2015年 11月 08日 ( 1 )

ワンディヴォイス講座ご感想をいただきました。

昨日はワンディヴォイス講座でした。


なんと、横浜、秋田、岩手からも
はるばる講座にご参加いただきました。


そうやってお越しいただけること、本当にありがたく嬉しいです。




今日もご訪問ありがとうございます。
声と言葉であなたの本質を引き出す、ロックなハートの
真理のフェイスキーパー及川徳子です。




ヴォイス講座はカルチャーでの全4回バージョンと
ワンディヴァージョンがありますが、
ワンディは10:00~17:30までフルスロットルで駆け抜ける感じです。



私も常に色々学んでいるので、お伝えしたいことが増えて来て
以前やっていたものよりは内容が濃くなっています。

それをワンディでお伝えするのでいつもモリモリの内容です。



もしかすると2ディズセミナーにしてもいいのかな~。なんて最近考えてます。




さて今回もご感想をいただきました。
(まだいただいてない方もありますが)



○以前より受講したいと思っていたワンディヴォイス講座、
参加できて本当に良かったです。


心地よい空間での エッセンスがギュッと詰まった濃いレッスン、
あっという間の1日でした。


今回いろいろなワークを通して改めて実感したのは、
いかに『想い』『心』が大切かということ。
頭ではわかっていても、上手く話そう しっかり伝えなくてはと
ついつい形式的なことに考えがいってしまいがちで、
一番大切な、想いを伝えること をおろそかにしがちだったことに気づきました。


誰に、何を伝えたいか…意識のベクトルが大事なのですね。


言霊についても いくつかの実例や資料を可視化できたことで
(トゲトゲの赤血球、歪んだ水の結晶…は衝撃的でした!)
改めて言葉の使い方、選び方を意識していこうと思えました。

絵本読み聞かせ等で目を閉じてお聴きした及川さんのお声の
包み込まれるような心地よさに感動しました。
あの時感じた温かな感覚が 今もまだ私の中に残っています。


また、呼吸法や発音についても丁寧に指導いただいたことで、
自分の弱点と改善法が明確になりました。練習も楽しくなりそうです。


最後のヴォイススキャンも興味深く、また機会があれば受けてみたいと思います。
本当にありがとうございました。
(Hさん)



○楽しく受講できました。
話を聞きながら、仕事の時にこうしてみようとか、沢山の人を前にして話す時はこうしようなど
日々の生活の中で活用できる内容でした。


人に対して「ありがとう」と言う時や、感謝の気持ちを伝える時に全然顔面を動かしていないことを再度自覚しました。
くせなのでなおすことが出来る!なおす!と思いやりたいです。
口角をあげた方が自分も相手もHAPPYですもんね。


ふだんネガディブ思考で、母親もネガティブ思考というのが、徳子さんの例えの話しで「その通り!」と思いました。
この気づきをなおします。
(Yさん)



○声の出し方、呼吸、姿勢を正すことで、声の出方に差がはっきり出ていたのが嬉しかったです。


自分の思いを言葉にのせて伝える重要さを学びました。
帰宅して早速実践します。ありがとうございました。
(Kさん)



○声の出し方、伝え方に迷っていました。
しゃべると疲れる、音読すると喉が痛いなど課題がたくさんありました。


自分がどうやって声を出していたかやっとわかりました。
せっかく出す声だから、もっと効果的に使っていけるようんいトレーニングします!


「コトダマ」もすっごく感激!物にも人にも影響を与える声をもっと大切に使っていきます。
ありがとうございました。
(Mさん)



○うまくしゃべれないことに長年コンプレックスがありましたがその原因がわかってよかったです。
地道に毎日練習してきれいな発声が出来るようになりたいと思います。
(Hさん)



○ありがとうございました。これも骨格ですね。骨格好きなんですね、私。
プロのお話が聞けてよかったです。
相手に伝えたい想いを伝える方法がわかったような気がしました。
(Kさん)




みなさまご参加ありがとうございました。

すぐに日常で使える内容ばかりだと思いますので、
是非是非活用して下さいね~。

参加いただいた皆様が仲良くなるのも嬉しいことの一つです。




ところで、また来月開催のご希望をいただいたので
12/5(土)またワンディヴォイス講座を行います。

今年最後のヴォイス講座です。
是非ご参加下さいね~。


お申し込みはこちらまで
http://ws.formzu.net/fgen/S3605749/

e0039323_2245055.jpg

[PR]
by chandra-k | 2015-11-08 22:05 | ヴォイスセミナー・ワーク | Comments(0)