真我そのものが生きて働き給う

最近の日記の続き。

肉体このままで創造の源であり、愛の表現体であるということを
頭ではなく体験で実感し、それを疑いようがなくなったのは今年に入ってから。

そして先日 私の中で月と太陽が一体化したことで
私は自分自身が中心となり宇宙真我を顕わしてゆく決断をし
その時期が訪れたことを知った。

今まで「真我を顕わして生きる」と言いながら
その言葉の中に、真我を顕わしきれていない表面意識の自分と真我の間に距離を認め
分離させていたことに気づいたのはつい先日。
正確には「出来るだけ真我を顕わせるよう成長しよう」とか
「日々顕わす割合を上げて行こう」と思ってはいたが
そう思うことで 本来の一番高い真我を強く認めるよりも
現在の「まだまだ未熟である自分」の方に力を与えていたことに気づいた。
真我を認めながら、未熟な自分も認めて 気づかずに自分自身を分離させていた。

言葉ではうまく言えないが 自分が月であり太陽であると感じた時
私は表面意識の自分と真我との間に距離も分離も感じなくなり
やっと「愛・真我そのものが生きて働いている」ということを
初めて実感としてわかった。
何度も朗読したり、口にしてきた言葉だったけど、
今やっと本当に自分で感じられた。

そのわかり方は段階があるだろうから これからそれを深めていくのだけど
今の私の成長の段階として かたちある私もかたちのない私も
愛そのものであり それがまるごと生きているのだと感じた。

もう、本当に、まるごとで生きて働いて顕わすしかない。
それが存在するということ。
ああ、そういうことだったのだ。。。。。。。。
そしてそれは祝福と喜びに満ちたもの。

気づいたからには もうのんびりしているわけにはいかない。
実際私の状況はすでにそのように動き出している。

。。。。。。。そう自分に確認した状態で
今日バガヴァーン・セミナーに行ったら まさにそんなお話だった。
「肉体そのままで真我で愛の表現体で、実践が大切」という話。
お話を聞きながら 自分の実感と決断を確認する。

大津さん自身もまたシフトアップし、
今までは皆を待っている必要があったので成長をセーブしていたけれど
皆が成長してきたのでセーブしないで進む時期が来た!と宣言。
そう、時は来たのだ。


さて大津さんのお話の後、今日の仲間のお話はあっちゃんと弘子さんが担当。
私と共通の学びが多い二人なだけに 今日もまた涙が溢れた。
毎回思うが こうして皆の前で話をするということで
必然的に自分に向かい、気づきが起き、浄化が進み、学びがとても進む。
自分をさらけだすことで みんなでその学びを共有しみんなの学びも進む。
このセミナーは本当にいいな。
次回はタカシさんとのりちゃん。
楽しみだね!

ところで今日はのりちゃんが事務所にと持ってきてくれたクリスタルの蓮に加え、
みっちゃんがのりちゃんに頼んでいた蓮のクリスタル、
そしてのりちゃんが「徳子さんに!」って閃いてプレゼントしてくれた
蓮の絵が入った美しい貝の小物入れ、
そして加奈ちゃんが私にってプレゼントしてくれた蓮のキャンドルと、
テーブルに蓮が並んで蓮祭り状態。
のりちゃん、加奈ちゃんありがとう!

今年の蓮祭りセミナーも8/9(土)10(日)と決定したし
楽しみ楽しみ!
[PR]
by chandra-k | 2008-04-03 23:35 | Comments(0)
<< じわじわの力(野球篇) バガヴァーン・エナジー >>