわしゅ!ぐわしゅ!」と音をさせながらのっしのっしと歩くので
ロボットや怪獣になった気分でめっちゃ楽しい~!

私が歩く姿を見て夫は笑っている。はは。


あとは毎朝、梅醤番茶に生姜をすって飲む。


それから「背中ゆらし枕」も冷えにいいらしいってことで購入したけど
まだ検証していないので、これはそのうち結果報告をしよう~。



来年はよもぎ蒸しをやる予定なので楽しみ~。
心も身体もほっかほかで年を越しましょっと!
e0039323_23563078.jpg

e0039323_23564981.png

[PR]
by chandra-k | 2014-12-29 23:57 | セッション・ヒーリング | Comments(0)

ヒーリングのメカニズム

昨夜の話。

夫が「腹が痛い!かなり差し込むように痛い!こんなの初めてだ!」というのでとりあえずヒーリング。

しばらくすると内側から「痛み」が出てきて、無くなっていった。

「あ、よくなったみたいだ。何で痛いのとれたんだ?」

「え?ヒーリングしたから。」

答えになってない。(笑)


でもさー、ヒーリングのメカニズム説明しても興味ないでしょ?

肉体は、細胞も骨も筋肉も血液も体液もすべて振動数が違ってて、異なった振動波の集合体であり、光の集合体という事も出来る。
本来はピカピカに光輝いているし、全体で調和しているけれど、本来の周波数からずれたり、不調和になった時に不具合が出現する。

それを調えていくのがヒーリングで、内側から本来のいのちの力が立ち上ることをサポートする。

別に治しているわけではなく、本人が治っていくのをお手伝いするだけ。

なんてこと言ったって、多分10秒位で興味を失うよね。


未だにヒーリングには疑問をもちつつも、以前2回ほど剥離骨折してヒーリングした時に、見事に翌日歩けるようになった事実は受け入れているので、痛いとヒーリングを要求する。(笑)

でもおかげで、私はヒーリングの素晴らしさを実証することも出来ているし、自分のヒーリングに確証を持つことが出来るようになってるから、大変ありがたい。感謝!

e0039323_16221088.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-08-18 16:23 | セッション・ヒーリング | Comments(0)

治癒のプロセス

先日入院・手術をして退院したMちゃんが、体調がなかなか戻らないというので連日遠隔ヒーリングをしていた。

最初は何も考えないでアクセスしたら、魂の美しさを感じてピッカピカでどこも問題なし。(笑)


「お腹がツラいし、食べてもさっぱり栄養にならず、どんどん出てしまって激痩せ」というので、今度は細胞にアクセス。

細胞がピッカピカに輝いて、働いて、どんどん栄養を取り入れているイメージでヒーリング。

そうしたら、スイッチ入ったみたいに出るわ出るわ!かなーり痛い。


痛さは感じつつも、フォーカスするのは完全な調和のとれた健やかな状態。

とめどなく痛みが出てくるので、長い時間、何度も間をおきながら、毎日やっていたらかなり回復してきた。


以前より私が身体のことを学んでいるせいか、身体に対するアプローチが明確になってきたみたい。


よくヒーリングによる味変えで、ワインのことを深く知っている人が、微妙なテイストに味を変えることが出来たり、治療師がヒーリングすると、よりポイントをおさえて効果的なヒーリングが出来たりするのに似ている。
そういえば看護師だったあっちゃんがヒーリングする時は血液に働きかけて効果をあげてたな。

免疫系を学んで、イメージ出来るとヒーリングによる効果的な様々なアプローチが出来るかもしれないなー。



Mちゃんから「逢いたいっ!」とラブコールをもらってデート。
私の体験などを話していると、身体や心、感情の学びでかなりの共通点があって、お互いに会って話すことがとっても意味があったんだなーって思う。


