「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:イベント( 3 )

希望の光(朗読会と311星空プロジェクト)

久々の更新です!
あらゆることが忙しすぎて、ブログが後回しになっていました。ごめんなさい。
大きい声では言えませんが、じ、実は確定申告も終わってません・・・・。
(還付申告に限っては3/15過ぎても大丈夫ってことに甘えちゃってます。)


まずは3/10エルパーク仙台で開催の
「声×音×絵 稲吉紘実・絵のない絵本朗読会」に
お越し下さった皆様、サポートして下さった皆様本当にありがとうございました!

おかげさまで満席にて終了することが出来ました。
そしてご参加の皆様から「行ってよかった!」「素晴らしかった!」
「素敵なイベントを企画してくれてありがとう!」などという言葉を沢山いただき、
本当に嬉しかったです。




久美ちゃんこと佐々木久美子さんと、阿部聖さんによる
「おおごまだらになりたい」は、生きる喜びと希望に溢れ、
自然は決して約束をやぶらないという宇宙の法則の確信を感じたステージだった。
生きとし生けるものを見つめるあたたかな眼差し。
そして希望を胸に自分の物語を描いていけるといういのちの輝きを感じるものだった。
(ちょうどその日はその本の発売日。)

そして私が朗読したのは「この星が絵でうめつくされたら」
この物語と出会った時にまっ先にやってみたいと思ったクリスタルボウルの遠藤園子さんとのステージ。
星の響きを持つクリスタルボウルの音色と共に、宇宙の悠久の時の中で、星の物語を静かに紐解いてゆくような感覚だった。
そしてその物語は螺旋を描きながら宇宙全部に広がって、宇宙の星星と響き合うような・・・。

そして、みんなで大きな天竺木綿に描いた絵。
子供達は本当に楽しそうにわいわい描いていて、思い思いにバラバラに描いた絵が集まると、全体で大きな絵として、アートとして成立するということを体験して、まるでこれは地球に住む私達のようだと感じる。
いろんな人がいて、いろんなことを思っていて、でも理屈じゃなくひとつとして生きている。

描き終えた子供達にインタビューしたら
「楽しかった。みんなと心がひとつになった気がした。」と笑顔で答えてくれたのがとっても嬉しかった。

東京から絵本の著者である世界的デザイナーの稲吉紘実先生もお越し下さり、アートの力についてお話下さった。
私達の目の前にあるものは最初誰かが頭の中に描いたもの。
アートから始まり、私達は世界を創造してゆくことが出来る。
稲吉先生の言葉から勇気をいただいたという感想も多くあった。

描かれた絵は、稲吉先生が理事長で、河原裕子会長のアース・アイデンティティ・プロジェクト「世界一大きな絵」のプロジェクトに贈らせて頂き、世界中の子供達の絵と一緒になって2016年リオのオリンピックで披露され、やがて未来の子供達に贈られる。

自分の描いた絵が大きな世界の一部であり繋がっていくって、わくわくするな。



そして3/11はびすた~りで、「311繋げよう希望の光」に参加した。

今年エジプト国が被災地三県(岩手・宮城・福島)の中高生をエジプトクルーズに招待したのだけど、そこに参加した高校生から「エジプトに行って、一生懸命生きている子供達に触れた。自分達がどれだけ恵まれていたかも感じた。無いものではなく、あるものにフォーカスして感謝して生きてゆきたい」というスピーチがあり、感動。

稲吉紘実先生と宮城大学の風見正三先生との対談「復興とアートⅡ」は面白く
いくらでも聞いていたかった。
もともと私が稲吉先生と絵のない絵本に出会ったのが「復興とアート」というセミナーで、それはこれからもシリーズ化しそう。
アートは魂を解放し、そしてそのクリエイティビティを持った魂同士が繋がり、出会い続けてゆくことで世界は変わっていく。
話を聞いてるだけで、魂が無邪気さを取り戻して、行動したくなってくる。

そしてパーソナルサポートセンターえんがわの方々が作られた色とりどりのキャンドルに火を灯し、ここに存在することのかけがえのなさと、大切なものを感じながら世界中の人々と希望の光を繋げる311星空プロジェクト。

