ZEPファンへ!約20年ぶりのライブ!

究極のレッド・ツェッペリンコピーバンド「CINNAMON」が
約20年ぶりに仙台でライブを行う!

なぜ究極かというと、ZEPの音を忠実に再現しようと思うと、
演奏の仕方だけではなく、本人達と同じ楽器を使わないとその音が出ないというところに行きつき、
それをやっちゃってるってこと。

ギターのジミーさんは、あの突っかかったギターの音を出すために
1959年製の1000万以上するレスポールを使い、
今はもう手に入らないファルコのピックを使っている。
(弦とピックの引っかかり方が他のピックとは違うらしい!)

ベースのジョンジーさんはもちろんメロトロンを使い(ちゃんとメンテも出来る)
本家と同様にフットペダルでベースを弾きつつキーボードを弾き、
トリプルネックのキングギドラはオリジナルと全く同じに
イギリスのマンソン工房で作ってもらっている。

ライブだって、ブートレックの何年何月何日バージョンをミストーンまで再現する徹底ぶり。



そんなCINNAMONが仙台で初ライブを行ったのは1994年
私がパーソナリティをつとめていたNHK「FMリクエストアワー」のスタジオライブだった。

3時間の生放送でライブをやってもらい、
そればかりか、たーっぷりインタビューをした。

しかもその時私は「初来日公演でジミーがギターの弦を切った時、
ロバートプラントがMCで繋いでいたのを再現してもらえますか?」など、
めちゃくちゃマニアックで、無謀なお願いをしちゃったのだけどそれにも応えてくれた。
(事前にリクエストした時はダメと断られていたけど、
なんと本番でやってくれたのだった!)

さらに、テルミンを私がやらせてもらったり、やりたい放題!


当日はサウンドチェックを聴いて、その出音のあまりの素晴らしさに感動した私は泣いていて、
さらにライブを見て、あまりに興奮しちゃって、
「私が今度大きな会場でライブ開催するから来てね~!」と生放送で宣言してしまったのだった!


その後、CINNAMONのメンバーと一緒にLAにPAGE&PLANTを見に行き、
LAでCINAMONのライブを見て、ますますハイテンション!


宣言の通り、翌年ライブを個人主催で開催。
一人プロモーターとなり、200キャパの会場に400人入れてしまった!
(今だったらかなりマズイけど。おおらかな時代)

ぎゅうぎゅう詰めでオールスタンディング3時間のライブを行い、
今度は「次は椅子のあるところでやるから来てね~!」とまたまた宣言し、
翌年横浜から照明とPAの完全再現チームまで呼び、
本家のライブ同様ステージバックに鏡まで持ち込んで
市民会館小ホールに約500人を動員した。

我ながら、本気で熱くなると行動が止まらなくなる。
みんなに見せたい。この感動を分かち合いたい!という情熱だけで動いていた。


その伝説の(笑)仙台公演はこちらのサイトでリポートされている
http://www.eonet.ne.jp/~cinnamonfan/sendaiko/sendai.html


あれから約20年。

ドラムのボンゾーさんが音楽性の違いで脱退。
(ZEPはZEPでもひたすらマニアックにいくか、スタンダードでいくかの方向性の違い。笑)

二代目ドラマーが亡くなり、本家と同じ状態になってしまった!(泣)

メンバーもファンも年を重ねている。


そして今年、仙台のファンにお礼をかねてと久々の仙台公演となった。
きっとこれが仙台の最後のライブになるのかな・・・。
いや、わからないけど。


ジミーさんのギターもジョンジーさんのベースもパーシーさんのヴォーカルも
ますます磨きがかかっているはず。

ジミーさんのあの動きも楽しみ!


ということで、ZEPファン、シナモンファンのみなさまお見逃しなく!

10/25(土)19:00~ ライブハウスenn 2nd

私はこの日は昼は朗読会、夜はライブというスペシャルな一日!
[PR]
by chandra-k | 2014-09-29 22:23 | 音楽 | Comments(0)
<< 身体の声の通訳 心書! >>