ところで、Mちゃんはお腹の中のザワザワが止まらなくて、それがだんだんハートに上がって行ってどうしようもなくなったと言っていた。

それに似たことを私も体験していたからよくわかった。
私の場合は足がずっとザワザワしていて、どんな時もザワザワが止まらす、それにフォーカスしてしまうと、その振動が体中に広がって心臓もドキドキして来て、身体中が粗い振動になって自分のチカラではどうしようもなくなってしまったこと。

ほんの小さなザワザワなのに、それが何だかわからず不安の想いでフォーカスすると、自分は何でも創りだす力があるために、変なものを増幅して創りだし、その幻想がとんでもない大きなものになってしまう。

そんなスパイラルにはまってしまった時は、いくら独力で立て直そうとしてもどうにもならない時がある。
その時は「ヘルプ求めていいんだよ」って伝えた。

実際私もはまってぬけられなくなった時は珠ちゃんと久美ちゃんにヘルプ求めてサポートしてもらった。
あの時はありがとう~!!!

色々体験して、今あらためて思うに、
そのざわざわはもともと自分が閉じ込めていた恐怖感であったりもするので、まずはそれを持っていることを認めて受け入れて、抱きしめることが大切。
だけど、すべてが気持ちだけの問題でもないような気がする。

細胞というのはその恐怖のエネルギーなどを記憶していて、古い細胞が代謝によって体表に出てくる時に、その粗い振動を解放しているみたい。

新しいピカピカの細胞が日々創られているけれど、それは古い記憶を持った細胞と同居するわけで、その両者は周波数に大きなギャップがあるために、違和感があったり、バランスが取れないのではないだろうか。
(人というのは状態が悪いなら悪いなりに調和をとって機能するものだから、まったく違う状態の細胞が同居する時はきしみが出るのも当然なのかもしれない)

そのザワザワは細胞が変化していく、調和に向かう過程で起きているのだと思う。
その解放の過程はTREに似ているな。


その他、私の場合は一時手足に力が入らない時があった。
そうなった時はとても驚いて検査してみたら全く異常なし。
やがては普通に戻ったのだけど、人の身体の治癒の過程というのは不思議だ。

身体の組織の代謝のサイクルはすべて時間が違うのでギャップが出るのかもしれないなー。


体験しないとわからないことって色々あるなぁ~。と、思った次第。


いつもその人のイメージでカップをサーブしてもらえるホシヤマ珈琲。
その時サーブされたカップはエルメスのアンティーク。
今回はこんな感じに見えたのかな?

e0039323_18393728.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-07-19 18:40 | セッション・ヒーリング | Comments(0)

ヒーリングって。ご感想いただきました。

ヒーリングって誰かを治してあげるものではない。
あくまで本人が治るのをサポートしてあげるもの。

昨日の記事にも書いたように、本来身体は治りたがっているし、発展・調和の方向に向かってるので
そのベクトルに向けてあげるお手伝いをするもの。

勝手にやってるのではない。
本人が無意識でも了承しないと出来ない。

それからヒーリングも多次元なので、エネルギーによって働きかけるところが変わってくる。

あるレベルで見ればエネルギーを送ったり、入れたりするように見えるだろうし
別のレベルで見れば、本来のエネルギーが本人の内側から立ち上がってくる。

ヒーラーが見ている世界が、相手の中の世界に共鳴して振動する。

常に相手のいのちの輝きをみていれば、その人の中のいのちの輝きが共鳴して立ち上がる。
そんな感じ。



たとえあなたがどんな状態であろうと、私はいのちの輝きを見続ける。

だからヒーリングは私もとっても幸せな気持ちになるの。



30代のMさんからヒーリングのご感想をいただきました~!