その後「この星が絵でうめつくされたら」を私が朗読。
今回は珠ちゃんこと前川珠子さんのピアノとのコラボ。
実は珠ちゃんの音を聞いたこともないのに依頼し、一回ちょっとしか合わせずまさにその場でのセッションだったんだけど、珠ちゃんとは深いところまでお互いを理解しているし見ている世界を共有出来るので、私が感じている宇宙の意思と希望。本質的なものをあらわせた気がする。


そもそも稲吉先生のこの作品と昨年8月に出会い、読ませていただきたいと言った時、稲吉先生は私のことをどこの誰ともわからないのに快諾して下さった。
それは私がこの作品を微笑みながら聞いていたからと先生はおっしゃっていたけど、見えないところで魂同士が通信したっていたとしか言いようがない。

私はこの作品は多次元的なものだと思っている。

昨年12月に私は自分の番組の中でROCKの様々な曲と共に読んだ。
それはある意味、大きな絵のように色々なそれぞれの世界を繋ぎ合わせながら、全体として成立するような世界の共有といった感じだった。

それに対して園子さんとの朗読は
星の記憶、宇宙の記憶に織り込まれた物語を読み解いてゆく感じ。
そして、珠ちゃんとの朗読は
物語そのものが生きて働いているという感じだった。

「絵のない絵本」は自分で直接本に絵を描いて世界に一冊だけの本を作ることが出来るというものだけれど、実は私達が生きるということは、あらゆる次元の中に自分の物語を描いていけるという、多次元的しくみなのだと私は思っている。

アートは次元を超える。
それはダンスや、音楽とも同じ意味。
いのちの輝きにフォーカスして、自分自身の物語を描いてゆく。永遠に。
そしてその物語そのものが生きて働いているのだ。と、私は思っている。


素敵な写真はすべてNao ANJOさん!
この写真どうようにご本人もとっても素敵でいかしている!
http://ameblo.jp/ldfc/

e0039323_04525100.jpg

e0039323_045562.jpg

e0039323_0463598.jpg

e0039323_0465943.jpg

[PR]
by chandra-k | 2013-03-29 00:47 | イベント | Comments(0)

声×音×絵 3月10日朗読会を開催します!

3月10日(日)女優の久美ちゃん(佐々木久美子さん)とクリスタルボウル奏者でありホリスティックセラピストの
遠藤園子さんと一緒に朗読会を開催します!


今日はそのミーティングと音あわせでした。。


そもそもの始まりは昨年の8月。
宮城大学事業構想学部・副学部長・教授である私の大好きな風見正三先生と、世界的なデザイナーの稲吉紘実先生による「アートと復興を考える」というセミナーに参加した時のこと。

稲吉先生はマーク・ロゴデザインの第一人者であり、世界を代表するCIデザイナーのひとりで、タイ国王、ブルネイ国王、ダライ・ラマ法王、ムハマド・ユヌス博士をはじめとする多くの人々のパーソナルデザインを手がけ、アーティストとしてグローバルに活躍されている方。

その稲吉先生が書いた「絵のない絵本 この星が絵でうめつくされたら」という作品にその時出会い、「これを私が読みたい!」と思ってしまったのです。
そしてその気持ちを稲吉先生に直接伝えると快諾して下さったのでした。

実はそのセミナーの最中なぜか稲吉先生とずーっと目が合っていて、稲吉先生にご挨拶した時
「目が合ってましたね。」と言っていただきました。

これはもう見えないところで何かがカチッとはまった感じでした。
私が次にすべきことがわかってしまったとしかいいようがないのです。



稲吉先生が書いたその物語は、その星に生きるもの達が絵を描いて、その星の傷を癒していくというもので、それを聞いた時に、私が賛同し活動している「311星空プロジェクト」への想いが連動し、
3月に稲吉先生の本を朗読するイベントをしたいと思ったのでした。

