シンガーソングライターの中條真一さんの訃報

今日もご訪問ありがとうございます。
声と言葉であなたの本質を引き出す、ロックなハートの
真理のフェイスキーパー及川徳子です。



シンガーソングライターの中條真一さんの訃報が届きました。



あれは何年前だったのか、正確には覚えていませんが、
中條さんが心臓の病気になって、5年生存率が低いからと
中條さん自らの声掛けで、生前葬代わりという食事会がありました。


でも中條さんのことだから大丈夫なんじゃあないかなって思ってた通り
その後もとっても元気にしていて、その時から10年位経ったのではないかな。



だから、私は勝手にもう大丈夫なんて思い込んでいたので
突然の訃報に本当に驚きました。




中條さんとはNHKのラジオ FMリクエストアワーのパーソナリティとしてコンビを組んでいました。
私は14年以上担当していたけど、そのうち10年位は中條さんと一緒にやっていました。



「NHKとは思えない番組」とよく言われていて、
中條さんが枠にこだわらない過激な発言をしていて、
普通ならそれをフォローするのが私の役目なのでしょうが、
私がそれに輪をかけて過激発言をするので、
本当に言いたい放題の、独断と偏見に満ちた音楽番組でした。



毎週3時間の生放送。


毎週地元のバンドの生ライブをやったり、マニアックな曲をかけたり、
NHK仙台のこの番組だけは全国的にも特殊だと言われていました。



よくこんな番組やらせてもらっていたな~って思うほど。




中條さんは過激さの反面超ゆるくて(笑)
打ち合わせに来ないもんだから、
私は人生の中で一番過激な時期だったこともあり、
勝手に選曲してどんどん挑発的なことをやり続け、
本番は過激な掛け合いが楽しくて、なんだかお互いとってもやりやすいコンビだったのです。



あの番組のおかげで、そして中條さんがいたから
私は自分なりの放送のスタイルというものを作ることが出来ました。



そして一緒に過ごした中條さんは、
どんなロックアーティストよりロックな生き方をしていて、
いろんな枠とか常識を逸脱していて(笑)すごく魅力的な人でした。



他の誰よりも早くコンピューターを使って曲を作ったり、プログラミングしたり
才能豊かな人でした。




仲間達で一緒にワゴン車に乗って信州に行ってアートイベントをしたこともあったっけ。



しばらく忘れていたけど、思い出し始めると、本当に沢山の楽しかったことが次々浮かんで来ます。



昔のアルバムをひっぱり出して、中條さんの姿を眺めながら追悼していました。




中條さん、本当に本当にありがとうございました。
とっても楽しかったです。


ご冥福をお祈りします。
(2016年5月28日04:48永眠されました。)
[PR]
by chandra-k | 2016-06-01 01:26 | Comments(2)
Commented by 鈴木 舞 at 2016-06-03 23:09 x
生前は父が大変お世話になり、ありがとうございました。
眞一の次女、舞です。

徳子さんの心の中に父が残っていた事、大変嬉しく思っています。

私も子供ながらに毎週(土)の15時からの番組、楽しみに聞いていたものです。
そして番組が終わるとすぐに自宅の電話が鳴るのも楽しみにしていました。
『終わったよ~』
『ラジオ聞いてたから終わったの知ってるよ!』
毎週の会話でした(笑)

多くのリスナーがいる中で自由奔放に言葉を発する父は、私にとってとても大きな存在でした。
そしてそんな自由人を操る徳子さんも、大きな存在でした。

直接会う事も出来ず、この様な形でのご挨拶をお許しください。

徳子さん、いつまでもその優しい声で、私達にメッセージを送り続けてくださいね。

それでは失礼します。
Commented by chandra-k at 2016-06-04 17:52
はじめまして。コメントありがとうございます。

この度は心からお悔やみ申し上げます。
中條さんには本当にお世話になりました。

本当にあたたかく優しい方でした。
当時のことを思い出すと、次から次へと思い出が浮かんできます。

番組をいつもお聴きいただいてたのですね。ありがとうございます。
番組の時に中條さんがよく話していたフレーズがその声とともに今もよみがえってきます。

訃報が届いてから、毎日中條さんを想っていました。仕事があって告別式に伺えず申し訳ありません。
仕事をしながら中條さんにお祈りしていました。

これからも中條さんは私やみんなの心の中に生きています。
本当にありがとうございました。
<< ようこそ!ご訪問ありがとうござ... 世界一大きな絵 >>