1)ヒーリングを受ける前に感じていたこと
土日になると必ず体調を崩しがちで、
ひどく眠くなるということが重なっていました。
平日は夜眠ろうとしても眠れず、夜更かししてしまい、
早起きしたいのにできないという生活を繰り返していました。
そのため、気づいていないうちに、
全体的に疲労しているかもしれないなと感じていました。
仕事で頭を使って考える作業がほとんどなため、
常にクリアな脳で物事を考えることが出来たら良いのにと思っていました。

2)ヒーリングを受けた後どうなったのか
ヒーリングを受けている最中、手をあててもらったところが、
とても温かく体の中を何かが流れているのを感じましたし、
実際に血流が良くなっていることが体感だけではなく、
手のひらの色からはっきりとわかりました。
自分で思っている以上に、頭を酷使していたことや、
前日までに不調をきたしていたところ、
慢性的に感じていた肩こり、
自分では気がついていなかった不調までもが
スッキリ取り除かれたように感じました。
受けた後、体の全体が軽くなり、これまで以上に
やる気と自信が自分の中にむくむく湧いてきたように感じました。
定期的にヒーリングしてもらうことで、体の中の不調を
調和のとれた状態になるんじゃないかと感じ、
またヒーリングしてもらいたいと思ったし、
自分でもヒーリングできるようになりたいと思いました。

3)どういう人に勧めたいのか
気力があればなんとかなると考えて無茶しがちな人
自分でやりたいことがあるのに、なかなか思うように
力が発揮できていないと感じている人
どこが不調なのかよくわからないけれど、
なんとなく調子が出ないという人に勧めたいです。


私もしあわせです!
ありがとうございました!
e0039323_1652541.jpg

[PR]
by chandra-k | 2014-07-08 16:53 | セッション・ヒーリング | Comments(0)

ヒーリングドクター・セラピスト養成講座

大震災から100日。
あらためて感じる爪痕と供養の様子に、
沿岸部に駆けつけて出来ることをしたいという気持ちにかられるけれど
自分がやるべきこと、出来ることをまたあらためて考える。

避難所をまわり、ヒーリングをしながらお話をして喜んでいただいて
とても嬉しかった。
無我夢中だった時を越え、これからますます沢山の人が、
心や体の疲れや不安、ストレスを感じてゆくだろう。
それは被災地の人に限らない。
ボランティアでサポートしている側もまた同じ。
復興の道はこれからまだまだ続く。

そんな時、沢山のヒーラーが必要だ。
ハートを定めて、沢山の人に光を、輝きを与えることが出来る人が。
疲れた心と体を癒すことが出来る人が。
寄り添って、希望の光を指し示すことが出来る人が。

だとしたら私に出来ることは
沢山のヒーラーやセラピストを育てること。

大津先生が伝えて下さる宇宙真理は素晴らしく、
本当に一番大切な中心となる教えだ。
大津先生ほど人を変化さる人を私は知らない。
それは本物の根源の教えだから。
そしてその教えとエネルギーを受けてみんな意識の周波数が上がっている。

大津先生の教えはすべての中心となる教えだから
あらゆることに、どんな風にも応用が出来る。
宇宙の基本法則。一番根本となる原理。
でもそれを三次元の中で、日常生活の中で、自分の生き方の中で
落とし込み、機能させていくには本人の経験と自己探求が必要。
それがまさに中身を詰めるということ。

それをしないと、せっかくの素晴らしい真理が本来の輝きとして
その人の中で働かない。

大津先生に出会ってから8年間
私は自分の体を使ってそれを試行錯誤しながら実証してきた。
(骨折までして、まさに体をはって)
そしてそこで学んだことを言葉で具体的に伝えることが出来る。
宇宙真理を智慧として活かすためのやり方などを。

これから誰かを癒したり、力になりたいと思う人のために。
震災復興のため沢山の人に寄り添いたい人のために。
かつての私のような人のために。
すでにどこかで伝授をうけてヒーラーになっていても
意識について学んでいなくて、ヒーリングするたびに
「うけたり」「もらったり」してしまう人のために。
意識の周波数は高くなっても、それが日常と分離していて
かえって苦しくなっている人のために。

これからヒーリングドクター・セラピスト養成講座をやろうと思う。
私が学んできたことを体系的に伝える講座。
伝授を受けたい人も、すでに受けている人にも役にたつものを。

誰もがハートに中心を定めてしっかりと楽しく生きていけるように!
[PR]
by chandra-k | 2011-06-19 00:19 | セッション・ヒーリング | Comments(2)