朗読する時は、倍音の響きが広がり、星の音がするクリスタルボウルの音にのせて話したいと思い、
その時に私の中に浮かんだのが大好きな遠藤園子さんです。

そして、さらに前々から久美ちゃんとも一緒に朗読のステージをやりたいと思っていたので、もう一つ何か作品を久美ちゃんに読んでもらいたいと思っていたところ、稲吉先生の「絵のない絵本」の新作が3月に出版されることになり、それを読ませていただけることになったのです。
それは「おおごまだらになりたい」という、両親を亡くし、自らも傷付いた少女が、白と黒のごまだらの美しい模様をもつ蝶に憧れるという新生と希望の物語でした。



私は常々、アートや音楽、ダンスは次元を超えると思っています。
色々な対立があったとしても、(たとえ今は違った方向を向いている人でも・・by東ティモールの言葉)それらは対立の次元をはるかに超えて新しい世界を創るための大きな力になると信じているので、朗読を聞いてもらった後、みんなで絵を描きたいと思いました。

大人になるとなかなか絵を描く機会はないかもしれません。
とくに大人は人と比べて評価をしてしまうから。
でも、とりあえず描き始めてみたら、なんだか急に楽しくなったり、思いがけず自分の中に何かを発見したりすることが出来るかもしれません。
またその時間をみんなでシェアすることで何かが生まれるかもしれません。
その時はわからなくても、後でわかることもあると思うのです。
だから、みんなで一緒に絵を描きたいと思いました。



これまで何度も稲吉先生とメールのやりとりをさせていただいたのですが、メールを交換すればするほど、共鳴するところが多くて、必然で出会った感じがしています。

稲吉先生は真剣に平和について考え、ずっと行動し続けている方で、
「綿綿と続いている、すべての2項対立の争いの歴史をここで終わらせたい。誰かと、どこかと、何かと争うということを終息させるだけでなく、自分自身との争い、そう、自分を責めたり、否定するとかの、自らとの争いも人類一人一人に終わらせてもらいたい。」
「いずれは平和という言葉すらなくなってしまうような、永遠の平和な世界を創造していきましょう。」と、メールに書いて下さいました。

まさに私もそう思っています。
この世界には善悪はないのに、善悪を作り出して争ったり、自分の中に悪を作り出して否定したり・・・そんなことを終わらせる、善悪を超えた愛の世界こそを目指しています。
稲吉先生がおっしゃることに心から共鳴します。



このイベントについて、「いったい震災イベントなのか平和イベントなのか?」と言われるかもしれません。
でも私にとっては「再生と希望。そして調和した新しい地球の未来を創ってゆくこと」というテーマですべてが繋がっているのです。


私が想い描く世界、そして、稲吉先生の作品の中に私が感じる沢山のこと。
それを私は言葉を超えたところで伝えられたらと思っています。


それからチラシは、ドキュメンタリー映画「カンタ!ティモール」仙台上映会実行委員長で、平和のことをずっと考えて続けてきた広島出身であるデザイナーの阿部佳世さんに(彼女の波動もここに欲しくて)お願いしました。

みなさん是非是非当日いらして下さいね。
一緒に時間を過ごしましょう。



2013年3月10日(日)
14:00~16:00(開場13:30)
エルパーク仙台スタジオホール(141ビル 仙台三越定禅寺通館6階)

料金 大人 1.500円 高校生以下 500円(未就学児の入場は出来ません)

チケットのお問合せ・お申し込み 

告知ーズ
http://kokucheese.com/event/index/68477/

または
ラブ・リブ・ライフ・ジャパン 
TEL090-1496-6844 rock-stars☆nifty.com(☆を@に変えてお送り下さい)
http://ameblo.jp/lovelivelifejapan/

朗読の後、みんなで天竺木綿にポスカで自由に絵を描きます。
参加は自由ですが、よろしければご参加下さい。
画材はこちらで準備しますが、ポスカをお持ちの方はご持参下さい。


同時開催
世界一大きな絵2016 in 仙台 2013310
「絵のない絵本・この星が絵でうめつくされたら2010~2020」の展覧会


【絵のない絵本】
絵のない、文字のみで構成されている絵本で、子どもから大人まで、
一人ひとりがこの絵のない絵本に書かれている物語にそって、本そのものに直接絵を描き、世界で一冊だけの絵本を創作するという、これまでにない趣旨の絵本。
絵本の収益金の一部は広島・長崎の市民による平和活動、東日本大震災・福島第一原発事故被災者の支援活動に寄付されています。


