「招待」の詩 その後

先日の私のセミナーで 最近の私の気づきや変化について話をした。
そしてその時「招待」の詩を読み それについて私の感じ方が変化した話もした。

「招待」THE INVITATION という詩は
ネイティブ・アメリカンの長老 オライア・マウンテン・ドリーマーが書いたもの。
(堤江実さんの訳) 全文は2006年6月17日の日記参照
当時私はこの詩を読んで とっても感動して涙した。
その日の日記にも
「私のテーマの一つが「自信」なので、この詩を読むと
『どんなことがあっても 私は光の源へ進んで行くんだ』という
自分の想いを確認できます。」
と書いている。

それが昨年の秋あたりから この詩に対する印象がとても変化した。
そしてそれがなぜだったのか今ならはっきりわかる。

当時の私は 真理を心から求めているにも関わらず
そんな自分を肯定しながら そこに何らかの苦しさがあって必死だったこと。
真理を求め続けながら この社会で真理を現して生きることにどこか
まだ怖れをかかえていて それを否定するのに頑張っていたこと。
本当に自分の内奥から出てくるものに従おうと思っているのに
それをやるためには自分を奮い立たせなければならないと感じていたこと。
真理を求めることがどこか修行のように困難とセットになっていて
それがどんな状況であろうと頑張ろうと自分を励ましていたこと。
まだ心のどこかで分離を前提にしていたこと。

本当はすべてが喜びに満ち溢れ あらゆるものと繋がり
あらゆるものが自分の学びのために協力してくれているから
自分を見捨てた人すら 自分の協力者で、
内側から溢れる喜びに感謝すればいいだけなんだと
今はとても穏やかに感じている。

愛を表すことは神を体験することで
それはあらゆるものに神の御業を感じ取ることで
それは喜びしかないのだなぁ。。。。。

同じものを見ても 聞いても
私が変化したから 感じ方が本当に違うなって感じる。
[PR]
by chandra-k | 2007-02-18 20:30 | Comments(2)
Commented by Mie at 2007-02-19 17:01 x
こんにちは、いつもお世話になっております。

「招待」の詩、私も真理への道を歩もうとするときに出逢いました。
私と友人がこの道を進もうと決めるときに、最終的に背中を押してくれた詩です。
この詩を読むたびに、その時の決意を思い出します。

最近みんなに言われることは、「がんばりすぎだよ、もっと力を抜いて。」
まだまだ必死なんだなあ、と思います。(笑)

ああ、がんばりすぎずに一歩一歩進もう・・と思いました。

ありがとうございます!
Commented by chandra-k at 2007-02-19 23:02
Mieさん、コメントありがとうございます。
私もこの詩に初めて出会ったとき「この道でいいんだよ。信じて進みなさい」と言ってもらえた気がして 
「私はどんなことがあろうと たとえ一人でもこの道をゆく。この道を行きたい」と自分の決意を確認しました。

でももう確認しなくても、頑張らなくても大丈夫なんですよね。
もうすでに、いや最初から私達は本質と一体だったのだから。。。。。
それに気づいて認めるだけで十分だったから。。。。。

私達は最初から満たされて 豊かで 喜びしかなかったんですねぇ。
<< 六次元 相互浄化(WITH SOUL ... >>