選択とベストタイミング

人生は一瞬一瞬の選択で出来ている。
それは全部自分で決めている。
その大事な瞬間は自分で決めるしかない。

今回の入院で何度も決断を迫られることがあった。


もし、急患センターに行かず、二日間様子をみていたら・・・。
急患センターに行ったとしても、そのまま入院せずに
翌日レントゲンを持って外来に行くことにしていたら・・・・。

だとしたら今頃とんでもない状態になっていたかもしれない。

もっと我慢して、仕事を続けながら外来に通っていたら
仕事の最中に倒れて、もっともっと大変なご迷惑をかけていたかもしれなかった。

私の場合、卵巣腫瘍が見つかっただけでなく、胸水もあり、
さらに腫瘍マーカーの値がとんでもなかった。

婦人科系のCA125が1250(基準値上限35)
消化器系の19-9が19800(基準値上限37)
同じく消化器系のCEAが609(基準値5)

そのため、消化器系にも腫瘍があるかもしれないし、
心電図にも異常波形が見られたということで、
入院から2週間、毎日毎日ひたすら全身の検査が続いた。
まるで病院検査のフルコース!

そしてそれは入院していたからこそ、外来の患者さんの間をぬって毎日検査を受けることが出来たわけで、もし外来でそれを受けようとしていたら、検査に何ヶ月かかったかわからない。

そして入院当初は、検査と手術室の状況と執刀医のスケジュールを考えると
手術は7月末か8月頭になりそうと言われていた。

でも、ラッキーなことに検査は2週間毎日スムーズに進み、
検査が終わると同時に即手術が受けられることになり、最短コースとなった。

検査中の2週間の間にも胸水はたまり続け、どんどん呼吸するのが辛くなっていたので、
もし手術が何ヶ月も先だったら、今頃私はどんな状況になっていたかわからなかった。


今思うのは、あの時は本当に動揺したけど緊急入院してよかったし、
中途半端に仕事を続けようとせず、あきらめて全部キャンセルしてよかった。
そして、すべてがベストタイミングで進んだのだと思っている。



みんなから入院中は何もすることなくて暇でしょ?と聞かれたけど、
とんでもない。
入院当初は仕事のキャンセルの連絡と、検査の連続。
そして、手術。その後は回復に集中する毎日。
さらに嬉しいことに私のところには毎日沢山の人がお見舞いに来てくれていて、
一ヶ月以上入院していたのに、実はあっという間だった。

そして退院の時も大きな選択を迫られる。

それに関してはのちほど詳しく書いていこう。
[PR]
by chandra-k | 2013-07-31 20:12 | 病床波動日記 | Comments(0)
<< 巨大卵巣腫瘍と大腸さん 驚きの緊急入院と、執着を手放すこと >>