【世界一大きな絵】
世界中のすべての国々の子ども達の描いた絵をつなぎあわせて、国や宗教・人種を越えて世界が絵でひとつになることを願うもので1996年にスタート。2012年12月からは163カ国の在日大使館を通じての各国の子供達の絵や日本全国781市の子供達の絵をつなぎ合わせ、一枚の世界一大きな絵を製作し、2016年のリオ・デ・ジャネイロオリンピックで披露される予定となっている。


この企画は「311星空プロジェクト」とも連動しています。
【311星空プロジェクト】
東日本大震災の起きた14:46から6時間後の20:46から1時間あかりを消して、
大切な人と大切なことを感じながら過ごそうという心のイベント。
震災の夜、灯りを失った空には見たこともないような満天の星。
普段の生活の中で見えなくなっていた大切なものをあらためて感じ、その星空を象徴にして、星空の先にある希望といのちの輝きを見続けていこうというもの。何が起きても損なわれることのない星空のような大切な輝きを。
星空に託した想いで地球を包み、ひとつの想いで世界が繋がることを願っているプロジェクト。
[PR]
by chandra-k | 2013-01-11 02:12 | イベント | Comments(0)

らぶりぶ忘年会

「らぶりぶの忘年会しない~?」という久美ちゃんの一言で始まった企画。
年末の夜に主婦は家から出られるのか?
なんてぇことは全く関係なく、21人が集まった。
あ、勿論主婦だけじゃなく男性もいるよ。

他にも参加したかったのに予定が~って残念がった人や
年末デトックスで急遽参加出来なかった人も沢山いたけど。

私がエガちゃん好きなので、久美ちゃんがエガちゃん入りの
すんばらしいメールでご案内を作ってくれた!

場所はタイ料理のサバイサバイ。
前に久美ちゃん、珠ちゃん、ひろみんと一緒に
ホンジューン体操を体験した二階のフロアで、
タイのカラオケ?がBGMで、ミラーボールまでまわっている。
で、50人位かる~く入るところで、完全セルフで飲み放題。

前に別の企画で行った時も飲み放題で6時間近くいたのだけど
今回も気づいたら5時間半。
このゆるさがたまらない~っ。

年末ということと、お互い初対面の人もけっこういたので
一人ずつ自己紹介をしながら、来年の抱負を語り
それに対する天使のサポートってことでエンジェルカードを一枚ひき
それを発表!

ひとりひとりがひいたエンジェルカードが本当にまさに!
それぞれが語ったことに見事にリンクしていて
やっぱりエンジェルカードってすごいわ!

一番すごかったのはデンジャラスゆかちゃんが
「こんなこと言ってると謙虚って出るんだから!」なんて言って
ひいたら、本当に「謙虚」のカードが出て大爆笑!

今年NPOのLOVE☆LIVE☆LIFE☆JAPANを作り
「心と身体と魂と宇宙(地球・自然)との調和」をテーマに
みんなと一緒に活動を始めた。

今年になってから、特に震災後出会った人がどんなに多いことか!
今回の忘年会のメンバーにも沢山いる。
しかもずーっと前から知ってるみたいが深く関わっている。
それはこれからもっともっと加速するだろう。

来年はついにやってくる2012年。
心のままに嬉しいことをどんどんやって沢山の人に出会っていく。
ここがみんなが地球家族として生きられる地上天国となるために
貢献していこう。
楽しく、笑いながらね!

それが私の抱負。

そしてひいたエンジェルカードは「ジョーカー!!!」

これは素晴らしい。
ジョーカーはスペシャルなの。特別のギフト。キモ!

みんなでおしゃべりして、大笑いして、楽しかった
らぶりぶ忘年会!

次回は参加した~い!という人続出なので
忘年会関係なくまたやろうね!
e0039323_22535156.jpg

[PR]
by chandra-k | 2011-12-28 22:32 | イベント | Comments(0)